情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.02.14 08:00|カテゴリ:太陽フレアコメント(20)

【氷河期】太陽活動が事実上の停止状態に!黒点が消滅、異常な活動低下から寒冷化突入か!?


20160214040409op@o@op.jpg

☆【悲報】マジかよ!太陽から「黒点」消滅!このまま地球氷河期へ突入か!?と海外で話題に
URL http://www.yukawanet.com/archives/5009737.html

引用:
さてそんな冬真っ盛りの日本ですが、太陽に異変がおきているようです。どうやら太陽活動が沈静化して、黒点が減ってきているのだという。研究者によると黒点が減ると地球は寒冷化しさらに氷河期に突入するという恐れもあります。
:引用終了

☆The silent sun: Eerie image revealed as solar activity remains the quietest it has been in more than a century - and some claims it could even trigger a mini ice age
URL http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3444633/What-happened-sun-Solar-activity-remains-quietest-century-trigger-mini-ice-age.html

20160214040217popo@o.jpg
20160214040230yiiyu2.jpg
20160214040244oipoipo.jpg
20160214040256iuouo4.jpg
↓2012年から異常な状態になった太陽
20160214040434popo@o.jpg
20160214040448jjl4.jpg
20160214040459uiy4.jpg
20160214040508iiuioui5.jpg
20160214040522oioop7.jpg


太陽活動が目に見える形で大きく変化したのは2012年です。2012年に太陽の磁極が2つから4つに分裂しました。地球で言うのならば、北極と南極が分裂して4つになった感じです。
2012年以前にも異常が起きていましたが、それ以後では圧倒的に太陽の動きがおかしくなっています。

地球環境の方も同じ時期に異常が観測され、2014年に関東地方では山梨県が丸ごと孤立するほどの大雪が降り、アメリカの方でも北米大陸を覆い尽くすような大寒波が発生しました。
2016年も1月は記録的な寒波を観測していることから、太陽活動の異変が大寒波を誘発している可能性が高いです。

今回と同じ様な異変は数百年前にも発生しており、その時は「マウンダー極小期」と呼ばれています。マウンダー極小期では日本の関東地方は川が凍るほど気温が低下し、欧州も氷で川を歩けたと記録が残っていました。
このような寒さが到来する恐れがあると言え、太陽活動には今後も警戒が必要です。





関連過去記事

☆【寒冷化】南極大陸の氷、実は増加していたことが判明!数年前から指摘されるも温暖化説で無視!NASAの調査で発覚!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8620.html

関連記事


ブログパーツ
人類はイヴォルバーとコンチネンタルユニオンに分裂して戦争やな
[ 2016/02/14 08:04 ] [ 編集 ]
最近どこかのテレビで温暖化の影響で日本に寒気がやってくると、訳のわからん事言ってた。
[ 2016/02/14 08:22 ] [ 編集 ]
黒点の減少話はいま始まったことでもないし、周期的な太陽活動現象なんでしょうね。
昔は結構寒かった。
既に熱飽和しているCO2温暖化現象話と同様に過度に反応しないことです。
[ 2016/02/14 08:32 ] [ 編集 ]
そうだ、昔は川が凍った。
霜柱も多かった。
昔に戻るという事。
しもやけが、かゆかった。
日本の冬は、昔は厳しかった。
エネルギーは、マキじゃない。
[ 2016/02/14 08:36 ] [ 編集 ]
これ前々から言われてる事
[ 2016/02/14 09:23 ] [ 編集 ]
寒冷化するのを楽しみにしているんだが…結果を見るしかないな。
[ 2016/02/14 09:45 ] [ 編集 ]
こんなに暑いのに寒冷化とは・・・
[ 2016/02/14 09:58 ] [ 編集 ]
地球寒冷化防止のためには、原子力発電はやめて火力発電が良いという結論ですね。
[ 2016/02/14 10:19 ] [ 編集 ]
あのねえ
→09:34
黒点の存在は太陽エネルギー運動が活発である証左なの。
君も誤った認識を前提にして偏向した論を展開しているから、
たとえそこに部分的に正しい切り口が存在していたとしても
削除される口実を与えてるんだよ。
…ブログ主のスタンスが訳わからんのは確かだがな。

[ 2016/02/14 10:29 ] [ 編集 ]
綺麗な太陽さんでやんすねぇ…☆
[ 2016/02/14 11:49 ] [ 編集 ]
ほんとになるなら、寒さに強い作物を開発しないとね。燃料の確保も。TPPと原発と戦争もやめないと。
[ 2016/02/14 11:59 ] [ 編集 ]
>こんなに暑いのに寒冷化とは・・・

まだ寒冷化じゃないぞ~(-_-)
ずっと言われてたのは「地球温暖化と言われてたのは嘘で、アレはCO2排出量取引利権という一部権力者の利権経済」というヤツ。実際、今までに地球はCO2温暖化ではなく太陽の活動活性化の為に気温上昇と言ってる学者が何人もいる。そしてその活性化は今がピークだから今後寒冷化するとも言われていた。その証拠とも言えるのが極点の氷が実は増えている事と近年の冬の寒さと言われている。CO2だと熱が篭るから冬でも溶けたままなのが、太陽なら差はあれ季節通りの気温だから。

あくまで活性化が弱まっていくけど太陽が止まる訳じゃないから気にしても仕方ない。昔はツララなんてザラだったのを考えると今のが異常なんだよ。ただ太陽利用発電系がどうなるかは知らんけど。
[ 2016/02/14 12:41 ] [ 編集 ]
アメリカやヨーロッパが再び氷河に覆われている姿が浮かぶ。
[ 2016/02/14 12:57 ] [ 編集 ]
東京が北海道位の気温になるのかな?今も気温の変化がめちゃくちゃだけど、寒冷期になったらどうなのか?作物の生育が難しくなるんじゃないのか?TPPなんて本当やばいよねぇ。自給率もさることながら、種なんて殆ど輸入だし、相場がめちゃくちゃ上がったりして。
[ 2016/02/14 16:28 ] [ 編集 ]
マウンダー極小期の寒冷化効果は0.1~0.3℃という研究もあるが、仮に最大限大きく見積もって、小氷期の1℃の寒冷化がすべて太陽活動のせいだったとしても、温室効果ガスの増加により今世紀中に予想される世界平均気温上昇(2℃~4℃程度)より小さい。つまり、太陽活動の弱まりが温暖化を一部打ち消すことはあっても、すべて打ち消して正味で寒冷化をもたらすとは考えにくい。 http://bit.ly/1HQ74IY
[ 2016/02/14 17:14 ] [ 編集 ]
問題無いレベルの話、それより・・・
ゼロに近くても過去問題ないのにこじ付けも甚だしい。
死因別統計の推移は全人類が原爆症で数十年命を短縮してると解釈できる。

僅か一基でチェルノブイリ周辺の汚染国が国家消滅の大被害の推移が予想され
世界最高の被ばく研究家ユーリ・バンダジェフスキーの刑務所封印を解かざるを得ない事態に!

ようやく彼の助言でロシア、とチェルノ周辺国は滅亡をさけられた、回復基調に入るのに
20年要している、300キロ圏の危険区域からの移住、生産禁止、汚染物持ち出し禁止

毎日数十万件の誤魔化さないでの汚染値発表、7か月で石棺化封印なのに、この被害である。
福島は被害を拡大させるかのように、ロシアの反対の暴挙が続行中!

亡くなった原発所長の発言、福島はチェルノブイリの10倍以上の汚染だと・・・時間が証明する
数年後、阿鼻叫喚の地獄が関東、東北から本格化するのは子供でも理解出来よう。

1万年に1度の確率でも起きない被害と宣伝された原発が、ほぼ同時期に6基もメルトダウンの
不思議の国日本である。
[ 2016/02/14 17:26 ] [ 編集 ]
まじでこの世がどうなっているのかわからぬ
[ 2016/02/14 19:59 ] [ 編集 ]

そういうもんですよ
[ 2016/02/14 20:15 ] [ 編集 ]
地球温暖化のウソ
経済の都合で温暖化していると言っているように聞こえる

そういわなければ、原発稼働しないため。
[ 2016/02/15 03:46 ] [ 編集 ]
温暖化詐欺には注意ですね。もう10年以上前からいい続けてますが。
これからの日本は大雪災害が徐々に増えてくるので家庭の給湯器、水道菅、栓など凍結に注意です。
[ 2016/02/15 12:45 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク