情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.04.22 06:00|カテゴリ:地震情報コメント(12)

【重要】今回の熊本大震災と類似した地震が400年前にも発生していた!古文書に記述、西原村では住民も認識!当時も東北で震災・・・


s_ice_screenshot_20160420-211245.jpeg
*高感度地震観測網


s_ice_screenshot_20160420-210253.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210258.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210306.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210315.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210333.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210338.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210402.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210408.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210427.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210439.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210439.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210443.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210447.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210458.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210503.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210601.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210629.jpeg
s_ice_screenshot_20160420-210709.jpeg

☆400年前の地震と類似?古文書に予測の手がかりは
URL http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2753408.html

引用:
 被害の大きかった場所の1つ、熊本県西原村。村は、今回、大きな揺れを引き起こした布田川断層帯の上に位置しています。住民男性が見せてくれた村の郷土誌にはこう書かれていました。

Q.布田川・日奈久断層が1200~1500年前ごろに活動していたと?
 「予測してあったな。布田川断層を抱えているので、この辺りは大地震に見舞われるという認識はみんな持っていたと思う」(住民男性)

 断層があると認識しながらも、「まさか来るとは思わなかった」といいます。

 「古文書を見直すと、観測史上、例がないことではなく、よく観測されている可能性があることがわかった」

 歴史研究家の磯田氏は、今回の熊本地震と似た事例がおよそ400年前に起きたと指摘します。

 「卯の刻より大地震い、午の刻にいたり、城楼崩壊す」

~省略~

 不気味な類似点が他にも見られます。熊本で地震が起きた8年前、1611年には、東北地方で大きな地震が起き、津波に襲われていました。熊本の地震の後、1633年には、現在の神奈川県、小田原地方で地震が起きています。
:引用終了

☆慶長大地震
URL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B6%E9%95%B7%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87

引用:
慶長大地震(けいちょうおおじしん)は慶長年間(1596年-1615年)に日本列島で起こった地震。慶長の大地震(けいちょうのおおじしん)ともいう。ただし、正確には慶長伊予地震、慶長豊後地震、慶長伏見地震発生は文禄5年であり、その後、これらの天変地異を期に文禄から慶長に改元されている。
1596年の3つの地震は記録の日付が錯綜しており、豊後地震を9月1日とするものもある。1605年慶長地震は定説であった南海トラフが震源ではないという異論も出され[1][2]、従来三陸沖が震源とされた1611年の地震も北海道太平洋沖に震源を持つ超巨大地震との説が出される等[3]、震源域に諸説あって不明なものが多い。
:引用終了

以下、ネットの反応


















熊本城があそこまで頑丈に作られていたのも、400年前に大地震があった影響なのかもしれませんね。熊本県だけではなく、大分県まで揺れたという記述もソックリです。余震もかなり多かったみたいですし、過去の歴史の正確さに驚きます。

やはり、過去の歴史を軽んじて馬鹿にするのではなく、真剣に読んで、今に活かすべきだと思います。不気味なのは、1611年の熊本大地震でも8年前に東北地方で大地震が発生している点です。

この時期は慶長大地震とも言われており、日本の歴史から見ても非常に地震が多発していました。 1596年9月1日に四国で慶長伊予地震が発生し、その後も 1596年9月4日に慶長豊後地震(大分地震)や1596年9月5日に慶長伏見地震(近畿地方)が起きています。
また、1605年2月3日には南海トラフから伊豆諸島付近で巨大津波を伴う慶長地震が発生しました。その後に東北地方で大地震が起きて、今回と同じような熊本大地震に繋がります。

明らかに日本の地殻変動は周期性があると言え、これを分析することで事前に次の巨大地震も検討することが出来るはずです。発生タイミングにはズレがありますが、一つの大地震が数年単位にまとまって発生する点は類似しています。
これらの記録は日本に活動期と静穏期があることを裏付ける証拠で、阪神淡路大震災から日本が活動期に再突入したと見ることが出来るでしょう。





関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
大学の文系を廃止しようとしてるみたいだけど、防災から見てもすごく役に立つじゃん。
個人個人が居住地の歴史を調べといた方がいいかもしれない。
[ 2016/04/22 06:25 ] [ 編集 ]
これ書くと、使えない御用が場所が違うとか書き込んで火消ししてくるよ

あいつら、マジ使えないよな
[ 2016/04/22 07:43 ] [ 編集 ]
温故知新
自民党には当て嵌まらない
[ 2016/04/22 08:42 ] [ 編集 ]
「まさか来るとは思わなかった」ー>「まさか今自分の所に来るとは思わなかった」でしょうね。
別のブログを見ると、日本でかって震度7のなかった地域(都道府県)は殆どありませんです。
[ 2016/04/22 09:38 ] [ 編集 ]
政府、報道主導で行われた心象操作。
今リアルタイムで国内で行われてるのは報道操作。
[ 2016/04/22 09:47 ] [ 編集 ]
で?
[ 2016/04/22 11:06 ] [ 編集 ]
今回の熊本県地震は、震度7が数日で連発している。江戸時代の大地震は、例え連動型でも数年周期で発生なんだよ。今回の熊本県地震は、不気味で不思議な地震です。
[ 2016/04/22 11:45 ] [ 編集 ]
日本海側の津波も巨大な様です
歴史地震に学ぶと言う点から、日本海側の津波に関するビデオを載せている点は大変素晴らしいと思います。

ただ、「高浜」で確認された痕跡としては「数m程度の津波」の様ですが、大飯原発周辺での地震でもビデオで紹介された「天正地震による津波」の痕跡は、福井大学の教授が確認した所も恐らく同様だった可能性を疑っていますが、「寛文近江若狭地震」による急激な土地の大規模な隆起・川道の変化による大量の流水により三方五湖では津波の痕跡がほぼ消失しています。

また、天橋立に近い京都府宮津の京丹後一宮である籠神社の奥宮「真名井神社」に有る「波せき地蔵」は、「標高40m」に有りますが大宝地震による津波はここ迄到達したとされています。

日本海側も十分ご注意下さい。
[ 2016/04/23 01:09 ] [ 編集 ]
神奈川逝ったか
[ 2016/04/23 03:10 ] [ 編集 ]
熊本城は、、、鉄コンです。
熊本城の勇姿を讃えた文脈にグッときましたが。

西南戦争で天守閣が全焼しているので、1960年に再建された、鉄筋コンクリート造りですよ((((;゚Д゚)))))))
(外装は、当時の姿のまま見事に再現できていますが)

唯一、宇土櫓は当時の木造建築のまま、今回の地震にも耐えております。
[ 2016/04/24 23:57 ] [ 編集 ]
上の人も書いているように、大小天主閣は鉄筋です。
そのため重文指定されておりません。
一方、宇土櫓は当時の木材を利用し、当時のつくりのままで補修などが
行われているため、重文指定されており、こちらも地震に耐えています
(つなぎの部分は壊れましたが...)

誤解されないような記事をかかないと、全体の信ぴょう性をさらに疑われることになります。
[ 2016/04/25 10:13 ] [ 編集 ]
1100年前との類似説も
もう少し前ですが、貞観の大津波の数ヶ月後にも、肥後国の地震・津波?が起こっていたという記録もあるようです。
http://hotatelog.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-6f53.html
[ 2016/04/26 02:30 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク