情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.06.10 23:00|カテゴリ:政治経済コメント(28)

尖閣諸島の接続水域に接近したロシア艦は演習の帰りだった!?ロシアメディアが否定、中国が利用?ロシアも困惑・・・


s_ice_screenshot_20160610-160111.jpeg

ロシア人専門家、尖閣で露中の船が同時出現は偶然の産物
http://jp.sputniknews.com/opinion/20160609/2280207.html

なぜロシアの船団がこの海域にいたのか? 現時点までに出された発表を見ると、船団は国際演習に参加し、東南アジア諸国に立ち寄る遠洋航海から太平洋艦隊基地に戻る途中だった。ロシアは外国のように補給や修理のための発達した軍事基地網がないことから、これだけの遠洋航海ともなると貨物補給と救難用にタグボートを引き連れている。



中国とロシアの艦艇 一時接続水域に 監視続ける
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160609/k10010550661000.html

9日未明、中国海軍の艦艇が、沖縄県の尖閣諸島周辺の日本の領海のすぐ外側にある接続水域に初めて入り、ロシア海軍の艦艇も、8日夜から9日未明にかけて、付近の接続水域に入りました。



以下、ネットの反応
















確かにロシア艦3隻の映像を見てみると、ちゃんとした軍艦は1隻だけですね。残りの2隻は海外演習で使われる補給艦で、特に特殊な艦艇というわけではありませんでした。
ロシアメディアが報道しているように、演習帰りのロシアを中国が利用して中露が共同で接近したかのような印象操作をした可能性が高いです。

また、日露関係が改善しようとしていることから、それに対する中国側の牽制かも知れません。中国としては日本を仮想敵国の一つとして見ているので、ロシアと仲良くされるのは困るということなのでしょう。
完全にロシアが巻き添えになったと言え、中国のずる賢さに驚きです。





関連過去記事

中国軍艦艇の接続水域侵入、国家安全保障会議を開催へ!ロシア海軍の軍艦など3隻も!中国「航行は合法」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-11941.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
もう一つ、中国船がロシア船を追っているうちに接続水域に入ってしまった、という見方もある。ロシアと中国が示し合わせたわけではないことはたしからしいが、真実は薮の中。
[ 2016/06/10 23:20 ] [ 編集 ]
だから言ったじゃん。

これだからB層は・・・・
[ 2016/06/10 23:35 ] [ 編集 ]
何にせよ、きちっと政府は抗議だけはしとけよ!ナメられるぞ!すでにナメられてるけどな!

現実

ロシア「ミスっただけです、日本の皆さんすみませんでした」
日本「そうなんや、ならしゃーないね遺憾の意だけ発動しとくわ」
ロシア「うはwwwジャップ雑っ魚wちょろいちょろいw」
中国「よっしゃ!ワイもジャップにやってみるンゴよ」
[ 2016/06/10 23:38 ] [ 編集 ]
外務省も中国にだけ抗議したから、普通に考えておかしいと思った人も多いはず
まあ政府は最初から見抜いていたんだろうね

中国は経済状況が大変だから破れかぶれになってるのかもしれない
[ 2016/06/10 23:42 ] [ 編集 ]
さすが大朝鮮!
[ 2016/06/10 23:49 ] [ 編集 ]
中国の意図は不明ですが、ロシア艦がここを航行するのは別にめずらしい事ではないですよ。
[ 2016/06/11 00:07 ] [ 編集 ]
日本の報道は偏り過ぎているので真に受けていると直ぐ戦争になっちゃうよ
北朝鮮がロケット発射だって言ってるのに日本だけミサイル、ミサイル連呼して
まるで北朝鮮が日本にミサイル撃ち込こむ様な報道して日本人の戦争意欲煽って
どっちが北朝鮮かわかんないな
敗戦したばかりなのにもう戦争したいみたいだね!
[ 2016/06/11 00:17 ] [ 編集 ]
やっちゃえとか言ってた人たちは戦争なめてるんでしょうね せいぜい紛争止まりとか勝手に決めてるのかなんか知らんけど。
自分は兵士にならないとか自分は死なないと思ってるだけでなく、
1%の人たちの利益のために残り99%が生命・財産、表現や発言、仕事選択、趣味などのすべての自由を奪われ蹂躙されるのが戦争なのに。
[ 2016/06/11 00:30 ] [ 編集 ]
ヤマダくん、この記事には一切関係ないけど、このニュース記事にしない?結構面白い内容だと思うけど。

今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針

「与党とその候補者を支持しない」

http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160609.html
[ 2016/06/11 00:42 ] [ 編集 ]
00:30 さんの意見が一番真っ当!俺も賛成だね。
何故大国同士、連合国同士は戦争しないのか?紛争だってしない。ソ連中国で国境紛争したこと有るけど、中国が国連常任理事国になった時点で、停戦しちまった。今はもうそれも解決済み。中国はインドパキスタンと国境紛争をし続けている。ロシアとアメリカはウクライナで代理戦争させてるが、自国同士は直接対決はしない。
 いがみ合ってるフリしてるだけなのが、何故分からないのかなァ??
こんな事の連続なのに、日本が中国と紛争起こしたら、アメリカは出てこないことも理解できないB層が多すぎ。まァ、一般大衆も引き摺られてるんで、殆どの国民は理解度がない、としか言いようがないんだけどね。更に紛争が大規模戦争に発展したら、00:30 さんの云う通りに成っていく。未だたった70年しか経っていないのに、忘れさせようとさせる奴らがこれだけ現れるんだから、悲しくなるわ。
[ 2016/06/11 00:51 ] [ 編集 ]
うーんこのB層連呼廚ども
お前らも立ち位置が若干違うだけで、思い込みの激しさと妄想力は大好きなB層と大差ないんやで
[ 2016/06/11 01:08 ] [ 編集 ]
>00:42

三菱銀行と一緒で安倍から逃げ出しただけだよ。
小賢しいやつら。
[ 2016/06/11 01:30 ] [ 編集 ]
こんなのは、海保と自衛隊が専門なんだから任せとけば良い!   殆ど日常じゃないですか。

ミスリードにも成りかねないので、選挙に集中すべきでは、参議院選に!
[ 2016/06/11 01:53 ] [ 編集 ]
この件について対応を検討する国家安全保障会議が短時間で終わったところを見ると、あらかじめ政府内でこのような事態を想定して対応を決めていた可能性がありますね。自衛隊が部隊行動基準(ROE)に従うように。そりゃ、自民党が安保法やグレーゾーン事態に対応する法案を練るために起こり得るシチュエーションを検討していましたから、その際に政府として取るべき対応を決めていても不思議はなく。
自衛隊は自衛隊で、敵の侵攻をシミュレーションした演習もしていますけど。
http://www.kamiura.com/abc13.html

重要なことは、今回の件は毎年2桁%台の軍事費増大を続け領土的野心に燃える中国と日本の衝突は歴史の必然だということ。これを軍事衝突にエスカレートさせない努力は必要だとして、この先の数十年は第一列島線、第二列島線を突破しようとする中国とのにらみ合いが続くのは自明の理。
尖閣諸島は、日中の権益や利害や領土問題がぶつかり合う象徴であり、最終目的ではない。よって「小さな島のために戦争など馬鹿げている」という意見は一見正論でも、その背後にあるものを見落としている。具体的に言えば、中国が尖閣を取れば次に南西諸島含む沖縄を狙いにくる。第一/第二列島線を突破すれば太平洋の西半分を持っていく。
よって、尖閣諸島について「領土問題は存在しない」で押し通すのも手。中国の国力が増せば深刻な対立問題となるのは分かっていたことであり、2010年の尖閣諸島中国漁船衝突事件で火蓋は切って落とされている。いまさら「棚上げ」に戻すだなんて中国の側が納得しないだろうな。
ま、武力以外で解決したいなら中国の側から国際司法裁判所にでも訴えればいいんじゃないですかね(棒)

中国艦の動きに懸念表明=尖閣は防衛対象-米国務省
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016061000037&g=int
 【ワシントン時事】米国務省のトナー副報道官は9日の記者会見で、中国軍艦が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域へ入ったことについて「懸念している」と表明した。その上で、1972年から日本が施政権を有する尖閣諸島は、対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の「適用対象である」と確認した。
[ 2016/06/11 02:24 ] [ 編集 ]
日本のくずマスコミは肝心な欲しい情報は流さない癖に、国の言いなりで垂れ流していやがって、権力を監視して警鐘をならす本来の仕事をちゃんとやれ!何がしたくてその仕事を選んだんだよ。
ボンクラ総理とボンクラマスコミじゃあ、とうとう救いようがないね。
[ 2016/06/11 03:32 ] [ 編集 ]
これが図星なら中国はドヤ顔出来ないな
[ 2016/06/11 03:43 ] [ 編集 ]
>02:24
>領土的野心に燃える中国と日本の衝突は

それ主語間違ってる。

領土的野心に燃える中国の一部勢力と日本の上級国民の一部勢力の衝突は

ですよ。
[ 2016/06/11 05:01 ] [ 編集 ]
なにやらごちゃごちゃ言ってますが、竹島にいる韓国軍への攻撃はしなくていいのでしょうか?あっちのほうが大事のような気がしますが
[ 2016/06/11 06:13 ] [ 編集 ]
まあ、長いものに巻かれる知恵もある
ロシアの言うことは、聞いた方がいい。

少なくとも、最近のアメリカ様より、まともかもよ。

どうです?アメポチの安倍晋三先生??
[ 2016/06/11 06:28 ] [ 編集 ]
中国もロシアもアメリカも、強い国(要するに、お互いに)は戦争をしませんよ。
「勝てない戦争はしない」 が鉄則だから。
[ 2016/06/11 08:04 ] [ 編集 ]
[ 2016/06/11 08:04 ]
>「勝てない戦争はしない」 が鉄則だから。

え?
湾岸戦争はともかく、ベトナム、イラク、アフガンと、勝ってる印象まるでないけどな。米軍。
地上部隊投入が負けフラグだと学習してシリアでは空爆しかしてないし。
[ 2016/06/11 09:39 ] [ 編集 ]
ロシアの戦艦が接続水域を通過するのしょっちゅうなの?通達あるはずだよね。早く報道せいや!紛らわしい。
[ 2016/06/11 09:48 ] [ 編集 ]
あれ?アメリカも黒海で中国軍と似たようなことをしてますね?(苦笑)

(経済アナリスト藤原直哉さんツイッターより)
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/741287518264393729?lang=ja
米海軍もロシアを相当挑発しているからね

http://jp.sputniknews.com/russia/20160607/2260517.html#ixzz4BBpeYqlL
米国のミサイル駆逐艦 黒海に入る(ビデオ)

http://jp.sputniknews.com/russia/20160610/2287446.html#ixzz4BBq0qQnq
米国船籍の黒海を無断航行にロシア外務省が報復策を警告
[ 2016/06/11 10:03 ] [ 編集 ]
接続水域に最初に進入したのはロシア艦である。これは今年3月にウラジオストクを出港し、東南アジアでの国際対テロ演習に参加した太平洋艦隊の駆逐艦アドミラル・ヴィノグラートフ以下3隻の艦艇グループと見られる。
ヴィノグラートフ以下の艦艇は8日午後9時50分ごろに久場島と大正島の間の接続水域に南側から進入した。
一方、中国艦はその3時間後にあたる9日0時50分ごろに北側から同接続水域に進入している。
中露艦艇が接続水域を出たのはほぼ同時で、9日午前3時5-10分ごろ。ともに接続水域を北側へと抜けている。
したがって、ロシア艦がそのまま北への進路を維持したのに対し、北から進入してきた中国艦は接続水域内でUターンして再び北へ抜けたことになる。

ロシア艦はこれまでにも東南アジア方面との往復で同じようなルートをたびたび通過しているとのこと。
[ 2016/06/11 10:09 ] [ 編集 ]
日本は戦争を煽っている危険な国だ!
もはや北朝鮮より日本の方が危険な国になったな
これで戦争がはじまり負けたらまた同じ事の繰り返しだな
今度は以前の様な高度経済成長出来るかは謎だけどな
[ 2016/06/11 10:47 ] [ 編集 ]
米日VS中露=戦争になったら米日は負けますね。日本は70年間平和だったから、いざ戦闘になったら、動けないでしょう。でも、戦争を仕込む黒幕がいるからね。アメちゃんだよ。
[ 2016/06/11 11:45 ] [ 編集 ]
「米日VS中露=戦争」とはならないでしょう。
まずロシアが中国と最初から共同戦線などムリ。米日VS中のうち、事態の進展を見て勝ちそうな側にロシアは付くw
[ 2016/06/11 13:20 ] [ 編集 ]
いや、日本はロシアと・・・
裏で、ロシアと手を組もうとしている。

アメリカさんには、従うふりをしつつ、・・・。

だって、どう考えても、自民にとって、
ロシアの方が、良いでしょ。アメリカさまの命令ずっと聞くよりか。
[ 2016/06/11 15:26 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム