情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.06.08 08:00|カテゴリ:ニュースコメント(24)

【監視社会】犯罪者の「オーラを検知する新型監視カメラ、ロシアから日本に導入へ!精神状態等を自動分析!まるでシビュラシステム!


s_ice_screenshot_20160607-223210.jpeg

進化する監視カメラ、犯罪者の“オーラ”を検知
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226265/060300032/?rt=nocnt


「10万人以上の実験データを基に、攻撃性やストレスの有無など精神状態を判断できる」。DEFENDER-Xの日本総販売元、ELSYSジャパン(東京都品川区)の山内秀敏代表はこう話す。

 DEFENDER-Xの構成はシンプルだ。汎用の監視カメラ2台に、ある程度の処理能力を持つパソコンがあればよい。独自のソフトウエアを使って、録画した映像を分析。映っている人の精神状態を自動的に判断し、危険を察知する。

 では、どのように人の精神状態を可視化するのか。鍵となるのが、表情の「振動」を検出する「VibraImage」と呼ばれる画像処理技術だ。



以下、ネットの反応
































アニメ「サイコパス」に出て来た犯罪者検知のシビュラシステムと同じですね!これは本当にちゃんと機能するのか気になるところですが、監視カメラによって精神状態なども分析されるのは怖いと言えます。
というか、元はロシアで使われていたシステムみたいで、流石はプーチン帝国のロシアという感じです。

東京オリンピックを前に政府は次々に規制を強化していますが、これもその一環で行われることになるでしょう。この監視システムム『DEFENDER-X』は不審物を持っている人を何度も見つけた実績があるようですが、誤認判定とかがあると洒落になりません・・・。
*これが発展すると、本当にサイコパスみたいに犯罪者予備軍だけで隔離・逮捕という社会になりそう。





【JSEED.inc】 SONY製カメラレンズ搭載 ワイヤレス防犯カメラ/監視カメラ HD画質130万画素 IP66防水 動態検知 暗視機能 microSD 32GB取り付け済み 日本語アプリ/日本語PCソフト/日本語取扱い説明書
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
政治家に向けたらいいんでないかい
[ 2016/06/08 08:21 ] [ 編集 ]
宦官も
[ 2016/06/08 08:30 ] [ 編集 ]
このシステムだと、演技力が高く表面上は好人物として振る舞う真性サイコパスは発見できないな…

脳もスキャンして白質と灰白質の比率逆転なども測定しないと、本当に恐ろしい高知能型サイコパスは見破れない

現状だと粗暴な低知能型サイコパスしか発見できないな
[ 2016/06/08 09:06 ] [ 編集 ]
国会答弁が
支離滅裂、
滅茶苦茶、
異常言動な、
例のあの人を隔離して。
[ 2016/06/08 09:21 ] [ 編集 ]
こんな技術が本当にできるなら、もっと診察、診断に利用されていると思うけど・・
疑似科学でしょ。
[ 2016/06/08 10:18 ] [ 編集 ]
国会議事堂に設置してください
[ 2016/06/08 10:26 ] [ 編集 ]
>10:26
俺も使うならココ!
議場に設置するべし!!!
官僚なんか揺れるだろうなァ(笑)
そうだ!あの人の表情も揺れっ放しで、即逮捕状態(笑)
そうかァ、残念ながら不逮捕特権ってえのを持ってたなァ、、。本当に残念だ、、。
[ 2016/06/08 10:39 ] [ 編集 ]
顔認証システムもあるからね
組み合わせると効果抜群?
しかし世界的な傾向なんだけど、どんどん規制が酷くなってきてるなぁ
[ 2016/06/08 11:22 ] [ 編集 ]
過ぎたるは及ばざるが如し
[ 2016/06/08 11:25 ] [ 編集 ]
これは設定がアレに似てるだけで別にサイコパスを発見する機械じゃないでしょ
表面上の行動・体温等から犯罪者(候補)を割り出すだけで
これが普及すると怪しい=ちょっと宜しいですかーからの事情聴取からの拘束・逮捕も見えてきますな・・・
[ 2016/06/08 12:18 ] [ 編集 ]
誰でもイライラしていたり機嫌が悪くなることはある。そういう人を片っ端から逮捕するのだろうか?するとして現実的に可能なのだろうか?
[ 2016/06/08 13:43 ] [ 編集 ]
面白そう♪
プリクラみたいにお金払っても良いから自分を撮して見てみたい(笑)
[ 2016/06/08 15:02 ] [ 編集 ]
大物の犯罪者も、オーラがでるのか?
舛添も、甘利も、アベも出るはず。
国会の入口にぜひ置いて
[ 2016/06/08 15:07 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> こんな技術が本当にできるなら、もっと診察、診断に利用されていると思うけど・・
> 疑似科学でしょ。

過去の五輪で何度も成果を出しています。
アメリカの方も911の頃から類似するシステムが出ており、軍には先行導入されていました。
疑似科学ではありません。
[ 2016/06/08 15:14 ] [ 編集 ]
疑似科学でなくオーラは実在します(分かる人には分かるよね 特に気功とかする人)。
ただ便宜上オーラとか気とか言ってるだけで 科学的に存在するけど 便宜上な語句を使わないと説明できないその便宜上比喩的語句で疑似科学扱いされるんだよな(特に政治バカや社会科学バカたち)。

オーラのトリックを言うと動物磁気・体温や呼吸から発生する波動・シーター波等ね。

ちなみにドイツでは医学者もレオコンブ使ってます。詳細はレオコンブで検索すればわかる。
[ 2016/06/08 15:53 ] [ 編集 ]
>舛添も、甘利も、アベも出るはず。
>国会の入口にぜひ置いて

結果は特定秘密です。
[ 2016/06/08 16:27 ] [ 編集 ]
販売用テストパターンは、
山尾の画像で・・・。
[ 2016/06/08 16:59 ] [ 編集 ]
私はサイコパスだが何か?聞きたいことがあるなら何でも聞きなさい。
[ 2016/06/08 18:09 ] [ 編集 ]
似非科学の詐欺システムだ!こんなんで逮捕されたらたまったもんじゃない。本当のワルはキョドったりはしないけど、それでも見抜けるのか?
[ 2016/06/08 18:30 ] [ 編集 ]
まずはこういう似非科学を支持する連中を徹底的にマッサツすることから始めるべきだ。
[ 2016/06/08 19:19 ] [ 編集 ]
こんなの導入しても意味がないと思う。
[ 2016/06/08 19:49 ] [ 編集 ]
スプトーニク(ロシア政府系メディア)
http://jp.sputniknews.com/opinion/20160606/2258091.html

米国の特務機関は、米政府の課題に従って、事実上、日本のすべての市民を監視している。
これは、東京大学で開かれた現代社会における監視についてのシンポジウムにインターネット回線を通じて参加した、元米中央情報局(CIA)及び国家安全保障局(NSA)職員のエドワード・スノーデン氏が述べたものだ。
現在彼は、ロシアに住んでいる。


米研究グループ 思考を言葉に変える機械を開発 (ロシアスプトーニク)
http://jp.sputniknews.com/science/20160531/2224022.html

米バークレー大学の研究グループは、思考を言葉に変えることのできるテクノロジーを開発した。新聞「デイリー・メール」が報じた。
この技術は、脳の活動を分析することで考えを言葉に「翻訳できる」という。


もし、すでにあるいはこれから、無線で他人の脳にアクセスし、他人の思考を言葉に変える事が出来れば・・・。

国際人権規約17条プライバシーを侵害するどころか・・・

米諜報機関の上層部は悪魔教が多いらしい。
日本人は無宗教という考え自体が洗脳であり、日本国は天皇(エンペラー)中心の一つの宗教団体。
まずは神教徒が無宗教になる事が、地球平和への第一歩かもしれない。


無宗教で極悪な事をする人は、もしかして存在しないのでは?


[ 2016/06/08 20:11 ] [ 編集 ]
風邪気味だとアウト
風邪気味で、体に微振動(熱を欲する動き)があると、
これが感知されて、逮捕。

逮捕→監禁→牢屋の流れ。

つまり、風邪気味の人は、東京オリンピックを実際に見に行ったり、
会場に行ったりすることは避けた方が・・・
[ 2016/06/08 21:30 ] [ 編集 ]
沖縄に大量に設置すべきだな。
[ 2016/06/08 22:56 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム