情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.11.08 12:39|カテゴリ:健康問題全般コメント(21)

【マーガリン終了】遂にアメリカがトランス脂肪酸の食品使用を禁止!食品医薬品局「心疾患の原因になる」


Good morning!
Good morning! / FooNar

大量のトランス脂肪酸を含んでいるマーガリンが、遂にアメリカで使用禁止となります。今月に米食品医薬品局(FDA)は、「摂取し過ぎると心筋梗塞などの発症リスクが高まる」として、トランス脂肪酸を含んでいるマーガリンの使用を原則禁止とする規制案を提示しました。

トランス脂肪酸は心臓疾患、冠動脈性心疾患、アトピーなどの原因になるという指摘が世界中からあり、別名「健康を悪くする油」とも言われています。農林水産省のホームページにもトランス脂肪酸の危険性について書かれており、アメリカが規制をしたということは、近い内に日本でもマーガリンの使用は禁止となるかもしれません。

私はマーガリンよりもバター派なので、このような規制に関しては大歓迎です。マーガリンだけではなく、遺伝子組み換え食品や添加物の規制も強化してくれると嬉しいのですが、それはまだまだ先の話になりそうですね・・・。


☆トランス脂肪酸、禁止へ=食品使用「安全と認めず」-米
URL http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013110800198

引用:
【ワシントン時事】米食品医薬品局(FDA)は、摂取し過ぎると心筋梗塞などの発症リスクが高まるとされるトランス脂肪酸について、「安全とは認められない」として、食品に用いることを原則禁止する規制案を提示した。60日の意見聴取期間と、業界が順守策を講じるために必要な猶予期間を経て、施行する。
 FDAのハンバーグ局長は「トランス脂肪酸の摂取量は依然、公衆衛生上の重大な懸念を招く水準だ」と指摘。規制により、年間2万人の心筋梗塞患者の発生を阻止し、心臓疾患による死者数も7000人減らせると強調した。
 トランス脂肪酸はマーガリンなどに含まれている。米国では2006年にトランス脂肪酸の使用表示が義務付けられて以降、使用量は減っているが、FDAはより踏み込んだ対策が必要と判断した。(2013/11/08-12:05)
:引用終了

☆農林水産省 トランス脂肪酸の摂取と健康への影響
URL http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_eikyou/trans_eikyou.html

引用:
国際機関のトランス脂肪酸に関する評価
食事、栄養及び慢性疾患予防に関するWHO/FAO合同専門家会合 (2003)

2002年に開催された「食事、栄養及び慢性疾患予防に関するWHO/FAO合同専門家会合」の報告書(2003)では、肥満、2型糖尿病、心血管疾患(CVD)、がん、歯科疾患、骨粗しょう症に対する食事及び栄養による影響に関する証拠を検証し、それらの疾患を予防するための勧告を行っています。

その中で、トランス脂肪酸については、飽和脂肪酸(ミリスチン酸及びパルミチン酸)、塩分のとりすぎ、過体重、アルコールのとりすぎとともに、心血管疾患(CVD)、特に冠動脈性心疾患(CHD)のリスクを高める確実な証拠があるとされています。

その具体的な証拠としては、次の事項が記載されています。
代謝研究で、トランス脂肪酸は血液中のLDLコレステロールを飽和脂肪酸と同様に増やすだけでなく、HDLコレステロールを減らすため、飽和脂肪酸よりも血液の脂質プロファイルをアテローム性(動脈硬化などの原因となる)に変化させることが示されている。
いくつかの大規模コホート研究では、トランス脂肪酸の摂取は冠動脈性心疾患のリスクを増やすことが示されている。

また、食品から摂取するトランス脂肪酸のほとんどは硬化油脂由来である。たとえ世界の多くの地域で消費者向けに販売される油脂やスプレッドでトランス脂肪酸の削減が行われても、揚げ物などのファストフードや焼き菓子などがトランス脂肪酸の主要な摂取源であり、それらからの摂取が増加していると報告されています。

同報告書では、トランス脂肪酸が2型糖尿病のリスクを増加させるかどうかについては、可能性はあるが証拠が不十分であるとされています。
:引用終了

☆植物性人工脂肪のトランス脂肪酸は健康の敵
URL http://allabout.co.jp/gm/gc/298596/2/

引用:
米国から輸入された加工食品を見ると、総脂肪量、飽和脂肪酸量、コレステロール量の表示があります。これらが冠状動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)の危険因子となるからです。そのために消費者に注意を促すために脂肪に関して表示が義務付けられています。それに加えて、2006年1月までに冠状動脈疾患の危険因子となるトランス型脂肪酸含有量も義務づけられる事になりました。

ドイツでトランス型脂肪酸を規制した理由
腸の慢性炎症疾患でクローン病という難病があります。ドイツではマーガリンの摂取とクローン病の因果関係が証明されました。そのためにマーガリンの使用が制限されています。

日本でトランス型脂肪酸の摂取を避けるには?
日本ではアメリカのように総脂肪量、飽和脂肪酸量、コレステロール量の表示を義務化する動きはありません。それより一歩進んだトランス型脂肪酸の表示の義務化も当然、ありません。また、マーガリンの使用の制限もありません。
:引用終了

☆油に隠された危険「プラスチック化」された油脂=トランス脂肪酸
URL http://tabemono.info/report/former/10.html

引用:
●腐らない油脂って安全?

編集部 バターより健康的と一般的には考えられているのがマーガリンですが、別名「プラスチック食品」と呼ばれているそうですね。

大塚  フレッド・ローの「マーガリン大実験」という有名なエピソードがあるからです。 彼はアメリカの有名な自然派運動家でしたが、1965年から73年まで自然食品店を経営。そのときに、サンフランシスコの常連客である食品工業の技術者から「水素添加した脂肪分子は、プラスチックそっくり」、脂肪専門の化学者たちは水素添加を「オイルをプラスチック化すると言う」と、聞かされたそうです。
そこで、マーガリンを放置する実験を行い、プラスチック同様に虫などをまったく寄せ付けなかったことから、マーガリンは「プラスチック食品」という結論に達したのです。

編集部 同じ実験をしてみたいですね。

大塚 最近日本でも上映されたアメリカのドキュメンタリー映画、「スーパーサイズ・ミー」。監督自らファストフードを1ヵ月間食べ続け、何が起こるかを実験した映画ですが、このDVDの米国版に、 特典映像として、2ヵ月間常温放置しても腐ることのないフライドポテトの映像が収録されているそうです。

編集部 それも油が問題ということですか?

大塚 そうです。プラスチック化された油でコーティングされていたからと考えられています。

編集部 つまり、揚げ油に水素添加した油を使用していたということですか?

大塚 植物油脂は、不安定で老化・酸化しやすく、日持ちが悪いという欠点があります。しかし、脂肪分子に水素原子を加えることによって、変質・劣化しにくくなるのです。
そのため、外食産業や加工食品では、液体の、普通の植物油脂を使えばいい調理にまで、水素添加した固形油脂を使用し、保存性を高めようとする傾向があります。
:引用終了

☆食品の裏側 1/4


トランス脂肪酸ゼロのアボカドオイル 237ml


病気がイヤなら「油」を変えなさい!―危ない“トランス脂肪”だらけの食の改善法


油を断てばアトピーはここまで治る―どんなに重い症状でも家庭で簡単に治せる!


食べて悪い油 食べてもよい油 (静山社文庫)


トランス脂肪酸ゼロ「ピュア・メープル・シュガー」(カナダ産)500g

関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
訪問感謝
この話はなかなか真相がどちらにあるのか……
実は、先程livedoorの「痛いニュース」がこの話を取り上げており、私も持論を投稿しました。所が!……以下の表示に↓
「【マーガリン終了】 トランス脂肪酸、禁止へ 食品使用「危険」…米」にコメントをします。

以下の項目をご確認下さい。

・このコメントは受け付けない設定になっています。(※投稿間隔が短すぎたり、不適切な語が含まれている場合は迷惑コメントと判定されることがあります。)

◆ニックネーム

◆評価

◆コメント

◆メールアドレス

◆URL

※投稿したコメントは管理者に承認されるまで表示されない場合があります。承認されるまでしばらくお待ちください。

・この記事TOP
・痛いニュース(ノ∀`)TOP

私が投稿した文章は以下です。
『マーガリンで健康被害ってきいたことないが?
そもそもこれ、ここ10年くらい前から唐突に言われだした。
ホルモン剤を大量投与した成長の速い乳牛の乳製品を売るための策略ではないかい?』
-このコメントは受け付けられないとのことです。
[ 2013/11/08 19:20 ] [ 編集 ]
アメリカでいらなくなった物は・・・
・・・と言う事は、捨て場に困った「マーガリン」が日本になだれ込んできますなぁ。
[ 2013/11/08 19:22 ] [ 編集 ]
食品偽装事件で少しは食品に対して興味を示す人も増えたかもしれませんが、口に美味しければ結果往来って人がほとんどですから、体に悪いジャンクフードを食べる人が多数です、マーガリンが無くならない限りは普通にこれからも消費されていく事でしょう。
[ 2013/11/08 20:55 ] [ 編集 ]
終了ではなく。。
アメリカに住んでいるものです。トランス脂肪酸を使っていないマーガリンはバター(乳製品)を食べない人たちのために、まだちゃんと売っています☆なので、終了ではないかな。。と思います。
[ 2014/01/20 15:49 ] [ 編集 ]
マーガリンは作る過程でトランス脂肪酸が多くなるわけで
トランス脂肪酸を入れてるわけではないんですよ

トランス脂肪酸の入ってないマーガリンはないんじゃないでしょうか・・・
[ 2014/02/04 13:13 ] [ 編集 ]
どのくらい食べたら影響が出るのか、どこに書いてあるのかな?
アメリカ人が食べる量は半端ないからねえ。
日本人が平均的に食べてる量で影響が出るのかどうか知りたいね。
[ 2014/02/05 21:57 ] [ 編集 ]
マーガリンをトーストにべったり塗って食べていた友人が長い間不整脈を患っていたが、マーガリンを絶って、半年で不整脈が治った。
ちなみに、有害物質は脂肪に蓄積する。
[ 2014/04/19 17:59 ] [ 編集 ]
e-252v-289e-252v-289

10年前は何も知らなかったので、健康の為と思ってマーガリンをパンにヌリヌリして毎朝食べていました。
トランス脂肪酸をたまたま何かで知ってからは、高いけどバター派です。
バターの方が風味も良いし、少量なら良いかって思って。
牛乳が良くないってのも2年位前に知って、それ以来九州の無調整豆乳にしています。
電子レンジが食品を癌化すると知って、今ではほとんど使わなくなりました。
(もっと早く知っていれば買わなかった。もったいない。)

今度、電子レンジの害について取り上げていただけませんでしょうか?
[ 2014/05/14 10:42 ] [ 編集 ]
私はジャム派ですから、直接的では無いのですが、バターなんか高くて買えない人の方が多いんじゃ。
さらに値上がりし続けてるのに。
私はS30年代からクソまずいマーガリンを給食で食べてきましたが、正常値でした。(最近ドック入りました)
マーガリンすら口にできない地区の人々は長寿なんでしょうか。
日本は世界で上位を争う長寿国ですがマーガリンの消費量も負けず劣らずではないんですか?。
この影で更なる儲け話しが見え隠れしているように思えるのですが。
人生70~75年位でいいんじゃないですか。
[ 2014/06/27 16:40 ] [ 編集 ]
気にならない人は食べればいいじゃない?
ウチでは食べませんが^^
勿論パンも選んで買いますが、私のような人が世の中に増えれば
困るパン業者は沢山あるでしょうね(大手は酷いものです)

まぁ、日本人だし和食中心でお弁当とか
自分で作るが一番の回避でしょう
[ 2014/08/02 20:43 ] [ 編集 ]
基本的にはバター、面倒な時にはマーガリンと、両方を使ってた我が家。ちょうど先週、マーガリンを止めることに決め、夫にも伝え。このタイミングでこの記事を読んでちょっと驚いています。マーガリンの害については、二十年前には新聞の家庭欄などですでに取り上げられていましたよ。その頃の情報はまだ単純なもので、コレステロール値をマーガリンは一時的には下げるが、長期的には反って高くするというものでした。
[ 2014/08/04 00:39 ] [ 編集 ]
唐突ではありません
>『マーガリンで健康被害ってきいたことないが?
そもそもこれ、ここ10年くらい前から唐突に言われだした。
ホルモン剤を大量投与した成長の速い乳牛の乳製品を売るための策略ではないかい?』

30年位前からマーガリンを避けています。
[ 2014/08/05 16:02 ] [ 編集 ]
アメリカ人レベルでトランス脂肪酸まみれの食事を食べれば、そりゃ心臓にくるにきまっている。
でも日本では禁止の方向にはいかないと思うよ。
マーガリンばっかり槍玉にあがってるけど、マーガリンなんて大して用途ない。
本命はショートニングでネギトロから菓子からその他諸々ものすげえ色んなところで使われてる。
これ禁止になったら食品業界に大激震がおこる。
単純に禁止にできないレベルになってる。
[ 2014/08/22 11:35 ] [ 編集 ]
知らないだけでもっと怖いものをいくらでも口にしてるのに
マーガリンだけに留意してバターにしてドヤ顔されても困る。

流されやすい日本人ならではって感じはするけどね
[ 2014/09/02 05:57 ] [ 編集 ]
「海外ではマーガリン禁止!?」のウソ・ホント~トランス脂肪酸のまとめ
こちらの情報が信用できます!

http://www.foocom.net/column/answer/12562/
[ 2015/04/29 17:20 ] [ 編集 ]
真実を探すではなく、嘘を煽るブログですか?
よく調べもせずに、簡単に悪と決めてかかるのは、傲慢と怠惰のせいである。
      ―――ラ・ロシュフーコー
[ 2015/04/29 17:26 ] [ 編集 ]
トランス脂肪酸よりも肥満のほうが影響大きいと思うよ?
アメリカ人はバカだから自分たちがバカなせいじゃなくて単一の栄養のせいにしたがるけどね
[ 2015/04/30 13:20 ] [ 編集 ]
出た!foocom.net!
風評被害に苦しむ福島の特産品あんぽ柿で料理コンクールは興味深い企画でした。
実に「科学的」なサイトです。
トランス脂肪酸も安全なんですね、でも摂取は自己責任でね。
[ 2015/04/30 13:40 ] [ 編集 ]
トランス脂肪酸が少ないマーガリンという商品があるからそういうのがこれからは主流になるのかしらね。
[ 2015/06/17 10:52 ] [ 編集 ]
食パンに塗る油脂の種類より
食パンや加工食品に入ってる油脂のほうが問題
[ 2015/07/06 11:59 ] [ 編集 ]
プラスチック=合成樹脂ではありません。英語では「可塑性」という意味です。英語の論文では常温で固形の油脂のことを「プラスチックオイル」と記載しています。これはバターも同じです。
腐らない理由も精製度の違いです。乳脂肪の集まりであるバターは精製度が低く不純物を多く含むため腐敗しやすいものです。一方のマーガリンは精製度の高い植物油から作成されている為腐りにくいです。サラダ油を常温で保管しても腐らないことと同じです。
トランス脂肪酸が健康に影響を及ぼすレベルでマーガリンを摂取しているのならば、バターに変更したところで飽和脂肪酸による健康被害に変わるだけで何の解決にもなりません。これは米国のFDAでも言われていることです。
ちなみに、先ほど試したところマーガリンにも蟻は集まりましたよ。
[ 2016/05/13 14:57 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ガチャガチャ/無料相談受付中・悪質出会い系,出会い系サクラ詐欺,詐欺被害,返金相談
? ガチャガチャ ? URL http://gacha.asia/? 業者名 株式会社エーライフ(ガチャガチャ事務局)? 運営責任者:石川和男 ? 所在地:東京都目黒区八雲1-7-18 ? 電話番号 080-5007-2519   03-6892-0188 ?03-6842-9984? メールアドレス info@gacha.asia?※当社にて相
SWEET LINE/スイートライン/無料相談受付中・悪質出会い系,出会い系サクラ詐欺,詐欺被害,返金相談
??SWEET LINE/スイートライン??【URL】http://sweetline.jp/??【ポイント制】??運営事業者:株式会社ANDELL CREATION??所在地:〒810-0022福岡市中央区薬院4-1-7ジェスト薬院ビル204??運営責任者:坂井 学??TEL:092-791-4953??FAX:092-791-4954??メール
【マーガリン終了】遂にアメリカがトランス脂肪酸の食品使用を禁止!食品医薬品局「心疾患の原因になる」
自分もマーガリンは最近使っていません。 でも、パンとかお菓子を良く見ると「マーガリン」と表示がけっこうあるんですよね。。。 よほど気をつけないといけないようです。 Good morning! / FooNar大量のトランス脂肪酸を含んでいるマーガリンが、遂にアメリカで使用禁止となります。今月に米食品医薬品局(FDA)は、「摂取し過ぎると心筋梗塞などの発症リスクが高まる」として、トラ...
[2014/10/13 18:55] 社会投資家への道
スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク