情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.05.20 06:05|カテゴリ:歴史全般コメント(6)

【歴史の闇】ケネディ大統領が暗殺された原因は政府紙幣の発行か!?ドル札=民間発行!ケネディー大統領が読み上げようとしていたETディスクロージャー演説原稿


皆さんは、ケネディ大統領が暗殺される前の1963年6月4日に、政府紙幣の発行を財務省に命じる大統領行政命令が発令されたことを御存知でしょうか?


☆大統領令11110号
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E5%BA%9C%E7%B4%99%E5%B9%A3

引用:
その後、1963年6月4日にケネディ大統領の大統領令11110 (Executive Order 11110) によって政府紙幣が復活するが、その約半年後の11月22日にケネディ大統領は暗殺された。1971年1月以降は、政府紙幣の新規発行は行われていない。
:引用終了


以下はこの時の大統領令で印刷された「米国政府紙幣」です。

United States Note5ドル札紙幣
o0501043812180100234.jpg
United States Note2ドル札紙幣
o0530022812180100233.jpg
画像は「ケネディと政府紙幣

しかしながら、この政府紙幣を発効してから、わずか半年後にケネディ大統領は暗殺されてしまい、この政府紙幣は世間に出回ることはありませんでした。

おそらく、多くの日本人はこの話を聞いて、「ドル札は米国政府紙幣じゃあないの?」と思ったかもしれませんが、実はここにマスコミなどが報道しない重要な事実が隠れています。

それは、アメリカのお札を刷っているFRBは民間ということです!


☆連邦準備制度(FRB)
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E9%82%A6%E6%BA%96%E5%82%99%E5%88%B6%E5%BA%A6

引用:
邦準備制度(れんぽうじゅんびせいど、Federal Reserve System, FRS)はアメリカ合衆国の中央銀行制度を司る企業体で、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会 (Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board, FRB) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行 (Federal Reserve Banks, FRB) を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群。英語では主に the Fed と略称する。(ただし正式な略語では無い)

:引用終了


しかも、この銀行の株主であった金融機関の名前に、ロスチャイルドを始めとする大貴族や権力者たちの名前がズラズラと連なっています。

wikiによると、1914年におけるニューヨーク連銀の株主であった金融機関は


1ロスチャイルド銀行・ロンドン
2ロスチャイルド銀行・ベルリン
3ラザール・フレール・パリ
4イスラエル・モーゼス・シフ銀行・イタリア
5ウォーバーグ銀行・アムステルダム
6ウォーバーグ銀行・ハンブルク
7リーマン・ブラザーズ・ニューヨーク
8クーン・ローブ銀行・ニューヨーク
9ゴールドマン・サックス・ニューヨーク
10チェース・マンハッタン銀行・ニューヨーク

と書かれています。

ロスチャイルドについては過去記事も取り上げていますが、彼らはナポレオン戦争で数兆も富を稼ぎ、その後は国への金貸しで数百兆もの富を築き上げた大貴族です。現在は主要な大企業や大銀行、世界中の有力者などを裏から動かしています。

ちなみに、数年前に日本の国会でもFRBの株主についての質問がありました。その時は「JPモルガン」が最大の株主であると政府関係者は述べています。


☆ニューヨーク連銀最大株主
URL https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=&oq=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E9%80%A3%E9%8A%80%E3%80%80%E6%9C%80%E5%A4%A7%E6%A0%AA%E4%B8%BB%E3%80%80JP%E3%83%A2%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4WQIB_jaJP521JP522&q=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E9%80%A3%E9%8A%80%E3%80%80%E6%9C%80%E5%A4%A7%E6%A0%AA%E4%B8%BB%E3%80%80JP%E3%83%A2%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3&gs_l=hp....0.0.0.22128...........0.J6z7e0uUQw4#hl=ja&rlz=1T4WQIB_jaJP521JP522&sclient=psy-ab&q=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E9%80%A3%E9%8A%80%E3%80%80%E6%9C%80%E5%A4%A7%E6%A0%AA%E4%B8%BB&oq=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E9%80%A3%E9%8A%80%E3%80%80%E6%9C%80%E5%A4%A7%E6%A0%AA%E4%B8%BB&gs_l=serp.3...10312.12489.0.12831.8.8.0.0.0.3.145.839.5j3.8.0...0.0...1c.1j4.14.psy-ab.B202vLm7t1A&pbx=1&bav=on.2,or.r_cp.r_qf.&fp=c30b7cc289a76955&biw=1280&bih=812



これ以上深く書くのは今回は避けますが、アメリカのドル紙幣は政府が刷っているわけではなく、ロスチャイルド家などが抑えている銀行が刷っているということを知ってもらえれば良いと思います。

さて、ここで話をケネディ大統領暗殺へ戻しますが、このようなアメリカの裏事情がわかると、ケネディ大統領が大統領令を発令して、政府紙幣発行権を認めた理由がわかるかと思います。

つまり、アメリカのお金はロスチャイルドらに抑えられていたが、ケネディ大統領はそれを新たな政府紙幣を印刷することで、無力化しようとしたということなのです。
そして、その半年後にケネディ大統領は暗殺され、政府紙幣はひっそりと世間から消えてしまいました・・・。

もちろん、ロスチャイルドがケネディ大統領の暗殺を指示したような明確な書類などの証拠があるわけではないので、彼らがケネディ大統領を暗殺したとは断言できません。
しかしながら、政府紙幣発行権などの問題を見ると、彼らの関与を否定するほうが難しいように感じます。

なにせ、FRBはアメリカという国を自由に操ることができる「リモコン」と言えるからです。FRBが紙幣を刷るのを止めれば急激なデフレになりますし、際限なく印刷するとインフレになります。

それこそ、アメリカ政府要人に「言うことを聞かないと銀行止めるよ?」といえば、頷くしかないと私は思うのです。

こんな重要な「リモコン」を奪われる可能性がある大統領令は、彼らにしてみれば宣戦布告と同じように感じたと予想できます。

少なくとも私はこのような各種情報から、ケネディ大統領暗殺の真相は、「政府紙幣を印刷したケネディ大統領を止めるために国際銀行家たちが動いた」ということだと私は考えています。

↓銀行の裏事情やお金の真実については以下の動画が分かりやすいです。世界中の人が知るべき内容です。
☆お金のしくみ (皆の知らない真実)


☆お金ができる仕組み。銀行の詐欺システム(1/5) Money As Debt


それと、以下はケネディ大統領が暗殺されてしまい、読み上げることができなかった演説の原稿です。非常に興味深い内容なので、ついでにご紹介します。(真偽は不明なので注意)


☆ケネディー大統領が読み上げようとしていたETディスクロージャー演説原稿
URL http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/dbfc6598fb09d1f5d02e459904faa543 

引用:
VIDEO JFK The Disclosure speech

(このスピーチはケネディー元大統領が死亡したパレードで車に同乗していたコナリー元アリゾナ州知事に手渡していた原稿をマウリス・オズボーン氏が読み上げたものである)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカ国民、並びに全世界の市民の皆さん

私たちは今新しい時代への旅に向かおうとしています。人類の幼年期が終わり、別の新たな段階に人類は入ろうとしているのです。

私がお話している旅は私たちの理解を超える試練に満ちていますが、これまでの私たちの体験してきた数々の戦乱は私たちの世代がこれから迎える飛躍への特有な準備のプロセスであったと私は確信しています。

・・・・・・・・・・

My fellow Americans, people of the world, today we set forth on a journey into a new era. One age, the childhood of mankind, is ending and another age is about to begin.

The journey of which I speak is full of unknowable challenges, but I believe that all our yesterdays, all the struggles of the past, have uniquely prepared our generation to prevail.

・・・・・・・・・・

世界の市民の皆さん

私たちは宇宙で孤独でいるわけではありません。無限の知恵を備える創造主は自らの創造した宇宙に私たちと同じように知性を備えた多くの生命体で溢れるばかりに生み出されたのです。

Citizens of this Earth, we are not alone. God, in His infinite wisdom, has seen fit to populate His universe with other beings — intelligent creatures such as ourselves.

・・・・・・・・・・

私がなぜ権威を持ってこのように話すことができるか?

1947年にアメリカ軍はニューメキシコの砂漠地帯で正体不明の飛行物体の残骸を修復しました。その後、科学的な調査によって、この飛行物体は地球からはるかに離れた外宇宙から飛来したことが明らかになりました。その時以来、アメリカ政府はその飛行船に乗船していた生命体とコンタクトを続けています。

How can I state this with such authority? In the year 1947 our military forces recovered from the dry New Mexico desert the remains of an aircraft of unknown origin. Science soon determined that this vehicle came from the far reaches of outer space. Since that time our government has made contact with the creators of that spacecraft.

・・・・・・・・・・

このお知らせは素晴らしく聞こえるかもしれませんし、恐ろしいと思われるかもしれません。しかし皆さんにお願いしたいのは、このニュースに不当な恐怖心を抱くことのないようにしていただきたいのです。

大統領として、私は皆さんにお約束します。

彼ら地球外生命体は私たち地球人類に害を及ぼすことは決してありません。

Though this news may sound fantastic — and indeed, terrifying — I ask that you not greet it with undue fear or pessimism.

I assure you, as your President,

that these beings mean us no harm.

・・・・・・・・・・

それどころかむしろ、彼らは私たち地球人類の共通の敵・・専制・貧困・病気・戦争との私たちの国家の戦いを支援することを約束しているのです。

Rather, they promise to help our nation overcome the common enemies of all mankind — tyranny, poverty, disease, war.

・・・・・・・・・・

彼らは人類の敵ではなく、むしろ友人であると私たちは結論しています。

地球人類と地球外生命体は共に力を合わせてより良い世界を創造していくことになるのです。

We have determined that they are not foes, but friends.

Together with them we can create a better world.

・・・・・・・・・・

これから先、人類がつまづいたり、道に迷うことがないかどうかは私にもわかりません。

しかし、この素晴らしい国の進むべき真の道を私たちが見出したことを私は確信しています。

地球人類を輝かしい未来へ導く道を・・

I cannot tell you that there will be no stumbling or missteps on the road ahead.

But I believe that we have found the true destiny of the people of this great land:

To lead the world into a glorious future.

・・・・・・・・・・

これから訪れる毎日、毎週、毎月・・

皆さんは彼ら訪問者についてどんどん知るようになります。

なぜここに来ているのか、なぜ長年にわたって皆さんのリーダーたちがそのことを秘密にしてきたのか・・

In the coming days, weeks and months, you will learn more about these visitors,

why they are here and why our leaders have kept their presence a secret from you for so long.

・・・・・・・・・・

皆さんに今お願いしたいことは、不安な気持ちではなく、勇気をもって未来に向き合ってほしいということです。

なぜなら、私たちは今、人類すべての永遠の夢であった世界平和のビジョンを手に入れることができたからです。

I ask you to look to the future not with timidity but with courage.

Because we can achieve in our time the ancient vision of peace on Earth and prosperity for all humankind.

神の祝福をこめて

God bless you.

J・F・ケネディー

If President Kennedy Had Disclosed, What Might He Have Said?

参照

ケネディ大統領が読み上げようとした演説原稿

ロズウェル事件

VIDEO GFLJ6/11:宇宙からの来訪

:引用終了


ケネディ暗殺 (暗殺の検証と最後の2日間) CCP-908 [DVD]


ケネディ暗殺の真犯人とUFOアポロ疑惑 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)


ロスチャイルドの密謀


ロスチャイルド家 (講談社現代新書)


黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア


赤い楯 ロスチャイルドの謎1 (集英社文庫)


金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)

関連記事
情報速報ドットコムのツイキャスもよろしくお願いします! http://twitcasting.tv/kennkou1/show/
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
ありがとうございます。
素晴らしい記事を読ませていただき
ありがとうございます。

人類が、銀行システム・金利を廃止し
お金自体に課税すること。
(これは、奪われている金利を取り戻すこと。)
お金に対する考えが変われば、隠されていた発明・技術等使われるようになるんでしょうね。

金利として奪われていたものを皆で使うこと。

このことを思考出来る人が、少しずつでも増えてこないかと思っています。
[ 2013/05/20 12:01 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。

「ケネディ大統領は何で?誰に暗殺されたんだろうか?
きっとアメリカにとって不都合な事をしたんだろうな…」
とつい先日思っていました。

大阪に住んでいて、橋下市長の発言・行動に違和感・疑問を感じていますが、ここにきて急に叩かれ出したので「何か裏があるのでは⁈」と疑ってしまいます。
[ 2013/05/20 23:11 ] [ 編集 ]
JFK
オズワルドが教科書ビルの6階からライフルで狙撃したなんて、そんな嘘を平気で続けられる世の中。
[ 2013/05/21 07:42 ] [ 編集 ]
日銀のような中央銀行の株や日本国債を外国人が保有した金利には日本人の税金も払われる?
米の中央銀行FRBの株や米国債を日本人が買えるなら同じかもしれませんが、日本が米国債を売りたい時に米は米国債を日本に売らせないと聞きました。米国債は買うばかり?で3.11の時は米国債を売って資金調達するどころか、米にトモダチ作戦の代金を請求されて今後200兆円分の米国債を日本が買うことが決まった?
中国は米国債売ることが出来て、中国株式市場は中国人用株式市場と外国人用株式市場と分かれていて、閉鎖的だが自国の資産は守られているのを見ると、日本はやっている役割の割りには奴隷のような扱いでは?かなり日本人の税金が外国にとられている?
[ 2013/05/21 20:56 ] [ 編集 ]
書き忘れ。ディスクロージャーが嫌がられる訳は何か?不思議。
思い当たるのは、フリーエネルギーなどが出て来たら困るなど?また凄い技術があったら地球で使うのを独占的にしたいなど?またそれを商売にしたいなど?
[ 2013/05/22 10:17 ] [ 編集 ]
リンカーンも南北戦争時に導入した政府紙幣を以降も続けると発表して1ヵ月後に暗殺されたみたいですね。

http://bit.ly/AukFrv
[ 2013/09/09 09:57 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム