情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.07.07 21:00|カテゴリ:世界の災害情報コメント(13)

【ヤバイ】台風が激減した原因は太陽活動の異常だった!?今年の黒点数、過去数十年で最低!数百年ぶりにミニ氷河期突入の恐れ


s_ice_screenshot_20160707-105751.jpeg

今年の台風は観測史上2番目となるほど発生の数が少ないですが、このような異常気象が発生している原因は太陽活動の異変である可能性が高いと見られています。

NASAなどの太陽観測情報を公開している宇宙天気ニュースによると、今年の太陽で発生している黒点数は2006年以来の低水準が続いているとのことです。
実は2012年に「磁場の4極化(磁場転換)」という異常な活動が太陽では観測され、それからずっと活動が弱まっていました。稀に強いフレアや爆発現象を観測することもありますが、基本的には黒点数が低迷しているのです。

このような太陽の異常活動は数百年前に観測された「マウンダー極小期」という時期にも見られ、このまま太陽活動の異常が継続すると地球が本格的な氷河期に突入する恐れがあると言えるでしょう。
寒冷化というのは突然にやって来るケースも記録に残っているため、今の内に寒さ対策をしておいた方が良さそうです・・・。

↓黒点が消えた太陽
s_ice_screenshot_20160707-105536.jpeg
s_ice_screenshot_20160707-105442.jpeg

宇宙天気ニュース
http://swnews.jp/


s_ice_screenshot_20160707-105517.jpeg
2016/ 7/ 2 13:15 更新
6月の黒点相対数は、20.9 と大きく下がっています。

担当 篠原

6月の黒点相対数は、20.9 とWDC-SILSOより発表されました。
5月は、52.1 だったので、一気に半分以下に下がっています。
黒点相対数が 20 まで下がったのは、2010年6月の18.8以来で、6年ぶりのことです。

ただし、これは第24期の始まりの頃の値です。
今回の様に周期の後半で初めて20に下がったのは、前周期の第23期では、2006年1月のことです。
この時も 20.9 と偶然ですが今回と同じ値になっています。



A spotless sun: Incredible image shows solar activity at its quietest in 100 years - and some say it could trigger a mini ice age
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3661875/A-spotless-sun-Incredible-image-shows-solar-activity-quietest-100-years-say-trigger-mini-ice-age.html

s_ice_screenshot_20160707-105637.jpeg






関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
太陽黒点ゼロの時代に突入する可能性も??ミニ氷河期到来なら?地球温暖化サギ屋さんはどうするんだろ?
[ 2016/07/07 21:10 ] [ 編集 ]
氷河期突入で大地震も火山噴火も頻発するだろうな。
[ 2016/07/07 21:13 ] [ 編集 ]
10日間くらい黒点なしなんだっけ

[ 2016/07/07 21:51 ] [ 編集 ]
石油ガンガン燃やそーぜぇー
原発イラネ
[ 2016/07/07 22:23 ] [ 編集 ]
オゾンホールが小さくなっている

地球温暖化だとニュースで言わせているのは

原発を稼働させたいための口実ではなかろうか
[ 2016/07/07 23:37 ] [ 編集 ]
アル・ゴア「不都合な真実だ」

[ 2016/07/07 23:37 ]
オゾンホールのフロン原因説のウソ
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-5365.html
[ 2016/07/08 00:04 ] [ 編集 ]
日本に住むの止めてみんな東南アジアに移住しよう。
[ 2016/07/08 02:52 ] [ 編集 ]
2022年にピークを迎える第25周期までは、2つの波がお互いを相殺する傾向が次第に強まるという。2030年から2040年にかけての第26周期に入ると、2つの波の同期が完全にずれ、太陽活動が「大幅に低下」するという。

「第26周期では、2つの波が完全に鏡のような動きになります。ピークの時期は同じですが、それぞれ太陽の反対側の半球内で発生します。この相互作用は阻害 的、つまりお互いをほとんど打ち消してしまいます。これによって、『マウンダー極小期』の特性が生じることになると予想しています」と、ジャルコヴァ教授は述べている。

つまりもう直ぐマウンダー極小期(小氷河期)に入ると言う事ですね。

イエローストーンが噴火しても噴煙で太陽光が閉ざされてしまうしどちらにしても未来は暗いなー

ペスト等の伝染病が流行ったら東京等人口密集地だとあっという間にパンデミックですね。
[ 2016/07/08 04:02 ] [ 編集 ]
自然現象まで利用して原発ムニュムニュ最低やね。宇宙&地球の歴史なんだから暑い冷たいそりゃ色々あるわな。大体だ温暖化ナンテ計算しやすい二酸化炭素を悪者にしただけ、本来の悪者は水蒸気じゃねえか(*^^*)
[ 2016/07/08 05:21 ] [ 編集 ]
いいかげん100年先のコンピュータ予測など止めてほしい。混乱を招くだけだ。
10日先の天気も予測できないのに、100年先などわかるわけがない。
[ 2016/07/08 07:09 ] [ 編集 ]
水蒸気も温暖化も悪者じゃないよ

人間が地球に住ませて貰ってるんだから

もっと謙虚に自然環境の変化に合わせて増減すれば良いだけの事。
[ 2016/07/08 10:32 ] [ 編集 ]
結局皆金がほしいから地球を破壊してる。
[ 2016/07/08 14:26 ] [ 編集 ]
黒点と台風の因果関係の説明を!
黒点が少ない、又はなくなると何故台風が発生しにくいか?説明がなくありませんか?
その因果関係の具体的な説明が欠如していませんか?
科学的、理論的説明がありませんが、、、わかっているのですかね、黒点がなくなってしまうと、台風が発生しない訳は?
[ 2016/08/16 23:33 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム