情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.07.11 21:00|カテゴリ:噴火関連情報コメント(12)

【注意】桜島で噴火が継続!火砕流や火山性地震も観測!噴火警戒レベル3を維持、気象庁が注意喚起へ 


s_ice_screenshot_20160711-172856.jpeg

桜島で噴火続く
http://www.sankei.com/region/news/160709/rgn1607090064-n1.html

 気象庁は8日、6月の火山概況を発表した。九州では、鹿児島県の桜島で噴火が継続し、火砕流が発生した。活動の推移に注意が必要として噴火警戒レベルは3(入山規制)を維持し、警戒を呼び掛けている。



火山名 桜島 火山の状況に関する解説情報 第46号
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/info_05_20160711160037.html

7月8日からの火山性地震、火山性微動、爆発的噴火の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
              火山性地震  火山性微動  爆発的噴火
   7月 8日         1回     0回     0回
      9日         0回     0回     0回
     10日         2回     0回     0回
     11日15時まで    0回     0回     0回



↓桜島では山体膨張が継続中
国土地理院 桜島分析 
 http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/H27-sakurajima.html
 

干渉SAR(2015年8月24日~2016年2月8日) 2月17日公表 NEW
2015年8月24日から2016年2月8日のSAR解析結果
20160218225030ppo@o@op.jpg
図:2015年8月24日から2016年2月8日の解析結果

観測条件(1)のデータを用いて解析を行いました。解析の期間は, 2015年8月24日から2016年2月8日の24週間(約5か月間)です。南岳山頂火口の東側の広い範囲で最大6cm程度の衛星から遠ざかる地殻変動が見られます。















大規模な噴火ではないですが、ちょっと溜め込んでいるエネルギーがジワジワと溢れているような感じがあります。桜島では2015年から山体膨張という山が膨らむ現象が観測されており、噴火に必要なエネルギーが過去100年間で最大規模になりました。
再び最大級の噴火になると、昭和の大噴火に匹敵する恐れがあると言え、今後も桜島の火山活動には注意が必要です。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
熊本地震 から
震源が 南下傾向 なのと
関連性を 疑ってしまうんだが

[ 2016/07/11 21:17 ] [ 編集 ]
鹿児島知事に三反園氏 「原発いったん停止し再検査を」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160710-00000055-asahi-pol

「私は原発のない社会をつくろうと一貫して訴えている。熊本地震を受け、原発をいったん停止して再検査し、活断層の調査をすべきだ」と発言。安全性に問題が見つかった場合の対応を報道陣に尋ねられ、「安全性が確保されない原発は動かすわけにはいかない」と述べた。

[ 2016/07/11 21:50 ] [ 編集 ]
新知事様、早く川内の物騒なモンを止めてください、お願いします。

九電の圧力にも負けずに・・・。
[ 2016/07/11 21:59 ] [ 編集 ]
これは早急に緊急事態条項を制定しないといけないですね!
[ 2016/07/11 22:03 ] [ 編集 ]
ポンペイになれ
私が一番嫌いな鹿児島がポンペイになりますように
[ 2016/07/11 22:25 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/07/11 22:27 ] [ 編集 ]
亡国の徒「愛国太郎」よ、アベと共にフクイチを収束させよ!
原子力緊急事態発令中につき、最高責任者であるアベと亡国の徒「愛国太郎」は日本国の安寧のために何をなすべきか、フクイチ2号機の圧力釜の状況を調べて来なさい。

解決策が見いだせるまでは帰ること能わずなれば、もし家族が居るなれば今生の別れをゆるすとアベにも伝へてもよかるべし、夫婦関係の有無は緊急事態とは問わずなれど、子孫のことをまずは憂えたまえ・・アーメン・・・
[ 2016/07/11 22:44 ] [ 編集 ]
2225ついに正体を現したらな外国人特有ネサヨ論。鹿児島が灰に埋もれる位の降灰なら九州が壊滅すんじゃねえか😅成層圏なんかの影響を知らんとは(;´д`)嫌いな日本の西日本一帯イカ、日本の広範囲が影響下になるわな外国人のネサヨ惚け。
[ 2016/07/12 05:03 ] [ 編集 ]
自然現象まで己の好き嫌い感情で判断するあさましい野郎もいるんだ。鬼畜外道そのものに限って名無しとはどうよ半値付け外道ふりを曝せや。
[ 2016/07/12 06:37 ] [ 編集 ]
★(「稼働中の原発を停止させる日本初の司法判断」が勝利!)
★(「稼働中の原発を停止させる日本初の司法判断」が勝利!)高浜原発の運転差し止め維持!大津地裁、関電異議認めず!(朝日2016年7月12日)
 関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転を差し止めた大津地裁の仮処分決定について、同地裁(山本善彦裁判長)は12日、取り消しを求めた関電の保全異議を退けた。関電側は大阪高裁へ保全抗告する方針だが、差し止めの効力は維持され、2基を動かせない状態が続く。異議審は、差し止め決定を出した山本裁判長ら3人の裁判官が担当。山本裁判長は関電側が申し立てた執行停止も6月却下した。
 3月の差し止め決定は、関電が2基の安全性の証明を尽くしておらず、地震・津波対策や避難計画にも疑問が残るなどと指摘。滋賀県の住民29人が訴えた人格権侵害の恐れを認め、稼働中の原発を停止させる初の司法判断となった。1月に再稼働した3号機は仮処分決定を受け、運転を停止。4号機は2月に再稼働したが、直後のトラブルで緊急停止したままだ。
 関電側は仮処分決定を「実質的にゼロリスクを求めるに等しい」と批判し、異議を申し立てた。異議審では、運転停止の経済的損失が1日約3億円に上り、電気料金値下げの見送りで市民生活や経済活動に大きな影響が出ていると主張。「原審で安全性の立証は尽くした」との見解は変えず、審理の早期終結を主張した。住民側は「安全対策は不十分で、避難計画も実効的でない」などと改めて主張していた。
★野党はどうして脱原発(国民の7割が賛成するテーマ)を前面にださない!!
[ 2016/07/12 16:30 ] [ 編集 ]
鹿児島知事に三反園氏 「原発いったん停止し再検査を」
★参院選よりはるかに重要な「日本一保守王国」における「脱原発」の勝利
★九州電力株急落、一時は今年最安値 三反園氏の当選で(朝日2016年7月11日)
鹿児島知事に三反園氏 「原発いったん停止し再検査を」
http://www.asahi.com/articles/ASJ7C3R2NJ7CTIPE00R.html?iref=comtop_8_07
 鹿児島県知事選は10日投開票され、無所属新顔で元テレビ朝日コメンテーターの三反園訓氏(58)が無所属現職の伊藤祐一郎氏(68)を破り、初当選を確実にした。三反園氏は伊藤氏の4選阻止を訴え、民進、社民両党県組織や保守系地方議員の一部の支援を得て草の根の選挙戦を展開した。
 選挙事務所の内外に集まった支持者約200人の前に、三反園氏は午後8時24分に姿を見せた。「私は原発のない社会をつくろうと一貫して訴えている。熊本地震を受け、原発をいったん停止して再検査し、活断層の調査をすべきだ」と発言。安全性に問題が見つかった場合の対応を報道陣に尋ねられ、「安全性が確保されない原発は動かすわけにはいかない」と述べた。
 鹿児島県で過去に4選した知事はおらず、伊藤氏の4選の是非が焦点の一つとなった。三反園氏は多選を批判するとともに、熊本地震の発生で九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の安全性に不安が広がると、反原発グループとも連携。「川内原発を停止し、点検するよう九電に申し入れる」との公約を掲げ、支持を広げた。一方で、選挙戦では反原発の主張を強調せず、保守層にも気を配った。伊藤氏は自民、公明両党の支援を得て組織戦を展開したが、及ばなかった。
[ 2016/07/12 16:31 ] [ 編集 ]
憲法「改正」で緊急事態条項の導入、東日本大震災の被災自治体のうち97%が必要ないとのアンケート結果。
緊急事態条項に関して、災害に遭った自治体の首長たちの見解は『地方自治体の権限強化』の方が重要で、そちらで充分対応できるので、『緊急事態要項は必要ない』ということですね。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/ebf33c4d7f9e10fa42a2a489b3282896

日弁連が東日本大震災で被災した自治体に対し、災害対応で「現在の憲法が障害になったか」とアンケートを行ったところ、返答があった24の自治体のうち23の自治体が
「障害にはならなかった」
と答えたことが紹介されました。

 結果を分析した兵庫県弁護士会の有名な災害弁護士である永井幸寿弁護士は、当然のことながら、
「災害対策において同条項の必要性はない」
との見解を示しました。
[ 2016/07/12 16:47 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム