情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.02.26 14:20|カテゴリ:政治経済コメント(6)

【ヤバい】仮想通貨・ビットコインの取引所が突如停止!引き出しの無期限停止&ウェブサイトの停止!被害総額は370億円に!


20140226141709bittuokoin01.jpg
「ビットコイン」と呼ばれている仮想通貨で大変なことが発生しています。2月25日にビットコインを取引するためのウェブサイトは完全閉鎖された上に、ビットコイン取引所、Mt.Gox(マウント・ゴックス)は「全ての取引を停止することを決定した」とする文書を発表しました。

ビットコインは、中央銀行のような中央機関は存在せず、通貨の発行や取引はすべてピアツーピア(P2P)・ネットワーク上で行われています。そのため、銀行のような手数料などが一切存在せず、「銀行家から開放された通貨」とも呼ばれていました。実は、日本でも色々な方達がビットコインをオススメしており、密かなブームになっていたようなのです(黄金の金玉を知らないか?など)。
なので、今回の取引中止は少なくとも億単位の経済的な損失が発生していると見られ、ビットコインの取引中止は後に大きな騒動となるかもしれません。

ビットコインを管理しているマウント・ゴックスの債務は1億7400万ドルにも達していると発表されているため、ビットコインの復旧も絶望的です。マウント・ゴックス側は「近く正式な発表を行う。マウント・ゴックスの事業は現在、転換期に差し掛かっている」と述べており、近い内に事業を大きく変える可能性を示唆しています。
おそらく、その時にビットコインの中止を正式発表する可能性が高く、残念ながら、ビットコインを利用していた方は資金の回収を諦めたほうが良いと言えるでしょう。
*今回の騒動で370億円が宙に浮いたとのこと。


☆仮想通貨「ビットコイン」取引所閉鎖で370億円が・・・(14/02/26)


☆2013年12月04日NHKニュースにてビットコイン登場 - Bitcoin on NHK!


☆ビットコイン 公式取引所
URL https://www.mtgox.com/

20140226141038bittutokoin.jpg

☆ビットコイン日本の取引所停止…換金不能の恐れ
URL http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20140226-OYT1T00170.htm

引用:
インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の日本の取引サイトが閉鎖状態になっていることが明らかになった。
 同取引所では今月7日から、ビットコイン取引のソフトに不具合があるとして取引を停止しており、同取引所を運営するマウント・ゴックス社(東京)は26日未明、自社のサイトに「利用者保護のため、しばらくの間、すべての取引を停止する措置を取った。状況を見て適宜対応する」などとする英文のコメントを掲示した。

 マウント・ゴックス社は2011年3月にビットコインの取引交換所をネット上に開設した。以来、取引量は1000億円以上にのぼり、一時期は世界のビットコインの8割を扱っていたとされる。

 しかし今月7日、口座のからの換金、送金業務を一部停止した。今後、同社に預けたビットコインの換金ができなくなる可能性もある。

 マウント・ゴックス社は「高度な暗号化技術で守られている」と説明していたが、外部からのサイバー攻撃で取引が一時的にできなくなったことがあるほか、昨年来、価格の乱高下が続き、暴落の危険性や利用者保護の仕組みが未整備である点を指摘する声が出ていた。

(2014年2月26日11時24分 読売新聞)
:引用終了

☆UPDATE 3-ビットコイン取引所マウント・ゴックスのサイトがアクセス不能、取引当面停止と発表
URL http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPL3N0LU1WM20140225

引用:
* ビットコイン取引所マウント・ゴックスのサイトがアクセス不能、当面全ての取引停止を決定したと発表

* マウント・ゴックスは状況を注視、適切に対応すると表明

* NY州金融サービス局監督官、消費者保護に規制が重要との見解示す

* 日本の金融庁報道官、ビットコインは「通貨でない」ため管轄下にないと表明

* 日本の財務省当局者、ビットコインは規制対象でないとの見解表明 (内容を追加しました)

[東京/セントルイス 25日 ロイター] - 25日からウェブサイトがアクセス不能となっている仮想通貨ビットコイン取引所、Mt.Gox(マウント・ゴックス)は同日、「当面、全ての取引を停止することを決定した」とする文書をウェブサイト上に掲載した。

「このところの報道、およびマウント・ゴックスの運営に対する潜在的な影響」を理由として挙げた。

文書はまた、「マウント・ゴックスは状況を注視しており、適切に対応する」としている。


東京に本拠を置くマウント・ゴックスは「異常な活動」が見られることを理由に今月に入りビットコインの引き出しの無期限停止を発表。25日にはウェブサイトが停止され、事実上消滅した状態となった。創設者の所在は不明、東京の事務所は抗議する利用者を除いてはもぬけの殻となっている。

マウント・ゴックスのマーク・カーペレス最高経営責任者(CEO)はこの日、マウント・ゴックスは消滅したのかとの質問に対し、電子メールで、「近く正式な発表を行う。マウント・ゴックスの事業は現在、転換期に差し掛かっている。他の関係者も関わっているため、現時点ではこれ以上のことは明らかにできない」と回答していた。

インターネット上で出回っている同取引所の「危機戦略」とされる文書によると、74万4000以上のビットコインが「鍛造性に絡む窃盗」により失われた。この情報が正確なら、世界で流通しているビットコインの約6%が失われたことになる。

また同文書によると、マウント・ゴックスの債務は1億7400万ドル、資産は3275万ドル。この文書が事実に基づいているかは確認はとれていない。

マウント・ゴックスは2010年にビットコイン取引を開始。ビットコイン取引所としては老舗で、ビットコインの利用促進団体「ビットコイン財団」の発足に関わった取引所の1つだった。
:引用終了

☆ビットコイン wiki
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3

引用:
ビットコイン(英語: Bitcoin)とは、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網及び暗号通貨である。
ビットコインは極めて低いコストでの決済(およびマイクロペイメント)を権力機関や発行者無しで平均10分程度の待機によって可能にする。ノードから別のノードへの貨幣の移動は電子署名された取引で行われ、P2Pネットワーク内の全てのノードにブロードキャストされる。初期の通貨流通や、二重支払いの検知のためプルーフ・オブ・ワーク(英語版)システムが用いられている。

~省略~

実在する硬貨の購入も可能であり、(電子通貨と異なり)硬貨を分解することで秘密鍵を明らかにできる。 [13]
同様の仕組みを利用した通貨は2014年現在多く発行されており、特にen:Litecoinがビットコインに次ぐ第2の暗号通貨としてよく知られている。

違法活動との関連性から監視対象とされている。 2013年に連邦捜査局(FBI)はオンライン闇市のシルクロード (サイト)を閉鎖し、2850万米ドル相当を押収した。[14] 中国では取引の使用が禁じられ[15]、欧州銀行監督局は利用者保護に欠けると警告している。[16] ビットコインの盗難は可能であり実例があるものの[17]、オフラインでの防止策でこうした危険性は減らせる。[18]

現在の全般的な商業流通量は、価格変動を煽る投機目的に比べて小規模であるものの、実際に製品やサービスの支払いに使用されている。[19] 一般的なクレジットカードの手数料2−3%に比べ費用が抑えられる点に魅力があり[20]、著名な営利法人での採用例としてはOkCupid、Reddit、WordPress、ヴァージン・ギャラクティックが、[21]特定非営利活動法人やアドボカシー団体ではフリーソフトウェア財団[22]、WordPress[23]、Tor[24]、電子フロンティア財団[25](EFF)などが挙げられる。
:引用終了

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2014年 2/25号 [ビットコインの可能性]


ビットコイン完全攻略法


ビットコイン あたらしいネットビジネスの教科書

関連記事



ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
やっぱりこうなりましたか
ベンジャミン・フルフォードの紹介したカレン・ヒューズという人がビットコインを推奨していたので、私はすぐに偽りだと判断しました。また、紋章を見ただけでこうなる事は予測できました。
ただ、早過ぎる気もしています。
[ 2014/02/26 17:31 ] [ 編集 ]
 

F R B と、何か関係があるのだろうか?・・・と、ふと思った。

[ 2014/02/26 18:59 ] [ 編集 ]
上手い話なんかあるわけないじゃん。騙す側が一番悪いと思うけど、騙された人も悪いよ。自業自得
[ 2014/02/26 23:55 ] [ 編集 ]
誰かに潰されたということなのでしょうか??
本人が金をもって逃げたとも 思えないですが・・・
[ 2014/02/27 18:02 ] [ 編集 ]
何かに使って失敗したか、持ち逃げしたんじゃない。国が認めてない通貨を使うからお金は戻ってこないと思う。最近、事件や事故、多いと思うのは私だけかな。結局、経済なんてちっとも良くなくて、買い物は災害が起きる前から既に高かったし、更に消費税上げられたら、まともに食べれないんだけど。そういうの安倍さんは関係ないのかね(`ε´)
[ 2014/02/28 02:37 ] [ 編集 ]
円天って覚えてる?
[ 2014/02/28 13:13 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ビットコイン崩壊(爆)~偽りの通貨で惑した者達
ビットコインの崩壊のニュースはこちら。 なお、上のブログは選挙で原発派を応援していたので、原発や放射能、選挙に関する記事は全て無視して貰いたい。 崩壊というのは株式口座に例えると、「株券は全部無効です。現金(購入用資金)の部分は引き出せます。」のようなイメージとなる。給料の一部がビットコインで支払われていたアメリカ企業もあったという。 10日に東京の大手取引所Mt・Gox(マウ...
スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク