情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.06.08 21:00|カテゴリ:地震予測コメント(15)

熊本地震を予想した専門家が南海トラフ地震に非常事態宣言!木村政昭氏 「震源地は日向灘」「震源が北上する可能性も」


s_ice_screenshot_20160608-160609.jpeg

専門家が非常事態宣言! 「震源地は日向灘」南海トラフ巨大地震に備えよ(1)
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160607/Weeklyjn_10641.html?_p=2

 自身の研究ホームページでも、日向灘南部沖で大地震が発生する時期を2014年±4年と予測している琉球大理学部名誉教授の木村政昭氏が言う。
 「フィリピン海プレートのプレッシャーは相当強い。そのため、日向灘の海域でM7.5の大地震が発生すると予測しています」

 海上保安庁のデータと木村氏の予測からも、すでに秒読み段階の可能性が高い日向灘での巨大地震。防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏は、さらにそこから始まる悪夢の連鎖を指摘する。



木村政昭ホームページ
http://kimuramasaaki.sakura.ne.jp/site2/2016/05/19/1038/


s_ice_screenshot_20160608-155742.jpeg
今後の予測
300年ほど前の、1700年代に、宝永地震(M8,6)を代表とした超巨大地震が次々と発生し、東海沖から琉球列島南部までの、フィリピン海プレート西縁でストレスをとりました。世界最大と言われる”琉球列島南端の明和の大津波(1771年)”を発生させた地震は、その一つです。
そのため、”九州〜台湾(フィリピン海プレートの西縁)”までの地域では、超巨大地震は起こりにくいと推定できます。その後は、300年前とは違って、太平洋プレートの西縁にあたる東日本沖で超巨大地震が”2011”年に発生しました。したがって、今後その南方延長にあたる、伊豆小笠原諸島沖の大地震の発生が気になります。



↓海上保安庁の資料
南海トラフ想定震源域のひずみの分布状態が初めて明らかに
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h28/k20160524/k160524-1.pdf

s_ice_screenshot_20160531-172045.jpeg
s_ice_screenshot_20160531-172116.jpeg
s_ice_screenshot_20160531-172129.jpeg
s_ice_screenshot_20160531-172156.jpeg




木村政昭氏は過去に様々な大地震の発生確率が高いエリアを事前に指摘しており、私が最も信頼している地震学者の1人です。

2008年に発売された著書の中で「サイスミックアイが形成されていると思われる所は、熊本—鹿児島県西部の臼杵—八代構造線付近です。また、九州の火山活動からは、2014年±4年という本震発生が推定され、両者はかなり一致しています」と書いており、見事に熊本大地震を予想していました。

海上保安庁が発表した最新のひずみ地図と木村氏の予測には類似点が見られ、その中でも日向灘沖の異常は興味深いです。ここでは過去の大地震でも南海トラフ地震の先駆けとなった大地震が起きており、注意が必要なエリアだと言えます。
熊本大地震は始まりに過ぎない可能性が高く、今後も油断せずに地震への備えを強化する必要がありそうです。





関連過去記事

【大地震】次の南海トラフ地震は二度発生する恐れ!南海トラフのひずみ調査、四国南西沖と東海南方沖の2カ所にひずみが集中!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-11798.html


非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット


驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット 15回分【凝固剤、汚物袋、BOSの3点セット ※防臭袋BOSのセットはこのシリーズだけ!】
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
地震はきっかけが発生してから、本命の大地震が発生するまでの「間」を予測できないことが最大の課題だろう。
地球の歴史からしたら、ほんの一瞬の「間」が、我々人間にとっては何年、何十年にもなるから厄介だ。
[ 2016/06/08 21:10 ] [ 編集 ]
南海トラフ
絶賛準備中?
海の近くの人達はAmazonで救命胴衣GETしといた方が良いかもしれん
[ 2016/06/08 21:15 ] [ 編集 ]
くるくる詐欺
くるくる、と言いながら、来なかったことの方が多い事実。
[ 2016/06/08 21:26 ] [ 編集 ]
本屋さんで、ママたちの震災体験記の本がいくつか出ていて立ち読みしたのですが、小さいお子さんを持つお母さんは大変だなと思いました。3.11の時も、子供が泣いたりするので、避難所に居づらくて車の中で過ごす方が多かったようです。備えあれば憂いなしで、避難の段取りや、移住の心構えをしておいた方が良いかもしれません。
[ 2016/06/08 21:47 ] [ 編集 ]
熊本 からです
地震は 備えれば
何とかなります。
自分の 住所の 旧町名などの
履歴を調べるのも 一手

熊本 は 間違いなく 阿蘇山、桜島の噴火
それは 前触れという
警告だったと思います

テレビでの 南海トラフ 特集の 多さから
10分後、2時間後 に 発生するかもしれんと
警告されていると 感じて欲しい。

ただ、津波 、、、、
[ 2016/06/08 22:05 ] [ 編集 ]
↑↑
追記
今週 あたりからの
地震の 揺れ方 というか
言葉で伝え難いが
先月までのとは
何かしら違う感じでした。


[ 2016/06/08 22:10 ] [ 編集 ]
命が助かった後の話だけど簡易風呂があると便利そう。

http://www.auvelcraft.co.jp/rotenburo/
この露天風呂キットの大きな特長は、組立分解がたった10分ほどでできるということです。最初は慣れていないので、もう少し時間はかかりますが、それでも30分もあれば組立が可能です。

どんな構造になっているかと言うと、はめ込み式になっていて順番に下から積み木のように乗せていくだけです。あとは内袋をセットし、薪焚きタイプの場合は風呂釜をセットし完成です。いるのはドライバー1本だけ、特別な工具も技術もいりません。どなたでも簡単に組立や分解ができるようにしています。
117,040円+送料1,860円=118,900円(税込)

http://www.bluer.co/surfingnews/?p=28130
この折りたたみ式温水バスタブは直径1.5m・深さ0.6mのプールとヒーターコイル(別売り)のセットで使用が出来る。
ヒーターコイルはプロパンガスや焚き火を利用して、100ガロン(379リットル)の水を1時間で100度まで熱することが可能。
Nomad Collapsible Hot Tub
NOMAD COLLAPSIBLE TUB WITH FRAME
価格:550ドル(約5万6,000円)
NOMAD WATER HEATER COIL
価格:625ドル(約6万4,000円)
カラー:イエロー・ブラック・レッドの3色
[ 2016/06/08 23:04 ] [ 編集 ]
すっきりんこ
例えば阪神なんかは1995プレッシャーが解放されてあと何十年はまあ安定期?

南海トラフは百年内にはまあ来るの?

ならば今か子か孫かひ孫世代のいづれかには来るのだろう。あした来たら我々は悲しい苦しい死ぬかもだが、その後二十年も経つ頃には安定期かな、? そしたら、まだ生まれてない子や孫やひ孫は、超大地震はない生涯を送れる?


よし!我々世代がだいじしんん、を引き受けようじゃないか。いつでも来い!未来のために
[ 2016/06/08 23:30 ] [ 編集 ]

7月17日か18日あたり、なんか気になるな〜。
7月15日~20日は注意しておきましょ。
[ 2016/06/08 23:33 ] [ 編集 ]
原発止めとこ。
[ 2016/06/09 00:08 ] [ 編集 ]
いくら予測したって実際に起ってみたら「想定外の」と言って逃げるんだから、予測などに無駄な税金を使わないでほしいね。そんな金があったら救命胴衣をただで配給するとかしてほしい
[ 2016/06/09 12:00 ] [ 編集 ]
ヨウ素剤とか格安なモノでさえ極一部にしか配らないのに
救命胴衣を広範囲に配るわけがない

[ 2016/06/09 13:03 ] [ 編集 ]
シェアさせて頂きますm(__)m
[ 2016/06/09 16:42 ] [ 編集 ]
自前でとっととライフジャケットもヨウ素剤も用意したほうが早いよ
もたもたしてたらアウト
[ 2016/06/10 05:15 ] [ 編集 ]
伊方原発が一番ヤバいね。

7月再稼動だろ・・・
[ 2016/06/15 15:26 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム