情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.07.02 06:00|カテゴリ:ニュースコメント(6)

京大病院の実験室で「ドカン」と爆発音!火災直後に毎時0.5マイクロシーベルトを検出、実験室から出火!


s_ice_screenshot_20160702-034819.jpeg

<京大病院>「ドカーンと大きな音」実験室出火、放射線検出
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000119-mai-soci

 1日午後6時15分ごろ、京都市左京区の京都大学付属病院・旧産婦人科病舎(鉄筋コンクリート地上4階、地下1階建て)の1階実験室から出火、約30平方メートルを焼いて約3時間45分後に消えた。実験室では放射性物質を扱っており、京都市消防局が付近で放射線量を測定、火災直後に毎時0.5マイクロシーベルトを検出した。



















全国のモニタリングポストや放射能速報地図では大きな異常は見られず、漏れた放射能の量も日常生活の範囲内だと言えます。ただ、放射線が検出されたという事実があるため、今後も火災現場から有毒な物質が漏れないか注目したいところです。

出火したのはRI(放射性同位元素)低レベル実験室で、医薬品関連の実験をしている最中に燃えたと報じられています。男女3人が煙を吸っており、その内の男性一人が入院中です。
大きな被害はありませんでしたが、危険な物質を取り扱っているだけに、原因を特定して再発防止策を徹底して欲しいと思います。

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
今回は0.5μSv/hくらいで済んだから良いけど、
そんな危険な物質を扱ってるなら、
すぐに学生を避難させたほうが良いんじゃないのかな。

危機管理ができているのか、少し心配になってしまった。
[ 2016/07/02 08:00 ] [ 編集 ]
原発動かす奴等の悪影響が出た・・・とは思いたくないが。
[ 2016/07/02 08:16 ] [ 編集 ]
大学の実験・研究用の原子炉停止は人材育成に大きなマイナスを招く
2014.10.22
http://enercon.jp/topics/7985/?list=focal


↓再稼働へ


研究用原子炉、初の「合格」=京大と近大施設に-規制委
(2016/04/13-12:06)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041300369&g=soc
[ 2016/07/02 09:08 ] [ 編集 ]
実験用は必要かもしれないね。デブリの状態を探る実験で、韓国の施設を借りてやってたみたいだし。
[ 2016/07/02 09:31 ] [ 編集 ]
フクイチで感心が高まっただけで、この手の放射線事故は昔から起きてたのかもね。
[ 2016/07/02 11:01 ] [ 編集 ]
[ 2016/07/02 12:07 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム