情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.10.21 18:08|カテゴリ:原発関連コメント(3)

福島県各地で一斉に放射線量が急上昇!数十の測定地点で線量が上がる!福島原発からの放射能放出量が増加中か!?


taikiyosu102105.jpg
福島県各地で放射線量が急激に増加しました。放射線量の増加が確認された測定所は確認できただけでも10ヶ所以上あり、どの測定所も10月21日の午前6時以降に線量が上昇しています。
現在も場所によっては線量が平時より高い状態が続いており、福島第一原発から放出されている放射能の総量が急激に増加している可能性が高いです。

気象庁のデータを分析したスイスの大気拡散予測では、10月21日の夜に福島原発からの風が東京方面に流れるとの予想になっています。また、火曜日と水曜日も同様に、福島原発からの風が関東から東海、近畿地方にまで及ぶみたいです。

2011年の福島第一原発事故の時は、関東平野に大半の放射性物質が降下し、残りも富士山や長野の山脈で止まりました。ですので、西日本に関してはそこまで警戒しなくても大丈夫でしょうが、東京や千葉などの関東方面にお住まいの方は今後の放射能情報に要注意してください。


☆全国サムネイル放射能グラフ
URL http://ma-04x.net/all.html

graph_mext_410221.png
graph_mext_72121021.png
graph_mext_75451021.png
graph_mext_75461021.png
graph_mext_75641021.png

☆リアルタイム放射線量グラフ
URL http://new.atmc.jp/pref.cgi?p=7#p=076e410810e8bc6402&t=d

fukusimahousyaseennryou102103.jpg
fukusimahousyasennryou102102.jpg
housyasenryou102101.jpg

☆放射能関連グラフ
URL http://oku.edu.mie-u.ac.jp/rad/

tokyo1021hosuay1.png
sebnnryouguafu102111.jpg

☆大気拡散予測
URL http://www.meteocentrale.ch/index.php?id=2379&L=10

taikikakusannyosuu10221000.jpg
takiyosou102102.jpg
takiyosu102103.jpg


放射能対策関連の過去記事

☆食べ物で放射能被曝対策!ビタミン療法、スピルリナ、リンゴペクチン!放射能対策まとめ
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-90.html


日本版SOEKS 01M ガイガーカウンター(放射線測定器)ファームウェア最新2.0L-JP


Geiger counter(ガイガーカウンター) RD1503 ロシア製


家庭用放射線測定器エアカウンターS ([バラエティ])


3M社製 N95マスク 9010N95(1箱50枚入)


低線量汚染地域からの報告―チェルノブイリ 26年後の健康被害


チェルノブイリ・ハート: 原発事故がもたらす被害の実態


GMP基準認可 ヨウ素250mg錠剤


子どもを放射能汚染から守りぬく方法
関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
これはいつも以上に原発から放出されていると言うより、雨で遮られていたのが、地面が乾いてきて普段の数値に戻りつつある現象の可能性があります。

ふつう、「降雨で空気中のビスマス等によって若干の線量上昇がある」のが大半の地域なんですが、残念ながら宮城と福島は逆に(降雨量にもよるのでしょうが)台風通過のような雨量があると下がる傾向にあります。
昨日は午後からかなり降りました。
一週間や一ヶ月のグラフで見ると分かります。「降雨による自然由来の放射線の影響よりも、水たまりで遮蔽されて下がる=それだけ地面や周囲が汚染されている」のを証明されつつある状況なのでいやなのですが・・・

ときどき福島で見られる、突然の急上昇→機器調整中は何なのか気になっています。
[ 2013/10/21 19:37 ] [ 編集 ]
先程IAEA会見のニュースで:
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000014526.html
「 IAEAは21日午後、日本政府に除染活動に関する評価報告書を提出しました。政府が長期目標としている年間被ばく線量1ミリシーベルト以下という基準について、地域によっては20ミリシーベルトまで条件を緩和するなど幅を持たせて考えることが必要だとしています。」

・・・しかし、地域によって人が強くなれるわけではありません。
私や子供のようにほんの少しの線量UPでも体調に表れるという体質(?)では、
サバイバルもいよいよ過酷になってまいります。(-""-)"
実際たった0.01μ㏜/時UPの差でもヤバめです。中部でずっと屋内だからまだいいものの。
逆に台風後、
γ以外の影響のせいなのか?随分「ラク」な体感でした。台風去った直後位に玄関ドアを開けて宅配荷物(同県内からの配送物)を受け取ったのに、いつもと違ってすぐ具合が悪くなることがなく!空気がちょっと綺麗になった!と思って線量チェックしたら本当に微妙だけど下がってたのです。モニタリングポストで0.002程度線量が下がっていました。台風で洗い流されたのでしょう。(今はもう戻ったようですが。)まぁ、せっかく台風で洗い流されても、すぐまた運ばれてきて降り積もるなら、残念です。発生源がおさまりようもないようではねぇ。
[ 2013/10/21 19:41 ] [ 編集 ]
諸外国の放射能線量
いつも緻密で貴重なデータ、ありがとうございます。
ひとつ要望があります。諸外国の空間放射線量(その国の政府発表ではないもの)をぜひ調査・ご教示ください!
[ 2013/10/22 21:46 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク