情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.06.17 19:00|カテゴリ:政治経済コメント(26)

産経新聞がピースボートデマ記事を謝罪へ!産経「ネットの話題だけで記事に。TBSや団体には取材しませんでした」


s_ice_screenshot_20160617-182214.jpeg

ピースボート災害ボランティアセンターへの回答書
http://www.sankei.com/life/news/160617/lif1606170019-n1.html

 6月16日に産経ニュースで報じた「TBS番組『街の声』の20代女性がピースボートスタッフに酷似していた?! 『さくらじゃないか』との声続出」の記事に関して、貴団体の抗議に回答いたします。

 当該記事は6月16日にインターネット上で話題になっていた事象を記事化したものです。ご指摘通り、記事化する際、TBSおよびテレビ朝日に取材するだけでなく、貴団体にも取材すべきだったにもかかわらず、これを怠っておりました。

 貴団体およびスタッフに多大なご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。



以下、ネットの反応




















取材していないに苦笑。TBSに電話などで確認をした上で記事を書いたのだと思いましたが、産経新聞の謝罪文が事実だとすると、全く取材をせずにインターネットの話題だけで記事にしたということになります。

しかも、私が見た限りでは、この話題は2ちゃんねるの保守系スレッドのような場所だけだったので、2ちゃんねるの情報を産経新聞が鵜呑みにして記事化した可能性が高いです。
別にインターネットの話題を記事化するのは構いませんが、嘘情報を取材せずに事実であるかのように報道するのはどうかと疑問を感じます。
いずれにせよ、今回の件で産経新聞はまとめブログ以下の存在だったことが分かりました(笑)。

関連過去記事

【これは酷い】産経新聞がネットのデマ情報を記事化!「TBSの女性がピースボートのスタッフに酷似」と報道⇒抗議で記事削除
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12068.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
ネトウヨアジビラと公然と証明されたわけで
恥を知って会社を解散すべきだと思うね。産経新聞は。
[ 2016/06/17 19:11 ] [ 編集 ]
もう無理せず新聞業辞めたら?
今までよく頑張った方だよ
[ 2016/06/17 19:11 ] [ 編集 ]
謝罪しただけまだましかw
[ 2016/06/17 19:16 ] [ 編集 ]
ネットの書き込みレベルに堕ちた産経新聞の意味不明な独自のSEALDs批判
http://datsuaikokukarutonosusume.blog.jp/article/1054858452
[ 2016/06/17 19:21 ] [ 編集 ]
自民擁護のためウソも平気で書く産経
[ 2016/06/17 19:26 ] [ 編集 ]
【デマ】 産経新聞、SEALDsについてデマを流す 【もはや虚構新聞】
http://togetter.com/li/937186

なんと、、、ミスリーディングどころか完全なデマか産経。。。
[ 2016/06/17 19:32 ] [ 編集 ]
産経はデマが多いから信用ができない。ネット上だとyahooニュースとかスマートニュースなど産経の記事が多くて腹立つし、目障り。
[ 2016/06/17 20:47 ] [ 編集 ]
朝日は土下座しても許されないけど産経は安泰
[ 2016/06/17 20:59 ] [ 編集 ]
いくら嫌いな相手wでも裏付けとらないで垂れ流すって、妄想願望作文じゃないっすか(呆
まぁ、その他大勢の脛に傷持つマスゴミのみなさんも他人事じゃないので深追いはせずにダンマリしちゃうんでしょうけど。
[ 2016/06/17 20:59 ] [ 編集 ]
2ちゃんねるの鵜呑みだとー!
2ちゃんねるの鵜呑みですか。うちらもネットや、新聞、週刊誌の受け売りだけど、一応確認はするんだよ。ウチらよりレベルが低いじゃねーか!何なんだオメーら。
そんなに仕事したくないんだったら全員やめっちまえ!
荷物まとめて田舎帰れー!
[ 2016/06/17 21:05 ] [ 編集 ]
20:59
というより他紙は元から同じ位置にいないって考え方だと思う

産経は朝日の誤報を執拗に批判していたけど、自身の捏造は完璧スルー

まとめブログ以下ってことはお金払う必要ないってことですね
[ 2016/06/17 21:06 ] [ 編集 ]
崇拝者(安倍)のやり口に似てくるんだなシモベ、悪い汚染度、伝染する無恥..
Twitter>記事のタイトルが「お詫び」「謝罪」ではなく「回答書」。お詫び文は1行のみ。謝罪の対象は「取材しなかったこと」で、特定の個人を傷つけたことには触れない。どこまでも卑怯。
[ 2016/06/17 22:15 ] [ 編集 ]
産経、嘘拡散! っていう号外配れよ。
[ 2016/06/17 22:17 ] [ 編集 ]
クソ産経消えろ。お前らはジャーナリストなんかじゃない。ネトウヨと同様のクズ集団だ。(怒)
[ 2016/06/17 22:26 ] [ 編集 ]
おまエラがトンスル半島に帰れw
[ 2016/06/18 01:43 ] [ 編集 ]
産経読者はよくこんなチラ裏に購読料はらえるね。
[ 2016/06/18 07:06 ] [ 編集 ]
ネトウヨの同人誌に謝罪ができるとはね
やればできるじゃん

[ 2016/06/18 09:53 ] [ 編集 ]
報道圧力団体「視聴者の会」公開討論でリテラが安倍首相との癒着を徹底質問! 上念司と小川榮太郎が珍回答を連発
http://lite-ra.com/2016/06/post-2345.html
[ 2016/06/18 09:59 ] [ 編集 ]
韓国での記事と同じ。人様の書いたことを元にして、それがデマなのかどうかも確認せずに記事にするなんて、最低だわな。
アサヒがやったことを惨剄新聞も遣っていたのに、自分たちはダンマリ。
[ 2016/06/18 10:33 ] [ 編集 ]
10:33 武尊さん
朝日より前にやらかしてますよね、産経は
こんな新聞が存在すること自体が日本を貶めていると思います
http://lite-ra.com/i/2015/09/post-1529.html
[ 2016/06/18 10:51 ] [ 編集 ]
産経グループ

ニッポン放送、扶桑社、育鵬社、虎ノ門ニュース

詐欺のマニュアルを作る人達。
[ 2016/06/18 11:04 ] [ 編集 ]
アサヒる なんて造語を作ったのも2chに張り付いてる産経記者だったのかもな
朝日は許されざる過ちを犯したけど、産経もいつか安倍の尻馬に乗っかって日本経済の破壊に
一役買った売国新聞と糾弾されてブッつぶれればいいと思うよ。読売と一緒にな
[ 2016/06/18 12:22 ] [ 編集 ]
戦前と変わらず、お国のためとか言っちゃう方はなぜこうも愚かなのだろう
自分で考えないからかな?
しかもその国を支配しているのは別の国なのに
[ 2016/06/18 12:29 ] [ 編集 ]
全国紙化に伴う多額の投資により借入金がかさみ(34億8千万:手形13億4千万)経営危機にあえぐ。住友銀行堀田庄三頭取に財界からの支援を要請。東京進出により債務過多、経営危機に陥いる。産経新聞の支援要請を受けた住友銀行の堀田庄三は池田勇人大蔵大臣を支援する「二黒会」のメンバーであり、そのメンバーには、桜田武(日清紡社長)、永野重雄(富士製鉄社長)、水野成夫(国策パルプ社長、フジテレビ社長)らがいた。彼らは財界の半公然組織、「マスコミ対策委員会」の中心メンバーだった。この中からフジテレビと文化放送の社長だった水野が社長に選ばれ、産経再建に乗り出すことになった。以降、論調を右派に転換する。

こういった経緯があったんだね。
気持ち悪いくらい右に偏ってるなーと思ったら。まるで戦犯がciaエージェントになったかのよう。
[ 2016/06/18 13:00 ] [ 編集 ]
3K新聞「ネットde真実」
[ 2016/06/18 14:03 ] [ 編集 ]
 
パククネの件と全く同じでウケるわ
そもそもピースボートのスタッフがインタビュー受けたらダメな理屈がわからんけど

自民支持以外は反日!やらせ!朝鮮!なんだろうな、この会社は

「愛国!」とか言う奴が一番国(否国家権力)を侮辱して名誉を貶めているのが笑える
[ 2016/06/18 21:18 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム