情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.03.20 12:00|カテゴリ:政治経済コメント(24)

アルゼンチンと日本がソックリな件!かつてはフランス超えの経済大国⇒恐慌で景気悪化⇒政権交代に失敗⇒右派拡大⇒戦争⇒破綻


s_ice_screenshot_20160319-083513.jpeg

☆アルゼンチンが後進国へ転落した時と、今の日本の状態がそっくりで怖い [509841552]
URL http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1458314125/l50

引用:
アルゼンチンの歴史

20世紀初頭、経済発展を成し遂げ大量の中流層が生まれる

中流層は民主主義を拡充させ、経済は更に発展する   

1929年には世界5位の金持ち国になる

不景気を背景に政権交代を試みるが失敗に終わる

イギリスの経済ブロックに入って経済を立て直そうとするが
それはイギリス経済植民地になる事を意味していた

少数の既得権益富裕層が政治を支配して格差が拡大

国民はなぜか支配者に反抗せず逆に右傾化していく

1946年、派手な経済政策を謳うウヨが大統領になる

当初はこの経済政策が成功したかに見えたが、裏では国富を失い続けた

急速に経済が衰退していくと共に、更に右傾化して軍部が影響力を増す

国民の不満をそらすため戦争を起こすと共に、左翼を弾圧する

経済破綻、貧困国の仲間入り
:引用終了

☆「100年の衰退」の教訓:アルゼンチンの寓話
URL http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39952

引用:
 1世紀前、国外初の出店を決めた英国の百貨店ハロッズは、その場所にアルゼンチンのブエノスアイレスを選んだ。1914年には、アルゼンチンは未来のある国として頭角を現していた。アルゼンチン経済はそれまで40年にわたり、米国を上回るペースで成長していた。国民1人当たりの国内総生産(GDP)は、ドイツやフランス、イタリアを上回っていた。
:引用終了

☆フォークランド紛争
URL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%

引用:
アルゼンチンの情勢
1929年の世界恐慌以降、1930年代にはアルゼンチンでナショナリズムが台頭し、ロサスが再評価されると共に諸島(マルビナス諸島)奪還はアルゼンチン国粋主義者の悲願となっていった。第二次世界大戦後の1946年、左翼民族主義者のフアン・ペロンがアルゼンチン大統領に就任。ペロンは反対派を強制収容所に収容するなど左翼ファシストと呼ばれたが、ポプリスモ政策によって一時的に経済は安定した。

しかしモノカルチャー政策であったため、アメリカやカナダ農業の生産性向上により、1949年には競争力を失った。国民から人気のあった妻が死亡し、またカトリック教会との関係も悪化し、1955年に軍のクーデターでペロンは追放された。

その後ペロン派の都市ゲリラと軍部の間で内乱が続いた。1976年に誕生したビデラ軍事政権がペロン派や左翼を弾圧し(汚い戦争)、「行方不明者」のなかにはゲリラと関係のない市民もいた。ビデラ政権は治安回復には一定の成果をみせたが、外資導入による経済政策で失敗し、天文学的なインフレに陥いり失脚。

1981年12月に、軍事政権を引き継いでアルゼンチン陸軍司令官のレオポルド・ガルチェリ大統領が就任。ビデラ軍事政権は任期中フォークランド諸島に対する軍事行動に言及していたものの、実際に行動を起こすまでには至らなかった。だがアルゼンチン活動家が島に上陸して主権を宣言するなどの事件が起きていた。
:引用終了




かつてのアルゼンチンは一人あたりのGDPでドイツやフランスなどの欧州諸国を超えていました。分野単位ではアメリカでも負けていたほどで、世界の中でも指折りの経済大国だったと言えます。
それが急激に衰退したのは、様々な要因が組み合わさったことが大きいです。まず第一にアメリカで発生した世界恐慌に巻き込まれたダメージが大きく、その直後に発生した政権交代も失敗。

この時点でリーマン・ショックから民主党に政権交代した日本とソックリです。アルゼンチンは政権交代に失敗した反動で、今度は経済政策を全面に押し出した右派が権力を握りました。

これも経済政策の問題などから結果的に富を失う事態になり、最終的には強硬派の軍部が権力を拡大します。途中でイギリスのブロック経済に入ったこともありましたが、イギリスの経済植民地になって挫折しました。
最後には軍部の独走状態で戦争に突入し、膨らんだ負債が爆発して経済が破綻することになります。

日本もリーマン・ショックから政権交代をするも失敗し、右派系の安倍政権が誕生しました。安倍政権はアメリカのブロック経済であるTPP条約に入ろうとしていますが、アルゼンチンの歴史を真似ているようにしか見えないです。
状況や環境がやや違いますが、それでもアルゼンチンの歴史から日本が学べることは多いと言えるでしょう。

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
ふむ。太陽つながりね。。


[ 2016/03/20 12:07 ] [ 編集 ]
日本の未来

(°□°;)

(゜∀゜;ノ)ノ

(;∇;)/~~
[ 2016/03/20 12:08 ] [ 編集 ]
戦前は大国だったのにWWⅡの枢軸国側だったせいか、アルゼンチンの戦後は冴えないですね。
でも基本農業大国だし、何度も財政破綻慣れして貧困でネズミも食べて耐えられる所が日本と違う。
悲しいのは過去はアルゼンチン、今度はブラジルでババ引くサムライ(債)。
[ 2016/03/20 12:12 ] [ 編集 ]
「1946年、派手な経済政策を謳うウヨが大統領になる 」

ウヨが大統領にw

経済政策に自分の名前を盛り込むナルシストが
失政を続ける日本よりは、まだマシだったんでしょうけどね。






[ 2016/03/20 12:13 ] [ 編集 ]
・・・え?
いつも民主政権は成功だったと喚いてるんだからアルゼンチンとは似てないんじゃないの?
それとも民主政権は失敗だったと認めるってことなの?
[ 2016/03/20 12:23 ] [ 編集 ]
フォークランド紛争=尖閣??沖縄基地問題?
[ 2016/03/20 12:31 ] [ 編集 ]
それは日本の宗主国のアメリカにもいえることではないかい?
[ 2016/03/20 12:39 ] [ 編集 ]
全然重なってなくてワロタ
歴史を読む力がないなら歴史学勉強しても意味無し
[ 2016/03/20 12:40 ] [ 編集 ]
なるほど。これは納得
[ 2016/03/20 12:42 ] [ 編集 ]
外国の国旗は月や星が多いが、アルゼンチンの国旗って日本と同じ太陽だったのか。
[ 2016/03/20 12:55 ] [ 編集 ]
安倍の経済政策が最初から駄目だから一致してないなw
[ 2016/03/20 13:03 ] [ 編集 ]
[ 2016/03/20 12:55 ]
五芒星、六芒星がある国は何だってねw
[ 2016/03/20 13:07 ] [ 編集 ]
さらに公務員給料が高くてギリシャ的な部分もありますよね
[ 2016/03/20 13:08 ] [ 編集 ]
日本がアルゼンチンタンゴを踊る日とか前から言われていたけど、
ソックリな道たどってたんだね。
この道は、いつかきた道、だけじゃなくて、誰かが通った道だったんだ。
[ 2016/03/20 13:20 ] [ 編集 ]
ヒトラーの全権委任法もそうですが、自民党はこういう歴史を勉強しているのでしょう
だから、同じ事を真似しようとする

脳のない国民は、歴史を勉強していないから、同じ事になるのがわからない
[ 2016/03/20 14:01 ] [ 編集 ]
ニュース速報(嫌儲)
●アフィブログへの転載は禁止です。

やるならちゃんとルール守れよな
それよりここの管理人って嫌儲民だったんだなwww
[ 2016/03/20 14:01 ] [ 編集 ]
おそらく、20世紀初頭~20年代末にかけてのアルゼンチンが「我が世の春」を謳歌できたのは、WW1での大戦特需のせいかもしれませんね。そしてWW1から大恐慌にかけての欧州諸国の経済が不振でドイツ、フランス等の地位低下を考えに入れると、アルゼンチンが「フランスを抑えての経済大国」になれたことは納得できます。

アルゼンチンと日本の差異は、いくらでもありますが、こと産業構造については大きく異なります。
アルゼンチンはご存知の通り農業国であり、大恐慌・WW2以降も工業化に失敗し続けています。このことに失政が加わった結果、アルゼンチンの現状があるわけです。
一方、日本の場合は「工業化→サービス産業が主体の脱工業化」というプロセスを辿っています。

・・・しかしながら!①「売り」になる産業の保護・育成を怠り、②民富の国外流出を食い止めず、③所得の再分配に失敗、というイヤな共通点もあります。

したがいまして、アルゼンチンの歴史は「他人事」ではないとの意見には同意します。

[ 2016/03/20 15:07 ] [ 編集 ]
マルコ・ロッシの母がなんで南米に出稼ぎに行ったのかずっと分からなかった。
かつては経済大国だったのね、アルゼンチン。
[ 2016/03/20 15:40 ] [ 編集 ]
超デフレかハイパーインフレーションか
政府、地方自治体(政府保障債)の債務がGDPの250%を超えると財政破綻しやすくなる。あること以外何をやっても駄目だそうだ。
ある事とは借金返済のことだ。
私がいつも20兆円ずつ元金返済しないと駄目だと言う意味はそこから来る。特に今はグローバル時代だから、気をつけなければならない。

安倍総理がGDP600兆円と言ったのも、実は債務GDPこのことからだという。
600兆円だと、政府債務が1500兆円ということになるからだ。


しかしこのようになるためには、田舎ですら時給を1200円にしないとならない。サービス物価を上げるようにしないと難しいのではないのか。そして、今必要な高度教育を学ばせることである。



「日本の国債は日本人たちが持っているから大丈夫だ」よく言う人がいるけれど、国債が返されなくなったならどうなるのか。国民が損するということだ。

まず債権国だから先に海外の債権を売却するだろうが。それで元金返済するべきだろうが。この債権売却が世界経済にどのような影響を与えるかだ。


そうならないためにも一般会計と特別会計から10年間で年間元金を40兆円ずつ返還する。400兆円減らすことができる。返還には外貨や債権などの売却も含む。支払利息が減る。
その後は20兆円ずつ元金返還していく。


こうなると低所得者が大変なので、食料品の輸入関税撤廃する。日本の農業も家業や補助金からの脱却を目指して、強い農業経営を目指す。



ただ、日本は災害国なので、そう簡単にはいかないと思う。首都直下地震や南海トラフ巨大地震があるから。


日銀の量的緩和をやり過ぎたから、地震が来た時に、政府が復興債を発行して、それを日銀が購入するということが将来できなくなる可能性が高くなる。


ちなみに海外から買ってもらったらというが、日本の壱万円札が価値が失っていくような方向になったら、利息が1%で購入してくれるだろうか。格付けもある程度下がっていたのなら、金利5%以上じゃないと購入しませんと話すことも想定しないとならないでしょう。

アルゼンチンやギリシャのようになるかもしれない。

たとえ優秀な企業があっても、政府が優秀でないと国家再建は難しいであろう。
[ 2016/03/20 15:56 ] [ 編集 ]
主様。
もし本気でアルゼンチンと日本の経済状況が似てるとか言ってるんだとしたら他の発言もそのレベルだと思われて何を言っても信用されなくなるよ。
うっかり信じちゃった人で調べる習慣のない人がどこかでアルゼンチンと日本はー、みたいに話して笑われたら気の毒だからジョークもほどほどにしときなね(笑)
[ 2016/03/20 16:41 ] [ 編集 ]
もうすぐ日本にゲバラやマラドーナが現れるわけか
それなら結構なことだ。
[ 2016/03/20 17:02 ] [ 編集 ]
アルゼンチン破綻のノウハウを同じように利用して
日本破綻をもくろむ連中がいるという事だな。
[ 2016/03/20 20:02 ] [ 編集 ]
うーん。
やっぱり三流ブログってとこかな

調べる参考にはなるけど真実はあんまり書いてない
[ 2016/03/20 20:15 ] [ 編集 ]
経済発展と共に「中流層が厚く」(A)なって、その後の経済後退期の一旦の政権交代からまた元に戻るタイミングあたりから「格差が拡大するのに国民がこれに反発しない構造」(B)ができあがるという所は、
世の中の芯が何故AからBになるのかというのは複雑・一見すると不可思議・未解明かつ重要な部分だから、
非常に注目に値する類似だと思う。
[ 2016/03/20 20:51 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム