情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.06.17 13:29|カテゴリ:ニュースコメント(22)

【これは酷い】産経新聞がネットのデマ情報を記事化!「TBSの女性がピースボートのスタッフに酷似」と報道⇒抗議で記事削除


s_ice_screenshot_20160617-132010.jpeg

ピースボート災害ボランティアセンターが産経ニュース記事に抗議 「女性スタッフは熊本で活動中で街頭インタビューに応じるわけない」
http://www.sankei.com/affairs/news/160617/afr1606170010-n1.html

 一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンターは17日、産経ニュースが報じた記事「TBS番組『街の声』の20代女性が被災地リポートしたピースボートスタッフに酷似していた?!」に対して抗議文を寄せた。



↓抗議で削除された記事
TBS番組『街の声』の20代女性が被災地リポートしたピースボートスタッフに酷似していた?!
http://www.sankei.com/entertainments/news/160616/ent1606160008-n1.html

 東京都の舛添要一知事の辞任を受け、TBSが6月15日夕の報道・情報番組「Nスタ」で、東京・JR新橋駅前で街頭インタビューした「20代女性」が、被災地・熊本をレポートしたピースボートの女性と酷似していることが16日、分かった。ネットでは「さくらか?」「やらせではないか」とTBSの報道姿勢を疑問視する声が続出している。



以下、ネットの反応
























大手まとめサイトでも掲載を躊躇するような情報を堂々と報道した産経新聞に失笑です。もはや、メディアとして存在しない方がこの国のためになると私は思いますよ。

記事のミスや誤報、悪質な誘導を繰り返しており、過去にも偉人の死因を間違って記載するなどの行為をやらかしていました。しかも、朝日新聞みたいに謝罪文を掲載することが少ないことから、非常に質が悪いです。
このような記事にゴーサインを出した編集も気になるところで、徹底的に批判されるべきだと言えます。

関連過去記事

産経新聞「小沢一郎が痛恨のミス!新潟を北陸と間違えた!」⇒国民「え?新潟は北陸じゃあないの・・・」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-11970.html

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
これは真偽がわからんよなぁ
まぁよく似てると思うんだよ
裏をしっかり調査してから報道すべきだったね
[ 2016/06/17 13:35 ] [ 編集 ]
産経は朝日に記事には検証が必要とか偉そうな事を言ってたんだから、さっさと検証して廃刊すれば良いのに。
[ 2016/06/17 13:35 ] [ 編集 ]
そう!ツイッターで誰かがまずは謝罪せよ!って言ってたけど、まずは廃刊せよ!でいいと思う。
こんな日本のガン細胞みたいな会社、無くなったって誰も困らないよ。デマばかり流して謝罪もしなくて、これで日本を代表する全国紙なの?チャンチャラ可笑しい。
日本の恥!これ以上日本の顔に泥を塗らないで欲しい。
[ 2016/06/17 13:52 ] [ 編集 ]
オリンピック買収疑惑、パナマ文書、甘利の賄賂
など犯罪レベルのことを報道せず、
犯罪まみれの自民党を支持する産経。

権力の媚びて、本当のことを流さず、どうでもいいことばかりを流す。
ジャーナリストとして終わっている。

そんなんなら、まじ報道なんかやめてしまえばいいのに。

[ 2016/06/17 13:59 ] [ 編集 ]
ガン細胞なんて影響力ないんじゃないすか
いいとこニキビか水虫くらいで
[ 2016/06/17 14:01 ] [ 編集 ]
今日、ラジオ日本・マット安川ずばりで、菊地英博氏が、爆弾発言をした。郵政資金は、すべてアメリカに渡っていると、爆弾発言。TPPもアメリカからの圧力で参加した。つまり、自民党はアメリカ属国・政党なんだな。
[ 2016/06/17 14:12 ] [ 編集 ]
廃刊がふさわしい
おいら元産経新聞奨学生。
募集時の就労条件と実際の就労実態は、まったく違っていたよ。
朝の配達は2時間半はかかる位の重労働だったし、有給年間20日は1週間しかくれなかったし、集金不能は自腹だった。学校へ行っても寝てばっかりだった上に、上京時の貯金は半年で底をついちゃった。
結局、他の新聞店の人に助けられたけど、この経緯は忘れられません。
いまだに、産経新聞を誉めてる人が入るけど、おいらは軽蔑している。

[ 2016/06/17 14:20 ] [ 編集 ]
ピースボートには初期のころ、安く海外に行くために乗ったことがあります。
ピースボート立ち上げの30年ほど前も、悪意ある報道はよくありました。
多分、どの新聞社にも市民運動に対し、悪意記事を書く人物が何人かいるんじゃないか、的なイメージがありました。

前回の都知事選にも立候補した知る人ぞ知る政治ゴロが若いころ、取り巻きの女の子たちとピースボートのイベントに乗りこんできて、わざと騒ぎを起こし、
それを毎●新聞が悪意タップリに記事にしたのでそれを読んだうちの親がピースボートなんか行くな!とカンカンになったことも。

因みに今でもうちの親はテレビ新聞は嘘を書かないと信奉、自民党に入れちゃうタイプ。
[ 2016/06/17 14:21 ] [ 編集 ]
産経新聞って子供が作っているの?
もう「停紙」でよい。
[ 2016/06/17 14:31 ] [ 編集 ]
産経新聞は日本共産党大研究とかいう同党へのヘイト本紛いの誹謗中傷本を書いたりするし潰れた方がいい
[ 2016/06/17 14:53 ] [ 編集 ]
日本国民は、日刊ゲンダイだけ読めば良い。
[ 2016/06/17 15:13 ] [ 編集 ]
平気で嘘をつき謝罪もしないのがクズネトウヨ
自民党も同じ
[ 2016/06/17 15:23 ] [ 編集 ]
で、真偽は?
[ 2016/06/17 15:35 ] [ 編集 ]
津田大輔曰く
>真面目にやってる産経の記者
居ねえよ。

これも誤報と捏造。

居るとすれば、天気予報書いてる人と安部自民日本会議の連中の喜ばし隊の連中位じゃないの?
まァ、安部自民日本会議の連中喜ばしは、国民側からすると「真面目」じゃあないが(笑)
[ 2016/06/17 15:49 ] [ 編集 ]
日本の新聞で唯一、統一教会の応援広告を出した産経新聞
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dj19/20090202/20090202225159.jpg

統一教会に祝電を送る安倍

ググれ
[ 2016/06/17 16:15 ] [ 編集 ]
首相動静(2016年2月12日)

午後7時16分、東京・永田町の赤坂エクセルホテル東急着。

同ホテル内のレストラン「赤坂ジパング」で、

産経新聞社の【阿比留瑠比】論説委員、【有元隆志】政治部長らと会食。
[ 2016/06/17 16:36 ] [ 編集 ]
読む人の気が知れない笑
[ 2016/06/17 18:35 ] [ 編集 ]
サンケイ新聞はいつも笑かしてくれますな。それはそうでしょうよ。なにしろサンケイ新聞は、政界の〈東京スポーツ〉なのですから。東京スポーツさんすみませんね💁
[ 2016/06/17 18:56 ] [ 編集 ]
さっすが捏造産経
南京事件でも慰安婦でも原発でもお国(笑)の為に今日もよいしょするような記事を書き続ける
しかし、知識がないからか嘘がすぐにバレるか拒絶反応を受ける
[ 2016/06/17 19:15 ] [ 編集 ]
嘘書いてんなら金返せよ。
[ 2016/06/17 22:21 ] [ 編集 ]
>2016/06/17 19:15
そもそも産経は南京事件の被害者は30万人って言ったり、慰安婦の強制連行で記事書いてたくせに撤回も謝罪もせずに朝日を叩いてるのがおかしい。
社内にソ連のスパイが混じってたなんて事もあったな。マジで恥知らずだなんだよな産経。
[ 2016/06/18 03:13 ] [ 編集 ]
近年の産経は劣化がますます加速している
ネットde真実を地で行く記事を連発しながら全国紙を名乗れるなど産経こそマスコミ既得権益の権化と思える
[ 2016/06/21 15:33 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム