情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.10.21 12:12|カテゴリ:健康問題全般コメント(6)

マスコミが報道しない高層階症候群に要注意!6階以上に住んでいる方の20.88%が死産&流産!三井不動産などの財閥系が情報を隠蔽?


高層ビル
高層ビル / shibainu

日本のマスコミは全く報道していませんが、高い場所に長時間滞在するのは非常に危険です。平成5年に当時の厚生省が「厚生省心身障害研究 平成5年度研究報告書」という資料を発表しました。

この資料には妊婦に関する研究調査結果がまとめられており、東海大学医学部講師の逢坂文夫氏が発表した「住居環境の妊婦に及ぼす健康影響について」によると、「流産・死産の割合は、1~2階で6.0%、3~5階で8.8%、6階以上で20.88%、と高くなるにしがたい、増加」と記載されています。

しかも、逢坂氏はその後も継続的にデータの収集活動を行っていますが、いずれでも同じような結果になっているのです。これは海外で「高層階病」と呼ばれており、イギリスやフランス、アメリカなどでは法律で高層マンションに対して、何らかの規制が設けられています。

例えば、イギリスでは、育児をしている世帯は4階以上に住まないように法規制されており、「高層病」という病気の存在すら認知されていない日本とは、かなり大きな差があると言えるでしょう。
日本にはそこら中に高層マンションが並んでいますが、それだけ多くの方が「高層階病」になっているかもしれないということです。

日本の不動産産業というのは、三井不動産を筆頭とする財閥系や銀行、広告業界などが絡んでいます。彼らは自分が持っている不動産の価値を維持するためには何でもすると言われ、福島原発事故などでは政治家に対して相当な圧力を加えたというような話があるほどです。

つまり、このような不動産を大量に持っている大財閥が不動産が売れなくなるのを防ぐために、裏からマスコミを動かしているかもしれないということなのです。原発問題とも似たような構図になっていますが、日本の少子高齢化を本気で改善しようと思っているのならば、まずは高層階病などの隠された病気を減らすべきだと私は思います。


☆住居環境の妊婦に及ぼす健康影響について
URL http://www.niph.go.jp/wadai/mhlw/1994/h061004.pdf

kousoubyou102101.jpg
kousoubyou102105.jpg
kousoubyou102102.jpg
kousoubyou102106.jpg
kousoubyou102107.jpg

☆マスコミが報道できない「高層階病」の実態 6階以上&33歳以上で44%流産
URL http://www.mynewsjapan.com/reports/1348

引用:
次々と建設される超高層マンション。住環境と病気との関係についてはシックハウス症候群や化学物質過敏症が知られているが、高層階の居住が、流産、死産、神経症、低体温など各種病気の要因になっていることは、ほとんど知られていない。背景には、三井不動産を筆頭とする財閥系からリクルートまで、デベロッパーを巨大広告主に持つマスコミが報道できない構図がある。

このほど『コワ~い高層マンションの話』(宝島社)が発売となり、帯には「33歳以上の約7割が流産の経験」などとあるが、真偽はどうなのか。著者である東海大学医学部の逢坂文夫講師(基盤診療学系・公衆衛生学)に、医師の三好基晴氏が話を聞いた。

医学的な正式診断名ではないが、高層階に住むことによって生じる各種病気を、便宜上、この記事においては「高層階病」と名付ける。逢坂氏は、この高層階病について、横浜市内の3ヶ所の福祉保健センターを対象に、16年以上にわたって継続的に調査を続けている。
◇想定外の調査結果から始まった
―――高層階病の研究を初めて発表したのはいつ頃でしょうか。

 高層階の住居の健康被害についての研究発表をしたのは1994年です。「厚生省心身障害研究 平成5年度研究報告書」(現在の厚生労働省は当時厚生省)に「住居環境の妊婦に及ぼす健康影響について」のタイトルで私が研究報告しました。

 横浜市の3つの福祉保健センター(当時の名称は保健所)において4ヶ月健診を受けた母親の中で、第一子のみを出生した人だけを対象に行いました。このときの調査の母数は461人でした。

 流産・死産の割合は、1~2階で6.0%、3~5階で8.8%、6階以上で20.88%、と高くなるにしがたい、増加していました。その後継続的な調査を行い追加データを取っていますが、ほぼ同じような割合で推移しています。
:引用終了

コワ~い高層マンションの話


コワ~い不動産の話 (宝島SUGOI文庫 A た 5-1)


高層マンション症候群(シンドローム)(祥伝社新書224)


病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-


医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法


クスリで病気は治らない (Daiwashobo Health&Science)

関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
で、高層階病の考えられる原因はなんなんだい?
[ 2013/10/21 13:47 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> で、高層階病の考えられる原因はなんなんだい?
重力の変化、高い箇所に地表の煙などが溜まりやすい事などが理由としてあげられています。
[ 2013/10/21 13:48 ] [ 編集 ]
このような黒い話は たくさんあるのでしょうね
東電はどんなに汚染水を垂れ流したとしても 東電の株価が500円切ることはないのです
裏で なんらかの操作がされているのでしょうね
国は東電に倒産されても今は困りますから
[ 2013/10/21 22:44 ] [ 編集 ]
高層階に住んでいる人は、知らないうちにストレスが溜まりアルコールの摂取量が増えるとも聞いたことがあります。
本来人間が住む場所ではないから、色々無理がでてしまうのですかね。
[ 2013/10/22 05:59 ] [ 編集 ]
これはウソですね

高いほうが空気は圧倒的に綺麗です
地面に近いと体感できるほど空気がマズイ

★ウソを解き明かす★

厚生省の調査×
イギリスの規制×
厚労省はもちろんアウト、ろくでもない調査しかやりませんし数字もいじります
そしてイギリス
イギリスが何だというんですかね?イギリスなら正しいんでしょうか?(笑)

では、これは何のために流された情報なのか
それはマンションの下のほうの階があまりにも売れないからです
そりゃあ下の階は空気が露骨に汚いんですから、売れるわけがありません

富裕層はマンション最上階の高額な部屋に住んでいることが多いです
空気も綺麗ですし、なるべく高い場所を選ぶのも当たり前のことです

報道できない?
違います
ちゃんとこうやって情報が流れてきてるじゃないですか
それに、知られたくないならマンションの低層高層における死産数の統計なんて
マニアックなもの作りません

高層病が世界的に知られているのは、世界の不動産事情はどこも下の階が売れないからという訳です
[ 2014/06/01 03:12 ] [ 編集 ]
高層マンションは揺れの問題を抱えてんだよ、常に地震に対する恐怖感がある、また常時小さな揺れを感じ精神的にノイローゼ気味になる、実際に5階に住んでいたけど、この不安は住んでる限り消えない、今は2階に住み替えたけど5回に住んでいた時の不安は完全に消えた、
[ 2015/10/16 23:45 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク