情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.06.04 17:00|カテゴリ:その他コメント(8)

【マジかよ】ツタンカーメンの短刀、まさかの隕石製だった!X線分析によって隕石の成分が検出される!


s_ice_screenshot_20160604-022752.jpeg

ツタンカーメンの短剣は「隕石」製、当時わかって使った?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160602-35083662-cnn-int

(CNN) 隕石(いんせき)や惑星研究専門の科学誌は2日までに、古代エジプト王朝時代のツタンカーメン王のミイラのそばにあった鉄製の短剣は地球に落ちた隕石を材料にしていたことが判明したとの論文を掲載した。



Tutankhamun had a space dagger: Blade found beside ancient Egyptian boy king's mummy was made from a METEORITE
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3619841/Tutankhamun-space-dagger-Blade-ancient-Egyptian-boy-king-s-mummy-METEORITE.html

s_ice_screenshot_20160604-022800.jpeg
s_ice_screenshot_20160604-022807.jpeg


以下、ネットの反応






















まさかの隕石製に驚き!こうなって来ると、ピラミッドも宇宙人の入れ知恵で作ったというオカルト説があり得なくない話に・・・(笑)。

他に見付かった工芸品なども隕石を使った可能性があるようで、古代エジプトは隕石国家だったということになります。この時代は鉄を溶かして加工する技術は未発達だったので、使い易い隕石を利用したのかもしれませんね。
何とも面白い発見だと言え、古代エジプト人が宇宙を認識していたのか気になるところです。
*漫画の設定とかにありそうw

ツタンカーメン 死後の奇妙な物語
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
日本の妖刀も、隕石を使って作成されていると言う噂も・・・。
[ 2016/06/04 17:28 ] [ 編集 ]
オカルトで片付けるなや~~~
(●`ε´●)
[ 2016/06/04 17:47 ] [ 編集 ]
昔々、まだ宇宙人が沢山地球に住んでた頃じゃった
お隣に引っ越してきた宇宙人が引っ越しの挨拶と粗品を贈ってくれてな
この短刀がそれじゃ…

きっとそういうストーリーに違いない!
[ 2016/06/04 19:12 ] [ 編集 ]
凄い錆びていない・・・
鉄は当時、金の5倍で銀の40倍の価格だったはず
さらに隕石で作ったとかものすごい宝物だったんだろうな
[ 2016/06/04 20:04 ] [ 編集 ]
隕鉄と言いますが、製錬技術の未発達だった昔々には
重用された一素材に過ぎません。
当然、大気圏突入をくぐり抜けた合金ですので錆に強いでしょう。
珍しい話ではないです、、針小棒大・・・
[ 2016/06/04 20:53 ] [ 編集 ]
はるか昔の話なら鉄鉱石から粗鉄を抽出して製錬するよりも、隕石の純鉄を拾ったほうが簡単だと思うけど。因みに純鉄は錆びない。
不思議なことがあると何でも宇宙人とか異次元人と結びつける頭の構造の方が驚愕。そういう人最近増えてるような。
[ 2016/06/05 07:56 ] [ 編集 ]
純鉄は錆びない?

正確には
99.9999パーセントの高純度ならほとんど錆びない。
[ 2016/06/05 09:16 ] [ 編集 ]
清川八郎が愛用していた刀が隕鉄を用いて造られたもので、「流星剣」と呼んでいたという話がありますね。
[ 2016/06/09 22:26 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム