情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.10.31 13:08|カテゴリ:政治経済コメント(5)

【注意】山本太郎議員が伊豆大島で「宿泊料金が高い!」と言ったのはデマ!?情報源は全文削除!担当者「普通の会話で対応してました」


yamamototarouginn1031.jpg
国会議員には衆参で700人もの議員がいるわけで、その内の一人に過ぎない山本太郎議員を皆で寄って集って攻撃していることに違和感を感じざるを得ません。台風26号で大きな被害を受けた伊豆大島を訪問した山本太郎議員が「宿泊料金が高い!」と、怒鳴っていたというような情報がネット上に出回っていますが、これはデマの可能性が非常に高いです。

この情報を調べてみると、発信源は災害支援などを行っている「TEAM 4 U」に所属している方のフェイスブックに辿り着きます。既に問題となった書き込みは削除されていることから、この情報に何らかの問題があった可能性が高いです。

また、山本太郎議員の事務所も正式にこれを否定しており、両方を合わせて考えると、質の悪いデマだと言えるでしょう。それにしても、ライブドアニュース等が『俳優議員が「無料で寝る場所を確保しろ!」と被災地に要求!?』というタイトルで取り上げている事に笑ってしまいます。「ニュース」を名乗っている以上は、もう少し情報源の確認するべきです。これでは個人ブログと同じですね(苦笑)。


☆伊豆大島“モンスターボランティア”の実態 元俳優議員が「無料で寝る場所を確保しろ!」と被災地に要求!?
URL http://news.livedoor.com/article/detail/8202931/

引用:
台風による土石流で甚大な被害が出た伊豆大島(東京・大島町)。現在も行方不明者の捜索が続いているという緊迫した状況だが、この島に島外からボランティアが集結している。だが、善意で集まったはずの人々が「モンスターボランティア」になることもあり、東日本大震災の被災地でも無料の宿泊場所や食事などを要求する行為が問題視された。伊豆大島でも同じ問題が起きているらしく、現地でボランティア活動をした女性が「島外ボランティアのワガママ」ぶりを告発。しかも、その図々しい要求をしてきた人物が参議院議員の山本太郎氏(38)だった可能性が浮上し、ネット上で物議を醸している。

 28日夜、伊豆大島でボランティア活動をしてきたという女性が自身のFacebookで「伊豆大島の今~島外ボランティアさんのワガママと島外議員さんの高圧~」と題し、現地で体験した衝撃的な出来事を綴った。その記述によると、この女性が現地で社会福祉協議会の局長と話している最中に「ボランティアが寝る場所がないって言っているじゃないか! 宿泊料金が高くて泊まれないって! 今、町長に、ボランティアたちが無料で寝る場所を確保しろって言ってきたからな!!」と怒鳴りこんできた人物がいたという。
:引用終了

☆山本太郎、伊豆大島にボランティアに行くも宿泊場所を要求か? 「宿泊料金が高すぎて泊まれない、無料で泊めろと議員が怒鳴り込みに来た」
URL http://terusoku.ldblog.jp/archives/33575909.html

引用:
【伊豆大島の今~島外ボランティアさんのワガママと島外議員さんの高圧~】

伊豆大島から帰りました。町の空気感などを五感で感じながら。最終的には、社会福祉協議会の局長さんともお話とお顔合わせをさせていただきました。

お話させていただいている途中で。

「ボランティアが寝る場所がないって言っているじゃないか!!!宿泊料金が高くて泊まれないって!!!今、町長に、ボランティアたちが無料で寝る場所を確保しろって言ってきたからな!!!」

と、怒鳴り込みに来た方がいらっしゃいました。

・・・なんだろう。
伊豆大島でのボランティアルールは、「宿泊場所を確保できる人」が前提。
宿泊料金が高くて長く滞在できない・宿泊場所の確保が出来ないのであれば、後から来るボランティアさんたちに託して、自分はお暇するしかない。

それが、伊豆大島の町のルール。
そのルールを抜本から覆そうとする、この怒鳴っている方は、島のことや島に住む方々の気持ちを何も知ろうとさえしていない。

ボランティア優先ではないのが被災地。
20131016-00000036-mai-000-3-view

https://www.facebook.com/arisa.takeda3/posts/552596478156670
:引用終了

☆【伊豆大島】山本太郎事務所否定!「宿泊料金が高い!」 と怒鳴ったという情報は「デマ」の可能性
URL http://www.yukawanet.com/archives/4563099.html

引用:
3486406a1101010110.jpg

―事務所に取材、確かに山本太郎氏は伊豆大島にいた!

そこで当編集部は山本氏の事務所に確認したところ当日伊豆大島にいたことが確認された。元俳優で議員は山本太郎氏であることが濃厚となった。

ところが事務所側はFacebookに記載されている情報は事実無根だと主張。さらに社会福祉協会の局長にも直接状況を聞いたが、そんな話はしていないという。

また根本的な問題だが、山本氏は伊豆大島に宿泊しておらず次の日国会があったのでスケジュール的に泊まれない状況だったことが判明。


―山本太郎事務所はFacebookの記載を否定。

つまり伊豆大島にはいたが、怒鳴っていた俳優議員は「山本太郎氏」ではないことが判明。万が一怒鳴っていた議員がいたとしてもそれは別人の可能性がある。

もしくは根本的にFacebookの書き込みが誤報である可能性もある。


―Facebookの記事が消える

本日問題となっていたFacebookの記事が消えた。理由は定かではないが記載内容に何らかの問題があった可能性がある。


いずれにせよ事務所が否定しているのは事実であるため、Facebookに投稿した女性の「誤報」であると考えたい。
:引用終了

☆問題のフェイスブック投稿
URL https://www.facebook.com/arisa.takeda3/posts/552596478156670

feisbutku1031.jpg

☆フェイスブック 投稿主
UR Lhttps://www.facebook.com/arisa.takeda3

fesubuttku1031.jpg

☆山本太郎 公式ブログ
URL http://ameblo.jp/yamamototaro1124/

引用: 
モンスターボランティア議員 in 伊豆大島!?

ビックリした。

憶えのない振る舞いを、「私は見た」的な落ち着いた文章表現でネット上で拡散された。

悪質なデマである。

しかも、この文章には「山本太郎」の名前は一切書かれていない。

タブロイドが書くネタは「アホくさ」とスルーも出来るが、この手の出来のいい「デマ」はタチが悪い。

ご存知ない方は、まずご一読を。

~省略~

このアカウントの主、文の作者は、既にFacebookを一度閉じて記事を削除。

この文章を読んだ後、ボランティアセンターで、直接僕とやり取りした責任者の方に文章内容をメールで転送。

秘書の後藤君に、電話で“文章の内容は事実か”聞いて貰った。

秘書「山本は本当にこの方が書いてあるような態度で、◯◯さんに接しましたでしょうか」と聞いた際に

ボラセン「いやー、そんなことは全くなく、普通の会話として対応して頂きました」と

秘書「怒鳴り散らしましたか?」

と再確認したところ


ボラセン「それは全くないですねー、普通の会話でした」
「これは酷いですね」と同情のお言葉まで戴いた。

ただでさえお忙しくされている中、煩わしい事に巻き込んでしまい大変申し訳なく心苦しい。

今もボランティアセンター(大島社会福祉協議会)に対して、このデマに関する問い合わせ電話などがある様だ。
「そのような事実は確認できません」と答える度に、現地でやらなければならない仕事に遅れが出る事を皆様にご理解戴きたい。


現地で実際にボラセン立ち上げから動いてるボランティアさん達や、島の方々とスコップで泥を掻いたり、作業してお話を聞き、局地的な災害で時間が経てば他の地域の人々は日常に戻ってしまう。つぎの連休にボランティアが沢山来てくれたら作業を一気に進められて嬉しい、町がスペースを確保してくれれば、寝袋持参などで来やすくなる。宿泊費が必要というハードルが下がれば助かる、とご意見を受け、町長にお会いさせて戴いた。

町長には丁寧に応対して戴き、「明日、明後日にはマスコミも何班も出している撮影隊を減らすので混乱も落ち着く。なのでその件は前に進めたい、ボランティアセンターよりそういった経緯を文章にて挙げて頂けると前に進みやすい」、とのお答えを頂戴したので帰り際、ボランティアセンターに伝えに行った、と言う経緯です。

びっくりさせてしまった皆さんに誤解を解いておく必要があると思いこの様な形でご報告しました。

山本太郎
:引用終了

☆山本太郎 ミヤネ屋の脱原発・マスコミ批判で報道規制の瞬間


原発のウソ (扶桑社新書)


TPPが民主主義を破壊する!


TPPが日本を壊す (扶桑社新書)


レベル7――福島原発事故、隠された真実


ひとり舞台 脱原発-闘う役者の真実-


池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本 (河出文庫)

関連記事



ブログパーツ
そのボランティア団体さんはあくまで被災地の「復興」を目的として東北でも
震災初期から活動しているようですから、放射能汚染によって東北の被災地は居住できないので移住すべきと主張する山本氏は邪魔な存在なのではないか?と勘ぐってしまいますね。
阪神大震災の時の「災害ユートピア」を思い出します。被災者がそこに居なければ自分たちの活動は無意味になってしまうのですから。
[ 2013/10/31 14:52 ] [ 編集 ]
相変わらず汚いマスゴミ共は 山本太郎のネガティブキャンペーンで世論を煽ってますね。情けない。
29日のヤフーニュースでも
『「人を殺したくて自衛隊になってる人もいるんですかね」 山本太郎スタッフが災害派遣の隊員見た後にポツリ、非難轟々』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000003-jct-soci
という いかにも世論が喰い付きそうな見出しで出ていました。 案の定、ヤフコメでは「国会議員をやめろ!」とか「こんな奴が国会議員なんて恐ろしい」とか皆、右に並えの意見ばかりでした。
私は 見出しだけ読むと この前に何か言葉があると思い全文を読んでみると 
やはり「この人らが戦場に行かされる日も来るのかとか思ったら」と言う文言があるので 集団的自衛権が適用されてしまった場合の話をしているのであることがわかりますよね。
そおいうことは一切、書かず非難する側目線ばかりで記事が書かれているのにも とても腹が立ちました。
今までのマスゴミのやり口そのものじゃないですか!なのに相変わらず表だけ読んで非難し、マスゴミの世論誘導にすっかり乗っかってしまってる人達のアホさ加減に嫌気がさしました。
この国は全てが根っこから腐ってます。 日本人であることが恥ずかしくてたまらない。  
[ 2013/10/31 16:09 ] [ 編集 ]
ヤフコメの特に最初の方には工作員の書き込みがちらほら。
ヤフコメは自民党のチームセコーと見受けられる連中が書き込みしていそうなコメントがしばしば見られます。

合わせて、アチラ側にヤバそうな書き込みをするといつの間にか消されたり、書き込めなくなったりします。

もう日本から言論の自由が日に日に消えてってますね。

ヤフコメがモバイルから書き込めなくなったのも言論統制ということでしょう。
[ 2013/10/31 16:38 ] [ 編集 ]
ネトウヨのリテラシー欠如、リテラシーが欠如しているからネトウヨになるのだろうが、ただただ誹謗中傷するだけ。
事実の検証ができる状態で、検証できないのか?理解できないのか?
誹謗中傷の明け暮れている連中は恣意的な考え方で事実を捻じ曲げる。
屁理屈工作員のお馬鹿記事に一喜一憂ならぬ一揆一夕感覚。アホ臭ー。
せめて的確な批判ができるようになるべし。
[ 2013/10/31 16:48 ] [ 編集 ]
ほんとJcastはレベル低いな・・・まぁ、産経以下の泡沫メディアだからね
しかし最近の右傾化は異様だ。ネトウヨビジネスのつもりか。
創設者は元朝日なんだけどね・・・産経にでも入れば良かったのに。
[ 2013/11/01 12:25 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク