情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.10.21 06:00|カテゴリ:政治経済コメント(9)

秘密保護法の最終案が確定!「取材の自由」が盛り込まれるが、法案の内容に変化は無し!憲法学者24人が秘密保護法案に反対声明!


Nineteeneightyfour....in Manchester
Nineteeneightyfour....in Manchester / Gene Hunt

秘密保護法の最終案が確定しました。最終案には「取材の自由」や「知る権利」への配慮が盛り込まれることになりましたが、法案の内容には大きな変更点は全くありません。特に問題視されていた「曖昧な基準」や「民間人も対象」という部分は一切変更されておらず、基本的には問題だらけのままです。

このような秘密保護法に対して、憲法学者24人が反対声明を発表。また、超党派の反対集会なども活発に行われており、多くの方達から強い反対の声が出ています。

しかしながら、国会の大多数を占めているのは自民党と公明党なので、この2党をどうにかすることが出来ないと、法案の阻止は難しいと言えるでしょう。国会議員の中で最も強く秘密保護法に反対している山本太郎議員によると、「反対の声が大きくなっているから、官僚や推進派の方が焦っている」とのことで、秘密保護法案の推進派達は急いで法案を成立させようとしているようです。

実際、石破幹事長や安倍首相はインタビューに対して、「秘密保護法案の早期成立を目指す」と語っています。逆に言えば、最初の頃は何も言われていなかった法案がここまで注目されるほどの事態になったということは、推進派の目論見が崩れたということです。

明らかに、推進派の連中は秘密保護法案(秘密保全法)をひっそりと可決させようとしていました。その証拠に、「秘密保全法反対」という声が大きくなった途端に、法案の名称を「秘密保護法案」に変更しています。
山本太郎議員が言っているように、皆さんの声が着実に届いているということです。一通の手紙や電話には強い力はありませんが、それが数千や数万という数になれば、国会議員の考えを改めさせるぐらいの力になるのです。

残り時間は少ないですが、後になってから後悔しないためにも、何とか自分の声をしっかりと国会議員に送りましょう。


☆秘密保護法の最終案 知る権利 否定なのに「配慮」
URL http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-10-20/2013102002_02_1.html

引用:
 秘密保護法案の最終案で、政府と公明が“歩み寄り”「取材の自由」や「知る権利」への配慮が盛り込まれたことで、大きく「改善」されたかのように言われています。公明党の山口那津男代表は「公明党が与党としての役割を果たした」(17日)などと見えを切っています。

 しかし、「修正」といっても、法案の基本構造に何の変化もないうえ、「修正」内容自体に重大な問題があります。

 最終案では、報道機関などによる取材については「専ら公益を図る目的を有し、法令違反または著しく不当な方法によるものと認められない限りは、これを正当な業務による行為とする」とされました。

曖昧な基準で

 報道機関による取材が「著しく不当」か、「正当な業務行為」かを判断するのは誰か。基準が曖昧で取り締まりを行う行政機関によって恣意(しい)的に判断されかねません。そのうえ、依然として秘密へのアクセスは「犯罪」に当たることを前提としています。これでは、報道機関も原則として捜査対象とされ、携帯電話やパソコンなどが根こそぎ押収の対象とされ、訴追を受けて司法判断を経て見なければ「正当な業務」かどうかはわからないことになります。「著しく不当」という基準自体、曖昧で処罰範囲が明確でなく、大きな萎縮効果をもたらします。

 また「出版または報道の業務に従事する者の取材行為」という範囲を設けており、一般国民がインターネットで情報発信する目的で、情報=「秘密」にアクセスする行為は明確に除外されます。
:引用終了

☆秘密保護法案 人権脅かす 憲法学者24人反対声明
URL http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013101902000125.html

引用:
憲法・メディア法学者二十四人が呼び掛け人となり、特定秘密保護法案に反対する声明をまとめた。賛同者を募り、近く発表する。刑事法研究者百二十三人も同様の声明を準備している。政府は来週の閣議で法案を決定したい考えだが、法律専門家の間で反対の声が広がっている。 (金杉貴雄)
 憲法・メディア法学者の反対声明の呼び掛け人には奥平康弘東京大名誉教授をはじめ、山内敏弘一橋大名誉教授、石村善治福岡大名誉教授、森英樹名古屋大名誉教授、田島泰彦上智大教授ら著名な研究者が名を連ねた。

 声明は、特定秘密保護法案について「重要で広範な国の情報が行政の一存で指定されることで、国民の知る権利が侵害される」と批判。秘密保護の強化は集団的自衛権の行使容認や自民党草案による改憲の流れと一体と分析し、「基本的人権、国民主権、平和主義の憲法の基本原理を踏みにじる危険性が高い」と反対の理由を説明している。
 刑事法研究者の声明は日本刑法学会元理事長の村井敏邦一橋大名誉教授ら二十三人が呼び掛け人となり、賛同者を募った。
:引用終了

☆秘密保護法案、成立急ぐ考え強調…石破幹事長
URL http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131020-OYT1T00597.htm

引用:
政府が今国会に提出する特定秘密保護法案を巡り、与野党の幹事長・書記局長らが20日のNHK番組で討論し、自民党の石破幹事長は「国の安全保障に著しい支障を与える恐れから、秘匿しないといけない情報がある」と述べて法案成立を急ぐ考えを強調した。

 公明党の井上幹事長は、秘匿性の高い「特定秘密」の保護が必要と述べた上で、特定秘密についても情報公開の対象とするため、「情報公開法の改正について政府・与党で結論を出したい」との考えを明らかにした。
:引用終了

☆秘密保護法反対イベント(全国) 10月中旬~
URL http://nohimityu.exblog.jp/20851299/

引用:
政府は10月15日に開会された臨時国会に特定秘密保護法案(秘密保全法)を
提出する予定です。
報道によると、10/25にも閣議決定・国会提出予定とのこと。

各地で反対運動が急速に活発化しています。
9/17締切のパブコメには、2週間にもかかわらず政府は9万件以上の意見が
よせられ、うち反対が8割を近くを占めたと認めています。
各地で行われている学習会では、定員を超える参加者が集まっています。

各地で以下イベントが多数計画されています。ネットだけではなく、
現実の集会に参加することが反対運動の力となります。
イベント情報を拡散いただくとともに、一人でも多くの方に
ご出席いただきますようお願い致します。

なお、他に関連イベントがあればぜひお教えください。
no_himitsu@yahoo.co.jp

【東京】10/20.1.22.23.24.25.26.29.31 11/9.16
【愛知】10/20.22.25.27 11/6.17
【福岡】10/26
【茨城】10/26
【福島】10/27
【仙台】10/28
【栃木】11/2
【大阪】11/8
【札幌】11/9
【横浜】11/10
----------------------------------------------------------
10.20(日)15:00~数寄屋橋交差点に集まろう。
もう一人では生きていけない。声を上げよう!秘密保護法を止めよう!
安倍内閣打倒!民主主義を闘い取ろう!主権在民を実現する会。

http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-1f38.html

-----------------------------------------------
*10/20(日)13時半-15時半 徳重・熊の前・神の倉9条の会 緊急学習会(名古屋)
 「知る権利」はおろか、知れば罰せられる「秘密保護法案」
 場所:CCNet フリースペース
   http://www.ccnw.co.jp/news/news/20130601_tc_open.html  講師:浜島将周弁護士
 主催:徳重・熊の前・神の倉9条の会
 チラシ:http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/131020.pdf

--------------------------------------------------
10/21(月)秘密保護法を考える超党派の議員と市民の勉強会(第3回)
秘密保護法 省庁交渉(東京)

日時: 10/21(月)11:00~12:30
場所: 参議院議員会館 B109会議室
     東京メトロ「永田町」駅、「国会議事堂前」駅下車
     国会周辺図http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm    ※前回と場所が異なります。ご注意下さい
対応省庁:内閣府、防衛省、外務省、警察庁、総務省
http://taroyamada.jp/?p=3833
「秘密保護法を考える超党派の議員と市民の勉強会」事務局
連絡・問い合わせ:
江崎孝事務所(03-6550-0511)
山田太郎事務所(03-6550-0708)
仁比聡平事務所(03-6550-0815)
村上史好事務所(03-3508-7029)
福島みずほ事務所(03-6550-1111)
---------------------------------------------------------------
【おばけよりも恐ろしい!秘密保全法周知キャンペーン】
10/21(月)19時〜新橋SL広場前(東京)

普通に配ってもチラシをなかなか受け取ってもらいづらいので、
ハロウィンの格好をして配ろうと思います!
チラシ配りのご協力&スピーチ出来る方も大募集中!とにかく町で周知!
https://twitter.com/emi_mumemo
----------------------------------------------------------
10月22日(火)秘密保護法NO! 国会前アピール

★10月22日(火)午後6時30分~8時
★場所 首相官邸前
★内容 リレートーク(一人3分間アピール)
  *人数が多ければ、一人1~2分になる場合もあります。
★呼びかけ 田島泰彦(上智大学教授)
連絡先:090-2302-4908(白石)
kanseiwakingupua1950@yahoo.co.jp
http://blogs.yahoo.co.jp/constimasahikos/32173928.html
--------------------------------------------------------------
☆10/22(火)14時~15時 秘密保全法情報公開訴訟報告集会
 @愛知県弁護士会5階
 http://www.aiben.jp/page/frombars/map.html
 主催:NPO法人 情報公開市民センター
 http://www.jkcc.gr.jp/
----------------------------------------------------------------
☆10/22(火)18時半~20時半 秘密保全法学習会(名古屋)
 @市民活動推進センター(ナディアパーク)研修室
 http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/shisetsu/vnpo01.html 
 講師:中谷雄二弁護士
 主催:アムネスティ栄グループ(15G)

------------------------------------------------------------
10/23(火)アジア記者クラブ10月定例会
<民主主義社会を破壊する秘密保護法>(東京)

2013年10月23日(水)18時45分~21時
ゲスト 山下幸夫さん(弁護士)
会場 明治大学リバティタワー12階1125教室(東京都千代田区神田駿河台1-1)
交通 JR・地下鉄「御茶ノ水」・都営線「神保町」下車
費用 ビジター1500円、会員・学生・年金生活者・ハンディのある方1000円
主催 明治大学軍縮平和研究所・アジア記者クラブ(APC)

連絡先 アジア記者クラブ(APC)
〒101-0061東京都千代田区三崎町2-2-13-502
Tel&Fax:03-6423-2452 
http://apc.cup.com
E-mail:apc@cup.com
 
--------------------------------------------------------------------
STOP!特定秘密保護法案!!首相官邸前アクション
日時: 10月23日(水)10月24日(木) 連日 18時半~20時

●場所:首相官邸前
丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前」駅 3番出口(徒歩1分)
有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」駅 1番出口(徒歩5分)
銀座線・南北線「溜池山王」駅 7番出口(徒歩5分)
呼びかけ:安部芳裕
http://project99.jp/?p=6361

-----------------------------------------------------------------
10/24(木)国家秘密と情報公開―特定秘密保護法案は、秘密のブラックホールか!―(東京)

■日 時: 10月24日(木)18:30~21:00 (18:15開場)
  終了後、会場近くにて懇親会を開催します。どうぞご参加ください。
■場 所: 文京シビックセンター 4Fシルバーホール
  東京都文京区春日1-16-21(丸ノ内線・後楽園駅1分、三田線/大江戸線・春日駅1分)
  http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
■資料代: 一般1,000円  学生 500円
■登 壇:◇ゲスト;三木 由希子 さん NPO法人情報公開クリアリングハウス理事長
◇コメンテーター;瀬畑 源 さん 都留文科大学ほか非常勤講師。
◇モデレーター; 辻 利夫( ソーシャル・ジャスティス基金運営委員、
認定NPO法人まちぽっと事務局長)
■ご参加登録: Webサイト https://socialjustice.jp/20131024.html 
  人数の把握のため、事前登録にご協力ください。
http://socialjustice.jp/p/20131024/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=20131024
■主 催: 認定NPO法人まちぽっと  ソーシャル・ジャスティス基金
(事務局) 〒160-0021 新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501 
メール: info@socialjustice.jp 、 電話:03-5941-7948、 FAX:03-3200-9250

------------------------------------------------------------------------
・10月25日(金)12時~13時 
 秘密保全法に反対する愛知の会が、名古屋市栄バスターミナルで街頭宣伝

----------------------------------------------------------------
10/25(金) ワールドフォーラム10月緊急!上映+講演会
「秘密保全法」は、平成の<治安維持法>だ!(東京)

◆ 知らない人でも「見ればわかる!緊急上映&講演会!」 ◆
【映 画】 ドキュメンタリー映画『ショック・ドクトリン』 原作:ナオミ・クライン
【講 演】 安部 芳弘 氏/プロジェクト99%代表 
【講 演】 山本 太郎 氏/参議院議員・新党今はひとり 代表)

日時 2013年10月25日(金) 開演18:50~21:30 (開場18:30)
場所 月島社会教育会館4階ホール (定員240席)
 東京都中央区月島4-1-1
交通 大江戸線・有楽町線「月島」駅 10番出口1分
参加費 事前予約/2,000円 当日/3,000円  学生/1,000円(要学生証)
http://www.worldforum.jp/information/2013/1025.html

-------------------------------------------------------------
10/26(土)福岡県弁護士会シンポジウム「秘密保護法で社会はどう変わるのか?
 ー外交・防衛の決定権限のゆくえー」

【日時】2013年10月26日(土)14時~16時
【会場】福岡県弁護士会館 3階ホール
 福岡市営地下鉄赤坂駅2番出口を出て左へまっすぐ行くと裁判所です。
 http://www.fben.jp/map/【内容】1 近藤 恭典弁護士による基調報告
    2 沖縄国際大学 前泊博盛教授による講演
【主催】福岡県弁護士会
 http://www.fben.jp/whatsnew/2013/09/post_318.html

--------------------------------------------------------------------------
10/26(土)市民オンブズマいばらき学習会
情報公開法改正案を学ぶ(土浦)

★日 時:2013 年 10 月 26 日(土) PM 2:00~4:30(受付開始1:30)
★ 会 場:県南生涯学習センター
 土浦駅西口前「ウララ」5階 (旧イトーヨカドビル)
★ 参加費:無料(どなたでもきます
★ 講 師:三木由希子氏(NPO 法人 情報公開クリアングハウス理事長)
★主催 市民オンブズマンいばらき
問い合わせ先 090-3220-4069 小泉
http://ombuds-ibk.com/2013festa.pdf
----------------------------------------------------------------------------
10月26日(土) STOP!安倍の暴走 つぶせ!改憲
-共謀罪も秘密保全法も盗聴法もいらない- 集会・銀座デモ(東京)

10/26(土)13:00開場、13:30開会
 国鉄労働会館(国労会館…港区新橋5丁目15-5)
http://kokuro.la.coocan.jp/kaikan/kaikan.html 
16時過ぎデモ出発→東電前→17時過ぎ:水谷橋解散
会場費600円 前売りチケット500円
呼びかけ 共謀罪新設反対 国際共同署名運動
 破防法・組対法に反対する共同行動
 新捜査手法反対連絡会議
 心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク
 救援連絡センター
 組織的犯罪対策法に反対する全国ネットワーク
http://www.kyoubouzai-hantai.org/news/koudou.htm#1026

---------------------------------------------------------------------
秘密保全法反対「知る権利を奪うな!監視国家を作るな!10.27市民集会」(名古屋)

と き 2013年10月27日(日)13時開場 13:30開会(17:00終了予定)
ところ 東別院ホール(名古屋市中区橘2-8-45)
    地下鉄名城線「東別院」駅4番出口徒歩5分
    http://www.ohigashi.net/access/
参加費 500円
主 催 10.27市民集会実行委員会
http://nohimityu.exblog.jp/     
参加団体:秘密保全法に反対する愛知の会、東海民衆センター、
 日本ジャーナリスト会議・東海、導水路はいらない!愛知の会、
 沖縄の未来を考える会、住基ネット反対運動を進める会・東海、
 第9条の会なごや、日本国民救援会愛知県本部、名古屋YWCA、
 <ノーモア南京>名古屋の会、DAYS JAPANサポーターズクラブ名古屋、
 市政改革とよた市民の会、自由法曹団愛知支部、
 全トヨタ労働組合をサポートする市民の会、青年法律家協会あいち支部、
 新日本婦人の会愛知県本部、「週刊金曜日」東海地方読者会、名古屋市民オンブズマン、
 子どもたちに安心な未来を手渡す会、憲法をいかす名南連絡会議(順不同、10/1現在)
連絡先 TEL052-953-8052(担当:内田)
内容 1.「特定秘密保全法(秘密保護法)」の簡単な説明
   2.基調講演 スノーデン事件と「秘密保全法」
     臺 宏士 さん(毎日新聞記者)
   3.パネルディスカッション
     臺 宏士 さん
     新海 聡 弁護士(全国市民オンブズマン連絡会議 事務局長)
     本 秀紀 名古屋大学法学部教授(憲法学)
チラシ
http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/131027.pdf
:引用終了

☆山本太郎、横浜で秘密保全法阻止を訴える


☆特定秘密保護法案:自身に刃が向けられていることに気づかない政治の貧困を嘆く


徹底解剖 秘密保全法―生まれも育ちも中身も「秘密」に包まれて


秘密保全法批判―脅かされる知る権利


経済大国なのになぜ貧しいのか?


アメリカに潰された政治家たち


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)


官邸、内閣府にいたからこそ書ける いま、日本にある危機と希望 (ワニプラス)


わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!

関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
私も反対なんだけど…
このブログツイート出来れば良いのに(´`)
[ 2013/10/21 07:31 ] [ 編集 ]
Re: 私も反対なんだけど…
> このブログツイート出来れば良いのに(´`)

記事の最下部にツイートボタンなどがあると思います。
[ 2013/10/21 13:44 ] [ 編集 ]
議員さんに反対メールしましたが、もうおしまいですかね。
権力者としてみれば特定秘密保護法さえ通してしまえば、
TPPの詳細を国民に知られることなく参加できるし、
原発反対運動も起こせなくなって堂々と推進できるようになる。
すべて自分勝手に日本を回せるってことですね。
[ 2013/10/21 14:07 ] [ 編集 ]
自民党が与党になってから毎日が地獄です。
[ 2013/10/21 15:38 ] [ 編集 ]
うーん、なんで『もう終わり』とか他の記事のところだけど『死を覚悟してる』とか簡単に思うかなあ… 人間ってそう簡単には死ねないし、終わりってそもそもなんじゃらほい。
終わりって思っちゃった時がその人にとっては終わりだけど、別にまた始められるし、
だいたい、他の人の世界はまだ続いてんだし。私の世界はまだ終わらせるつもりなんぞ有りません。
[ 2013/10/21 22:10 ] [ 編集 ]
なんつーか、安倍なんて統一協会とベタベタの反日朝鮮人なわけだが、断固こんなクズに日本を壊されたくないっす。

俺の祖国である以上、五流インチキゴミクズヒモ国家のダメリカごときに壊されるわけにはいかない!
[ 2013/10/21 22:24 ] [ 編集 ]
まったく売国奴の集まりだな、このブログは。

企業などの秘密情報やシナチョンに漏れまくっているのに、
それを防ぐための特定秘密保護法に反対とはどういうつもりですか?
在日の方ですか?
[ 2013/10/27 06:02 ] [ 編集 ]
「売国奴」という決まり文句を発する層が一定数存在する。
自画自賛ばかりを繰り返しているこの国を今だに信じている目出たい人間達だ。
武器を使用しなくても本当は通貨で一国を滅ぼせる時代に入っているから軍事予算じたいが見せ金であるのに、そのことが理解できない連中でもある。
かつて「半導体は産業のコメ」といわれた時代に隆盛を誇っていたこの国の多くの大企業にまだ余力があるとでも思っているのだろうか?
労働集約品目のエレクトロニクスの分野で未だに市場を増やすのは製造工程であると錯覚したまま、たった一社で100万人規模の中国EMSに対抗しつづけている赤字「製造」大企業にまだ余生があるとでも思っているのだろうか?
売り渡されて困るものなんか大して残ってないのでは。
[ 2013/10/27 10:06 ] [ 編集 ]
青山と西村を何としても創作スキャンダル祭りにしてつぶしてほしいです。
日本市民の我々全員のちからを結集する必要がございます。
われわれ市民の国を作り、列島を平和な準州に仕上げて、
平和を害する日本人は思想を改めるか他所に人民解放されるよう
市民と良識派マスコミ一丸となって、読売産経らを潰し、我々の列島をつくりあげたいものですね
[ 2013/11/23 19:55 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク