情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.03.16 21:00|カテゴリ:健康問題全般コメント(20)

【驚愕】ガン治療の革命的な特効薬ニボルマブが誕生⇒お値段は驚きの約3500万円!保険適応でも車並の価格!


s_ice_screenshot_20160316-081258.jpeg


☆【衝撃】ガン治療の革命的な特効薬ニボルマブ / 高額すぎて年間3500万円の医療費 → 総額の95%以上を国民が負担
URL http://buzz-plus.com/article/2016/03/16/nivolumab/

引用:
ガンで亡くなる人が多い日本において、「ニボルマブ」の登場は医療に革命的をもたらすと言っても過言ではないだろう。しかし、ひとつだけ大きな問題が生まれている。あまりにも薬価が高額すぎるのだ。保険を無視して定価で計算した場合、「ニボルマブ」を1年間使用すると約3500万円もの医療費が必要となる。
:引用終了

☆ニボルマブ
URL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%96

引用:
ニボルマブ(英: nivolumab、商品名:オプジーボ)は、悪性黒色腫治療を目的とし、後に非小細胞肺癌・腎細胞癌に適用拡大された分子標的治療薬の一つで、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体医薬品で、当時の京都大学医学部の本庶佑博士の研究チームの貢献に開発[1][2]。日本においては2014年7月4日製造販売が承認され[3]、2014年9月小野薬品工業から発売が開始された[4]。
:引用終了




この薬の噂は前に聞いていたので「500万円くらいかな?」と思っていたら、まさかの3500万円に吹いてしまった(苦笑)。本当に大企業の重役や会社経営者並の収入がないと使えないような薬じゃあないですか~(^_^;)。
大手企業の正社員でも厳しい値段で、保険の適応で5%以下の自己負担になったとしても年間175万円は大きいと思います。

まあ、癌の手術で何百万円も使うよりは、こっちに使ったほうが安いかもしれませんが・・・。自分が癌になったら背に腹はかえられないという感じになるかもしれませんが、それでも躊躇するような価格だと言えます。

関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
これから日本もアメリカ並みに命の沙汰は金次第になる。
若いうちにまとまった金を稼ぐことが一生の保障になる。
[ 2016/03/16 21:05 ] [ 編集 ]
まあ研究費が掛かっているのはわかるけど
研究費はとりあえず置いておいて
実際に製造にかかる価格ってなんぼなんだろ
[ 2016/03/16 21:07 ] [ 編集 ]
「悪性黒色腫治療を目的とし、後に非小細胞肺癌・腎細胞癌に適用拡大された分子標的治療薬」ということは、胃ガンとか肺ガンには効かないということ? 万能薬じゃないじゃない。
[ 2016/03/16 21:19 ] [ 編集 ]
保険が適用されれば、自己負担限度額以上は払う必要はないので、もっと安くなります。

年3500万円をURLで計算した結果
標準報酬月額28万~50万円だと、年約128万
標準報酬月額26万円以下だと、年約69万

この「自己負担限度額」があるから、我々は保険料を払っているのです。
そして、この「自己負担限度額」制度のある健康保険をなくさないためにも、TPPはゴミ箱に捨てなければならないのです
[ 2016/03/16 21:23 ] [ 編集 ]
土地付き戸建ての家が買える値段かよ。
[ 2016/03/16 21:23 ] [ 編集 ]
余りに高額な薬は保険適用すると金持ちだけが保険資金を独り占めで使い込んでしまうことに繋がる。

特効薬はありがたいが、一人に適用できる保険の金額の月間の上限は100万円が限度だろう。

100万円でも多すぎる気がする。

混合診療は認めたくないが、ここは議論が必要だ。
[ 2016/03/16 21:32 ] [ 編集 ]
若しこれを使って生きられたとしても、何時かは人間あの世へ行くんだけど、、。
5年ほど寿命が延びたからって何になるんでしょう、、?
そりゃあ飲めば、苦しまずにあの世に行けるってんだったら意味有りそうだけど、ただ生き延びるだけなら、あんまり意味感じないんだけどなぁ、、。
延びる事によって世間様に多大な貢献をしそうな人なら、それなりに意味ありそうだけど、それを決めるのも難しいしねェ、、。
安倍みたいのが飲むんだったら、困る事しかないしね、、。
[ 2016/03/16 22:29 ] [ 編集 ]
>5年ほど寿命が延びたからって何になるんでしょう、、?

そら余命宣告されたことない人はそう思うでしょう
だけど、余命半年とか言われたら、あと5年生きられるって大きいよ

>延びる事によって世間様に多大な貢献をしそうな人、それなりに意味ありそうだけど

こういう価値観、考え方、嫌いだな
どんな人にだって別れがたい人がいるし
生きたいと思うのは同じですよ
[ 2016/03/16 22:59 ] [ 編集 ]
放射線や抗がん剤の効かない患者の2〜4割に効く?たったこれだけ?
亡くなってまで借金にならない事を祈ります。
[ 2016/03/16 23:55 ] [ 編集 ]
死にたいなら死ねば良いと思う。治したい人は治したいんだし。何故、いちいち否定的な見方をしなければいけないの?

もし値段が下がったら、手のひらひっくり返して賛美するんだろうね。
[ 2016/03/17 00:13 ] [ 編集 ]
全てをお金で解決しようとする。
嫌な薬だね。
[ 2016/03/17 00:25 ] [ 編集 ]
タイトル見て一瞬3500円かと思ってしまった
[ 2016/03/17 01:04 ] [ 編集 ]
ニボルマブは免疫力強化して治る見込みの高い癌には有効だろうけど、
癌全般に効く革命的な新薬なのかは疑問
悪性黒色腫は放射線治療の効果が薄く転移の早い癌だけど、
稀に自分の免疫力で治ったり、治癒寸前までいく事がある
(だからホクロが小さくなったり色が薄くなったら逆に癌を疑う)
なので自分で食事改善や免疫力強化する努力をすればこんな高額な薬に頼らなくても良いかもね
免疫力を低下させ正常細胞まで殺し、癌細胞と宿主どっちが先に死ぬかを競わせる抗がん剤よりはマシな気もするけど…
[ 2016/03/17 01:22 ] [ 編集 ]
格差社会を容認する人が原発事故の影響について重く受け止めることに消極的な理由が見えてくる 土地には病をばら撒き、薬を買える人だけが生き残るという
大多数の市民なんてこういうニュースや科学の発達を単純に呑気に喜んでいたとしたら想像力に加え思考力が乏しすぎる 究極的にはだが、土地に病が蔓延ると、多少金持ってようがただ頑張り続けなければならないというだけでなく、一生綱渡りするように気を揉み続けざるをえないようなめちゃくちゃ窮屈な世の中になるよ
[ 2016/03/17 03:49 ] [ 編集 ]
TPPでますます医療も格差が生まれるのか心配だなあ。
[ 2016/03/17 07:27 ] [ 編集 ]
>TPPでますます医療も格差が生まれるのか心配だなあ。
本当になあ。
医療は金持ちのものになっちまうな。
[ 2016/03/17 08:18 ] [ 編集 ]
治るわけじゃないのに(((v(*゚▽゚*)v)))
騙されんなよ(((v(*゚▽゚*)v)))
[ 2016/03/17 08:52 ] [ 編集 ]
最近の新薬って、モノクローナル抗体が多いなぁー
モノクローナル抗体、怖いよ!
めでたく副作用に当たったら、癌より酷いかもね。
[ 2016/03/17 09:52 ] [ 編集 ]
この薬価3500万円、これで採算が取れるのかな、費用構成に興味が湧くなあ。
[ 2016/03/17 13:07 ] [ 編集 ]
癌にかかり、今回は早期であったため完治しましたが、次診断されたときは、自然のままに行くことにしています。生きたい渇望を悪用した人体実験と搾取に協力するのはごめんです。

近藤誠氏の本や、フルフォード氏の医療マフィアの本を読んでください。

「死」とは存在するモノであれば、全て、平等に、必ず、訪れるものなんです。

病気になり、身近に死に方を考えたとき、「後悔しない今を生きたい。生き方(死に方)は自分で考えて選ぶ。」と、そう思いました。
[ 2016/03/17 23:04 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク