情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.06.25 08:00|カテゴリ:ニュースコメント(29)

【衝突】EU離脱派のリーダー、ロンドンの自宅で残留派に囲まれて罵声を浴びる!車の通行が出来ないほどの抗議集団!


s_ice_screenshot_20160625-020011.jpeg

【映像】EU離脱派ジョンソン前ロンドン市長、残留派に囲まれ非難浴びる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00010001-storyfulv-eurp


s_ice_screenshot_20160625-020000.jpeg
s_ice_screenshot_20160625-020005.jpeg
s_ice_screenshot_20160625-020007.jpeg
s_ice_screenshot_20160625-020013.jpeg
s_ice_screenshot_20160625-020021.jpeg
s_ice_screenshot_20160625-020031.jpeg
s_ice_screenshot_20160625-020053.jpeg
s_ice_screenshot_20160625-020111.jpeg

 前ロンドン市長で欧州連合(EU)からの離脱を支持していたボリス・ジョンソン氏が24日朝、ロンドンの自宅周辺に集まった残留支持派に囲まれる事態が発生した。
 ジョンソン氏の自宅周辺に集まった残留支持派はジョンソン氏に対し、「口だけの男」や「あまのじゃく」などの言葉を浴びせた。













ロンドンは大都市圏ということもあって、EU残留に賛成している人がとても多い場所でした。そのど真ん中にボリス・ジョンソン氏は住んでいるわけで、先日から毎日のようにずっと抗議集団が家を囲んでいるような状態になっています。

選挙でEU離脱派が勝利してからは抗議が激化しているようで、こうなるとイギリス内部で国民同士の対立が激しくなる可能性が高いです。ボリス・ジョンソン氏は次期首相候補として名前が浮上しているだけに、どうなるのか注目したいと思います。

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
絵に描いたようなパツキンなんだけど、染めてるの?
[ 2016/06/25 08:22 ] [ 編集 ]
ますます面白くなるなあ、、
ひどい政治家が政権をとって、世界市民が爆発寸前に、
カジノ経済は崩壊しかけるだろうね、カジノ経済は幻想のお荷物
なので、きっと目が覚めるまで大変だろうね。大学で資本主義は
いい事だと、重要な事だと教えられて
きたからね。

でも落ち着くと、カジノ株の経済システムはいらなかったという
ことに気づく、なくてもお金は静かに回るのに、テレビで経済コメンテーター
を持ち上げて喜ばせていたのは、あなた方でした。

失望や絶望ってほんとに、人類を成長させるね。
[ 2016/06/25 08:28 ] [ 編集 ]
残留派イングランド住民が難民化してスコットランドへw
[ 2016/06/25 08:32 ] [ 編集 ]
離脱で若者は不幸に
年寄りの威張る社会がここにも

今回の国民投票では、大学生を中心に若者はEU残留を支持した。自分の能力を活かすためのチャンスは当然、広い世間(EU圏)にたくさんあるからだ。またEU圏の大学は、エラスムスという留学プログラムを持っていて、相互に留学しやすくなっている。違う人たちと切磋琢磨する、違う人からこそ多くを学ぶことができると考えるの人にとっては、今度の国民投票の結果は不幸なものだった。EUから離脱すればこういう機会が少なくなるのは明らか。

報道によれば、離脱支持の人たちには、年金生活者や過去の「大英帝国」の栄光を忘れられない高齢者層が多いとか。

http://www.express.co.uk/news/politics/670679/EU-referendum-At-what-age-do-voters-start-backing-Brexit

このサイトによれば、68歳以上は3分の2が離脱賛成、18歳で始めて投票する若者の23%だけが離脱賛成とか。

一般化は危険と承知であえて言えば、高齢者が若者の夢やチャンスをつぶすという構図が、(日本だけでなく)イギリスでも見られるということか。ただし、イギリスの若者は選挙に関心を持っていて、わたしがイギリスにいたときにトニー・ブレアの労働党が選挙で勝利したが、その選挙戦で大学キャンパスは賑わっていた。何と、トニー・ブレアも大学まで遊説に来たのです。この点が日本と違うような。(誤解のないように、私も高齢者です。)
[ 2016/06/25 08:39 ] [ 編集 ]
カレイドはキャメロンと同じ穴の狢なんて評していたがね。
[ 2016/06/25 08:44 ] [ 編集 ]
若い人たちこそ、今回の選挙でリメインだったということは、
若い魂こそ地球の分かち合いに難民も移民も抱きいれようとする
強い意志が見て取れるね。
肉体が若い魂であればあるほど、愛や同胞意識があり地球規模の
分かち合いに協力しようとする意識を持った転生なんだね。

これから、悪いほうに向かうので、更に気づきを持つ人々が地上に
増え、環境の悪化や、それによる自然災害や作物の不作も含めて
世界の反発する声は更なる、高まりを見せるだろうね。

本当に何が大切かを知るまで、この苦しみと、戦いをしばらくみていると
面白いよね。
[ 2016/06/25 08:46 ] [ 編集 ]
>>08:39
ことはもっと複雑みたいですよ

端的にまとめれば、経済が豊かなイギリスにEU域内の人たちが来すぎて日常生活が極度に不便になっているから
http://netgeek.biz/archives/76287

年寄りが云々ではなく
中間層だった人達の生活が大変なことになってるから
これは若者も年寄りも同じ

>>08:46
>若い魂こそ地球の分かち合いに難民も移民も抱きいれようとする
現実はそんなロマンチックなもんじゃない

安倍は低賃金の労働力として移民・難民を入れようとしてるが
結局奴隷扱いでイギリスよりもカオスになるだろうね
[ 2016/06/25 08:50 ] [ 編集 ]
記事の写真の中に
富嶽三十六景の例の「神奈川沖浪裏」
首相が間違われたアレも載せてくれたら良かったのになぁ
[ 2016/06/25 08:58 ] [ 編集 ]
英、EU離脱 日本企業、岐路に 関税・円高で逆風 事業戦略見直し不可避
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-00000077-san-bus_all
欧州連合(EU)離脱の是非を問う英国民投票で離脱が決まり、英国に拠点を持つ日本企業は戦略の見直しが避けられない情勢だ。日本企業の多くが英国拠点をEU向けの輸出拠点としているが、関税の仕組みが変わる恐れがあり、輸出が減れば業績に打撃を与えかねない。実際に離脱するまで時間はあるものの、工場や人員配置の一部をEU域内に移すなどの対応を迫られそうだ。
ーーーーー
とりあえず、本当に来週為替どうするかで消費税論議なんか吹っ飛ぶくらい失う。
「庶民は感情で動く」か。

[ 2016/06/25 09:14 ] [ 編集 ]
ヤマダ君が安倍と間違えたボリスジョンソンか……「イギリスは紳士の国だから、子供の頃から何かあっても冷静でいるようにきちんと躾をされている」みたいなことをTBSの番組で話していたイギリス人コメンテーターがいたが、こういうのを見るとイギリスも普通に生臭い人間だらけなんだなと思うわ。
[ 2016/06/25 09:20 ] [ 編集 ]
安倍支持のあいこくしゃさんは、ずっと為替為替言ってるけど
こんな所でほざいてないで、安倍に直接なんとかしろとでも言えば?

もっとも、今も年金投入して必死に介入してるだろうけど、それでもコレなんだよ

な~にが「庶民は感情で動く」だよ
命に関わる生活かかってるんだから当然だろ

感情(&妄想)だけで行動してるのは安倍のバカボン
[ 2016/06/25 09:26 ] [ 編集 ]
大規模不正があったわけでもなし潔さのカケラもないんですなぁ
[ 2016/06/25 09:30 ] [ 編集 ]
冷静でいるようにきちんと躾

無言の同調圧力みたいなもんがあるんだよ。
でも騒ぐやつは騒ぐ。アスペ的な感じの人
[ 2016/06/25 09:48 ] [ 編集 ]
EUが早くイギリスの離脱手続きをしたいようなので、
キャメロンが予定より早く辞めてボリス・ジョンソンが次期首相になるかも
[ 2016/06/25 09:49 ] [ 編集 ]
「中間層の人たちがたいへん」はそのとおり。
中間層の人たちは一部の富裕層がどんだけのお金を握り締めているかを
問わずに、、貧しい難民移民、国外の人種を排斥する。
富裕層のほうを見て微笑む人たち。残留か離脱かではなく、
中間層は、一部の高額所得者、プルートたちを脅せばいいものを、
貧しい人々を脅し始めた。
弱いものいじめ。誰もこのことは言わない。

スイスも今回、ベーシックインカムを強い力を持って却下させた。
菜に行ってのよ!金持ちが一番だと。

しかし、着実にベーシックインカム制度は折を見てはやってくる。

悪徳政治家、金融業者、ストックトレーダー保険、医薬品、石油関係、不動産。あらゆる
資本を握りしめ貧しい人々に渡さない富裕層,寡頭資本家、プルートたちに今や、デモは起き、
テロは起き、洪水や地震は起き、気候変動の嵐は
ボディブローの様にきいてくるだろうね。
夢のような、ロマンチックなベーシックインカム(分かち合い)は嫌でも
成功させなきゃいけない。世界平和ってそういう事じゃなかったの。

[ 2016/06/25 09:56 ] [ 編集 ]
世界が混沌としてきている
きな臭くなってきたね
[ 2016/06/25 10:03 ] [ 編集 ]
アベノミクスの早急な打ち切り宣言するべき。

円安で株価を上げてきたが、今後、不可能となった。

リストラ、企業の倒産、投資の縮小、給料アップせず、

バブルが.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○




[ 2016/06/25 10:45 ] [ 編集 ]
104円あたりでも底入れと思いたかった。107円〜109円くらいは選挙前には戻って欲しかったけど、一時100円割って、今102円。

んー。牽引する企業の海外売上比率が増え続けてるから、1円だけで数千億円売上がなくなる。
困ったなー。

イギリスめ。サンダーランドとかスウォンジーとかそういう地域で離脱が上回ってたみたいだね。
[ 2016/06/25 11:14 ] [ 編集 ]
https://wirelesswire.jp/2016/06/54327/
https://twitter.com/may_roma?lang=ja
現地にいるこの方の報道によると、裕福な地域の人や中流階級も離脱派だそうです。
それと報道されている若者VS老人という構図ではないのです。

まとめサイト見ていると安倍信者は頭がおかしくなったんですか。サミットで安倍総理がリーマンショック級の危機を予測していたとか、ここまでくるとカルト宗教としか思えない。
[ 2016/06/25 11:48 ] [ 編集 ]
こいつらの家にイスラム難民を送りつけろよ
お花畑の連中の目も少しは覚めるんじゃないのか?

つか、決めたのは国民であってボリス・ジョンソン前ロンドン市長ではないし
これだけの広がりを持ってるんだから、一個人を叩いても全く解決しない
[ 2016/06/25 11:49 ] [ 編集 ]
もし日本がイギリスのような立場となって、外国人が何百万人も押し寄せてきたら、おれも反対(離脱)票を投じますけどね。残留は、理想だろうけど・・・やっぱり離脱する。
[ 2016/06/25 11:54 ] [ 編集 ]
これは残留派によるヘイトスピーチ。 イギリスにはヘイトスピーチ規制法は、ないのかな。
[ 2016/06/25 12:16 ] [ 編集 ]
グローバル化って金融でメシを食う人は良いけど普通の人には恩恵がない、過当競争を強いられだけ。アメリカが製造業が苦しくなったんで別のやり方で儲けようと模索した結果な気がする。中国はインドとかもそうだけど享受したな。
[ 2016/06/25 12:23 ] [ 編集 ]
離脱派が勝つ理由が分かるー。

「こんな連中です」ってアピールできて、良いですな。
[ 2016/06/25 12:51 ] [ 編集 ]
これがしばき隊か
[ 2016/06/25 13:04 ] [ 編集 ]
うちの近くのコンビニの店員さんは外国人だらけになってしまいました。
今はたどたどしい日本語で頑張っていますが、移民が増えたら英語や中国語に変わりそうです。
マイノリティになった時、日本人は日本語も使用出来なくなり、消えてゆくのだろう。
[ 2016/06/25 13:19 ] [ 編集 ]
野次っている残留派はアングロサクソン系ではないね、
[ 2016/06/25 16:19 ] [ 編集 ]
注目される、ジョンソン前ロンドン市長とゴーブ司法相

2人はEU離脱キャンペーンの顔で、深い反EU感情を持つ英保守党議員にとって今や英雄であり、次期首相の最右翼とみられる。
キングス・カレッジ・ロンドンのジョン・デービス氏は「保守党議員の3分の2はジョンソン氏かゴーブ氏を次期首相として支持するだろう」と予測。
選挙戦を通じ、2人は効果的なコンビだったとも指摘した。
[ 2016/06/25 17:05 ] [ 編集 ]
イギリスのパヨクはユダ金の手先だったのか
[ 2016/06/26 00:58 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム