情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.07.17 06:00|カテゴリ:政治経済コメント(7)

【カオス】トルコの反乱軍、トルコ艦隊司令官が乗ったフリゲート艦を強奪!トルコの米空軍基地では停電!各地で衝突が続く!


s_ice_screenshot_20160717-032126.jpeg

7月16日にトルコで発生した大規模な軍事クーデターですが、依然として各地で衝突が続いています。首都の反乱軍は大半が政府軍によって制圧されましたが、残存した部隊が各地で抵抗しており、トルコ艦隊の司令官が乗ったフリゲート艦を強奪するなどしました。

トルコの米軍基地でも謎の停電が発生し、反乱軍と政府軍の戦いは今も継続中です。これらの動きと関連があるのかは分かりませんが、エルドアン大統領の飛行機がイスタンブールから飛び立ったという報告もあります。
安全な場所に避難した可能性もあり、今後もトルコ情勢は流動的に動きそうです。


クーデター支持派 トルコ艦隊司令官が乗ったフリゲート艦を奪う
http://jp.sputniknews.com/incidents/20160716/2500718.html


トルコのクーデター支持派は、フリゲート軍艦を奪い、乗っていたトルコ艦隊司令官を人質にした。CNNチュルクが伝えた。
フリゲート艦が奪われたのは、マルマラ海に面するゲリジュク基地だ。
先にトルコ当局は、政権奪取の試みが再燃する可能性があると警告していた。



トルコの米空軍基地 停電
http://jp.sputniknews.com/incidents/20160716/2501970.html


NATO諸国の航空機も置かれているトルコ軍のインジルリク空軍基地は、現地当局により、封鎖され、電気の供給も止められている。

テレビCNNチュルクは、米国の外交筋からの情報として次のように伝えた-
「駐トルコ米国領事館の情報では、現地当局は、インジルリク空軍基地への出入りを禁じ、基地内への電気の供給もストップさせた。米領事部は、米国市民に対し、正常な体制に戻るまで基地を訪れないよう呼び掛けている。」



トルコ大統領 イスタンブールから何処ともなく飛び去る
http://jp.sputniknews.com/incidents/20160716/2502176.html

テレビ報道によれば、大統領を乗せた特別機は、イスタンブールのアタチュルク国際空港から飛び立ったが、行く先は明らかではない。
大統領の居場所について、トルコ当局からの公式の確認情報は届いていない。


















関連過去記事

トルコのクーデター、完全に鎮圧される!軍人を1500人以上逮捕!戦闘で死傷者1000人以上!エルドアン大統領「徹底的に取り締まる」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12549.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
まだ諦めてなかったのか。
[ 2016/07/17 06:16 ] [ 編集 ]
この国でも起きませんかね。嘗て長州のテロリスト集団が行ったように
[ 2016/07/17 07:02 ] [ 編集 ]
戦艦ポチョムキンを彷彿
[ 2016/07/17 07:47 ] [ 編集 ]
トルコ空軍の首脳部がクーデターの首謀者か
[ 2016/07/17 08:03 ] [ 編集 ]
映画の観すぎ。 クーデターの成功例と失敗例を比べれば今回の話はテレビで報道する価値すらなかった。 一部の自称軍事オタクだけがネットで躍起になって追いかけていた低脳な話。
[ 2016/07/17 08:54 ] [ 編集 ]
制圧されてないじゃん
[ 2016/07/17 09:15 ] [ 編集 ]
フィフィウザいな、いちいち出てくるな。
[ 2016/07/17 11:26 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム