情報速報ドットコム


記事の内容
*前へ | 次へ#

吉田調書に安倍首相大激怒!?「流したのは誰だ!」官邸が全力で犯人探し中!秘密保護法施行後なら逮捕も!
2014/05/23 21:00

画像
先日に福島第一原発の吉田元所長が政府の事故調査委員会に語った「調査報告書」(吉田調書)が暴露されましたが、首相官邸がこの暴露にブチ切れているようです。日刊ゲンダイの報道した記事によると、菅官房長官は「(調書は絶対に)公開しない」と激怒しており、安倍首相の関係者達が全力で情報の流出元を探しているとのことです。特定秘密保護法施行後なら逮捕される可能性も有るようで、自民党は本気でもみ消そうとしています。

自民党は自分たちの子供を東電で働かせたり、大量の株を持っているので、反東電に繋がる恐れのある情報がとても怖いのでしょう。そう言えば、「反原発」という言葉は良く聞きますが、「反東電」という言葉は聞きませんね。

吉田調書では、福島第一原発から9割もの作業員達が逃げていることが判明しています。しかも、吉田所長の命令を無視して逃げ出しているのです。あの状況で逃げるのは仕方無いかもしれませんが、それならば、原発の稼働なんて絶対にするべきではありません。緊急時になると作業員が逃げ出すほど危険な物を、動かすのは正気の沙汰とは思えないです。
*吉田調書は国会議員も閲覧不可能。見ることが出来るのは政府の上層部だけです。

☆わたなべりんたろう@RintaroWatanabe
URL https://twitter.com/RintaroWatanabe/status/469381571943100418/photo/1

引用:
安倍激怒、原発マル秘文書(=吉田調書)。「流したのは誰だ!」犯人探しが始まった/今日の日刊ゲンダイ...特定秘密保護法施行後なら逮捕の記述も。 pic.twitter.com/OWWitRmjis
画像
:引用終了

☆安倍官邸が激怒! 福島原発「吉田調書」流出で“犯人捜し”
URL http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150411/2

引用:
原発はとても人間の手に負えるシロモノじゃない。「吉田調書」の生々しい証言はそれを物語っている。未曽有の大惨事にならなかったのは、たまたま「偶然」が重なっただけだ。

 だからこそ、福井地裁は21日、関電大飯原発3、4号機の運転差し止め判決を出したのだが、それでも菅官房長官は「(再稼働の方針は)変わらない」と突っぱねている。

■「機密保護法」施行後なら逮捕

 それにしても、つくづく思うのは、もし「特定秘密保護法」が施行されていれば、「吉田調書」は確実に“闇”に葬られていたということだ。

「菅官房長官は会見で『(吉田調書は)政府として情報公開制度に対する扱いは不開示としている』と明確に答えている。つまり、『特定秘密に当たる』ということです。年内がメドとされる秘密保護法が施行されていたら、吉田調書を入手した朝日の記者も、渡した役人も逮捕される事態になっていたでしょう」(司法ジャーナリスト)
:引用終了

☆「吉田調書」の公開求める 自民原子力規制PT(14/05/23)


関連過去記事

☆福島原発事故、事故対応をするはずの所員650人が待機命令を無視して撤退していたことが判明!東電は3年間も隠蔽!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2597.html


東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)画像
画像画像



*前へ | 次へ#

コメントを見る(31)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP

ログイン


Powered By FC2ブログ