情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.10.31 06:00|カテゴリ:政治経済コメント(34)

自民党、ついに立憲主義を否定!最高裁が無効・違憲と判断した婚外子の民法改正を行わず!自民党「納得いかない人もいる」


jiminntou1030.png
遂に自民党が立憲主義を否定するような行動と発言をしました。結婚していない男女間に生まれた子供(婚外子)の遺産相続を「嫡出子」と同等にする民法の改正案について、最高裁が違憲判決を下したのにも関わらず、自民党内部の反対派が強いことから、民法改正案の了承を見送る方針を発表しました。

この民法改正案は最高裁の判決を参考に、法務部会の大塚部会長が提案したもので、これを了承しないということは、立憲主義を否定するのと同じ意味を持っています。ここまで来ると、「流石自民党」としか言い用がありません。今までの歴代政権でもこのようなことは起きたことがなく、自民党による反乱に近いものがあります。

衆議院選挙と参議院選挙の不正選挙疑惑裁判や一票の格差裁判が行われていますが、このような状況下では、仮に「選挙無効」の判決が出たとしても自民党はそれに従わないでしょう。
ハッキリ言って、これは三権分立を公式に否定したということであり、日本国民は全員が立ち上がって怒らなければいけない事態です。
彼らには国のルールを守る気なんて一切無く、このまま野放し状態が続けば、日本は滅茶苦茶にされてしまいます。


☆婚外子相続の平等化法案、自民"反対派"議員が会合


☆婚外子、平等相続の判決…最高裁決定で東京地裁
URL http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131028-OYT1T01675.htm?from=navr

引用:
 結婚していない男女間の子(婚外子)である東京都内の40歳代男性が、結婚した夫婦の子と同額の相続を求めた訴訟で、東京地裁(花村良一裁判長)は28日、婚外子の相続分を半分とした民法の規定を「違憲・無効」とした9月の最高裁決定を踏まえ、男性の請求を認める判決を言い渡した。

 最高裁決定を基に、婚外子に平等な相続を認めた判断は初めてとみられる。自民党内の反対などで、規定を削除する民法改正の動きが滞る中、司法が相続格差の是正を先行させた形だ。

 判決などによると、男性の父親は2006年に死亡。当時、男性は認知されておらず、父親の妻と3人の子供が遺産を相続した。後に男性は婚外子と認められ、11年に提訴した。

(2013年10月29日07時40分 読売新聞)
:引用終了

☆自民法務部会 民法改正案の了承見送り
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131029/k10015646411000.html

引用:
自民党の法務部会が開かれ、いわゆる「婚外子」の遺産相続を「嫡出子」と同等にする民法の改正案を巡って、家族制度に関する委員会を党内に設けるなどとした案が示されましたが、出席者から異論が出されて、29日も了承されませんでした。

自民党の法務部会は、結婚していない両親の子ども、いわゆる「婚外子」の遺産相続を「嫡出子」と同等にする民法の改正案を先週から審査していますが、「伝統的な家族制度を崩壊させる」などと慎重な意見が相次いでいます。
このため法務部会の大塚部会長は29日の会合で、家族制度を維持する方策を議論するため、党内に「家族を取り戻す特命委員会」を新たに設置するほか、法務省内にも相続制度の問題点を検証するワーキングチームを立ち上げることなどを提案し、改正案の了承に理解を求めました。

これに対し出席者からは評価する声が出た一方、「結婚している夫や妻の権利を保障する方策もなければ納得できない」といった異論が出され、29日も改正案は了承されず、引き続き議論することになりました。
改正案に慎重な西田参議院議員は部会のあと記者団に対し、「最高裁判所の非常識な判断に従って法改正をしてしまうと、婚外子がどんどんできて家族制度が崩壊してしまう。慎重に考えなければならない」と述べました。
:引用終了

わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!


日本に仕掛けられた最後のバブル


これでも議員ですか―不正乱脈視察追及 市民運動と訴訟の中間報告


検察崩壊 失われた正義


検察の罠

関連記事



ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
相変わらずですね。
しかし、遺産相続のこと考えるほど思いやりのある人が、浮気するとは思えないけど
、そういうこと考えてなかった人にできたらおろせってことですね。
宗教的には、不倫してできた子供を産むよりおろすほうが重罪なんですが、この順番が逆になってるモラルのない国です。

私は以前は民法改正熱望してましたが、もういいです。
その前に日本は滅亡にむかうと思います。
[ 2013/10/31 07:17 ] [ 編集 ]
この件に関しては住民投票なりして国民の意見も聞いてほしいです。

主人に浮気されて外に出来た子に財産を半分渡さないといけないなら、
子供が出来た時点で即離婚か、主人が生きているうちにお金はすべて
自分の子供と自分名義に変えてしまうと思います。
収入を奥さんが管理している人が多いと思いますし、
結婚制度そのものが紙のように軽くペラペラになってしまうように思います。
制度だけ換えたところで、人の意識は変わらないと思います。
[ 2013/10/31 07:50 ] [ 編集 ]
裁判所がおかしいのでは?
いつも有意義な情報を興味深く拝見させていただいています。
私は決して自民党賛成では無く、むしろ小沢一郎氏や山本太郎氏の意見に賛成しているものです。
今回の判決は満場一致で、婚外子の相続を認めた事がおかしいのではないでしょうか?反対意見が一つも無いのは、きっと落とし穴があるのでは?古代ユダヤ議会では、満場一致は再度審議だったそうです。
これでは、悪意を持って近づき子供さえ作ってしまえば、財産の半分を乗っ取ることができてしまう。富裕層は人を信じられなくなるかもしれない。婚姻以外でそんなことをするのが悪いというのは短絡的すぎます。
一般人にとっては、残された唯一の資産=自宅、これを売り財産分与しなければならなくなるかもしれない。残された正式な妻は生活さえままならないのでは?
婚姻制度って何なのでしょうか?家族制度の崩壊ではないでしょうか?これに関しては、自民党が踏みとどまったと評価してもいいのでは?少なくとも論争が続くわけですから。
[ 2013/10/31 08:47 ] [ 編集 ]
この判決がおかしいというのなら、憲法そのものがおかしいということです。
そらならそれで、法の下の平等をはっきり憲法で否定すればいいです。
[ 2013/10/31 09:12 ] [ 編集 ]
婚外子を差別する事によって、正妻と子供の利益を守ろうなんて、愛情もモラルもない情けない国です。そんなもので維持しなくてはならないほど、愛情がペラペラで薄っぺらいものなのですね。
[ 2013/10/31 09:15 ] [ 編集 ]
先程コメントした名無しです
断りで申したとおり、愛情や婚外の性行為云々ではなく、婚姻制度の衰退につながると考えた次第です。
私は子供がいないから、とか婚外で性行為をしないから、などではなく、日本が日本として長らく続いてきた理由に試行錯誤のすえたどり着いた財産分与の方法により残された"家族"が、どうにか生活していけるというものだと思います。
婚外子に財産分与賛成の方は、家が家として続いてきた婚姻制度をどのようにお考えでしょうか?実際に婚姻の元の他に婚外子を作ったら愛情をそそぎ財産分与してあげたいと考えるかもしれませんが、それは別問題です。常に遺言状を残して少しの財産くらいは分けれるようにすればいいのでは?
婚姻が完全に破綻していない限り、正妻の権利は護られるべきです。
きっと国境も無い争いも無い...の世界観の方は、子供の権利だとか動物の権利だと言うのでしょうが。
上記から少なくとも婚姻の元の権利が尊重されるのは当然です。
つまり、今回の違憲判決じたいが、間違っていると思います。
[ 2013/10/31 10:36 ] [ 編集 ]
>悪意を持って近づき子供さえ作ってしまえば、財産の半分を乗っ取ることができてしまう

現行法でもそれなりに財産のある人からは、それなり(嫡出子の半分)は乗っ取ることができるんですよね。

実際そういう事がどれほどあるのかはわかりませんが、婚外子を作った人の責任はどうなるんでしょう?
悪意を持って近付かれて…という事よりも浮気その他の理由で外に子供を作る人の割合の方が多いような気がします。

そもそも「婚外子がどんどん出てきて家族制度が崩壊」っていう考え方がおかしいのでは?
[ 2013/10/31 12:01 ] [ 編集 ]
いいたいのは、憲法は法の下の平等を説いている、その原則を守るならば婚外子も平等である。
もちろん憲法の元に自衛隊があるので、現実的に憲法を遵守しろとはいわない。だが原則は平等である。
そんで婚姻制度を守るとか、要するに婚外子差別は社会のためだとか理由づけするけど、本当は自己の利益を守るためでしょ?正妻と子供が婚外子に財産取られちゃこまるという。なんでそれを社会のためだとか正当化するのかという話。
私たち困るから婚外子差別続けてくれ、どうか国民投票で決めてくれといえばいいじゃない?
国際的には、日本はこの婚外子差別に対し、是正するように勧告を受けている。国際的におかしいのは日本なんですよ?
日本は日本の伝統があるとか言うだろうけど、国際的な平等主義を踏みにじっているのは日本。
[ 2013/10/31 12:26 ] [ 編集 ]
自民党のこの判断は正しいと思う。
愛人の子と正妻の子の立場が同等なら、愛人、婚外子を推奨するようなものである。

でも、最高裁はあの判例を出した以上、自民党が法改正をしなくてもそんなに効果は無いと思う。
[ 2013/10/31 12:51 ] [ 編集 ]
国際標準が必ずしも良いとは限りません。
多くの「国際」ってだいたい欧米の白人基準をさしてますよね。
彼らに合わせなかった事が、現在かろうじて日本を維持できている理由の一つだと思います。移民政策だって多くの国際白人社会で破綻間際です。あと数年したら日本の移民拒否が正しかったと言われるかもしれません。
「子供の権利」と言う人達は、純粋で真っ直ぐな人達なんでしょうけど、異論を許さない方向性は少々危険です。
(もちろん子供の権利は大事です)
結婚して家族になる(だから愛人や側室の役割は別)のだから、法の下に区別されても仕方が無い。
私の子供が1億円の遺産を引き継いで、善良真っ直ぐさんたちの子供は数万円の遺産を手に入れることだって平等ではないのですから。
[ 2013/10/31 13:32 ] [ 編集 ]
素晴らしい
あまりにも最高裁を軽視した発言した自民党、憲法で保証された政党としてあり得ませんね。このような真実を記事として書かれたブログ主様には敬服いたします。

これは日本国民ならば当然反発すべき事件ですが、保守速報やらの連中は自民党は素晴らしいとさえ言っており、挙げ句最高裁判所裁判官を愚弄するかのような発言をしております。幾つか反論してみましたが、論点はずしも甚だしく、朝鮮人認定をされました・・・現実世界では名誉毀損に当たる場合もありますが、実名のでない世界だからのさばっているのでしょう。

今こそ、国民全員が憲法を理解し、自民党に意見すべき時だと存じます。それに寄与したブログ主様は本当に素晴らしいと思います。
[ 2013/10/31 13:34 ] [ 編集 ]
移民政策は、白人が底辺労働や少子化のために、自国の利益のために導入した政策であって、それが国際的に正しいなんて誰も言っていませんよ。婚外子差別とは全然違います。
[ 2013/10/31 13:43 ] [ 編集 ]
そうそう、私もこの問題をも取り上げたプログ主様に敬服。
世間に迎合してわーわー文句や言ってる人じゃないというのがよくわかります。
婚外子差別はそりゃ、賛成の人のほうが多いと思いますよ。
しかし、それは平等の原則をふみにじる行為です。
多くの宗教が、浮気すると報いはあると歯止めをかけるのですが、日本人は無宗教だから、こんなややこしいことになるんですかね。
[ 2013/10/31 13:51 ] [ 編集 ]
性善説で法律を語ろうとする人は現代日本にそぐわない人でしょ。事実特定亜細亜の外患に思い至らないのは頭が弱いと思うよ。今現実の危機だもん。
[ 2013/10/31 15:20 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 性善説で法律を語ろうとする人は現代日本にそぐわない人でしょ。事実特定亜細亜の外患に思い至らないのは頭が弱いと思うよ。今現実の危機だもん。

無知すぎて笑ってしまいますね。安倍政権が大量に外国人移民を呼び込んでいるのに、何でそれには反対しないのでしょうかね?TPPも移民の大量受け入れが明記されていますし、これに反対しないのはあまりにも自分勝手過ぎです。結局のところ、自民党の連中は愛人や隠し子いるということなのだと思います。

外国人に媚びる安倍政権!外国人観光客は消費税免税!外国人受け入れを大幅緩和!在留期間の制限を撤廃へ!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-998.html
[ 2013/10/31 15:38 ] [ 編集 ]
正妻がいながら浮気をする男性が一番悪いのは当然ですが、婚外子を生む女性にも非がないとは言えないと思う。結婚生活が破綻していようが、離婚していない状態で不倫関係になる事は、非難されても仕方ない。
正妻から慰謝料を請求される立場な訳で、それなりの覚悟で出産するのでは?遺産相続で実子と同等に扱えと言うのは、正妻からしたら許せないと言われるのは当然だと思う。
[ 2013/10/31 15:43 ] [ 編集 ]
それなら愛人に慰謝料を請求すればいいだけの話では?
婚外子にきちんと相続させて、愛人に高い慰謝料請求。

[ 2013/10/31 15:53 ] [ 編集 ]
なんで問題を愛人の話にすり替えるんですか?
愛人が悪い、それはその通り。しかし婚外子には罪はないはずだし、相続は子供の権利。離婚の養育費が子供の権利なのと一緒。
[ 2013/10/31 16:00 ] [ 編集 ]
いつも拝見しております。

難しい問題ですね。
今回の判決は非嫡出子という子供の立場を重視したものなのでしょう。あくまでそういう訴訟ですから。

この問題は、家族、財産、倫理など含めて検討をしないと危険だとおもっています。
たとえば、うちは共働きですが夫婦で同じお財布にしています。つまり、夫婦共同の財産しかありません。口座はそれぞれの口座ですが、厳密に生活費の割合などは決めていないからです。そういう家庭は多いのではないでしょうか。
専業主婦の場合であっても、夫の給料内で頑張っているわけで内助の功にあたる金銭が夫の口座には含まれています。
こういう家庭事情を考慮すると、自分の親の財産だから相続の権利があるといわれるとどうなの?と思ってしまいます。(認知をしているとすれば、妻子は感情的に苦しめられていてきたことでしょうし、余計、複雑になるとおもいます)

そして非嫡出子ばかり同情されるようですが、自分の親に裏切られた嫡出子のことは誰も気にしないのだなとおもいます。親を憎むでしょうし、家族で作った財産まで平等に相続され、家庭を崩壊させられそうになった愛人に対しなんら慰謝料請求もできないという惨めな思いをするでしょう。

この2点からしても、最高裁の判決がでたからといって、非嫡出子だけの立場でこの問題を考えるのは、やっぱり違うかなぁと思います。
総合的に議論して、考えて欲しいとおもいます。

p.s お金のある方は専門家の先生によってうまく対処することができるでしょう。最高裁判決どおりに民法がかわったら、一番混乱をするのは正直にいきていて裏切られた普通の家庭ではないでしょうか。

[ 2013/10/31 16:36 ] [ 編集 ]
戦後、平等が広まり、先祖代々の貧富の差や小作人が解放され、さらに医療や教育でも大きな差はなくなりました。女性の参政権も与えられました。
それらの恩恵を多くの人たちが受けています(ま、そうやって日本が発展してこなかったら、原発をつくることもあり得なかったので、究極的に、平等そしてそれに基づく日本の発展が幸福かと言われるとそうではないのですが、それはおいといて)。
平等の恩恵を受けていて、でもこれは自分にとって不都合だから不平等にしてほしいってのはないんじゃないかなと思います。
実際、外国の多くは婚外子を平等にしていてもやっているんですから。
人間は自己の利益を追及する生き物なので、婚外子差別を叫んで悪いとはいいません。
ただ、社会のために婚外子差別しろというのは違うでしょ、すり替えでしょ、自分の利益のために婚外子差別したいんでしょ、といいたいだけです。
子は平等です、婚外子だろうが嫡出子だろうが。嫡出子が、傷つけられたのに平等の相続なんておかしいと主張しても、その主張を社会のためによくないとかすり替えるのは欺瞞です、あくまでも自己の利益のためであるからです。
[ 2013/10/31 17:06 ] [ 編集 ]
もし、夫が本気で正妻や嫡出子を大切に思っているなら、そもそも非嫡出子は生まれないし、仮に若気の至り(そんなことはあり得ない) で生ませてしまっても、遺言状でカバー出来ます(私的自治の原則)。

法が全てをカバーできるわけではないので、不慮の事故はカバー出来ませんが、そうでない場合は大抵の場合問題ありません。もしそうした遺言状などを残していないのなら、それこそ家族関係が冷えきっていたのではないでしょうか?

これを機に、各自が相続法について勉強すれば良いのです。一般国民も民法(特に家族法)を知るべきだと思います。

今回の場合は、自民党が違憲判決を軽視したことに問題があります。これは明らかに司法の軽視であり三権分立の崩壊です。慣例になっては遅いのです。慣例になったとたん、行政と立法の政治的部門の暴走が始まるのです。だからこそ、国民全員が法律について少しでも学ぶ必要があります。個別具体的な事情などあまり関係ないのです。
[ 2013/10/31 17:07 ] [ 編集 ]
婚外子に財産分与賛成って本当に多数派なんですか?日本国籍が与えられ、それによる法の下の平等は手に入れてるのに。
不倫はいけないという多くの人が賛成する道徳観維持のためにも、婚姻の下の子供とは待遇が違って当然だと思いますが。
子供の権利の下に、思考停止しているようにしかかんがえられません。
では、婚外子の下で暮らさないのも子供の権利を侵してる?

Yuujiさんの投稿に移民政策を例えにされていますが、まさにその通りだと思います。
本件で子供の権利をたてに主張されている方の思考レベルは、まさにそれと同じ...という事ですよね。
当然私は移民も財産分与も、当然外国人参政権も拒否を考える30後半の男性です。
世の中は、あなた達のように善意の人ばかりではないのです。日本にももちろん、特定アジアや諸外国の脅威も考えなければなりません。

自民党が保守だって考えてる人はいないと思いますが、本件に関しては、自民党の対応は良かったと思いました。朝鮮政党が何故?とは思いましたが。

[ 2013/10/31 17:10 ] [ 編集 ]
社会維持のため、と言うのはすり替えではないでしょう。家族制度存続にも関わる問題ですから、そこまで広げて考えないと。
[ 2013/10/31 17:17 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 婚外子に財産分与賛成って本当に多数派なんですか?日本国籍が与えられ、それによる法の下の平等は手に入れてるのに。
> 不倫はいけないという多くの人が賛成する道徳観維持のためにも、婚姻の下の子供とは待遇が違って当然だと思いますが。
> 子供の権利の下に、思考停止しているようにしかかんがえられません。
> では、婚外子の下で暮らさないのも子供の権利を侵してる?
>
> Yuujiさんの投稿に移民政策を例えにされていますが、まさにその通りだと思います。
> 本件で子供の権利をたてに主張されている方の思考レベルは、まさにそれと同じ...という事ですよね。
> 当然私は移民も財産分与も、当然外国人参政権も拒否を考える30後半の男性です。
> 世の中は、あなた達のように善意の人ばかりではないのです。日本にももちろん、特定アジアや諸外国の脅威も考えなければなりません。
>
> 自民党が保守だって考えてる人はいないと思いますが、本件に関しては、自民党の対応は良かったと思いました。朝鮮政党が何故?とは思いましたが。

記事をちゃんと読んで欲しいのですが・・・。
私はこの制度ではなく、最高裁の判決を無視して動いている自民党が大問題だと言っているのです。三権分立の崩壊をこれは意味し、これを認めてしまうと、自民党の完全独裁が現実の物となります。それこそ、ナチスと同じ状態になるかもしれません。
[ 2013/10/31 17:18 ] [ 編集 ]
ヤマダヒサシ様
そうですね。
たしかに裁判所に従わない立法機関とは
問題ありますね。

だとしたら、この事案の問題は
数名がおっしゃっているように
判決そのものがおかしい。
JR西日本に無罪判決をだすような
裁判所/裁判官ですから、日本を
取り壊す恐れ。
問題は、より深刻な気がします。

私たちの子供の世代では
日本はどうなってしまうのでしょうか?
私たちは、正しい日本を次の世代に
バトンタッチできるのでしょうか?
[ 2013/10/31 20:27 ] [ 編集 ]
もし、最高裁判所裁判官の判断がおかしいと言うならば、それこそ前の衆院選で同時に行われた最高裁判所裁判官の信任投票で不信任票を投ずればよいのです。最高裁には例外的に、民主的コントロールが及んでいるのですから。

しかし、国民は最高裁判所裁判官を全員信任した。法律のことなんて分からない、最高裁のことなんて分からないと言い続けてきたツケが回ってきたのではないですか? 当然、衆院選の際にその裁判官がどのような判決を下したのか、などの紹介文が全世帯に配布されているはずです。ここで違憲判決に文句を言う方々は、その信任投票で不信任票を投じ、最高裁判所裁判官を不信任にしてしまえば良かったのですよ。そうならなかった以上、ここで文句を言ったところで仕方ありません。

同様に、自民党にも国民の信任がありますが、最高裁判所裁判官にも国民の信任があるのです。そうした正当性を持つ最高裁判所裁判官に違憲判決を無視することこそに、近代立憲主義の崩壊の萌芽があるのです。こうした自民党の動きに国民としてしっかり異議を唱えることが、日本国民としての責務でしょう。
[ 2013/10/31 23:07 ] [ 編集 ]
この国はいつから立憲主義が崩れたんでしょうね
こんな風に政治家が勝手な理由で暴走するなんて終わってます
自分たちの考えは法よりも上だとでも勘違いしてるんでしょうか
法治国家だという認識すらないなんて政治家失格ですね
そもそも伝統的な家族なんて抽象的すぎますし。
家族の形なんて国が決めることではありません
おこがましいにも程があります
そんな意味不明な理由で最高裁の決定無視するならこの国も終わりです
法治国家でもなんでもないではないですか
[ 2013/10/31 23:47 ] [ 編集 ]
そもそも婚外子=不倫の子だけではありません
夫婦強制同姓の日本ではそれに抵抗を持ち結婚はせず、事実婚の方もいらっしゃいます(もちろん姓だけの理由ではなく、他の理由で現行の結婚制度に疑問を持ってされない方もいます)
[ 2013/11/01 00:03 ] [ 編集 ]
そもそも現時点でも二分の一は財産いくわけです
それが倍になったからって何で家族が崩れるんですかね
そもそも家族がありながら浮気して子供作っちゃうような男はこんなの関係なく浮気しますよ
責めるところを間違えてます
責めるならまず浮気した男、それから愛人でしょう
一番問題なのは浮気した男ですよ
家族がありながら浮気したその責任は誰より重いです
子供を責めるのは間違いにも程がある
男の不倫には甘いんですよね日本って

[ 2013/11/01 00:37 ] [ 編集 ]
これは本当に大問題ですね
これにいちゃもんをつけてる政治家は法治国家であるということを忘れてるんでしょうか

この政治家たちのやってることは小さい子どもと同じです
自分たちと意見があわなければそれが間違いだと駄々をこねて拒否するなんて幼児そのものです
見苦しいやら呆れるやら
これを許せば独裁国家と変わりません
行政が暴走してるんですから
日本の三権分立の意味がありません

日本は三権分立の立憲主義国家だとこの政治家たちは小学校から勉強やり直した方がいいんじゃないですかね
[ 2013/11/01 00:46 ] [ 編集 ]
裁判所も放射線で頭やられて、この国はもう今、赤ん坊の子供が成人するまで生き延びれないと判断して適当な判決出したんじゃないの…。


いい加減なのは政治家だけでなくなってきたという所かな。


国自体がいい加減なんだからいずれ裁判所も当てにならなくなるよ。

[ 2013/11/01 08:16 ] [ 編集 ]
違憲判決が出たから即法改正になるかと言えばそうではない。過去にも尊属殺重罰規定違憲判決(最大判昭48.4.4)から刑法200条削除(平成7年)なんて20年以上ある。違憲判決は建前上、その事件においてはその法律を使わないってだけで、その条文を消し去る効果は無い。ただ今後、非嫡出子との遺産分配で問題になる時、裁判をすれば同様の判決がなされると予想できるのが大きいくらい。
三権分立とか立憲主義と言うのなら、裁判所は司法権で、法を作る立法権は国会だけが持っている。他人の仕事に口出す権利は無い。
ただ、格好悪いから早く法改正してほしい。
[ 2013/11/02 02:34 ] [ 編集 ]
不倫や浮気が原因ではない婚外子も有るという事。
嫡出、非嫡出が平等の相続権があれば婚外子をつくる事も減るのではないか?
[ 2013/11/05 22:59 ] [ 編集 ]
最高裁判所裁判官の国民審査は機能していません。
社会通念は大事です。
[ 2015/08/31 18:02 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク