情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.10.27 22:42|カテゴリ:政治経済コメント(19)

【福祉削減】難病重症者は自己負担へ!厚労省、医療費無料を最大年53万円負担に変更する方針!高額療養費制度も見直し!


Sapporo City General Hospital.
Sapporo City General Hospital. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

私は「命に関わるようなことはお金を削減するべきではない」と考えていますが、政府の方は「財政問題」を理由に難病重症者の自己負担額を増額する方針のようです。10月に厚生労働省は、今まで医療費が無料だった難病重症患者の医療費見直し案を発表しました。この案によると、重症患者の方でも一定の収入があれば、最大で年間53万円の負担が発生するとのことです。

現時点で国が指定している難病重症患者は8万1000人程度しかおらず、「弱い者いじめ」というような声も出ています。アメリカではどんな重症患者だろうと、お金がなければ治療を拒否されるということが起きていますが、日本にもそれが迫ってきていると言えるでしょう。

安倍政権は全国民に対して「応分の負担」を求めており、これまでも「年金の滞納金導入」や「高額療養費制度見直し」を発表。今回の難病重症者への負担増もその一環で、安倍政権が続く限りは、このようなことがドンドン推進されていくことになります。
国民健康保険に関しても、「民間団体に任せる」というような話が少し出ているようですし、安倍政権が長期政権になった場合、日本の医療制度はアメリカのような物凄い弱者切り捨て状態になる可能性が大きいです。

TPP(環太平洋戦略的)にも日本の医療制度民営化と同時に、国の支援制度を打ち切るような要望が書かれていることから、安倍政権がTPP加入を見据えて、事前に日本の制度をアメリカと同じにしていると私は推測しています。元々、小泉政権辺りからアメリカは年次改革要望書などで、日本の医療制度改革を要望していたので、今回の制度変更にも彼らが関わっているのでしょう。

残念ながら、年次改革要望書を破棄してアメリカに反抗した鳩山政権が潰されて以降、アメリカの言うことを鵜呑みにする政権が続いているのが現状です。その中でも安倍政権は小泉政権に並ぶほど酷く、現政権をどうにかしないと日本の格差は増大し、国内は更に乱れることになります。


☆難病重症者も自己負担 厚労省素案、医療費無料→年最大53万円
URL http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013102702000142.html

引用:
厚生労働省は、通院費用などが高額になるため現在は医療費の自己負担をゼロに抑えている難病の重症患者約八万一千人に対し、収入に応じて負担を求める見直し素案をまとめた。負担は最大で年間約五十三万円。一定の収入があれば、すべての人に「応分の負担」を求める安倍政権の社会保障制度見直しで、社会的に弱い立場にいる難病患者にしわ寄せがいくことになる。 (城島建治)
 厚労省は現在、筋萎縮性側索硬化症(ALS)など五十六の難病を特定疾患と認定し、医療費を助成。患者は所得に応じ医療費の最大三割を自分で負担している。ただ、患者約七十八万人のうち、国が認定した重症患者約八万一千人は無料にしている。
 厚労省は介護、年金など一連の社会保障制度見直しを受け、難病制度も「公平かつ安定的な仕組み」にするとして、見直しに着手。患者の強い要望を踏まえ、国が医療費を助成する対象を三百以上に拡大し医療費の自己負担を二割に引き下げる-などを打ち出した。
 一方、重症者には新たに自己負担を求めることにした。収入に応じて、四グループに分類。患者が負担する月ごとの医療費の上限は、夫婦二人世帯の場合(1)生活保護世帯はゼロ(2)住民税の非課税世帯は八千円(3)年収約三百七十万円までの世帯は一万二千円(4)それを超える世帯は四万四千四百円。
 世帯年収が三百七十万円を超えると、年間最大で約五十三万円の負担増になる。厚労省は現在、重症患者約八万一千人の世帯年収を把握していない。今後、「世帯収入を証明する書類を提出してもらい、応分の負担をしてもらう」と話す。
 急激な負担増になる患者も想定され、三年程度の経過措置を設け、期間中は負担額を軽減することを検討する。
:引用終了

☆所得に応じ負担増 厚労省、高額療養費制度を見直しへ
URL http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0903S_Z00C13A9EE8000/

引用:
厚生労働省は9日、医療費の自己負担が上限額を超えた分を払い戻す高額療養費制度を見直す方針を示した。70歳未満と70~74歳の世代で、所得の高い人の月々の上限額を引き上げ、負担を増やす。上限額の目安となる所得の区分をより細かくして、所得に応じた負担を徹底する。2014年度以降の実施を目指す。

 きめ細かい仕組みに切り替えるのは、制度の持続を脅かす給付の膨張に歯止めをかけるためだ。政府の社会保障制度改革国民会議は8月にまとめた報告書で、70~74歳の医療費の窓口負担を2割に上げる方針とともに、高額療養費の負担上限額の見直しを盛り込んだ。

 厚労省は9日の社会保障審議会医療保険部会に具体案を示した。年内をメドに上限の引き上げ額や所得区分の数を詰める。部会には自営業者などが加入する国民健康保険(国保)の保険料でも高所得者を念頭に、上限額を上げる方針を示した。

 高額療養費の負担を見直す対象は、70歳未満の世代と70~74歳の世代に分かれる。両世代でかかる高額療養費は、全体の年間の払戻額の約2兆円の8割近くを占める。国民会議が示した「能力に応じて応分の負担を求める」考えに基づき、高所得者への負担を重くする。厚労省は医療費の自己負担増や大病院の外来受診の定額自己負担などと合わせて、抑制策に踏み込む方針だ。
:引用終了

☆国民年金の全滞納者に延滞金検討 厚労省 保険料徴収を強化
URL http://www.nikkei.com/article/DGXNZO61360720R21C13A0NN1000/

引用:
 厚生労働省は納付率が低迷する国民年金保険料の徴収を強化するため、全ての滞納者に延滞金を課す検討を始めた。現在は納付期限を過ぎて催告状を送っても納付しない人に限って、督促時に延滞金を課している。これを納付期限が過ぎた時点で全員から徴収できるようにする。

 12月上旬まで社会保障審議会年金部会の専門委員会で議論し、提言をまとめる。早期に実施する場合、次期通常国会に国民年金法改正案…
:引用終了

大学病院のウラは墓場 医学部が患者を殺す


病院の実力 2013 総合編 (YOMIURI SPECIAL 73)


だれでもわかる!医療現場のための病院経営のしくみ―医療制度から業務管理・改善の手法まで、現場が知りたい10のテーマ


医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法


政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること 角川SSC新書


日本を破壊する5つの罠

関連記事
情報速報ドットコムのツイキャスもよろしくお願いします! http://twitcasting.tv/kennkou1/show/
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
肉食、添加物浸けの加工食品ばかりでは医療費もかさみますね。その上放射能食品ですからね。
もはや手遅れですね。

[ 2013/10/28 00:07 ] [ 編集 ]
松葉と桧の葉を煎じて飲むとほぼ全ての病気が治ります。
中々、生の葉は手に入りにくいですが、ここをご覧の方の為に書きました。
全ての方々が笑顔で暮らせる世の中になります様に。
[ 2013/10/28 09:23 ] [ 編集 ]
病気がなおるなら一時的な負担増にも耐えられるでしょうが、治らない病気が難病ですから、ずっと負担は続くことになります。
[ 2013/10/28 10:53 ] [ 編集 ]
そしてTPP参加で自由診療が解禁されて
ますます医療費がやばくなりますね。
不健康のツケがくる時代が迫ってきました。

患者はかわいそうだと思うけど、安倍の政策のおかげで、
健康の重要性を再確認するいい機会じゃないでしょうか。
増税にしたって、金の使い道を再確認して無駄使いを減らす方策を考えるいい機会です。
安倍も自民党もクソクラエだが、こういう意味ではいい仕事をしてると思ってますとも。
物事は解釈次第。
[ 2013/10/28 12:31 ] [ 編集 ]
物事は解釈次第なら憲法も解釈次第ですか。
ひどいね。
[ 2013/10/28 13:28 ] [ 編集 ]
心配しなくても憲法は壊される。
そのうち徴兵されて戦争行きか原発行きになるんでしょうな。
所詮日本はアメリカの植民地に過ぎないのだから。
独立国() 先進国() 経済大国() ですな。

願わくば一日も長くいつもの日常が続いてほしい。
[ 2013/10/28 13:52 ] [ 編集 ]
いつもの日常が長く続くことを、
お前はぼけ老人か。
声をあげる前に諦念し、自殺していくのが今の時代なんだろうか。
そうじゃない、声をあげ、拳を挙げている若者も多いというのに。
今日と同じ日なんかあるわけはない。
[ 2013/10/28 18:11 ] [ 編集 ]
秘密保全法が可決されたら声や拳をあげたら逮捕されるんだろ。
議員に圧力かけてるが、一人じゃ無力。
どうせ可決される。
半分は諦めだね。
[ 2013/10/28 19:14 ] [ 編集 ]
なぜ一人なんですか。
なににも立ち向かう前に諦める生き方なんですか。
そうじゃないです。
[ 2013/10/28 19:18 ] [ 編集 ]
大切な時間を割いてまで自分でやれることはやってる。

けど具体的に行動起こしてる人があまりに少なすぎる。
ほとんどの人がテレビや新聞にしか信じてない中、
少数派がいくらがんばったところで変わらない。
自分には多くの人を動かす力はない。
おそらく可決されて時間の無駄に終わってしまうだろうね。

現に安倍の支持率は6割もあるだろ。
秘密保全法反対も(公式発表では)半数しかいない。
それが現実を物語ってるよ。
[ 2013/10/28 19:35 ] [ 編集 ]
‘大切な’時間に‘無駄’なことはない。
多数がいつも正しい、利がある、というのは誤った教育の成果ではあるが、一人でもひとの幸せの為に生きようとする人はいつでもいると思う。
それは‘無駄’な時間、人生でもないし、そういった人々の積み重ねで今の社会が出来上がってきた。
傍観者になって「無駄な時間は過ごしたくない」として、どんな立派な人生があるんだい?
どんな満足を得られるんだい?
[ 2013/10/28 19:51 ] [ 編集 ]
やあねえ
ネガティブで他の人をあきらめムードに引き込もうとする男は(女もだけど)モテないわよ
[ 2013/10/28 20:52 ] [ 編集 ]
ありますよそりゃ。
時間は限られてるんだから、成功率が低いことよりも高いことをやった方がいい。
自分がいくら叫んでも他人が動かなきゃ世の中変わらない。

そんな時間があったら副業を始めたり
新たな勉強をしたり運動をしたりとか
自分を高める活動をした方が有意義だと思うね。
放射能についても正しい知識を得るためにたくさん勉強して防御して、
本当の健康について学んで実践すれば、
TPP参加後も医療費地獄に悩まされる確率が減る。
その方が結果に結び付くから。

ま、あんたとは価値観ちがうね。
[ 2013/10/28 21:32 ] [ 編集 ]
自分も↓の方と同じ考えです。
でも決して、ネガティブな訳でも、諦めている訳でもない。
防災対策、放射線対策(食品やサプリなど)、原発に対する知識を取り入れる・・
自分の身を守る為にやるべき事はたくさんある。
私は「生きる」事を諦めたりしない。
[ 2013/10/28 22:10 ] [ 編集 ]
わかってくれてどうも。

ぶっちゃけ、今の社会を変えるには大富豪でいう「革命」を起こさなあかんだろう。
大富豪では革命後にキングやエースといった権力者が3や4といった平民にバッタバッタと薙ぎ倒されていく様はすごいものがある…現実社会でも起こしたいところだ。
現実社会の権力者、ロス茶らが実権を握ってるわけで、そいつらをやっつけない限り変わらん。
安倍政権が終わっても本元を倒さない限り第二第三の安倍が出てくると考えた方が現実的だ。
だが、「合法的に革命を起こす」方法が思い付かないわけだ…超法規的手段だからね。
権力者たちは民衆の反発に焦ってるから、真っ先に法律で身を固めてくるだろう。
成立したら一般人ではどうすることもできない。
待ってるのが逮捕とか拷問とかだったら、革命を起こしたくても起こせない。
政治に関しては失望しかない。

なら、社会が変わるのを待つのではなくて、置かれた状況の中で自分の身を守りつついかに生きていくかという考えにシフトチェンジした方がいいなと僕は感じた。
1秒でも長く健康でいる時間を増やしたい。
そのためには収入を増やしたり健康法を学んだりだ。
ネガティブでも諦めでもなく、確率的な推論に基くただの現実主義者だ。
最後に、まともに身体が動かなくなったら、延命せずにそのままあの世に逝きたい。
[ 2013/10/28 22:27 ] [ 編集 ]
ちょっとの危機くらいなら良いけど、
本当の本当にヤバい危機が来たらいくら身の回りに城壁を作って我が身を守っていても助かるかは運任せでしかない。

そうならないように今、声をあげて、体を動かして行動している人たちがいる。なかなか自分もあそこまでは出来ないけども、
少なくとも、行動しないことに理屈をつけて正当化させようとは思わないな。
[ 2013/10/28 23:16 ] [ 編集 ]
私も難病だからこれは正直かなりきつい・・・。生活保護世帯に関しては0のまま。だったら生活保護って手もあるんだろうけど、働けるうちは働くんだって意思を持って今までずっとどれだけ薬の副作用でしんどくても微熱がずっと続いたままでも病気と闘いつつ一生懸命働いて得てきた収入のほとんどが医療費で飛んでいってしまう今回の法案を見て。なんか今まで頑張ってきたのが何だったのか一気に分からなくなってしまった。大きな病院でも眼科がなかったり神経科がなかったり、当病院では診れませんって断られたりで仕方なく今現在2つの病院に通院している私は現行の法案では幸いにも特定疾患医療医療受給者をもらっているおかげで公費負担があり月額限度額は4,250円で済んでいるけれど、あくまでこれは一医療機関に対しての限度額なので2つの病院への通院を余儀なくされてる私が支払っているお金は実質8,500円。
この法案が通ってしまうと月々に支払う医療費が一気に上がって24,000円になってしまう・・・。一つ目に行った病院では診療を拒否されたので仕方なく遠方の病院に通ってるけど、そこには神経科が無かった為に内科と眼科はひとつの病院で診てもらって、神経科に関しては別の病院へ。今後更に悪化してしまった時に受診する科がまた無かったり、拒否されてしまったらまた更に増える。皆さんの大事な血税を使う生活保護には頼りたくなくて今まで頑張ってきたけれど・・・。この法案が通ればもう生活保護を受けるか、おとなしく死を待つか、自殺しか道はないって事なのかな?
[ 2013/10/30 02:05 ] [ 編集 ]
連投すみません。皆さんもいつ難病の当事者になるか分かりませんので少しでも知っておいて頂きたいのです。
【改正前(現行制度)】
 対象疾患数:56疾患
 外来:0円(生活保護・非課税世帯)~11,550円
 入院:0円~23,100円
 但、重症患者(身体障害者1級・2級程度)は全額公費負担
 ↓↓↓
【改正案】※配偶者の収入も込み
 対象疾患数:未定(報道では300超)
 生活保護世帯          0円
 市県民税非課税世帯  8,000円
 ~年収370万円     12,000円
 年収370万円~     44,000円
 重症患者特例なし

これは成人に関した法案だけではありません。

今回の法案には小児慢性特性疾患の子供達にも課せらているのです。
生活保護世帯               0円
 市県民税非課税世帯      4,000円
 年収約200万~380万円    6,000円
 年収370万円~         22,000円
成人とほとんど同じで、ただ、毎月の負担上限額が成人の半額の2万2000円だと言う事だけなのです。

産まれてきた子に罪はありません。けれども万が一にも我が子が小児慢性特性疾患だった場合には上記の医療費が毎月発生してしまうのです。

対象疾患数が56疾患から増えるのは良い事だと思います。

ですがそもそも難病とは
(1)原因不明、治療方法未確立であり、かつ、後遺症を残すおそれが少なくない疾病。
(2)経過が慢性にわたり、単に経済的な問題のみならず介護等に著しく人手を要するために家庭の負担が重く、また精神的にも負担の大きい疾病なのです。
原因も不明であるがゆえに治療法は無し。
殆どの難病患者はステロイドを処方され投与しています。
ですが根本的な解決ではなく、あくまで進行を止める為だけの投与になります。
ステロイドは副作用が強く本当に様々な症状がでてきます。またそれと同時に長期服用を続ければ続けるほど、糖尿病などまったく違う病気を併発・誘発してしまう事が多いのです。
それでもステロイドでかろうじて悪化を防ぐしか方法はないのです。
ステロイドによる副作用がでれば、新しい薬を処方され、その薬でまた新たな副作用がでれば、新たな薬が処方されます。
それが永遠にずっと続くのです。
正に人間モルモットなのです。その証拠に私達は一番最初に特定疾患医療受給者証を申請する際、公費負担してもらう代わりに(言い方は悪いですが)研究の材料になる旨のサインをさせられております。
ですから新薬が出て効果があるようだからと医者に言われれば、よほどの理由がない限り断る事はできず一部の望みをかけてとの意味合いもあり被験者になる事もやむ終えないのです。
最後に私の経験上、難病疾患者の特徴として数ある中での一部分ですがあげておきます。
以下が難病患者の医療の特徴です
・1か月数万円~数十万円と高額である事
・根治療法が見つかるまでは半永久的に医療費がかかる事
・医療があれば普通に近い生活を可能にするケースが多い事
・しかしそれらがないと死に至るケースが多い事です。

他人ごとではないと言う事を知って頂ければ幸いに存じます。
長文失礼致しました。
[ 2013/10/30 02:47 ] [ 編集 ]
「難病患者はとっとと死ね!」
それが安倍の意図する本音でしょ。
アメリカは自己責任の国。
そして日本をアメリカに売り渡そうとしてるわけなんだから。
人口削減計画が着々と進んでいるようだ。

そう、一般人は医者によってモルモットにされてる。
その真実にいちはやく気付いて、悪の連鎖を断ち切ってこそ克服が見えてくる。
実際に僕は小さいころから苦しんできた病気を克服してやっと健康を勝ち取った。
民間療法だって馬鹿にはならない。

病気になる前にありとあらゆる手段でとことん免疫力を上げておくこと。
放射能に影響で免疫力が落ちてしまってるからその活動むなしく病気になってしまうかもしれないが、そのときは潔く…

今健康な人は「健康」を人生の最上位のpriorityにすること。
家族でも仕事でもない、健康だ。
健康なくしては家族も養えないし仕事もできないのだから。
棄民政策を続けてる糞安倍でも「健康を一番大事にせよ」というメッセージを全国民に送るという仕事はしている。
そこだけは評価してるね。

病気になるのは基本的に健康を2位以下に軽視してるからだと僕は思っている。
そのしっぺ返しだろう。
アメリカの考え方は「すべて自己責任」だからね。

物事を解決する道はひとつではない。


どうしてもつらいならだめもとで生活保護申請すればいいと思う。
仕事しない官僚どもはのうのうと生きてるじゃないか。
それに比べればどうってことない。
[ 2013/10/30 07:23 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム