情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.06.10 12:00|カテゴリ:政治経済コメント(34)

「政権批判の言葉に気をつけるように」、宮城県教育委員会が異例の注意喚起!教職員組合は県教委に抗議!


s_ice_screenshot_20160610-071802.jpeg
*首相官邸

政権批判、慎むよう求める 集会参加の教諭に 宮城県教委
http://www.asahi.com/articles/DA3S12396586.html?platform=hootsuite

 宮城県教育委員会が、校外での集会に参加して発言した県立高校教諭に対し、参加前に「政権批判の言葉に気をつけるように」と注意していたことが分かった。県高校・障害児学校教職員組合は6日、「思想・良心の自由や言論・表現の自由を踏みにじる」として県教委に抗議した。



以下、ネットの反応




















これはどう考えても、個人の思想や言論の自由を縛るような発言だと言えるでしょう。教員が個人的に言っても問題となるのに、宮城県教育委員会がこのような発言をするのは論外です。
教員らに対する明確な圧力であり、宮城県教育委員会が発言を撤回するまで抗議をする必要があると思います。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
政権批判が駄目なんて北朝鮮のようですね
[ 2016/06/10 12:24 ] [ 編集 ]
「放送法遵守を求める視聴者の会」 などに騙されてはいけない。

中心人物の書籍を、安倍晋三が政治資金で大量購入

http://youtu.be/Tfczz5KK4FE?t=11m2s
 
あの詐欺広告の資金源ですね。
[ 2016/06/10 12:31 ] [ 編集 ]
悪いことを悪いと言えないようにする空気作り。

恐怖政治やな。

情けない国になったもんだ。

[ 2016/06/10 12:50 ] [ 編集 ]
二大カルトが政権なら洗脳(報道統制)とお布施(税金を吸い上げる)が当たり前に行われる
[ 2016/06/10 12:50 ] [ 編集 ]
報道の続き(宮城県側の主張部分)

>(県教委の)担当者は取材に「個人としての参加はいいが、学校名と(教諭の)実名が
>出ていたため、教育公務員としての政治的中立性が保たれるべきだと考えた」と説明した。
>教諭は集会で、生徒会活動をテーマに報告したという。

[ 2016/06/10 13:02 ] [ 編集 ]
最近はこうした抑圧を聞いても、またか、と慣れてきてしまっている自分が恐い。
慣れるほうが楽だが、慣れたらおしまいだと思う。
抑圧は本当に危険だ。家畜に甘んじるなら別だ。
[ 2016/06/10 13:12 ] [ 編集 ]
言葉に気を付ける。
売国下痢野郎 ⇒ 御国を対価で取引される御腹の調子が芳しからず便じていらっしゃるお方
これでOK?
[ 2016/06/10 13:13 ] [ 編集 ]
どこまでも、自分本位ですよね。この安倍自民党は。。。

私たちができることは、こんな下劣で、
子供の以下知能、芸術や文化、言論、自然、果てには国民生活の破壊、破たん
させるような安倍自民党に決して入れないこと。

自民党に批判したいのはわかるが、単なるガスの抜きにならないように。

安倍自民党が如何に下劣であるか真実を広く伝えていことだと思います。
そして何よりも、まず自民党以外に投票すること。

それが国民に幸せの第1歩になるし、日本のためにもなると
思う。
[ 2016/06/10 13:21 ] [ 編集 ]
批判されるのは必ず理由がある!売国奴議員達よ!胸に手を充てよーく考えろ!
[ 2016/06/10 13:23 ] [ 編集 ]
お!言論弾圧ゥー!
[ 2016/06/10 13:25 ] [ 編集 ]
【要記憶】日本国憲法 第21条 言論の自由の保障
【日本国憲法 第21条】
(にほんこくけんぽうだい21じょう)

日本国憲法: 第二十一条
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

日本国憲法: 第二十一条
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

日本国憲法: 第二十一条
言論、表現の自由は、これを保障する。

憲法違反!
[ 2016/06/10 13:45 ] [ 編集 ]
おごり高い自民党、彼らは、なぜ批判されるのかを考えたことがあるのか?

少しは、国民に

「自民党の皆さん本当にありがとう」
「安倍さんって国民のために命がけでとことん戦ってくれる人だな」
とか
って言えるような政策をしてみたらどうだろうか?

今の所
国民をとことん利用し、管理して、
吸い上げ、自分の目先の利権、利益を満たすことしかやっていない。
[ 2016/06/10 13:52 ] [ 編集 ]
>教育公務員としての政治的中立性が保たれるべきだと考えた
何で教育委員会が、中立性を決められるんだ?
それを決められるのは、一個人の思想信条だけだわ!
これは公共の福祉に反しない限り、個人に与えられた自由!
どうもこの頃の行政官が、思いっきり勘違いしているのはココだわ!
そりゃあ、「安倍ころ×!」とでも叫んだならば別だけどな。叫んでも良いような気もするが、、(笑)
[ 2016/06/10 14:15 ] [ 編集 ]
三遊亭円楽市が安倍政権を痛烈批判(笑点)
三遊亭円楽と小沢一郎
こりゃ反安倍、狙われてたな、やったことは悪いが。
[ 2016/06/10 14:20 ] [ 編集 ]
今の政権運営に自信が有るなら堂々としていれば良いだろうに、
デタラメばっかやってるから、後ろめたくて批判が怖いんだろうな・・・
[ 2016/06/10 14:21 ] [ 編集 ]
さすが悪魔の政党自民党。
やりすぎると自滅するぞ。
[ 2016/06/10 14:30 ] [ 編集 ]
オウム真理教を解体した筈が日本国がオウムその物になってしまったな!
あへ尊師に逆らえば地獄行きだぞか?
おっと危ないポアされちゃうな(∩´﹏`∩)
[ 2016/06/10 15:04 ] [ 編集 ]
投票につなげる教育を
内閣府が日本や、世界の主要国の10~20代の男女を対象に5年に1回行っている意識調査、最新の2014年発表の調査では、
政治に「関心がある」との回答は50.1%
最も高いドイツ(69.0%)などには及ばないが、14年12月の衆院選で20代の投票率が32.58%だったことからすれば、意外な関心の高さといえる。

一方、同じ調査で、「私個人の力では政府の決定に影響を与えられない」という回答が61.2%に達した。
こうした意識が若者世代の低投票率の背景にありそうだ。

若い世代の政治意識の高さが投票行動に結び付いていない理由を「教育の欠如」と指摘するのは、明治大の鈴木賢志教授(政治社会学)だ。
「大人は政治が汚いことを知っており、子供を遠ざける。だが、現実にどんな政治家を選ぶのか教えなければ、投票率アップは見込めないだろう。

スウェーデンでは、小学校の社会科の教科書に署名活動や、デモの実践を勧める記述があるという。

ところがいま日本の教育現場で求められているのは、厳密なまでの「政治的中立性」である。

山口家内では昨年7月、国会で審議中だった安全保障関連法案を取り上げた県立柳井高校の授業が、自民党県議によって県議会でやり玉に挙げられた。
県内のある教員は、学校現場に少なからず萎縮する空気が広がったと打ち明け、「現場では『それでもやろう』とはなかなかならない」と話した。(4月14日・朝日新聞・山口総局・成沢解語・なりさわかいご)

[ 2016/06/10 15:18 ] [ 編集 ]
どんどん言おう!批判しよう♪(((v(*゚▽゚*)v)))
言論弾圧言論統制するのは非国民です(((v(*゚▽゚*)v)))
[ 2016/06/10 15:21 ] [ 編集 ]
「あなたの言うことに全く賛成できないが、あなたがそのように言う権利があることは、私は命を懸けて守る」(ボルテール・思想家・仏)
[ 2016/06/10 16:44 ] [ 編集 ]
こうした問題は、今の政権はもちろん、地方議会や日本会議の関与が問題と考えられますが、メディアにもその一因があると思います。

4月にメディア規制が国連で問題視され、デービッド・ケイ特別報告者による調査が入りました。
その時の報告書の「メディア」の所を「学問」に置き換えて読んでみたらいいと思います。

【メディアの独立】
何が「公平」であるかについて、いかなる政府も判断するべきではないと信じる。(一部)

教育もメディアも何が「公平」で「中立」か?ではなく『独立』していなければならないものだと思います。
相手の言っている事が気にくわなければ、言い返せばいい。それだけの事です。ボルテールさんも、そう言っています。
[ 2016/06/10 17:10 ] [ 編集 ]
確か早稲田大学の校歌にも学問の独立とか、そういう感じのフレーズがあったような……。
[ 2016/06/10 17:14 ] [ 編集 ]
報道番組
報道番組も一部を除いて全然面白くなくなった
学校で政府の批判が出来ないって戦中によく似てるな、、さすが空気を読まずにリーマン脅しした政権だな
[ 2016/06/10 18:03 ] [ 編集 ]
政権のトップが無責任な発言繰り返してるんだから、指摘しなければ図に乗るだけ。
「平和安全法制を民進党も共産党も廃止しようとしている。廃止をすれば日米同盟関係は根底から覆され、信頼の絆はなくなる。」 by 山形市で街頭演説の安倍氏

歴代自民政権が集団的自衛権の行使は憲法に照らして認められないとしてきたのを米一内閣の身勝手解釈で根底から覆したのは・・安倍政権
反対多数の世論を無視して、国民との信頼の絆を断ち切ったのは・・安倍政権

岡田代表「民進党が日米安保を認めないような印象を与える極めて問題のある演説だ。安保関連法は違憲の疑いが極めて濃いため、白紙に戻すことを求めているが、日米同盟を全部白紙にするのとは違う。」と当然の反発

地方からも岡田代表のように、オカシイと思ったらどんどん指摘してよし

"立法府の長"のように間違いが分かれば、当日の議事録を"行政府の長"に書き換えるという風に、せこいやり方を駆使して指摘に応えてくれる。
[ 2016/06/10 18:49 ] [ 編集 ]
最近、パナマ文書のニュースが無い理由。

http://offshoreleaks.icij.org/search?q=dentsu
[ 2016/06/10 18:54 ] [ 編集 ]
元NEWS23岸井成格氏「政権からの巧妙な圧力あった」
http://www.news-postseven.com/archives/20160610_420020.html
この記事もホントに酷いですね!
ここは本当に日本なの?
[ 2016/06/10 19:56 ] [ 編集 ]
ゴミクズ売国政権は堂々と非難しよう。
[ 2016/06/10 21:50 ] [ 編集 ]
必ず出てくる「忠犬」の個人名を明らかにさせよ
「時流」に迎合して権力者におもねる「忠犬」は、いつの世も必ず出てくる。「宮城県教育委員会」などという組織名で逃げることを許さず、誰の発案・命令による通達なのか、個人名を明らかにさせよ。そして、個人としての責任は孫子の代まで問われると警告せよ。もちろん、こんな通達は無視することが大切だ。無視して文句を言ってくるなら、声を大にして日本国内および世界の人々に知らせていき、「忠犬」たちに圧力をかけていくことが必要だ。「時流」に迎合して権力者におもねる「忠犬」は基本的に私利私欲で動いている者がほとんどだから、個人の責任を問うとか個人として圧力をかけるとかすれば私利私欲のために「忠犬」であることを控えるものだ。
[ 2016/06/10 21:51 ] [ 編集 ]
闇の魔法使いがニホングワーツを支配しているのか?
[ 2016/06/10 23:30 ] [ 編集 ]
圧力と言えば、産経新聞・論説委員の記事は悪質ですね。

http://japan-indepth.jp/?p=28299

産経新聞 お得意の、詐欺的な拡大解釈という、
騙しの手口。
 
[ 2016/06/10 23:53 ] [ 編集 ]
日本には本当の意味での民主主義が根付いてないから、このような発想をする人が少なからずいるし、周囲も何故か反論しない人が多い。
国民主権といえど、主権は国民が不断の努力で守る必要がある。
[ 2016/06/11 08:06 ] [ 編集 ]
[ 2016/06/11 08:06 ]
国民「民=目を針で突いて目を見えなくした奴隷の意」の漢字を用いる時点で負けw
[ 2016/06/11 09:29 ] [ 編集 ]
批判をするな=考えるな、黙って従えってことでしょ?
教育の全否定ですがな
あ、洗脳教育と認めるって事か
[ 2016/06/11 17:11 ] [ 編集 ]
政権批判ができない国へ、着々と
政治へ意見したらダメ、という思想。
自分たちが選んだ責任を感じ、一度選んだら、リコールもするな、議会傍聴もするな、選挙も黙っていろ、

沈黙する国民であれ。

議会の解散請求もするな、国民としての政治的権利を、行使するな!

ということ。
つまり、6年生で学ぶ公民的学習は、無視しろ、ということ。

これ、学習させない、という動きにつながっていくかもなあ。
宮城県の教育委員会、この点を訴えられたら、負けだけど、いいのかね??
[ 2016/06/12 06:04 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム