情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.06.21 20:30|カテゴリ:政治・選挙コメント(27)

谷亮子氏がコメント、参議院選挙には出馬せず!他党からの出馬も見送り!谷氏「党に対する最後のご奉公という思い」


s_ice_screenshot_20160621-190326.jpeg

谷亮子氏が参院選の不出馬表明 政界復帰には意欲
http://www.nikkansports.com/general/news/1666639.html

 谷氏はすでに同党からは出馬せず、他党の打診があった場合は検討する構えを示していた。ただ、他党から出馬することで、参院選前に生活の党を離党した場合、同党の選挙体制にも影響が出ることから、他党からの出馬も見送った。

 谷氏は、複数の政党から出馬打診があったことは「事実」とを認めた上で、「(他党からの出馬で)生活の党に迷惑をかけたくなかった。党に対する最後のご奉公という思い」から、今回の出馬見送りを決めたと述べた。





以下、ネットの反応






















週刊文春が直前に自民党からの出馬検討を取り上げていましたが、それも見送りになったようですね。やはり、「自民党からの出馬」と報じられて谷氏の事務所などに批判が殺到していたのだと思います。

今回は出馬を見送るとしていますが、政治活動その物は辞めるとは言っていません。なので、都知事選や次の衆議院解散総選挙などに出馬する可能性が高そうです。
元々、原発問題などに関心が低い事もあって政権寄りの姿勢が目立っていましたが、これからその方向性を示してくると私は見ています。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
自民党が断ったんだよ。
民主党からの逃亡者を受け入れるほどの余裕がなくなったんだよ。
どういうわけか自民党の支持率が最近落ちている。
落ちたあげく、青山繁晴なんぞに頼らなければならなくなった。
[ 2016/06/21 20:38 ] [ 編集 ]
民進党なら野田のような野党内自民党員という手もあったのだが。
[ 2016/06/21 20:44 ] [ 編集 ]
青山繁晴みたいなサイテーサイアクなやつと一緒に立候補してたら,谷さんもサイテーサイアクの仲間入りだった。
ひとまずは良かった。(のだろう)
[ 2016/06/21 20:44 ] [ 編集 ]
キス魔橋本聖子とともに、引退を。
ご苦労さん。
二度と出ないでくれ。
[ 2016/06/21 20:46 ] [ 編集 ]
さて、ムネオ親子のような裏切り者の汚名はギリギリ回避したが、実家を含めてスネに傷を持つイメージは付いているからな。

本当の都知事選やればどうかな?蓮舫並みの高投票になるかもしれんが、自公と都議会の圧力に老害森のちょっかいに潰されるかもしれんから、あんまし明るくないかも・・・。
[ 2016/06/21 20:47 ] [ 編集 ]
出馬すれば良かったやん、落ち目の自民党の見せ物になったやろ
ワタミとコンビを組めばいいやん
[ 2016/06/21 20:55 ] [ 編集 ]
>生活の党に迷惑をかけたくなかった。党に対する最後のご奉公という思い

結局断ったんだろ?
山本太郎やっちゃったな
本人に確認もせず、呼び捨てして、自民党に行くのはなるほどな、とか酷いわ
何で仲間を信じられないんだよ、一緒にやってきたんだろ?
[ 2016/06/21 21:00 ] [ 編集 ]
なんでやめたん?
[ 2016/06/21 21:01 ] [ 編集 ]
真山勇一元キャスター、民進党に合流
真山勇一元キャスター(櫻井よし子の天敵)、民進党に合流

■真山参院議員が辞職=民進から出馬【16参院選】
時事通信 [6/21 12:06]

山崎正昭参院議長は21日、辞職願を提出していた真山勇一参院議員(比例代表)の辞職を許可した。
旧みんなの党の比例名簿で当選した真山氏はこれまで、国会法の規定で民進党に参加できなかったが、辞職を受けて22日公示の参院選に神奈川選挙区から民進党公認で出馬する予定だ。
[ 2016/06/21 21:02 ] [ 編集 ]
ここにきて民進党の人気が回復してんだよな。
どうしてこうなった?
[ 2016/06/21 21:06 ] [ 編集 ]
愛国ビジネスが廃れてきたから?くそっ!俺もまとめサイトを作ってネトウヨから金を搾取したいなぁ
[ 2016/06/21 21:10 ] [ 編集 ]
山本太郎さん☆
本日(火)報ステ出演!
[ 2016/06/21 21:12 ] [ 編集 ]
日本会議の正体の露出が増えてきて自民党への不信がジワジワ高まってきたか。
[ 2016/06/21 21:12 ] [ 編集 ]
生長の家は野党候補支持してるみたいだし
[ 2016/06/21 21:15 ] [ 編集 ]
批判が多くて見送ったのかもね

この人、容姿にはけっして恵まれてはないけど
心根は正しく綺麗な人だと思っていたので
自民から出馬と聞いた時は本当にガッカリだったわ
[ 2016/06/21 21:17 ] [ 編集 ]
民進党が支持されてなかったのは
民進党はやる気が無いって感じてただけじゃないのか
1人区の調整を評価した人が戻ってきたんじゃない
[ 2016/06/21 21:19 ] [ 編集 ]
批判を受け入れ改心したのなら評価したい、裏切ることなかれ
「過ちを改むるに憚ることなかれ」。批判を受け入れて改心したのなら評価したい。誰でも過ちはあるし、心は迷い揺れ動くものだ。しかし心ある国民の厳しい批判を受け入れて踏みとどまったのは日本のためにも本人のためにもよかった。再び変節することなどあってはならない。釘を刺しておきたい。人が自分の利益に走るのは仕方ないことだ。だが、国会議員が自分の利益のために国民を裏切ることは決して許されない。だから、谷があまりにも醜悪な変節をしようとしたのを多くの国民が厳しく批判したのは当然だ。健全な民主主義国家を築くためには国民のそうした厳しい批判はなければならない。国民に奉仕するのが政治家の責務だ。政治家としての信条・良心があるのなら、生活の党から壊憲的改憲をたくらむ安倍自民に移ることなどありえない。もしそんなことをしたら、太平洋戦争前に大政翼賛会になだれこんで戦争推進勢力に成り下がってしまった多くの政治家の二の舞いを演じることになる。自分の利益のために、保身のために、国民を裏切る行為もいとわないなら、もはや政治家でなく醜悪な政治屋だ。戦前の政治家の多くは政治屋であった。今回の参院選に出馬せず引退する松田公太参院議員は短い国会議員生活を振り返ってこう語った。「永田町は政治家より政治屋の方が多い。選挙のために政治信条を捨てる人があまりにも多いことに驚いた」。戦後の今も、多くの国会議員は政治屋であると見なしてよいだろう。国民を裏切り保身に走る政治屋を国会から排除しなければ、特定の勢力に国政を操られてしまいかねない。
[ 2016/06/21 21:24 ] [ 編集 ]
谷の父親は暴力団構成員だから、自民がラブコールを送ったのだと思っていました。

もし谷が当選したら「日本自由民主党=暴力団」 の公式が確定しちゃいますものね。

今はかろうじてボヤけてるけど・・・
[ 2016/06/21 21:30 ] [ 編集 ]
まさかの都知事選かな。
可能性はあるな。
[ 2016/06/21 22:25 ] [ 編集 ]
谷の不倫疑惑が出ているようだけど、そのせいじゃない?
[ 2016/06/21 23:08 ] [ 編集 ]

政治家は、100年早い。

柔道一直線で良いのでは?
[ 2016/06/21 23:12 ] [ 編集 ]
あのバカ女が出るのやめて、ほんとによかった。あんなのが国会議員やってたなんて、日本も終わりだね
[ 2016/06/21 23:15 ] [ 編集 ]
世界は東京オリンピックの都知事に
谷亮子を望むだろうね。
[ 2016/06/22 03:52 ] [ 編集 ]
ママでも金にこだわった人だからオリンピックにからみたいのはわかるけど、政治じゃない方向からできないのかな。
政治利用されるから。
[ 2016/06/22 07:19 ] [ 編集 ]
議員が奉仕する先は国民。党ではないだろ。
どっち向いて仕事してたんだ?
[ 2016/06/22 08:15 ] [ 編集 ]
ほとぼりが冷めるまで大人しくすることにした、というだけのことだろう。ビッグネームはそれで一生稼ぐための、自分の為の財産でしかないのだろう。この人は政治家生活で、権力と税金というATMを自由に使える生活がある、ことを知っただけ。必ず自分の為に政界に返り咲くことだろう。あのビッグネームがある限り残念ながらこの日本では、彼女の望み通りになることだろう。不幸なのは搾り取られるだけの主権者さ。まあ、それさえ気づかないままならいっそ幸せなんじゃないか、と思うようになった。この国に漂う妙な”他よりましの受け入れ感”は、そういうことかも知れない。
[ 2016/06/22 08:39 ] [ 編集 ]
参議院は3年ごとの改選だから、東京オリンピック前に自民党から出直すのだろう。
それまではどこぞの大学教授になって鈴木大地のような使われ方もある。
[ 2016/06/22 17:02 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム