情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.10.26 17:42|カテゴリ:政治経済コメント(6)

アベノミクス大失敗!物価上昇&賃金下落という最悪の事態に!生活関連サービスは給料が前年比マイナス4.6%!値上げした商品数は226!


abenokusu1026.jpg
賃金上昇を掲げていた「アベノミクス」は完全に失敗したと言えるでしょう。厚生労働省が発表した「毎月勤労統計調査 平成25年8月分結果」によると、今年の8月は現金給与総額が前年同月比よりも0.6%減少し、産業別では生活関連サービスや鉱業などで4%を超えるような大きなマイナスとなっています。逆に現金給与総額が上昇した産業は、不動産・物品賃貸業や電気・ガス業とのことです。

また、10月25日に発表された9月の全国消費者物価指数(CPI)は生鮮食品を除くベースで前年同月比0.7%増となり、物価は4カ月連続で上昇しました。値上がり品目数は226品目で、賃金減少との相乗効果により、日本全体の景気は更に悪化する可能性が高いです。

そもそも、アベノミクスで提唱されていた賃金上げのメカニズムは、円を大量に増刷し、それを国民に渡すことで給与をアップさせるというものでした。

しかしながら、安倍首相がしたことは、自分達と関係が深い公共事業や業界団体へのばら撒きだけで、国民には増刷したお金を配っていません。その結果、国民の所得が増えないまま、円の価値だけが暴落し、物価が上昇してしまったのです。

自民党がゼネコン業界に政治資金4億7100万円の政治献金を請求していたことを共産党が追求していましたが、アベノミクスでばら撒いたお金はこのように回収しているということなのでしょう。

つまり、アベノミクスで自分と親しい団体にばら撒く⇒政治献金で自民党が回収という感じですね。これでは国民にはお金が行かず、賃金が上昇しないのも至極当然。
安倍政権は天然でやっているのか、本気でしているのかは分かりませんが、彼らの誤った経済政策により、日本国民の安定した暮らしが破壊されたという事は紛れも無い事実です。
*ちなみに正しいデフレ脱却法は、労働者の賃金が上がる→商品を値上げしても売れる→結果として物価が上昇するという方法です。


☆毎月勤労統計調査 平成25年8月分結果確報
URL http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/25/2508r/2508r.html

gennkinnkyuuyo102601.jpg
gennkinnkyuuyo102602.jpg

☆消費者物価、4カ月連続上昇 実質賃金は下落鮮明
URL http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2504W_V21C13A0EA2000/

引用:
 25日発表の9月の全国消費者物価指数(CPI)は生鮮食品を除くベースで前年同月比0.7%上がり、4カ月連続で上昇した。値上がり品目数は226品目まで増え、値下がり品目数とほぼ並んだ。ただ、賃金が上がるには時間がかかるため、物価上昇分を差し引いた実質賃金は下落基調が鮮明だ。物価と賃金の綱引きの行方が、デフレ脱却の焦点になっている。

 「物価が上がるのは、日本経済が健康な状態を取り戻しつつあるということ」。甘利明経済財政・再生相は同日の記者会見でこう評した。

 値動きの激しい生鮮食品を除く指数を見ると、9月は前月より6品目多い226品目が値上がりし、値下がりした231品目とほぼ並んだ。電気代とガソリン代の上昇が物価上昇の半分程度を占めるが、値上げの動きは広がっている。生鮮食品とエネルギーを除く消費者物価指数も前年比横ばいとなり4年9カ月ぶりにマイナスを脱した。

 デフレ期に大きく値下がりした薄型テレビやパソコンを含む「教養娯楽用耐久財」の指数は前年同月比0.4%上がり、1992年1月以来の伸び率となった。調査会社BCN(東京・千代田)によると液晶テレビの家電量販店での9月の平均単価は前月から6%上昇した。高精細の4Kモデルを含む大型サイズの売れ行きが堅調だ。

 一方で、家計の購買力は下がっている。厚生労働省がまとめた8月の実質賃金指数は前年同月比2.0%の低下。2カ月続けて下がり、3年8カ月ぶりの大きな減少だ。足元では猛暑などの天候不順で品薄になった生鮮野菜が大きく値上がり。9月の総合指数は前年比1.1%の上昇と伸び率を高めており、実質賃金は一段と圧迫されている。
:引用終了

☆「赤旗」スクープの自民・献金請求 安倍首相、事実認める 民主・長妻氏取り上げる 衆院予算委
URL http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-10-22/2013102202_03_1.html

引用:
「これは『赤旗』のスクープだと思う」。民主党の長妻昭議員が21日の衆院予算委員会で、自民党がゼネコン業界に政治資金4億7100万円の政治献金を請求していたことを暴露した「しんぶん赤旗」日曜版(7月7日号)の報道を取りあげて、政府をただしました。

 安倍晋三首相は「参院選の党首討論で共産党の志位委員長に資料を見せられ、その後、そういう事実があったと承知している」と述べ、首相として国会で初めて事実を認めました。

 この文書は、日本建設業連合会にあてた政治献金の要請文。10年間で200兆円の公共事業を進める「国土強靱(きょうじん)化」計画をあげて、「政策遂行を支援するため」として金額を明示して献金を求めています。公共事業の見返りに政治献金を求めるもので、政治を金で売る最悪の利権政治です。

 ところが、長妻氏は「過去の献金額からみても大きい」として、「注意してほしい」というだけ。安倍首相は「政治資金規正法にのっとって適切に対処している」と開き直りました。
:引用終了

☆井筒とマツコ アベノミクスで給料が上がらない真相を激白


☆消費税率引き上げ 安倍首相会見「増税と経済対策を果断に実行」


円安恐慌 (日経プレミアシリーズ)


増税のウソ (青春新書インテリジェンス)


日本を滅ぼす消費税増税 (講談社現代新書)


理不尽な給料―なぜサラリーマンは優秀でも公務員より安月給なのか?


意外と知らない 給料のカラクリ (中経の文庫)


増税が日本を破壊する


消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!


ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」
関連記事



ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
日本のアメリカ化
貧困をわざと作り、失業者を増やし、まともに教育受けられない子供を増やし、


一体何が目的か?


皆を軍隊に入れることかな。入らざる得ない状況を作ること。自分たちは優雅に生活して


誰のために?


アメリカの利権のために


軍隊で何をする?


原発、海外派遣、極東戦争etc…


これは冗談じゃなく、暴動を起こした方が良いかもな。


徴兵はしないって言ってるけど個人的には嘘だろうと思っている。平気で嘘をつき、人を騙し、しれっとしているような連中だから信用するに値しない。

[ 2013/10/26 22:35 ] [ 編集 ]
徴兵
安倍政権が短期間にこれだけ次々とキナ臭い事をしてきた、それを考えれば、
長いこと平和ボケしてきた日本にまた徴兵制が復活しても全く不思議はないですね。
そのとき日本人はどうするだろう。相変わらずニヤニヤわかったふりして受け入れるのか。
[ 2013/10/26 23:39 ] [ 編集 ]
国際金融マフィアに乗っ取られた国に隷属してるのだから、為政者の皆さんもきっとおっかないのなんのってことなのかな。だって単なる使いっ走り以下だもの。下手すると明日にでもどっかで変死だか自殺させられているか痴漢やらかされてるかも知れないしね。
[ 2013/10/27 01:32 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/04 19:25 ] [ 編集 ]
株価上がったくらいで、武勇伝みたいに語ってる人にこれから何ができるんでしょうかっていう不安がありますね。
ゴルフでいったら2013年はドライバーのスーパードライブ、これからは二打三打っていう具合にコントロールと緻密な計算が求められる展開。
彼にそのような能力があるとは到底思えない。
何でも、抽象的に言ってごまかすきらいがあるので、本当に、再生は彼に任せて大丈夫なんでしょうかという疑いしかないです
[ 2014/01/08 08:55 ] [ 編集 ]
派遣の制限 国民の年金20兆減らし 消費税19年9月までの延期で 福祉 子育て 年金10年短縮がまた延期になり 舛添病の議員たちが選挙だけの為に消費税を延期 熊本地震を利用してG7で世界に恥をかく 一番は言論統制する今の政権 日本を根底からダメにして知らん顔 公務員の給料だけ上げた消費税8%増税で!民主も自民も 日本の議員 皆舛添病 オバマの広島演説の傍には核のボタンがあった
[ 2016/06/01 09:27 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
アクセス数
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク