情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.06.26 15:00|カテゴリ:政治・選挙コメント(24)

イギリスのEU離脱国民投票、再投票の要望が200万人を突破!請願にアクセス殺到!議会で審議へ


s_ice_screenshot_20160626-144617.jpeg
*イギリス

再投票求める請願が200万、議会で審議へ 英EU離脱
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160626-35084881-cnn-int

ロンドン(CNN) 国民投票で欧州連合(EU)からの離脱派が勝利した英国で、再投票を求めるインターネット上の請願に、25日午後の時点で200万人を超える署名が集まった。





s_ice_screenshot_20160626-143258.jpeg
s_ice_screenshot_20160626-143311.jpeg
s_ice_screenshot_20160626-143324.jpeg
s_ice_screenshot_20160626-143341.jpeg

以下、ネットの反応




























1000万人くらいの請願が集まれば別ですが、200万人くらいでは再投票を決めるとはちょっと考え難いです。民主主義の否定にも繋がるわけで、審議をやっても否決されるのが関の山だと言えます。

EU側も逆ギレして「イギリスは今直ぐに出て行け!」と言っていますし、これで再投票になる方が混乱が拡大することになるでしょう。下手をすると、離脱派と残留派の衝突を招く恐れもあり、再投票だけは絶対に避けるべきだと私は思います。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
一度、死んだ人間は、息を吹き返せない。
お前らアホか?
[ 2016/06/26 15:22 ] [ 編集 ]
やる可能性は否定出来ませんよ。
[ 2016/06/26 15:39 ] [ 編集 ]
往生際の悪い奴等だ
[ 2016/06/26 15:50 ] [ 編集 ]
確かに国の重大ごとを決めるにしては72%は低いね
民意が反映されているとは言えないし、間に議員殺害事件もあったからやり直しは妥当だと思う
あ、残留を支援しているわけじゃないよ
しかし日本は圧倒的に有権者の意見が反映されていない選挙制度なのに誰も疑問視しないから不思議
[ 2016/06/26 15:57 ] [ 編集 ]
シヴィルウォーへのカウントダウン。
[ 2016/06/26 16:01 ] [ 編集 ]
「泣きの一回」が通用するんだろうか。
エンドレスで終わらなそう。
[ 2016/06/26 16:12 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 確かに国の重大ごとを決めるにしては72%は低いね
> 民意が反映されているとは言えないし、間に議員殺害事件もあったからやり直しは妥当だと思う
> あ、残留を支援しているわけじゃないよ
> しかし日本は圧倒的に有権者の意見が反映されていない選挙制度なのに誰も疑問視しないから不思議


そんなことを言ってやり直したら、今度は離脱派の方からも同じように請願が出て来ますよ。
いつまで繰り返すのですか?
今回はこれでお終いです。
[ 2016/06/26 16:16 ] [ 編集 ]
16:16
また一部しか回答しないね
日本の選挙制度はなぜスルーかな?
嘆願は正当だからするべきですね
イギリス市民は立派ですよ
72%でさえ低いと見なすのは民主主義が発達している証拠
それ以前に議員殺害事件もあったわけですから一度両者が落ち着いて考え直す時間が必要だと思います
日本も同じ
一票の格差が違憲ならば即選挙はやり直すべきで、民意が反映していると言えるまで何回でもやるべきです
「お金がもったいない」は制度に問題があるわけで、だからと言って多数の民意をねじ伏せていい理由にはなりません
[ 2016/06/26 16:26 ] [ 編集 ]
議会解散できないの?
解散して信を問うた後じゃないとね
[ 2016/06/26 16:27 ] [ 編集 ]
イギリスがEU離脱して欲しいからって民意無視するのは違うのでは?
きちんと法を守り、審議に必要な署名数は集まったわけだからこりゃ再審議は当然の成り行き
[ 2016/06/26 16:33 ] [ 編集 ]
Look before You Leap
「跳ぶ前に見よ」という格言があるが、どうやらEU離脱に票を投じたイギリス人は、よく見ないまま跳んでしまったようだ。マンチェスターで離脱票を投じた人たちが、「こうなるとは思わなかった」とBBCに語ったり(Louisa Compton)、離脱派の強力なキャンペーンになった、移民のために医療保険制度(NHS)のサービスが低下しているというのが事実誤認であったりと(Sarah Wollaston, MP)、再投票したら、逆の結果が出そうなニュースが次々出てくる。

例えば、現在イギリスの車の77,3%が輸出され、そのうちの57,5%がEU圏向けで、関税はかかっていないのに、2年以内に、WTOの取り決め通りの10%の関税を上乗せして、EU圏へ輸出し、ドイツ車と競わなければならなくなる。(ポンド安になればある程度相殺されるが。)日産の大きな工場があるサンダーランドでも、離脱票が61%を占めた。しかし価格競争力が減ずればやがては生産量が減ずるであろう。

イギリス以外に、EU圏のポーランドやフランスに工場を持つトヨタも、WVゴルフと競合する「欧州戦略車」という扱いのオーリスハイブリッドはイギリスで生産しているから、将来を楽観できない。(つまり、イギリスのEU離脱は、日産やトヨタを含む、日本企業にも影響を与えるということ。)移民を排斥しようとして離脱を選んだ労働者階級には、「見る前に跳んだ」ことを後悔しているひとが少なくないかもーBBCに語ったマンチェスターの離脱票を投じたひとたちのように。
[ 2016/06/26 16:44 ] [ 編集 ]
イギリスは馬鹿なことをしたね
もういまさら戻りたいと言っても無駄だよ
日本は同じ轍を踏まないようしっかりと協定を結んでいかないといけない
[ 2016/06/26 16:49 ] [ 編集 ]
大手メディアによる脅しの様なEU残留大プロパガンダや、オバマの内政干渉とも取れる残留支持に対する反発も有ったのでは?
[ 2016/06/26 17:01 ] [ 編集 ]
報道の自由が日本より高い国がねぇ。議論不足だね。
[ 2016/06/26 17:30 ] [ 編集 ]
世界の支配層、要はソロスやロスチャイルドなどの、寡頭支配金融財閥は常に両立ての博打
金価格が急騰することを見越して、残留をまるで脅しのようにマスコミで主張しながらも
予め金を大量に購入。日本株式市場の下落も当然見越して予めの大量売り。これでまた安倍
自公と黒田と官僚らの莫大な年金資産株式迂回献上が成功した図式。とにかく安倍自公政権
は世界寡等支配金融財閥に日本の資産を献上するのが、与えられた使命であるということだ。
[ 2016/06/26 17:33 ] [ 編集 ]
>1000万人くらいの請願が集まれば別ですが
1000万人くらいの根拠は?
[ 2016/06/26 18:31 ] [ 編集 ]
これ、よっぽど想定外だったのか、よっぽどアメリカも寝耳に水だったんだなと思う。
[ 2016/06/26 19:20 ] [ 編集 ]
王政はどちらかと言えば社会主義に近い制度だからな。 いうなれば北欧のハイブリッド政治の逆ハイブリッド。
[ 2016/06/26 19:37 ] [ 編集 ]
再投票なんてことになったら、暴動が起きるだろうね。イギリスはもともと暴動の起きやすい国だから。
[ 2016/06/26 19:53 ] [ 編集 ]
再投票したらただでさえ分裂状態なのに更なる亀裂が入る事間違いなしですね。
再投票するには前回投票に民主主義的で無い何かの要素が見つからない限り無理。
[ 2016/06/27 08:09 ] [ 編集 ]
再投票なんて暴動になってありえないってよ。聞いてるかおおさか維新。
[ 2016/06/27 09:20 ] [ 編集 ]
ユーラシア大陸を挟んで
ユーラシア大陸を挟んで西と東の端で、「新しい判断」が勢いを見せてるが・・・
[ 2016/06/27 12:59 ] [ 編集 ]
こんなはずじゃなかった。

数年後、十数年後の日本にも訪れそうな事態かもしれない、
この顛末を教訓と出来なければ・・・、とすぐに思い浮かんだ。
[ 2016/06/27 13:22 ] [ 編集 ]
半分近く残留派がいれば、それだけ再投票を願う人もいるわな
[ 2016/07/07 17:38 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム