情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.06.06 17:00|カテゴリ:政治・選挙コメント(16)

18歳選挙権で学外の政治活動やSNSに制限!?弁護士から批判も!文科省「学校外でも届け出や許可が必要になる」


s_ice_screenshot_20160606-055225.jpeg
*18歳選挙権

<18歳選挙権>学外の政治活動「SNSが制限される可能性も」高校生や弁護士が議論
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00004722-bengocom-soci


文科省のQ&Aによると、制限の内容として、学外での政治活動を行う場合、学校への届け出や許可が必要になるといったことがあげられている。

東京弁護士会の仲里歌織弁護士は、届出制や許可制について、「生徒が、(自身の)思想について、学校に表明せざるをえなくなる。憲法上の人権である思想良心の自由を侵害するものとして許されない」と批判。また、仲里弁護士は、政治活動の定義が不明確である点も問題だと述べた。「たとえば、『給付型奨学金の制度をつくって』とSNSで発信することまで含まれてしまう可能性がある」と危機感を露わにした。



以下、ネットの反応














学校内の政治活動ならば分かりますが、学校外に関しても届け出制にするのは理解が出来ません。プライバシーの侵害だと言え、学生を子供だからという理由で大人の好き放題に縛っているだけだと私は思います。
最低でも学校外の政治活動は不干渉を原則とするべきであり、政府も含めて個人の運動を把握するのは避けるべきです。

18歳選挙権の影響でSNSの規制なども強化しようという話が出ていますが、それこそ本末転倒だと言えます。本来は18歳に選挙権を解禁することで政治の幅を広げる目的があったわけで、若者の活動を縛るような制度や仕組みは廃止しないとダメです。
*私が高校生だったら、普通に無視して参加します(苦笑)

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
まあね。学校外ならOKと言ってもねえ。宗教と政治に熱い人は見境無いからなあ。
それに、あんまり政治の教育はしてないのに、選挙権だけ先行しちゃったから、それを理由に変な徒党を組みそうで、
本業どこ行った?みたいになりそうだしなあ。

髪型すら校則ある学校がそこだけ自由に賛成するとは思えないし。
昔はどうなんだろうね。大学生が学生運動活発だった時の高校生は。
[ 2016/06/06 17:28 ] [ 編集 ]
選挙権を与えたなら、政治活動も認めるべきじゃ無いの?
オカシイよこの政府。総理が一番オカシイし。
18歳に批判されるのが嫌なんでっしょ。
[ 2016/06/06 19:18 ] [ 編集 ]
>生徒が、(自身の)思想について、学校に表明せざるをえなくなる。憲法上の人権である思想良心の自由を侵害するものとして許されない

憲法蹂躙は現政府の基本方針

現政府の『最高責任者』は何もかも責任回避の安倍晋三内閣総理大臣
[ 2016/06/06 19:56 ] [ 編集 ]
高校生ぐらいから政治に本気で興味を持てば、止められない勢いはできるかもねー。
[ 2016/06/06 20:07 ] [ 編集 ]
若者や選挙をなんだと思ってるのかね
[ 2016/06/06 20:15 ] [ 編集 ]
認めるのは「自民党への投票」であって、それ以外を許可するつもりはないのだろう。
[ 2016/06/06 20:41 ] [ 編集 ]
扶桑社の教科書で洗脳して、投票してもらう魂胆でしょうか?
[ 2016/06/06 21:24 ] [ 編集 ]
届け出は思想調査そのもの、安倍政権の思想統制国家志向が露呈
あきれた話だ。日本と価値観を共有しているはずの米国では高校生が政治活動、選挙活動に参加している。それを学校に届けよなどという愚劣な発想が民主主義の価値観の国にあるわけがない。安倍政権が中国を見習って、思想統制国家を志向している下心が露呈しただけの所業だ。もちろん、当事者は無視するに限る。民主主義の価値観を重んじる日本人ならそれを支援するべきだ。もしそれに文科省や学校が文句を言ってくるなら、日本国内はもとより、世界中の民主主義の価値観を共有する人々に訴えて、内外から安倍政権に圧力をかけていくことだ。彼らに屁理屈はあっても大義などありはしない。もともと18才選挙権は、安倍が憲法改正国民投票法との整合性をとって改憲への地ならしをするために認めただけのものだ。若者の政治参加を積極的に促そうなどという考えは安倍政権にはさらさらない。
[ 2016/06/06 21:28 ] [ 編集 ]
まさか投票日以降は学校に投票した政党や候補者まで届け出せよみたいにエスカレートしたりして。
義務教育じゃなく高校3年から投票権与えられるんだから 学校は校外は関与すべきではないよ!
家庭と個人の問題。
http://jbbs.m.shitaraba.net/b/i.cgi/internet/20619/1411399567/

マスコミ偏向報道について語ってる拡散よろしく。
[ 2016/06/06 21:31 ] [ 編集 ]
利権など関係ない曇りのない心で考えれば
どう考えても自民のやっている事はおかしいからな
リアルな世界でおかしいと認知し合われるのは困るんだろ
ネットなら幾らでも情報操作して自分たちの主張や政策に
賛成する人が大勢いる風に装えるが
学生のリアルの繋がりの世界では難しいから
[ 2016/06/06 22:08 ] [ 編集 ]
権力側が『18歳選挙権』を与えるメリットはなにか?導き出される結論は・・・『学徒動員』だ。
「選挙で国民の付託を受けた政権の方策には黙って従って貰う!」
これをやりたいが為の布石とみて間違いない。
一般国民は『18歳選挙権』を得ても『政治活動、思想活動』が規制され、政治から興味が遠ざかってしまう。「わざと」遠ざける。規制によって国民に「政治に関わる事は面倒くさい」というイメージを植え付ける。
そうした中で、『18歳選挙権』のメリットを最大限に受託する政党が『公明党』だ。生まれた時から親と『創価学園』に洗脳教育された子供らは投票を怠る事など有り得ない。
『18歳選挙権』はカルト連立政権を増強する為に生み出された方策だ。国民は黙っていてはいけない。国民に仕掛けられた『技』に対して『返し技』を見舞うチャンスとしなければなりません。
[ 2016/06/06 22:15 ] [ 編集 ]
大学生の政治活動は許されるのに高校生は許されないという理屈がまったくわからない。
管理人も、「学校内の政治活動ならば分かりますが」とか書いているけど、学校内でも問題ないでしょ。
高校生はまだ判断力が弱いので流されやすいから…とかいう理由なら、そもそも年齢下げたのがおかしいって話だし。
[ 2016/06/06 22:21 ] [ 編集 ]
ネット投票を実現しさえすればそれでOKです。
ネット投票を実現しさえすればそれでOKです。
それでプライバシーも守ることができ、若者の参政率が一挙に増加します。政策も変わります。
ただそれを嫌がる下記政治家たちが非常に多いということです。

・高齢者が基盤であり、票のため若者を切り捨てる与党の自民や公明
・ネット投票にしたら、これまでバレたアホさ加減の蓄積から一瞬で敗北する民進
・頭沸いたコア層しか支持していない社民や共産

若者票が大幅に増えれば、彼らも考え方を改めざるを得なくなります。
既得権で固まった現状を変えるには、ネット選挙によって意図的に混沌を作り出す必要があります。
[ 2016/06/06 23:01 ] [ 編集 ]
むしろ選挙権を満16歳からにするべきだったかも?!
但しその年迄にしっかりと勉強してもらわなければならないけどな。
[ 2016/06/06 23:24 ] [ 編集 ]
21:28に同意する。

若者に選挙権を与えること、即ち民主主義と同時に相反する若者の政治活動を制限する動きをする安倍政権。
もともと若者を選挙に取り込み一気に安保改正への道筋を立てたいという意図であったが、同時にシールズなどの活動を見て脅威を封じ込め弾圧することを考え始めたのであろう。
全くどうしようもなくファシズムに傾倒した政権だ。
[ 2016/06/07 01:34 ] [ 編集 ]
バカにしてるねえ子ども扱い。コドモダマシ。
[ 2016/06/07 08:50 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム