情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.03.31 06:00|カテゴリ:原発関連コメント(12)

福島第一原発の凍土壁、規制委が稼働許可!全長約1.5キロで世界史上最大の氷の壁!効果は不透明・・・


s_ice_screenshot_20160330-174042.jpeg

☆<福島第1原発>規制委「凍土壁」認可…東電31日にも作業
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000026-mai-soci

引用: 
 原子力規制委員会は30日の定例会で、東京電力福島第1原発1~4号機の原子炉建屋周辺の地下を凍結させて、地下水の流入を抑える「凍土遮水壁」について、海側から段階的に凍結させる東電の計画を認可することを決めた。東電は31日にも凍結作業を始める方針。
:引用終了

☆福島第一原子力発電所 陸側遮水壁の試験凍結開始について
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_150430_02-j.pdf

20150430171711sdfp10.jpg

☆東電HP 凍土方式による陸側遮水壁
URL http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/landwardwall/index-j.html

20151027201028apsoda@.jpg

☆東電資料 撮影写真
URL http://photo.tepco.co.jp/index-j.html

20150430171310sdf1.jpg
20150430171319sdf2.jpg
20150430171328sdf3.jpg
20150430171337sdfp4.jpg
20150430171346sdf5.jpg
20150430171358sdpfo@7.jpg
20150430171406sdfpo@9.jpg
20150430171427sdpf10.jpg



以下、ネットの反応






















2年前から行っている試運転の方では微妙な結果ばかりでしたが、本番は果たして無事に成功するのか不安ですね。殆どの人は忘れていますが、試運転の時に凍らないというトラブルが発生して、凍土壁に氷を投げ込んだことがありました。

東電の公開した資料には氷水状態の凍土壁が写っており、未だに根本的な改善が出来たという報告はないです。多少の改良はしているようですが、試運転で失敗した計画を大規模な本番で成功することが出来るとは考えられ難いと言えます。

仮に凍土壁が凍ったとしても、低温を維持するために莫大な電力必要です。電力を生み出す発電所で電力を消費するという本末転倒な状態になる可能性が高く、凍土壁が稼働した後も大変な作業が待ち構えています。

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
もんじゅみたいなもんだよ
毎年、税金投入され
天下りポストとしても安泰じゃん
[ 2016/03/31 08:15 ] [ 編集 ]
これに掛かる電力を永久に保証出来るのかな?
早期に凍土壁の内側を掘削してセメントを流し込まないと駄目だと思う。
地下水脈を断ったら上流の地盤は弛み、地震による『液状化』『地滑り』も発生し易くなる。対策は有るのか?
「お湯を沸かす」為だけにこんな厄介者は必要無かった。
戦後、どのような「思惑」が有ったか知らないが、原子力政策は失敗した。
『ボダム』は消え、後を継ぐ『ナベツネ』も消えゆく。『日本』を道連れに(-_-#)
[ 2016/03/31 08:30 ] [ 編集 ]
まだ放射能入りアイスキャンディー作ろうとしてる。
お値段は億単位。
[ 2016/03/31 10:23 ] [ 編集 ]
オリンピックを見据えた海外へのアピールであり単なるパフォーマンス。

大量の電力を使って凍らせて・・・・w

最終的な放射能氷の議論もされないまま国民のカネが湯水の如く消えていく。

こんな子供だましでちっぽけな装置で地下水を抑えられるわけないと殆どの専門家も言っている
[ 2016/03/31 11:54 ] [ 編集 ]
次々に日本に新しい問題を突きつける福島第一原発
今のままの体制では『100年たっても福島は収束しない』とロシアから批判されている福島の現状ですが、どう見ても東電一社で収束するのは不可能でしょうね。
とっとと解体して『現状を国民にしっかり公表』し、日本全体で全力で収束するしかないでしょう。

http://jp.sputniknews.com/opinion/20151211/1304976.html
原子力エネルギー発展安全問題研究所のラファエル・アルチューニャン副所長はスプートニクに次のように述べている。

「そこでは廃棄物が絶えず蓄積しており、4-5、10年後どうなるのかという問題に答えがない。福島第一原発には1号機、2号機、3号機で冷却に使用された水が膨大量ある。一日で100から200トンも溜まった時期がある。同時に発電所建物の下部へ土壌水が一日400トンも入った。しかし、原子力部門に存在する要求は他のあらゆるものと比べて厳格極まりなく、ほんの僅かな汚れ、遺物が冷却剤に入るだけでも、それは事故なのだ。しかしここは金属チップから化学物質、建材その他、あらゆる汚れ、遺物で一杯だ。しかし、それ自体は解決不能の課題ではない。液体放射性燃料を乾燥した残骸に加工し、のちそれを普通の方法で硬水中に保管する装置はある。しかし、この数年のあいだ、一日に入ってくる汚染水の加工が高い生産性で起こるようにする全ての試みが功を奏さなかった」
[ 2016/03/31 12:46 ] [ 編集 ]
やらない善より、やる偽善
やらない努力より、やる努力
[ 2016/03/31 13:36 ] [ 編集 ]
廃炉処理と老人管理限定での移民受け入れは仕方ないかも。福島から一歩も出さない条件付きで。
[ 2016/03/31 15:01 ] [ 編集 ]
> もんじゅみたいなもんだよ
>毎年、税金投入され
>天下りポストとしても安泰じゃん

鋭い!!
[ 2016/03/31 16:29 ] [ 編集 ]
ロハスな人さんへ

全く違う話題で申し訳ありませんが、この辺がいいかなと思い、ご意見お伺いしたく質問させていただきます。

早速ですが、統合失調症について詳しいですか、または、お知り合いに詳しい方がおられますか。でも、この件はデリケートな問題で、注意深く扱ったほうが良いとも考えていますので、「たぶん、違う、判らない」の簡単なお答えでも結構です。
いきなりのご無礼、大変申し訳なく思いますが、よろしく願います。
また、もし、懸念が的中していたらあまり刺激しないほうが良いと思いますので、この辺にしておきたいとも考えております。

それと、私勝手の質問ですので、この話に無関係を望まれるのならば、このまま、捨て置きされても結構です。        横槍人より
[ 2016/04/01 13:08 ] [ 編集 ]
慇懃大変無礼↑
あなたこそ大丈夫ですか?

横槍2
[ 2016/04/01 13:34 ] [ 編集 ]
[ 2016/04/01 13:08 ]さん>
横槍人さん>

スレ違いですが、答えられる範囲内で話をさせていただきます。

統合失調症というと『特定の症状で一応病名を付けて分類』してますが、
原因は様々なので、最終的には『適切なカウンセラーやセラピスト』の助けを借りつつ、自力で治していくしかないと思います。
(※その際、心身に対してバランスを取る様々なアプローチは有効でしょう。
また、身近な人間関係が改善することで症状が改善することもあります。)

薬は基本お奨めしません。(※精神病や慢性病に関しては西洋医学の薬は『一時的な対症療法』にしか使えません。)
完治させるのは本人がじっくり『原因に取組む』以外ありません。
慢性病でも精神病でも長期にわたる西洋医学の薬の服用は副作用の害の方が大きいと私は捉えています。

残念ながら『統合失調症』にこれという治療法は私は知りませんが、『薬に頼る』のでは少なくとも完治はしないと思います。
[ 2016/04/01 22:51 ] [ 編集 ]
ロハスな人さんへ

話し違いの質問にお答えいただき、ありがとうございます。
早々に、お礼をしなければいけないところ、私勝手の思いがあり、
遅くなったお礼とさせていただくこと、お許し下さい。

あくまで私勝手の思いなのですが、その理由は、
ロハスな人さんの言葉の方が心に届くのではないかと期待したためです。
本当に、勝手な思いですが、
あとは、運命のみぞ知る、でしょうね、強運の持ち主と祈るばかりです。

今回、良き経験となりました。そして、お騒がせしてすみませんでした。
それでは、失礼します、横槍人でした。
[ 2016/04/03 13:34 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム