情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.03.21 23:00|カテゴリ:アニメ&ゲームコメント(6)

日本の有志たちが「打倒アルファ碁」を掲げた新プロジェクト「DeepZenGo」を発表!日米で人工知能の戦いに!


s_ice_screenshot_20160319-000259.jpeg


☆打倒『AlphaGo』! ドワンゴ川上会長も本気出したコンピューター囲碁ソフト『DeepZenGo』プロジェクト始動
URL http://japanese.engadget.com/2016/03/01/alphago-deepzengo/

引用:
s_ice_screenshot_20160318-235517.jpeg
今年の1月にグーグルがNatureに発表したディープラーニングを用いたコンピューター囲碁ソフト『AlphaGo』が、ヨーロッパチャンピオンのプロ棋士に19路で勝利した話に対し、日本の有志たちが立ち上がった。『AlphaGo』に勝つソフトを開発するプロジェクト『DeepZenGo』を始動。半年から1年かけて、ニューラルネットワークを利用したソフトを開発することになりました。
:引用終了
*シュタインズゲートの牧瀬紅莉栖が唐突に出て来て吹きそうにw

以下、ネットの反応






















これは試合を見てみたい!人工知能VS人工知能とかお互いに人間とは違う手を使って、同時に混乱とかもありそうですね(笑)。

もはや、人間では人工知能アルファ碁に勝つことは出来ないので、日本の人工知能で打ち勝つところを見てみたいと思います。まあ、グーグルの人工知能は尋常ではない発展をしていることから、日本側が勝つ未来が見えないですが・・・(^_^;)。

*アルファ碁は完全に独自で考えて動いていることから、作成者にも負けた原因や負けた時の思考が分からないことが欠点だと言われています。





関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
普通のソフトウェア(固定アルゴリズム)と違って人工知能は強い方が相手の思考回路を取り込んで雪だるま式に強くなるのよね。ドワン碁も対戦したとたんアルファ碁に取り込まれてしまうんじゃ...
[ 2016/03/21 23:14 ] [ 編集 ]
ニコ動では将棋に次ぐコンテンツと考えていたのにあっという間にというか一瞬でオワコンに。ネット(ネトウヨ?)界隈の言い方に倣えば1番でなければダメなはずでは?
ともあれ日本の素人仕事では苦しいかな、と。
[ 2016/03/22 00:38 ] [ 編集 ]
>1番でなければダメ
確かにスパコンでのレンホー騒動の時はそうだったよな!
でも今は5番手だったかな?誰も騒がないぞ!!全く安倍信者ネトウヨは自分達に都合が悪いと静かなもんだ(怒)
囲碁の世界でも騒ぐのかなァ、、?「ドワンゴ何してるゥ!!」なんてさ(笑)
先行してる方が有利なのは確かだとは思うね。
[ 2016/03/22 00:57 ] [ 編集 ]
ターミネーターではチェスだったっけか
面白おかしくやって気付いた時にはどうにもならんなってたりしてな
[ 2016/03/22 02:50 ] [ 編集 ]
Googleの社名の由来は10^100を表すgoogolのスペリングミスであるとされているが10^360の可能性がある二人零和有限確定完全情報ゲームの囲碁⚪⚫でトップレベルのプロ棋士に私が予想していたよりも早く圧勝したのには本当に驚いた❗
トッププロ棋士に圧勝しプロとしての矜持を打ち砕き人類にcomplexを与えたかもしれないGoogleの可能性は現段階でも最低限社名の由来となったgoogolよりも遥かに大きな数である10^10^100を表すgoogolplex(グーゴルプレックス)ある事は間違いないと感じた😓
[ 2016/03/22 09:24 ] [ 編集 ]
「よ~し、うちの息子有名私立小学校に入学させて東大に進学させるぞ」

「で、どうやって勉強させたらいい?」・・・・・てなもんでしょ
[ 2016/03/22 12:34 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク