情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2018.01.11 14:56|カテゴリ:政治経済コメント(98)

中国の軍艦が尖閣諸島の接続水域に!潜水艦も確認 政府が警戒指示、外務省は抗議へ


s_ice_screenshot_20180111-144704.jpeg

沖縄県にある尖閣諸島の接続水域に中国海軍の艦船と潜水艦が入ったことが分かりました。通過したのは中国海軍の武装した軍艦で、付近には国籍不明の潜水艦も同行していたと報じられています。

現場では日本側が接続水域から出るように呼び掛け、政府の方も外務省に中国の程永華駐日大使を呼び出し、中国側に抗議する方針です。

中国は軍事費を大幅に増やしており、その中でも海軍関連はかなり急激な勢いとなっています。航空自衛隊のスクランブル発進も回数が増えている状態で、日中関係に深刻な影響を与えているところです。


尖閣諸島沖の接続水域に中国海軍の艦艇など入る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180111/k10011285161000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

政府は、沖縄県の尖閣諸島の沖合の、日本の領海のすぐ外側にある接続水域に潜水艦と中国海軍の艦艇が入ったことが確認されたことから、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している情報連絡室で情報の分析と集約を行っています。


















関連記事


ブログパーツ
売国奴村本が悪い
[ 2018/01/11 15:06 ] [ 編集 ]
朝日はまたも「尖閣に中国艦」と書くつもりなのか?ネタとして見てみる価値あり
[ 2018/01/11 15:15 ] [ 編集 ]
管理人 さん
「、、、、日中関係に深刻な影響を与えているところです。」イヌHKや産経と一緒に煽っているのでは。「接続水域」どの国だってこの近くをうろつくはずでしょう。日本の領土である尖閣を、ワザワザ老害の石原に踊らされて国有化。中国を刺激しているのが日本。空母だサイル迎撃網だと軍事費増加も中国だけではない。
[ 2018/01/11 15:44 ] [ 編集 ]
尖閣は、客観的にみると、中国のものでも、日本のものでもないらしいです(白井聡さんがご指摘しています)。

上の指摘にもある通り、刺激しているのはこちら(日本)なのかもしれません。

なかなか難しいですね。

多様な観点から状況を見たいものです。
[ 2018/01/11 16:22 ] [ 編集 ]
えっ!
日本はポツダム宣言受諾して北海道、本島、九州、四国以外連合国の決める小島以外は領有権を放棄したんじゃないの?

何で尖閣諸島が日本の領土なの?

無条件降伏して敗戦したんじゃないの?

北方領土も竹島も日本の領土じゃないでしょw
[ 2018/01/11 16:42 ] [ 編集 ]
敗戦とポツダム宣言受諾の重み
日中国交回復以降、中国艦船や漁船はずっと尖閣領海や接続水域に「侵入」していたはずだ

2010年の東アジア共同体構想を唱える鳩山政権退陣以降、海上保安庁・外務省・防衛省などの官庁が問題視し、マスコミが騒ぎ始めただけ

ポツダム宣言受諾で、日清戦争勝利後に領土に編入した尖閣諸島に対する主権は原則的に失われた

国交回復の原点に戻り、再度棚上げ確認の宣言をすべきだ

[ 2018/01/11 17:23 ] [ 編集 ]
ドーン
我が国だって
様々な武器を購入したでしょ
使わなくては駄目だよ
[ 2018/01/11 17:44 ] [ 編集 ]
中国は侵略などしない。
正当な領土を主張し、返してもらうだけだ。
[ 2018/01/11 17:47 ] [ 編集 ]
>何で尖閣諸島が日本の領土なの?
中国のものでも、日本(内地)のものでもなく琉球のもの。
琉球の付属島で当時の”中国”代表の中華民国蒋介石が南西諸島支配の権利放棄したあと連合軍(米国軍)直轄地なり後日日本に沖縄ごと有償で引き渡された。今でこそ俺の俺の言ってるが、歴史としてchinaは台湾・沖縄本島を含めて島なんぞを直接統治する面倒を嫌がった。朝鮮と違って日本が有史以来平和だった(元はモンゴル)のもそのため。よって太古の歴史に遡る必要もなし。
[ 2018/01/11 17:50 ] [ 編集 ]
今に始まった事じゃないけど
なぜ?今、強調するの? 
今まで潜水艦を見つけられなかったという事、暴露してるようなもんだよ。
[ 2018/01/11 18:03 ] [ 編集 ]
ポツダム宣言うんぬん言ってる奴
ポツダム宣言もカイロ宣言も、戦勝国(になる予定の国)による戦後処理の基本方針だ。
サンフランシスコ平和条約だけが日本の領土等を国際法的に認めた条約だろ?

【参考:サンフランシスコ平和条約第3条】
 日本国は,北緯二十九度以南の南西諸島(琉球諸島及び大東諸島を含む。),孀婦岩の南の南方諸島(小笠原群島,西之島及び火山列島を含む。)並びに沖の鳥島及び南鳥島を合衆国を唯一の施政権者とする信託統治制度の下におくこととする国際連合に対する合衆国のいかなる提案にも同意する。

↑満州、朝鮮、台湾の放棄は謳っているが沖縄放棄してないよな?
奄美諸島・沖縄諸島などはアメリカの施政下に置かれるのも認めている。
ほんでアメリカから返還されてるんだが。
*緯度経度で具体的に範囲も決められている。この返還の中に尖閣諸島含まれてる。
もし中国が尖閣が自分の領土だと思っていたら
サンフランシスコ条約の締結・施行の際、
「なんで俺らの領土をアメリカが管理すんねん」と、なるはずでは?
まさか参画してなかったから国際条約のことを知らなかったとでも?笑
中国が領有権主張しだしたのは1970年代ですよ?
[ 2018/01/11 18:33 ] [ 編集 ]
しんきち
そもそも、自国の領土でもない尖閣・釣魚台を、正当な理由もなく(歴史的にも、国際法上も固有の領土などと、何の根拠もないウソをつく日本政府w一流大学を出た政治家や官僚が、よくそんな見え透いたウソをつけるもんだwwまさにモラルハザード~)占拠していること自体が、「問題」の原因なんですから。ポツダム宣言を受け入れたはずなのに、それを守りもせず、他国が約束を守らないと、よくも偉そうに非難できるものですwww 
悪い種を蒔けば、悪い実を収穫しなければならないのは、自然界も人間界も同様。
さっさと、中国に返還すれば、上手く収まるんだから、いつまでも我を張ってないで、素直になったらどうなの、日本政府は。安倍晋三一派には不可能かなww
[ 2018/01/11 18:44 ] [ 編集 ]
>サンフランシスコ平和条約だけが日本の領土等を国際法的に認めた条約だろ?

サンフランシスコ平和条約には中国・台湾・ソ連は参加しなかった

その後、個別に条約を結んで国交回復を成し遂げた
だからソ連・中国(台湾)との領土問題を日本はかかえている
[ 2018/01/11 18:45 ] [ 編集 ]
≫えっ!
日本はポツダム宣言受諾して北海道、本島、九州、四国以外連合国の決める小島以外は領有権を放棄したんじゃないの?

そうですよ。
まぁ正確にはカイロ宣言→ポツダム宣言→SF平和条約で放棄しました。
ですからあなたのいう「連合国の決める小島」の中に尖閣諸島も含まれていますし、
沖縄返還の際にアメリカから日本に施政権が返還されて日本に復帰したわけです。
なので国際的に疑いようもなく日本の領土です。
[ 2018/01/11 18:47 ] [ 編集 ]
2018/01/11 18:45
わかってるから書いてんじゃん。だから参画してないからこそ、
アメリカの管理下に置かれるときなぜ文句言わなかったの?
アメリカから日本に尖閣諸島も含め返還されるときも。
[ 2018/01/11 18:51 ] [ 編集 ]
>[ 2018/01/11 18:47 ] 名無し

連合国が何処の国なのか知らないのかな?
連合国とは(アメリカ、中国、ソ連、イギリス、フランス)
の5カ国の事であり

サンフランシスコ講和条約にはアメリカ、イギリス、フランスしか承諾していない
つまりサンフランシスコ講和条約で締結された内容は連合国には承諾されていないと言う事だ。

一部の国で都合の良い内容を勝手に決めた事が、日本を無条件降伏させポツダム宣言受諾をさせた内容より重視されると本気で思っているのか?

サンフランシスコ講和条約とは日本とアメリカの密約による欺瞞でしかない。
[ 2018/01/11 19:04 ] [ 編集 ]
>ポツダム宣言受諾で、日清戦争勝利後に領土に編入した尖閣諸島に対する主権は原則的に失われた


ここサラッと嘘ついてますね。
ポツダム宣言では、1914年以降に編入した領土と、満州、台湾及び澎湖島のような日本国が清国人から盗取したすべての地域を中華民国に返還することにある。

日清戦争の結果尖閣を奪った、もしくは尖閣諸島が台湾の領土なら放棄の対象だが
上記のどちらにも当てはまらない。
[ 2018/01/11 19:08 ] [ 編集 ]
>わかってるから書いてんじゃん。だから参画してないからこそ、
アメリカの管理下に置かれるときなぜ文句言わなかったの?
アメリカから日本に尖閣諸島も含め返還されるときも。


中国は当時国民党と共産党で内戦をしておりそれどころではなかった、その隙を突いてアメリカが日本に琉球を返還すると欺瞞を述べてアメリカ軍の駐留を目的とした密約をしたのがサンフランシスコ講和条約だ。

つまりアメリカにも日本にも領有権を主張する根拠のない国同士で交わした密約であり無効なものを幾ら喚こうが無駄だと言う事だ。
[ 2018/01/11 19:11 ] [ 編集 ]
>沖縄返還の際にアメリカから日本に施政権が返還されて日本に復帰したわけです。
なので国際的に疑いようもなく日本の領土です。

*施政権と領土に対する主権は別物
*アメリカが尖閣諸島を施政していたということの実態は久場島と大正島を射爆場として利用していただけ(人が常駐したり、恒久的施設を構築してはいない)
*領土問題はアメリカ以外の戦勝国である中国やソ連と個別に解決する必要がある
[ 2018/01/11 19:14 ] [ 編集 ]
2018/01/11 19:04
まぁソ連に対してはそうなんじゃない?
だから北方領土返してくれってお願いしかできてないわけだし。

中国とは(中華民国・中華人民共和国)個別に和平条約結んでて
サンフランシスコ条約に対して文句一つつけてないのは何故?

いつか日本に返還されること前提でアメリカの統治下に置かれたのに?
そんな国と和平条約結んで国交正常化するん?
[ 2018/01/11 19:18 ] [ 編集 ]
>中国は当時国民党と共産党で内戦をしておりそれどころではなかった


知らんがなw 1970代まで内戦してたんか?w
えらい長い間だんまり決め込んでたのw
石油でるまで我関せずだったじゃろうにw
[ 2018/01/11 19:23 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> >わかってるから書いてんじゃん。だから参画してないからこそ、
> アメリカの管理下に置かれるときなぜ文句言わなかったの?
> アメリカから日本に尖閣諸島も含め返還されるときも。
>

滅茶苦茶頭が悪いコメントで苦笑。
[ 2018/01/11 19:25 ] [ 編集 ]
>ポツダム宣言では、1914年以降に編入した領土と、満州、台湾及び澎湖島のような日本国が清国人から盗取したすべての地域を中華民国に返還することにある

尖閣列島は台湾の一部という立場を中国はとっている
台湾政府も同じ立場だ
日清戦争勝利の趨勢が見えた1895年1月14日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定をしている



[ 2018/01/11 19:37 ] [ 編集 ]
[ 2018/01/11 19:14 ] 名無し 様
*施政権と領土に対する主権は別物
→日本は正式に領土として編入しています。
正当かどうかはさておき国際法上これより以前に中国(清国)は領土としていませんが?

*アメリカが尖閣諸島を施政していたということの実態は久場島と大正島を射爆場として利用していただけ(人が常駐したり、恒久的施設を構築してはいない)
→それは関係ない。日本が既にやっていたから。アメリカの施政間に失効したとでも?

*領土問題はアメリカ以外の戦勝国である中国やソ連と個別に解決する必要がある
→ソ連はSF条約に納得がいかず、調印してないから今後も北方領土返してもらえるように
努力するしかない。

中国とは平和条約結んでて領土問題が存在しない。
日華平和条約を読んでほしい。
[ 2018/01/11 19:38 ] [ 編集 ]
>[ 2018/01/11 19:08 ] 名無し

デマを述べるのも大概にしたら?

ポツダム宣言には『カイロ宣言の条項は履行されるべきであり、又日本国の主権は本州、北海道、九州及び四国ならびに我々の決定する諸小島に限られなければならない。』
と記載されている。

カイロ宣言では中華民国に領土を返還するとなっているが
ポツダム宣言では日本が領有権を主張出来る範囲を述べているだけで何処に返還するとは記載されていない
つまり日本が領有権を主張する根拠自体がないのであり何処に返還するなどとは詭弁に他ならない。
[ 2018/01/11 19:38 ] [ 編集 ]
尖閣列島は台湾の一部という立場を中国はとっている
台湾政府も同じ立場だ
日清戦争勝利の趨勢が見えた1895年1月14日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定をしている

↑正確には石油がでるのがわかったから尖閣は台湾の一部→だから中国のものと言い出したんでしょ
下関条約のなかに戦争に勝ったから尖閣は台湾と一緒に日本のものね!
って書いてあれば話は別だけど。
[ 2018/01/11 19:44 ] [ 編集 ]
>[ 2018/01/11 19:44 ] 名無し

中国のもの以前に日本に尖閣諸島を領有権として主張する根拠がないんですよ。
日本が尖閣の領有権を主張すると言う事はポツダム宣言受諾をしたにも関わらずそれを履行していないと言う事になり
日本が壊滅させらる可能性があるということです。

中国は尖閣諸島について日本に敵国条項が適用される事について忠告している。

もしこのまま日本が尖閣諸島を自国の領土だと主張し続ければポツダム宣言の内容に準じた敵国条項が適用され何時壊滅させられても仕方あるまい。
[ 2018/01/11 19:56 ] [ 編集 ]
2018/01/11 19:38
カイロ宣言やポツダム宣言は,当時の連合国側の戦後処理の基本方針を示したものですが,これらの宣言上,尖閣諸島がカイロ宣言にいう「台湾」の附属島嶼に含まれると中華民国を含む連合国側が認識していたとの事実を示す証拠はありません。
そもそも,戦争の結果としての領土の処理は,最終的には平和条約を始めとする国際約束に基づいて行われます。第二次世界大戦の場合,同大戦後の日本の領土を法的に確定したのはサンフランシスコ平和条約であり,カイロ宣言やポツダム宣言は日本の領土処理について,最終的な法的効果を持ち得るものではありません。

↑日本国外務省の見解です。
カイロ宣言とポツダム宣言がてれこになったのは素直にごめんなさい。私のミスです。
[ 2018/01/11 19:56 ] [ 編集 ]
>日本国外務省の見解です。

日本政府の見解ってw

日本政府は尖閣を国有化して自国の領土だと宣言しているんだから当然自国に有利な条文だけを言うでしょうね。

これは領土問題であり一国だけが言い張れば通用するという事ではありません。

何処の国々が日本を敗戦させたか、現在の軍事力でどの程度圧力をかけられるかであり
結果的に日本は国際的に観てもポツダム宣言を履行せず勝手に国有化している侵略国家として受け取られる事でしょう。

敵国条項では日本が再び侵略行為をした場合宣戦布告なしに壊滅する事が連合国によって承認されております。
[ 2018/01/11 20:13 ] [ 編集 ]
2018/01/11 20:13 様
結果的に日本は国際的に観てもポツダム宣言を履行せず勝手に国有化している侵略国家として受け取られる事でしょう。


↑すみません。無知で申し訳ないのですが日本が領有してからこれまでに
尖閣諸島が紛争地域に認定されている記述が見つけられません。
もしよろしければ日本がポツダム宣言を履行せず侵略している国としている
国際世論とは中国や台湾を除いてどこの国々のことなのか教えていただけませんか?
[ 2018/01/11 20:52 ] [ 編集 ]
>日本政府は尖閣を国有化して自国の領土だと宣言しているんだから当然自国に有利な条文だけを言うでしょうね。

国際司法裁判所の判例を根拠に政府見解を出しているから自国に有利なものだけといえないのでは?
[ 2018/01/11 20:59 ] [ 編集 ]
尖閣の実効支配は日本、領有権主張は中・台も、他国は中立の立場
尖閣は近代以前には日本も琉球も清国も実効支配していなかった。
近代になって欧米の国際法が東アジアに持ち込まれ、次第に無人島にまで領有権意識が生まれた。
日本は尖閣の領土編入を考えたが、清国の反発を警戒して、領土編入はしないでいた。
日本が尖閣の領土編入を決定したのは日清戦争の勝利が確実になった1895年1月のこと。
非公開の閣議で決定したので、国際的な通告はしなかった。戦後の台湾併合で既成事実となった。
戦後は沖縄支配の米軍の施政権下に入ったが、沖縄返還の動きとともに台湾が領有権主張を始めた。
続いて中国も領有権主張を始めた。当時、海底資源の可能性が出てきた影響もあるかもしれない。
その後日中国交正常化の際、尖閣は双方が領有権主張するも日本の実効支配で棚上げ合意となった。
安部内閣は棚上げ合意を否定し領土問題不存在の主張をして、中国が日常的に領海侵入をし始めた。
現状は実質的な棚上げ状態であり、これ以上状況を悪化させないことが双方にとっての利益。
無用な軍事衝突で双方の将兵に無駄な犠牲を強いないため、棚上げ合意の再取り決めが望ましい。
「固有の領土」は日本製の概念で、国際法にはない。
[ 2018/01/11 21:39 ] [ 編集 ]
>[ 2018/01/11 20:52 ] 名無し
何処も領有権を主張していないから日本がポツダム宣言を履行しなくても良いという理由にはなりません。

紛争とはお互いの主張がぶつかり合った場合に紛争になります。
元々日本に領有権を主張する根拠がないのだから紛争地域にはなりません
中国が自分の魚釣島に上陸しようとした時に日本が何かすれば敵国条項が発動されるでしょうね。

尖閣諸島や琉球が琉球王国であるか中国の領土であるかと日本が領有権を主張出来るかは話しは別です。
日本が無条件降伏して受諾した条文を履行しないで勝手に侵略していれば国際的にどちらが不利になるか言うまでもあるまい。
[ 2018/01/11 21:56 ] [ 編集 ]
最近はポツダム君が流行りなのか(笑)
[ 2018/01/11 22:03 ] [ 編集 ]
>21:39
安部内閣は棚上げ合意を否定って歴代内閣何れも棚上げ合意が成されたなんて発表はしてない
そんな事実があるならそれを示唆する国会議事録なりを具体的に提示してくれ
[ 2018/01/11 22:09 ] [ 編集 ]
尖閣がどこの領土か否かはどうでもいいが、安倍は選挙公約に掲げていた尖閣諸島への公務員常駐はどうしたんだ?
[ 2018/01/11 22:18 ] [ 編集 ]
棚上げ合意の外形的客観的事実
日中漁業協定の内容(日中両国互いが自国船しか取り締まらない)

日本も中国も人の常駐や恒久的施設の建設をしていない

高坂元外務大臣の日経新聞での昨年の「私の履歴書」での記述内容(尖閣に港湾施設を作らない)


[ 2018/01/11 22:30 ] [ 編集 ]
>[ 2018/01/11 22:09 ] 名無し
全く仰る通りです。
日本政府には棚上げにする権利さえないのですから
日本には北海道、本島、九州、四国連合国の決める小島以外に領有権を主張出来ないのですから
そもそもの棚上げ自体お互いの領有権主張がある場合にのみ適用される事ですので
中国が一方的魚釣島が自分の領土だと認識していれば良いだけですからね。
無条件降伏した日本には竹島も北方領土も沖縄も領有権を主張出来ないのですからね。
[ 2018/01/11 22:31 ] [ 編集 ]
22:30 訂正
高坂元外務大臣の日経新聞での昨年の「私の履歴書」での記述内容(尖閣に港湾施設を作らない)

髙村元外務大臣の日経新聞での昨年の「私の履歴書」での記述内容(尖閣に港湾施設を作らない)
[ 2018/01/11 22:34 ] [ 編集 ]
>22:31
つサンフランシスコ条約、沖縄返還協定
[ 2018/01/11 23:02 ] [ 編集 ]
22時09分の方へ、21時39分より、尖閣棚上げ合意は歴史的事実
尖閣棚上げ合意は暗黙の合意で条約ではない。だが、当事者の証言がある歴史的事実だ。
1979年5月31日読売新聞社説「尖閣問題を紛争のタネにするな」の一節を示す。
尖閣諸島の領有権問題は、1972年の国交正常化の時も、昨年度の日中平和友好条約の調印の際にも問題になったが、いわゆる「触れないでおこう」方式で処理されてきた。つまり、日中双方とも領土主権を主張し、現実に論争が“存在”することを認めながら、この問題を留保し、将来の解決に待つことで日中政府間の了解がついた。それは共同声明や条約上の文書にはなっていないが、政府対政府のれっきとして“約束ごと”であることは間違いない。約束した以上は、これを順守するのが筋道である。
以上のように、政府に取材した当時のメディアも、尖閣棚上げ合意の事実を認識していた。
歴史的事実を無視して歴史改竄をしては日本の信用も道義も失墜させる。決して日本の利益にはならない。尖閣ごときで対立を深めるなど愚かきわまりない。現状では棚上げが最も賢明だ。
[ 2018/01/11 23:04 ] [ 編集 ]
「尖閣ごとき」ねぇ・・・とんだ非国民もいるものだ。
[ 2018/01/11 23:09 ] [ 編集 ]
本州が日本の領土だって騒がないでしょ?

それと同じで中国は自分の領土なんだから日本みたいに態々魚釣島を国有化したりしないだけ

つまり日本は尖閣を国有化した時点で今迄日本の領土では無かったと言っている様なもの

国有化とか日本国内で勝手に決めた『閣議決定』みたいなものは国際社会では通用しない

戦争でも負けたけど国際社会でも完全に日本の負けw
[ 2018/01/11 23:13 ] [ 編集 ]
>23:04
長々書いてる割に合意があったとする立証が成されていない、まずはその立証責任を果たしてくれ
個人的主観的解釈には何の意味も無い
ついでに国際法慣習上、条約文書所か共同声明すらない暗黙の合意なんてものは一切拘束力がない
[ 2018/01/11 23:18 ] [ 編集 ]
[ 2018/01/11 22:31 ] 名無し

よくそれだけ日本が不利なのが分かっていながらヘラヘラ平気に笑っていられるものだな(苦笑)
[ 2018/01/11 23:21 ] [ 編集 ]
>23:04
歴代内閣何れも棚上げ合意が成されたなんて発表はしてないというのに取材したメディアが棚
上げ合意の事実を認識していたとか言われてもそんなのはそのメディアの勝手な認識に過ぎな
い訳でだから何としか、問への答えになってない
[ 2018/01/11 23:28 ] [ 編集 ]
>23:21

笑っている?
むしろ危惧しているんですけど
無条件降伏した日本が領有権を主張する権利もないのに強引に物事を運べば
いつか軍事衝突が起きた時敵国条項が発動され日本壊滅になるのではないのかと
小島の領有権主張で日本本土が火の海になっても良いのか?

利益があるのはアメリカ軍だけだぞ!
[ 2018/01/11 23:28 ] [ 編集 ]
>2018/01/11 23:28
いきなり武力での示威行為とは・・・
そもそも敵国条項が未だ実効性のあるものと思い込んでいる時点でお笑い種ですね。

とりあえず日本なら最初に国際司法裁判所にかけるところから始めると思いますよ。
それでお互いの根拠とする資料を見せて終了です。
日本のみならず各国追随して面白いことになると思いますけど大丈夫ですかね?
[ 2018/01/12 00:28 ] [ 編集 ]
日本に残っていて、また中国にも残っているはずの資料でな

1919年に中国の漁師が海難事故で尖閣諸島に漂流した際、日本人が31名の中国人を助けた。
翌年、中国政府は日本に感謝状を送った。
この感謝状に「日本の沖縄、八重山の尖閣諸島」ときっちり記している。

中国が尖閣の領有権を主張し始めたのは1970年、豊富な地下資源が眠っていると報告されてからだ。
[ 2018/01/12 00:37 ] [ 編集 ]
>そもそも敵国条項が未だ実効性のあるものと思い込んでいる時点でお笑い種ですね。

敵国条項が存在しないという根拠は?
あなたの勝手な思い込みで日本を危険に晒しますか?
中国は尖閣問題で日本に敵国条項について忠告しています。
つまり敵国条項がないと思い込んでいるのは日本の一部の人間のみであり
国連でも日本による敵国条項撤廃の申し出は批准されておりません。
敵国条項が存在している以上日本の身勝手な侵略により武力衝突が発生した場合中国が条項を発動させても何処の国も何も出来ないのが現状です。
お笑いなのはあなたの方ですね。
[ 2018/01/12 04:34 ] [ 編集 ]
>日本に残っていて、また中国にも残っているはずの資料でな

ポツダム宣言を受諾した日本には尖閣の領有権を主張する根拠はありません。

そもそも本当に尖閣が日本の領土であるならば態々国有化する必要はありません。
国有化するということは今迄日本の領土では無かったと宣言したのと同義です。
つまり日本は現在自国の島で無かったものを侵略している状態になります。
[ 2018/01/12 04:38 ] [ 編集 ]
敵国条項って日米安保無視なのか。もし、ドイツにロシアが核攻撃NATOは無視なのか。そんなに強いのか。老人は分からん。
[ 2018/01/12 07:33 ] [ 編集 ]
まだHNつき限定になってないのね❕だからおもしろ論拠を書いてる訳かな⁉
[ 2018/01/12 08:57 ] [ 編集 ]
ウリ助常じーが沸いてやがる。
[ 2018/01/12 10:26 ] [ 編集 ]
>2018/01/12 04:34
それではその敵国条項を掲げて攻めてみればよろしい。
WW2の敵国条項が日米安保条約を上回り、また非公式ながら事実上の日豪印同盟を無視出来、加えて中国の行為を国連加盟国が認めなかった際のリスクは皆無と思うのでしょう?

[ 2018/01/12 12:44 ] [ 編集 ]
≫2018/01/12 04:38
≫国有化するということは今迄日本の領土では無かったと宣言したのと同義です。


意味不明。私財産を国が公共性を高める為などに購入するのが国有化でしょ?
例えば国が学校作ったり道路作ったりする際に
個人や企業から土地収用することがあるけど(公共の利益の為)、
それが「今迄日本の領土では無かったと宣言したのと同義」になるの?
もしくは民間企業救済のため国有化(筆頭株主になる等)することもあるよ。

尖閣においては
日本国民が日本国で登記している私有地を国に売却した(それまでは貸借)
つまり財産として民→国に移管しただけではないのですか?

わからないことも多いので、できれば詳しく教えてほしい。
宜しくお願い致します。




[ 2018/01/12 16:37 ] [ 編集 ]
カキコがお笑い芸人以下(^O^)
[ 2018/01/12 18:24 ] [ 編集 ]
尖閣諸島に関してはアメリカは「中国と日本は徹底して話し合え」というような立場じゃなかったか?!
何れにしても今回のいざこざをきっかけとして日本がもっとアメリカ製の武器を買う事をアメリカは暗黙ながら期待しているだろうな。
[ 2018/01/12 20:45 ] [ 編集 ]
11日23時09分の「非国民」呼ばわりの方に質問、11日23時04分より
私の違憲への反論なら大いに歓迎するが、「非国民」呼ばわりは次元が違う。見過ごせない。
「非国民」なる言葉は、戦前の思想統制国家で国民の自由な言論・行動を弾圧する道具となった。
あなたは、今の日本が国民の自由な言論・行動を封じる思想統制国家となることを望むのか?
「尖閣ごときで対立を深めることなど愚かきわまりない」と書くと、なぜ「非国民」なのか?
[ 2018/01/12 21:09 ] [ 編集 ]
11日23時18分の方へ、11日23時04分より
尖閣棚上げ合意があった証拠は、当事者の証言および読売新聞社説だ。
歴史的事実は証言や文書に基づいて決められる。
尖閣棚上げ合意は長年言われ続けてきたことだから、証言も社説も信頼できると判断した。
それらが嘘だという根拠があるなら示してほしい。個人的主観的解釈でない根拠を。
文書を交わしても拘束力は絶対的ではないのが現実の歴史だ。最終的には信義の問題だ。
暗黙の合意でも約束を守るのが信義であり道義だ。それは日本の国際的信用を担保する。
[ 2018/01/12 21:27 ] [ 編集 ]
質問攻めにして自分の意見を「強要」するのはいい加減やめませんか? 人により多様な意見があっていいはずです。「他人の意見は許さん」とする態度は不遜過ぎで頭が悪いです。
[ 2018/01/12 21:40 ] [ 編集 ]
11日23時28分の方に質問、11日23時04分より
尖閣棚上げ合意の認識は読売も他のメディアも常識だった。政府の認識と無関係だとでも。
読売新聞社説の別の部分を引用しよう。
運輸省や沖縄開発庁の一連の行動(尖閣学術調査)に対して、外務省は「あまりこれ見よがしに実効支配を宣伝するのはどうか」と懸念していたといわれ、園田外相は「中国が黙っているのは友情であり、わが国は刺激的、宣伝的な行動を慎むべきだ」と国会で答弁した。それが、日中間の了解にそう素直な姿勢だと思う。もし、どうしても学術調査が必要なら、事前に中国と話し合い、共同調査でもやる方法はなかったか。
もう一つ、2004年の香港活動家による尖閣上陸事件の日中の対応を示そう。
尖閣に上陸した香港活動家を、日本政府は即時国外退去処分にした。つまり、不法入国者として日本の国内法を適用して起訴することはしなかった。中国政府もそれを受け入れた。
あなたが尖閣棚上げ合意を否認するなら、以上の2点をどう説明するのかお尋ねしたい。
私の説明で、尖閣棚上げ合意が事実であることを納得されたなら、その旨お知らせ願いたい。
信頼に足る情報を否認し屁理屈を強弁することは,逆にあなたの信頼性を損なうと心得てほしい。
[ 2018/01/12 22:10 ] [ 編集 ]
21時40分の方へ、「強要」呼ばわりされた者より
私は私の意見を強要などしていないし、そもそも強要できるはずがない。
私に尖閣棚上げ合意の証拠を質問した人は、私に合意否認の意見を強要しているのですか?
私の意見を強要できるというなら、いったいどうやったら強要できるのか具体的に教えてほしい。
私は多様な意見、他人の意見をもちろん許す。というより、私に許さない権利も権限もない。
私の意見への反論は大いに歓迎する。私を含め、誰の考えも限界と矛盾を抱えていると思うからだ。
相手の意見に納得すれば受け入れるし、納得できなければ私も反論する。それが議論ではないのか?
相手が私の意見に反論するのは大いに歓迎するが、同時に私の質問に答えてもらうのがいけないか?
なお、「非国民」呼ばわりは歴史的に言論封殺に使われた言葉だから反論とは次元が違う。
言論封殺は受け入れられない。だからその点は厳しく問い質した。
他人に「頭が悪い」と言うのも、不遜だと思うのだが。
[ 2018/01/12 22:31 ] [ 編集 ]
なぜ質問してもスルーされているかわからない方がいますね。「相手されていない」ことをご理解いただけてないようですね(笑)
[ 2018/01/12 22:35 ] [ 編集 ]
[ 2018/01/12 22:31 ] 名無し

ここはあなだだけのコメント欄ではありません。いい加減連続投稿は控えてください。あと他人の意見にいちいち口を挟まないでください。
[ 2018/01/12 22:37 ] [ 編集 ]
22時37分の方へ、22時31分より
ここは私だけのコメント欄ではないから、他の人の意見がたくさん書かれている。
連続投稿は基本的にしていない。私の意見への質問や反論が複数あったから複数の投稿になった。
それを控えろと言われたら、私は質問への回答や反論への再反論ができなくなる。
私の意見に質問したり反論したりする人は、私の意見にいちいち口をはさんでいるということ。
私はそれを大いに歓迎するし、私も同じように他の人の気になる意見には質問や反論をする。
それが言論の自由ということであり、自由闊達な議論は民主主義の基盤ではないのか。
そのことがおかしいと言われるなら、なぜおかしいのか教えていただきたい。
[ 2018/01/12 23:40 ] [ 編集 ]
2018/01/12 22:10
新聞社説を用いてまくし立てていらっしゃるが

当時の日中国交正常化交渉が円滑かつ穏便に運ぶよう
仮に棚上げの合意なるものがなされたとして、

だからなんなの?
国交正常化交渉の後にも先にも日本政府は一貫して
尖閣諸島は我が国の領土である姿勢を崩したことはない。
領海に中国の軍艦が近寄らば警戒し抗議するのは至極全うではないでしょうか。

そもそも棚上げとは問題を一時保留し、解決・処置を先送りするという意味です。
つまり国交正常化交渉の場において議論するのはやめましょうと。

決して未来永劫互いにこの問題に触れない・領有権を放棄するという合意ではないのでは。

日本政府は粛々と領土を守るのが当然。もちろん武力衝突が起きないことを願う。



[ 2018/01/12 23:41 ] [ 編集 ]
日中国交正常化交渉の際の回想録を引用します
首脳会談に同席した中国外交部顧問・張香山の回想記は、
次ぎのようなやりとりを紹介している。会談の最後の場面で田中が切り出した。

 田中:一言言いたい。中国の尖閣列島に対する態度如何をうかがいたい。
 周恩来:この問題について今回は話したくない。今話しても利益がない。
 田中:私が北京に来た以上、提起もしないで帰ると、困難に遭遇する。今私がちょっと提起しておけば、彼らにも申し開きが出来る
 周恩来:もっともだ。そこは海底に石油が発見されたから、台湾はそれを取り上げて問題にする。現在アメリカもこれをあげつらおうとし、この問題を大きくしている。
 田中:よしこれ以上は話す必要がなくなった。またにしよう。
 周恩来:またにしよう。いくつかの問題は時の推移を待ってから話そう。
 田中:国交が正常化すれば、その他の問題は解決出来ると信ずる。
[ 2018/01/12 23:45 ] [ 編集 ]
もし海底資源が見つかっていなければ・・・
中・台ともに領有権を主張しなかったでしょうなー
海洋調査が1968年で中・台が領有権主張しだしたのはそれ以降・・・
わかりやすいなー
[ 2018/01/12 23:59 ] [ 編集 ]
>日本政府は粛々と領土を守るのが当然。もちろん武力衝突が起きないことを願う。

日本に領有権を主張する権利はありませんので当然ではありません。
領有権を主張すると言うのであれば第三次世界大戦でも引き起こして戦勝国になる他日本が領有権を主張する道はないでしょう。

それが無条件降伏して敗戦した日本の立場です。

勝てば官軍負ければ賊軍と言いますが正に日本の行っている行為は海賊です、討伐されるのも時間の問題でしょう。
[ 2018/01/13 00:52 ] [ 編集 ]
2018/01/13 00:52
では何故、中国も台湾も日本の敗戦を理由にして国際社会に訴えないのか
中国は大陸棚論と先に発見していたのは中国(歴代王朝)だとする論調が主。
台湾は尖閣諸島は台湾の付属島である論調が主。

第二次大戦で日本が敗北したので日本に領有権は無いというそもそも論は見受けられませんが。
主論であれば、もしくは国際社会に前述の内容を提起していればソースを提示願いたい。

私がかの国々であれば自国の領有権の主張と共に、
その点を責めると思います。

それをしないのは何故?
[ 2018/01/13 01:24 ] [ 編集 ]
馬鹿はなんでもかんでも質問しないで少しは自分の頭で考えろ!

敵国条項の条文なんかwikiで調べりゃ出てくるんだから

国連の決議とか知りもしないで適当ぶっこいてんじゃねーよ

無知無恥モンスターどもが!

こっちは馬鹿どもに何回も同じ事答えてやる程暇じゃねーんだよw

馬鹿はさ
国際社会で屁理屈と無知が通用すると思ってんのかね
こんなんばっかじゃ本当に日本は壊滅だぜw
[ 2018/01/13 06:06 ] [ 編集 ]
>中・台ともに領有権を主張しなかったでしょうなー
>海洋調査が1968年で中・台が領有権主張しだしたのはそれ以降・・・
>わかりやすいなー

日本も尖閣に石垣市が標柱を設置したのは戦後の1969年

 http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/shiryo/senkaku/detail/s1969000000103.html

わかりやすいですね


[ 2018/01/13 06:55 ] [ 編集 ]
尖閣問題の落としどころ
日本、中国、台湾の緩衝地帯(共同管理地域)にするのが合理的

漁業資源、海底資源は共同管理をするのが3国にとって最もベターだ

[ 2018/01/13 07:04 ] [ 編集 ]
>日本も尖閣に石垣市が標柱を設置したのは戦後の1969年

それは関係なくね?笑
日本が自国の領土に編入したのが1969年なら言いたいこともわかるけどw
そんなんでドヤ顔きついっすわー
[ 2018/01/13 07:10 ] [ 編集 ]
>それは関係なくね?笑
>日本が自国の領土に編入したのが1969年なら言いたいこともわかるけどw

関係あり

少なくとも日清戦争大勝後に「大日本帝国」が設置すべきだった

1895年1月に閣議決定しているのだから
[ 2018/01/13 07:19 ] [ 編集 ]
戦争ってのはさ領土争いなんだよ

日本は無条件降伏してポツダム宣言受諾して領土を放棄させられたんだよ

サンフランシスコ講和条約で戦争したのか?
[ 2018/01/13 08:10 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 戦争ってのはさ領土争いなんだよ
>
> 日本は無条件降伏してポツダム宣言受諾して領土を放棄させられたんだよ
>
> サンフランシスコ講和条約で戦争したのか?


頭悪すぎ!
講和条約を通して日本の領土は確立されたんですが。

今は日本の主権はあり、領土もシッカリと日本の物です。
莫迦なのか。
日本を貶めたい売国奴なのか。
[ 2018/01/13 08:16 ] [ 編集 ]
→少なくとも日清戦争大勝後に「大日本帝国」が設置すべきだった


1895年1月21日:内務大臣から沖縄県知事に魚釣、久場両島に沖縄県所轄の標杭を建てるよう指令。


[ 2018/01/13 08:28 ] [ 編集 ]
>→少なくとも日清戦争大勝後に「大日本帝国」が設置すべきだった

>1895年1月21日:内務大臣から沖縄県知事に魚釣、久場両島に沖縄県所轄の標杭を建てるよう指令。

何故か実行はされなかった

[ 2018/01/13 08:34 ] [ 編集 ]
2018/01/13 08:34
横入申し訳ないのですが
標柱にそこまで大それた意味があるんですか?
ないと領有権主張しちゃダメとか。
しかも編入前から1940年くらいまで日本人が住んで開発してたんですよね。
日本が領土に組み込んだのが油田発見の後ならあなたがつっかかるのもわかるけどねー

≫関係あり

少なくとも日清戦争大勝後に「大日本帝国」が設置すべきだった

1895年1月に閣議決定しているのだから


[ 2018/01/13 08:55 ] [ 編集 ]
漁業資源、海底資源は共同管理をするのが3国にとって最もベターだ


↑これが一番良いと思います。
ただし共同管理は資源だけ、あくまで日本の領土として合意の上。
[ 2018/01/13 08:58 ] [ 編集 ]
12日23時41分の方へ、12日22時10分より
尖閣棚上げ合意を否認される方がいたから事実であることを説明したまでのことです。
事実と認められたなら結構です。不都合な事実はなかったことにする態度は思想を堕落させせます。
歴代政権は日本が十個支配し中国は黙認する尖閣棚上げ合意に沿った対応をとったから、
中国も抑制的に行動し尖閣問題は比較的穏やかだったのです。
石原の挑発を鎮めるための野田政権の尖閣国有化が中国の反発を買い、問題がこじれてきました。
さらに安部政権が尖閣合意を否定し領土問題不存在を主張して、尖閣領海侵入が常態化しました。
安部政権は右翼ナショナリズム体質だし尖閣でもめた方が改憲に有利と思ったのかもしれません。
しかし尖閣棚上げ合意を守ることは信義を守ることであり国民の利益を守ることでもあります。
安部政権の短慮や利己的政治目的のために日本の信用や道義および国益を損なってはなりません。
辺境の無人島に国運を賭す死活的利益はありません。尖閣棚上げ合意は先人の知恵と知るべきです。
[ 2018/01/13 12:24 ] [ 編集 ]
2018/01/13 12:24
私に返信されたようなので
誰も棚上げ合意が事実だったとは言っていませんがw私は「仮に」と前置きしました。

≫尖閣棚上げ合意を否認される方がいたから事実であることを説明したまで
これも報道や伝聞だけをもって事実と断定されているのか理解に苦しみます。
あなたが会談の場にいたなら別ですが。
*会談の為の事前打ち合わせで尖閣諸島問題の件は議題にしないことを取り決めたのは日中両国の記録にある。

しかもあなたの言い分では日本から先に挑発し、問題がこじれたように書いていますが確かに領海侵犯が国有化を機に常態化したのは認めますが
それ以前から中国・台湾による領海侵犯は毎年のように複数回行われたし
それは国有化の騒動以前のことである。
それらの犯罪行為に対しては中・台両国の対応はお粗末なものというよりほかない。

≫さらに安部政権が尖閣合意を否定し領土問題不存在を主張して
先に合意の否定したのは民主党政権では?
そして前述のとおり「仮に」合意があったとしても
そもそも棚上げとは恒久的ではなく一時的に問題を先送りにしたに過ぎず
度重なる領海侵犯等に厳しく対処するのは至極当然ではないでしょうか。
[ 2018/01/13 15:47 ] [ 編集 ]
>[ 2018/01/13 08:16 ] ヤマダ という方に足すと
沖縄は俗に言う「沖縄返還協定」で一応「日本」という事になっているけどな(この協定には今回の問題である尖閣諸島も含まれる模様)。
[ 2018/01/13 18:44 ] [ 編集 ]
日本に権利がないものをいつまでも強引に物事を押し通していれば良いとんでもなく痛いしっぺ返しを食うことになるだろう。

戦争に負けた国が勝った国に領土を主張するなど聞いた事も無い。

日本が勝手に言い張っているだけであり強行手段に出れば日本の壊滅を国際社会は黙認せざるを得ない。

こんな危険な行為は今すぐにやめるべきだ、小島の領有権を主張して日本本土を危険に晒している輩こそ本当の売国奴だ!
[ 2018/01/13 18:59 ] [ 編集 ]
15時47分の方へ、棚上げ合意を否定するなら説明を、12時24分より
あなたは尖閣棚上げ合意を否認すると言いながら「仮に」と言う。否認するなら「仮に」はない。
日本は尖閣の領有権を主張し実効支配しているのだから対処は当たり前。
同時に、尖閣棚上げ合意に従い、2004年の尖閣上陸活動家を起訴せず即時退去処分にした。
あなたが棚上げ合意を否定するなら、なぜ日本が国内法に従い起訴しなかったのか説明してほしい。
読売新聞社説が取材もせず嘘を書いたのなら、なぜ大問題にならなかったのか説明してほしい。
当事者の証言もメディアの論調の証拠もあるのに歴史改竄するようでは、あなたの信頼性を損なう。
約束を守るのが信義であり、破れば日本の信用と道義が傷つき、結局は日本の利益にならない。
ナショナリズムを煽り無用な対立と無駄な警備費をもたらすより、棚上げを安定させるのが国益だ。
前原外相は漁船の船長を起訴しようとしたが米国が介入して釈放させ国外退去処分にした。
野田政権は棚上げ合意の否定はしていない。石原の挑発への対処で中国への根回しを怠った。
自分に都合のよい事実だけに飛びつき不都合な事実を否定するようになっては、思想は堕落する。
[ 2018/01/13 20:37 ] [ 編集 ]
2018/01/13 20:37
>あなたは尖閣棚上げ合意を否認すると言いながら「仮に」と言う。
否認しておりません。具体的客観的な合意の証拠が無いので有無がわからないと申し上げております。
どうやらあなたは日本語が苦手のようですね。

>なぜ日本が国内法に従い起訴しなかったのか説明してほしい。
当時の政府が中国相手に及び腰になったというよりほかありません。

>当事者の証言もメディアの論調の証拠もあるのに歴史改竄するようでは、あなたの信頼性を損なう。
ご自分の信じたいものしか信じれないのですね。その証拠とやらを提示し、合意内容を示してください。まさか物的証拠もなく状況証拠のみで勝ち誇っておられるのでは?

>野田政権は棚上げ合意の否定はしていない。
私は民主党政権と申し上げました。
2010年10月21日:前原誠司外務大臣が衆議院安全保障委員会の席上で、鄧小平副首相が表明した尖閣諸島領有権棚上げ論について、「鄧氏が一方的に言った言葉であり、日本側が合意したことではない」と述べる

>自分に都合のよい事実だけに飛びつき不都合な事実を否定するようになっては、思想は堕落する。
そっくりそのままお返し致します。
[ 2018/01/13 23:00 ] [ 編集 ]
棚上げ合意に矛盾する日本政府の行動と尖閣問題の発生
1972年の国交回復以来、未だに全く尖閣諸島に人の常駐(安倍総理が主張)や恒久的施設を建設していない

日中漁業協定では、尖閣水域(北緯27度以南)では両国が自国船の取締しかできない

尖閣問題は、東アジア共同体構想を目指す鳩山政権崩壊後の2010年の漁船衝突事件(前原外相在任時)や野田政権の国有化宣言以降にクローズアップされてきた
民主党政権の政経塾系の親米タカ派が主導権を握って以降の時代からだ



[ 2018/01/14 08:28 ] [ 編集 ]
01/14 08:28 題名訂正
棚上げ合意に矛盾する日本政府の行動と尖閣問題の発生

棚上げ合意を裏打ちする日本政府の行動と尖閣問題の発生
[ 2018/01/14 08:35 ] [ 編集 ]
13日23時00分の方へ、では中国が「及び腰」になった説明を、23日20時37分より
2004年の尖閣上陸活動家を起訴せず即時国外退去処分にしたのが日本の「及び腰」というなら、
尖閣領有権を主張する中国がそれを受け入れるという「及び腰」になった理由を説明してほしい。
あなたは不都合な質問から逃げているから、もう一度同じ質問を書く。
読売新聞社説が取材もせず嘘を書いたのなら、なぜ大問題にならなかったのか説明してほしい。
否認していないなら肯定するほかない。歴史的事実は棚上げ合意に沿った展開をしたのだから。
文書合意でなく暗黙の合意であることは社説のとおりだ。紳士協定を守らないならならず者になる。
鉄砲伝来年は同時代でなく江戸時代の文書が根拠。歴史的事実は文書や証言などを検討して決まる。
それで合理的説明がつけは確定する。刑事裁判とは違う。新史料の発見で変わることはありうる。
政権交代で外交の機微の引き継ぎが不十分だったようだ。前原の勘違いは岡田外相に変わり修正。
だからこそ、石原の中国挑発を野田政権が尖閣国有地化で鎮めようとしたが根回しを怠った。
なお、日本語を得意とする者なら、相手に「誤解」されない明晰な書き方をするものだ。
[ 2018/01/14 13:10 ] [ 編集 ]
大人げないねェ なんとしても自分の意見を通さなければ気が済まない人のようだ。
[ 2018/01/14 13:13 ] [ 編集 ]
>[ 2018/01/14 08:28 ]と
>[ 2018/01/14 08:35 ]は
カキコした人が違うような・・・・・・?!
[ 2018/01/14 15:02 ] [ 編集 ]
本当に棚上げの合意が無かったとか小学生並の屁理屈と言い訳だよねw
大人げない

今流行りの地球平面論者かな?ぷっw
[ 2018/01/14 15:21 ] [ 編集 ]
2018/01/14 13:10
>中国がそれを受け入れるという「及び腰」
意味が分かりません。中国にとって都合の良い結果になったから受け入れたまで。つくづく日本語が不自由なようですね。
>読売新聞社説が取材もせず嘘を書いたのなら、なぜ大問題にならなかったのか説明してほしい。
そんなことは一言も申しておりません。嘘ばかり重ねないでいただきたい。
>否認していないなら肯定するほかない。
何故あなた決められないといけないのですか?世界にyesかnoしかないと?それこそ棚上げ論の精神と矛盾していませんか?
私は私にとって、社説といわゆる状況証拠だけでは今日現在は有無の断定ができないと申しています。

私はあなたの考えを尊重する。あなたはあなたの意見をお持ちになれば結構。
ただ、あなたにはそれができないようですね。
意見と意見がぶつかり合い議論になるのは大歓迎だが、あなたはご自分の常識が世界の常識だと考えそれを認めない者は許さないといった態度。

あなたがもう少し精神的に大人になり、落ち着きを覚えたらまた議論致しましょう。
この記事を探すのがゆくゆくは大変になりますから新しく尖閣諸島問題の記事があがったときにでも。


[ 2018/01/14 19:41 ] [ 編集 ]
2018/01/14 13:10の人
おじさん!おじいさんかな?
わかりやすいようにハンネでもつけたら?
あんたなら悪い意味で有名人になれそうwww
[ 2018/01/14 19:45 ] [ 編集 ]
19時41分の方へ、正面から回答を、19時41分より
中国は尖閣の領有権を主張している。それなのに日本が活動家を強制退去処分にしたのを黙認した。
なぜ中国領と見なす尖閣に上陸した活動家を日本政府の処分に委ねて黙認するのか?
あなたの言い方を借りれば「及び腰」そのものだ。正面から答えてもらいたい。
私の答えは簡単だ。暗黙の尖閣棚上げ合意があったからこそ日中双方は事を荒立てなかった。
読売新聞社説に関する質問も、棚上げ合意なしで合理的に説明できるなら正面から答えればよい。
結局は、あれこれ逃げ口上を並べ立てただけで、質問に正面から答えられなかっただけだ。
棚上げ合意を否認できず、それで過去の事実を合理的に説明できるなら肯定するほかはない。
それが現実を直視する誠実な態度であり、あなたは自分に不都合な事実から逃げているだけだ。
もちろん新たな史料によって覆ることはありうる。だが、不可知論でごまかすのは卑怯な態度だ。
歴史的事実の確定は刑事裁判とは違う。状況証拠等を検討して合理的説明がつけば確定する。
私は事実を踏まえた意見は尊重する。現実を直視せぬ「意見」は尊重できない。
質問に正面から答えるのを望む。真に自身と格闘して寝られた思想ならば。

[ 2018/01/14 21:09 ] [ 編集 ]
広島焼きや[ 2018/01/14 19:45 ] 名無し
みたいな自分の思想に都合の良い事しか受け入れられないで
事実あった事を棚上げ合意は無いとか認知障害者なんだろうね。

小学生かな
成人してから出直した方がいいよ

人に言う前に自分がハンネつけろよ
先ずは自分の足元から見直せw
[ 2018/01/14 21:55 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク