情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.06.20 10:00|カテゴリ:政治経済コメント(24)

産経新聞が日本会議批判に反発!産経「週刊ポストや朝日が取り上げている。過大評価と言うべき」


s_ice_screenshot_20160619-181838.jpeg

週刊朝日が日本会議を批判 憲法改正を目指し「安倍政権を陰で操る」と言いたいらしいが… 
http://www.sankei.com/premium/news/160619/prm1606190023-n1.html

このところ「日本会議」という組織に対する批判が喧(かまびす)しい。
『週刊ポスト』(5月27日号)、『週刊金曜日』(5月27日号)、朝日新聞出版発行の月刊『Journalism』5月号…。
~省略~
 「日本会議」の会員はたった3万8000人。長い間、地道に活動を続けてきたからそれなりの力は持っているが、“過大評価”と言うべきだろう。



以下、ネットの反応
















これはいわゆるヒットマークという奴では?色々な雑誌や本で取り上げられるようになったから、慌てて産経新聞が火消し記事を書いたのだと私は思います。

まあ、どんなに隠れて行動していても、日本会議のような大きな組織になると完全に隠すのは不可能だと言えるでしょう。総理経験者や歴代大臣も名前を連ねているわけで、今まであまり騒がれなかったことの方が不思議です。
参議院選挙が近いということで日本会議の動きも活発化していますが、この記事だけでも産経新聞のスタンスが良く分かります(苦笑)。

関連過去記事

「生長の家」が参院選で自民党不支持を表明!日本会議批判も!「安倍政権は立憲主義を軽視し、原発を強行」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-11966.html


日本会議の全貌 知られざる巨大組織の実態


日本会議の研究 (扶桑社新書)
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
次の国会で改憲をやるつもりなのに選挙の争点にしない??? 安倍晋三首相(自民党総裁)は19日、憲法改正の発議に向けた議論の進め方について「与党の総裁として、次の国会から憲法審査会をぜひ動かしていきたい」と述べた。早ければ今秋の臨時国会から、衆参両院に設置されている同審査会で憲法のどの条文を改正するか
 安倍晋三首相(自民党総裁)は19日、憲法改正の発議に向けた議論の進め方について「与党の総裁として、次の国会から憲法審査会をぜひ動かしていきたい」と述べた。早ければ今秋の臨時国会から、衆参両院に設置されている同審査会で憲法のどの条文を改正するか具体的な議論を始める姿勢を明らかにした。

 インターネットの動画配信サイト「ニコニコ動画」での与野党9党首による討論番組で語った。首相は「憲法審査会でどの条文をどう変えていくかしっかり議論しながら、いい条文をつくっていきたい」と、与野党の合意形成をめざす姿勢を強調。さらに「(改正の是非を)決めるのは国民投票だ」とも述べた。

 一方、首相は現段階で憲法審査会の議論がまとまっていないことから、「(今回の)選挙で争点とすることは必ずしも必要がない」との考えを示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00000002-asahi-pol
[ 2016/06/20 11:02 ] [ 編集 ]
1995年 東アジア戦略報告(ナイ・イニシアティヴ)
1997年 日米防衛協力のための指針(新ガイドライン)
 同年 日本会議設立

このあたり、リンクした動きにも見えるけどね。
[ 2016/06/20 11:28 ] [ 編集 ]
日本会議の仲間の産経新聞が言っても説得力ゼロですね
[ 2016/06/20 11:43 ] [ 編集 ]
海外の反応まとめブログや自画自賛のテレビ番組とかの日本版ウリナラマンセーは日本会議が主導してんじゃね?
[ 2016/06/20 12:09 ] [ 編集 ]
嬉しいことに、これは産経の自爆だな。「日本会議」というキーワードが週刊誌ではなく全国紙上に載る。あとは有権者が自分で調べ始めるよ。その結果が選挙に反映されるだろうね。
[ 2016/06/20 12:16 ] [ 編集 ]
日本会議は関係ありませんが。
自民党現職の北村経夫は踊る宗教、北村サヨの孫。かつては産経新聞の社員です。別に宗教を否定するわけじゃないけど、産経は胡散臭いんだよね。
踊る宗教なんてカルト集団は殆どの日本人は係わりがないからね。
[ 2016/06/20 12:52 ] [ 編集 ]
日本会議には頑張って欲しい。ブサヨの言い掛かりはシカトでOK
[ 2016/06/20 13:32 ] [ 編集 ]
統一教会の存在を過小評価しすぎだと思うな
[ 2016/06/20 13:33 ] [ 編集 ]
週間朝日には頑張って欲しい。ネトウヨの狂言は弾圧でOK。
[ 2016/06/20 13:51 ] [ 編集 ]
週刊アカヒは有害図書指定されるべき。
[ 2016/06/20 14:07 ] [ 編集 ]
菅野氏が指摘する『日本会議のコアメンバー』
椛島有三(かばしまゆうぞう)日本会議事務総長

長崎大学在学中に成長の家学生運動で頭角をあらわし、「日本を守る国民会議」の事務局長を経て現職。
日本青年協議会会長、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」事務局長を兼任

伊藤哲夫(日本政策研究センター代表)

成長の家・青年会の中央教育宣伝部長などを経て、シンクタンク「日本政策研究」を設立。
安倍政権の有力ブレーンとして憲法改正などの製作提言を行う


高橋史朗(明星大学教授)

専攻は占領下の日本教育史。日教組やジェンダーフリーを批判し、戦前の教育の再評価を主張。早稲田大学在学中に「生長の家学生会全国総連合」(生学連)の委員長を勤めた

衛藤晟一(えとうせいいち)首相補佐官

大分大学在学中に生長の家・学生運動に参加し、大分市議会、大分県議会を経て、90年の衆議院選挙で初当選。安倍首相の盟友といわれ、首相補佐官を務める

百地章(ももちあきら)日本大学教授

昨年の安保法制をめぐる問題で「合憲」を主張した憲法学者。静岡大学在学中に生長の家学生運動に加わり、「全日本学生文化会議」の結大会では実行委員長を務めた(週刊プレイボーイno・22)



[ 2016/06/20 14:13 ] [ 編集 ]
>『週刊ポスト』(5月27日号)、『週刊金曜日』(5月27日号)、朝日新聞出版発行の月刊『Journalism』5月号

ここに週間金曜日なんていうどマイナーを混ぜてくるところで、産経がいかに狭い世界しか見てないかがわかるね。
新潮や文春も載せてたのにね。
[ 2016/06/20 14:23 ] [ 編集 ]
地方議会への影響力もフル活用
日本会議は『新憲法研究会』や『21世紀の日本と憲法有識者懇談会』など複数の別動団体を使って、各地でシンポジウムや署名活動を行い、それと同時に地方議会への影響力もフル活用しています。

あまり知られていませんが、『憲法改正の早期実現を求める地方議会決議』という意見書を行った地方議会は、昨年1月時点で実に25府県、36町村に及んでいます。

2014年の2月、最初に石川県で採択された意見書の中身は日本会議の作った文案そのままで、その後、自民党本部から各都道府県連への通達で『石川県連の意見書を参考にするように』との通達まで出されたといわれています。

こうした組織動員による署名運動や地方議会での意見書採択を積み重ね、それをもって中央の政治に圧力をかけてゆくという『草の根運動』的な手法は、従来、リベラルや左翼陣営のやり方でした。
ところが日本会議はそれを左翼よりはるかに大規模に、そして執拗に積み重ねることで影響力を高めてきたのです。

同様の手法で、これまで『元号法』『国旗・国歌法』の制定や『教科書採択問題』に取り組み、一定の成果を上げてきた彼らが、今まさに全力で取り組んでいるのが『憲法改正』という悲願の実現なのです(菅野氏)(週刊プレイボーイno.22)
[ 2016/06/20 14:44 ] [ 編集 ]
ジャパニズムや正論は有害図書認定されるべき。
[ 2016/06/20 14:51 ] [ 編集 ]
俺が裁判員なら、週刊アカヒ等ブサヨにはどんな微罪でも死刑判決を出したい。
[ 2016/06/20 17:16 ] [ 編集 ]
>[ 2016/06/20 11:28 ] 名無し の方、

要するに「アメリカが作らせたカルト集団」と言う訳だな。
・・・・・・またアメリカか!!
[ 2016/06/20 18:35 ] [ 編集 ]
産経さんは日本会議さんをもっと評価してあげるべきだと思う。
オトモダチなんだから。
[ 2016/06/20 18:44 ] [ 編集 ]
はじめに
〈「ネトウヨ」という言葉通り、確かに彼らは、ネットを情報ソースにしている場合が多い。「2ちゃんねるをはじめとするネットの言説に感化され、ネットでの呼びかけに応じて、デモや集会に参加する。
だが、その大元のネットの書き込みをつぶさに見ていくと、個々人の勝手な妄想や思いつきから書かれた物もあるものの、大半は、「出典」が添えられている。そして、そうした「出典」はほとんどの場合、『正論』『WiLL』『歴史通』といった、「保守論壇誌」だ〉

〈私が保守論壇誌の読み込みを始めた2008年頃といえば、第一次安倍政権の崩壊直後に重なる。
体調問題からとはいえ、代表演説直後の辞任という前代未聞の大失態を演じた安倍晋三の政治生命は、完全に絶たれたように思われた。事実、当時の世論調査でも7割に上る有権者が「安倍の突然の辞任は無責任だ」と答えている。
にもかかわらず、保守論壇誌には安倍晋三が登場し続ける。
有権者から無責任と烙印を押され、安倍晋三自身も鳴りを潜めて表立った動きを示していなかった時期にも、なぜか、保守論壇の「識者」たちは、安倍晋三の名前に言及し続けた。
さらには、極めて早い時期から、安倍晋三の再登板を熱望するかのような記事が並ぶようになる。
これは奇妙なことではないか?
路上で繰り広げられる醜悪なヘイトデモ参加者たちの一時的な情報源も「保守論壇誌」ならば、退陣し政治生命が終焉した安倍晋三を熱烈に応援し続けるのも「保守論壇誌」だ。
その傾向は、安倍晋三が再び総理として返り咲いた後、さらに顕著になっていく。〉

〈サンプルから読み取れる彼らの主張内容は、「右翼であり保守だ」と自認する私の目から見ても奇異そのものであり、「保守」や「右翼」の基本的素養に欠けるものと思わざるをえないものばかりであった。〉

〈そしてそうした保守論壇人の共通項が、民間保守団体「日本会議」なのだ。〉(日本会議の研究・菅野完・扶桑社新書212)
[ 2016/06/20 19:01 ] [ 編集 ]
統一教会(国際勝共連合)と日本会議の類似性
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11584751326.html

シンクロ率400%!?
完全一致やん
[ 2016/06/20 19:45 ] [ 編集 ]
政教分離違反があるのならお布施とかも課税したら

宗教カルトのお布施の類
[ 2016/06/20 21:20 ] [ 編集 ]
コメント欄にキチガ○コメントがいっぱいだなぁ。

は○こや、あ○こく○○みたい。
[ 2016/06/20 21:49 ] [ 編集 ]
ギャング政権でないなら、安倍政権と日本会議の関係を情報開示すべき
安倍政権がギャング政権でないなら、安倍政権と日本会議の関係を情報開示する責務がある。近年のアベ政治は独断専行がはなはだしい。消費税増税再延期という国の将来にかかわる重大政治問題も安倍の独断専行で決まった。国会審議では再延期すると全く語っていない。国会終了後に、与党内での民主的議論もなく安倍の独断で決まり発表された。その安倍政権が日本会議周辺の人物と深い関係にあることは今や明白だ。日本国民にはその関係を知る権利がある。知る権利に応えるのは民主国家の権力者の責務だ。日本会議常任理事で日本政策研究センター代表の伊藤哲夫。彼は安倍のブレーンと言われる。安倍と伊藤は2004年の「チャンネル桜」の開局記念番組で対談した。安倍は自民党幹事長であった。伊藤は安倍に「保守革命を担うリーダーこそが安倍幹事長でなくてはならない、と私どもは思っています」と安倍にエールを送った。すると安倍は「私もそういうリーダーたりえたい」と応じた。「保守の父」とよばれるエドマンド・バークはフランス革命を批判したのに「保守革命」とは奇異なことだが、日本会議常任理事の伊藤と安倍は思想的同志であることは明白だ。そして自民党改憲草案も日本会議の方針と軌を一にしている。日本会議の実態を衆目にさらしきちんとチェックしていくことは民主国家日本にとって、国民の利益にとって、欠かせないことだ。
[ 2016/06/20 22:59 ] [ 編集 ]
日本会議さん、ブサヨ撲滅頑張ってください!
[ 2016/06/21 09:13 ] [ 編集 ]
日本会議に集まる宗教団体の活動実態
過去に実施された日本会議のイベントでは、国柱会、倫理研究所、神社本庁、IIC(霊友会)、佛所護念会教団、念法真教、崇教真光等の各種宗教団体別の受付窓口が設けられていることが確認されており、集会参加者を組織動員していた様子がうかがえる。
組織動員は、集会やイベントの頭数だけを増やすためだけに行われているわけではない。

日本会議が活発に実施する地方活動でも地方議会や行政に請願や署名などを働きかける運動の最前線を担っているのは、宗教団体が動員した運動員たちだ。

山口県宇部市では、市が提案する「男女共同参画条令」に対する反対運動を、新生佛教教団系の出版社「日本時事評論社」が積極的に主導していた。

また、愛媛県で「新しい歴史教科書をつくる会」が出版する歴史教科書が採択された際には「神社本庁」、倫理研究所、キリストの幕屋、モラロジー研究所など、日本会議に参画する宗教団体の活動が確認されている。

条例反対や教科書採択など地方自治での活動にとどまらず、国政選挙の選挙運動においても、日本会議に参加する宗教団体の活動は観察されている。

かつて、「新しい歴史教科書をつくる会」で日本会議周辺の人々と交流の深かった西尾幹二は、自身のブログに、2005年の衆院選における日本会議と日本会議に参画する宗教団体の活動の様子を克明に記録している。(日本会議の研究・菅野完・すがのたもつ・扶桑社新書212)
[ 2016/06/21 16:16 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム