情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.05.30 21:00|カテゴリ:ニュースコメント(4)

罹災証明書で被災地の住民が大激怒!仮設住宅の入居に必須、事前通知なしの人数制限で並んでも貰えず・・・


s_ice_screenshot_20160530-155534.jpeg


s_ice_screenshot_20160530-155500.jpeg
s_ice_screenshot_20160530-155510.jpeg
s_ice_screenshot_20160530-155514.jpeg
s_ice_screenshot_20160530-155555.jpeg
s_ice_screenshot_20160530-155600.jpeg
s_ice_screenshot_20160530-155616.jpeg

<熊本地震>「出直せ」罹災証明書めぐり益城町民から怒り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000019-mai-soci

 町職員に聞くと、午前7時に整理券を配ることや、700人で打ち切ることも町民には知らせていないという。701番で出直しを求められた広崎地区の白木敏美さん(66)が怒りの表情で語る。「1日に700人と決まっているなら、通知を出す時に何日の何時に来てくださいと書いておけば済むこと」。白木さんも27日に続いて来たのは2度目で、28日は午前7時から並んだという。

 午前9時過ぎ、町役場の通知を信じてグランメッセ駐車場の入り口にやってきた人々が、「今日はもう終わりました」とその日も「追い返され」続けていた。



以下、ネットの反応
























これは役所側の対応が酷すぎる。震災の影響で事前通知が厳しかったとしても、現地に看板などを設置して待ち時間を書けば良いだけの話です。話を聞く限りはそれすらも無いみたいで、数時間も並ばせて何も渡さないということがかなりあると言われています。

この対応では住民が大激怒となるのも至極当然で、あまりにも役所の対応がズサンだと思います。役所の方も人手不足で大変だと聞きますが、それでも最低限の配慮はして欲しいところです。
一応、隣接県から多少の応援が入っているようですが、国として大規模な人員支援をやるべきだと言えます。
*罹災証明書の発行は熊本県の全域で遅れている模様・・・。



関連記事


ブログパーツ
過去コメより

【要拡散】安倍首相の冷酷な災害対応一覧

■東日本大震災(2011年3月)
・安倍「菅首相が注水止めた」のデマで原発対応妨害
 → 裁判所「『菅首相が注水止めた』は虚偽 実際は東電が決定」

■大島土石流(2013年10月16日未明)
・首相動静には災害対応なし 産経会長と懇談後 祝宴へ → 死者36人

■山梨豪雪被害(2014年2月14日)
・羽生選手と電話で雑談 午後は天ぷら屋で舌鼓 → 死者26人

■広島土砂災害(2014年8月20日)
・フジ会長とゴルフ 自衛隊派遣当初わずか30人 → 死者75人

■鬼怒川氾濫(2015年9月10日)
・安倍、呑気に総理夫妻主催の夕食会を開く → 死者8人

■熊本大地震(2016年4月14日)
・屋外避難解消を自治体に強請 → 倒壊で住民下敷き 死者16人
↑↑
!!!!!

・5日目突入も激甚災害指定なし(予算逼迫) → 死者計58人以上
 (3.11では2日目には指定)
・5日目突入も米国の物資輸送受け入れ表明に止まる
 (3.11では3日目には米空母到着)
[ 2016/05/30 22:07 ] [ 編集 ]
国民は、税金を吸い上げるだけの存在価値、価値がなければ見殺し。
日本政府
[ 2016/05/30 23:15 ] [ 編集 ]
微力ながら熊本のスイカをいつも買ってる。早く応援が来るといいね。オバマの次は選挙で忘れられないといいんだけど。
[ 2016/05/30 23:22 ] [ 編集 ]
対応の幅を超えているなら、
国や県がもっと支援して速やかに発行できるようにするべきですが・・・。
[ 2016/05/30 23:31 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク