情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.05.31 21:00|カテゴリ:地震情報コメント(8)

【大地震】次の南海トラフ地震は二度発生する恐れ!南海トラフのひずみ調査、四国南西沖と東海南方沖の2カ所にひずみが集中!


s_ice_screenshot_20160531-172140.jpeg

次の南海トラフ大地震は熊本大地震みたいに震度7クラスの強い揺れが2回発生する可能性が浮上しています。海上保安庁が公開した南海トラフの歪調査によると、大きく分けて南海トラフの2カ所でひずみが大量に蓄積しているとのことです。

一つは九州東部の日向灘から四国南西沖で、もう一つの場所は駿河湾から東海南方沖となっています。過去にも南海トラフ巨大地震は複数回に分けて発生した事例があり、皆が想像しているようなM9クラスの巨大地震が一度という形ではなく、M8前後の大地震が何度か発生する事になるかもしれません。

↓海上保安庁の資料
南海トラフ想定震源域のひずみの分布状態が初めて明らかに
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h28/k20160524/k160524-1.pdf

s_ice_screenshot_20160531-172045.jpeg
s_ice_screenshot_20160531-172116.jpeg
s_ice_screenshot_20160531-172129.jpeg
s_ice_screenshot_20160531-172156.jpeg

南海トラフ震源域の「ひずみ」確認 海保が実測分布図を初公開
http://www.j-cast.com/2016/05/24267651.html

海上保安庁は2016年5月24日付で、南海トラフ巨大地震を引き起こすとされるプレート境界の「ひずみ」の分布図を公表した。分布図は、南海トラフの海底に設置した15か所の観測ポイントで06年度~15年度にかけて観測した海底の地殻変動データを分析して作成。その結果、四国沖や遠州灘の沖合で、陸側のプレートが約5センチ動くなど大きなひずみが確認された。











ちなみに、この2つの歪が全て連動した場合、東日本大震災と同クラスのマグニチュード9クラスになるみたいです。二度に分ければ単一の地震の被害は少ないですが、熊本大地震みたいに建築物への被害は凄まじいことになるでしょう。
一つの巨大地震ならば津波が凄いことになりますし、どっちにしても南海トラフの巨大地震は危険だと言えます。





家具転倒防止安定板 ふんばる君 90


アイリスオーヤマ 地震速報機 (FMラジオ放送報知音連動型) EQA-001
関連記事


ブログパーツ
津波てんでんこで高いところに逃げないとね。家が崩れたらアウトだけど(泣)
[ 2016/05/31 21:59 ] [ 編集 ]
大地震や津波を予知することも防ぐこともできない。
犠牲者が出ても何度も復興してきたのがこの日本だ。
しかし復興を妨げるものがある。
原発がそれだ。
原発事故さえなければ復興できるのだ。
日本を愛しているなら脱原発に向かうはずだ。
[ 2016/05/31 22:09 ] [ 編集 ]
今年中にくるのでは?
7月中旬頃と見る。

日本終わりだ。
[ 2016/05/31 22:49 ] [ 編集 ]
自分達の悪運の強さを信じるのじゃ…
[ 2016/06/01 00:12 ] [ 編集 ]
しんどいけどやっぱり阪神大震災や東日本大震災の経験を何度も見直さないといかんね。逃げ道や対応方法もいつも考えておかないといざという時にパニックになりそう。
[ 2016/06/01 00:16 ] [ 編集 ]
>>22:09 ← ほんこれ
[ 2016/06/01 00:20 ] [ 編集 ]
熊本市 在 です
言いたくないけど
熊本地震は 全てにおいて
序ノ口かも
[ 2016/06/01 04:06 ] [ 編集 ]
報道が少なくなってるけど熊本はどうなってるんだろう?Eテレのバリバラで被災地の特集をしてたけど見逃してしまった。
[ 2016/06/01 04:47 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク