情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.07.19 13:30|カテゴリ:政治経済コメント(17)

トルコのエルドアン大統領、公務員約9000人を解任!拘束した人達は収容所へ!死刑制度復活にドイツはNO!EU加盟拒否も示唆


s_ice_screenshot_20160719-055416.jpeg

軍将校103人の身柄拘束、公務員約9000人を解任 トルコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160718-00000025-jij_afp-int

 また同通信が内務省の発表として伝えたところによると、数多くの警察官を含む公務員約9000人が解任された。内務省によれば、警察官7899人、県知事1人、市町村長29人を含む公務員計8777人が解任されたという。



トルコ死刑復活ならEU加盟できず、独がクーデター処罰でけん制
http://jp.reuters.com/article/turkey-security-germany-idJPKCN0ZY1Y0

[ベルリン 18日 ロイター] - ドイツ政府のザイベルト報道官は18日、トルコが死刑制度を復活させるならば欧州連合(EU)には加盟できないとの認識を示した。トルコのエルドアン大統領が、同国で起きたクーデター未遂に関連して死刑復活の可能性に言及したことに対して述べた。



↓拘束された軍人や公務員の扱い
Picture shows arrested Turkish soldiers naked and bound in gym after failed coup
http://metro.co.uk/2016/07/18/picture-shows-arrested-turkish-soldiers-naked-and-bound-in-gym-after-failed-coup-6012602/

s_ice_screenshot_20160719-054829.jpeg
s_ice_screenshot_20160719-054848.jpeg
s_ice_screenshot_20160719-054908.jpeg
s_ice_screenshot_20160719-054953.jpeg













クーデターとは言え、国のことを真剣に考えて立ち上がった彼らにこのような仕打ちをするのはあまりにも酷いです。死罪なのは分かりますが、EU加盟という大きな目標を捨ててまで死刑を復活させるのはリスクになると思います。

ほぼ確実にエルドアン大統領の権限が強化されることになるわけで、このままだとトルコは中東のナチス・ドイツに生まれ変わることになるかもしれません。

エルドアン大統領には前から過激な独裁者の片鱗が見え隠れしていましたが、今回のクーデター騒動で一気に動き出した感じがあります。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
これ、安部独裁のプロパガンダ
[ 2016/07/19 13:37 ] [ 編集 ]
独裁者はバカ。だからドンパチビジネスがしたいアメ公共には絶好の腹話術人形。

トルコと日本、北朝鮮でわかっだろ。
[ 2016/07/19 13:49 ] [ 編集 ]
世界は愚かな民衆のせいで破滅へと向かっている
この流れは誰にも止められない
[ 2016/07/19 13:49 ] [ 編集 ]
死刑は世界レベルで廃止すべきだ、死刑は人類史における誤り
犯罪者にも人権はある
[ 2016/07/19 13:54 ] [ 編集 ]
この騒動で一番得をしたのは、エルドアン。

独裁者のやり方。
[ 2016/07/19 14:06 ] [ 編集 ]
ナチスドイツ国会議事堂放火事件

1933年2月27日夜、ベルリンの国会議事堂が炎上、ヒトラー内閣はそれを共産党員の放火と断定し、共産党弾圧の口実とした。

http://www.y-history.net/appendix/wh1504-078.html

似てる気がする。
[ 2016/07/19 14:15 ] [ 編集 ]
米国よ あまりエルドアンを追い込むと、ISに資金支援して、軍事訓練をしてることを バラされるぜ (笑)
[ 2016/07/19 14:44 ] [ 編集 ]
あらら・・・また、消されちゃったね(笑)
[ 2016/07/19 15:10 ] [ 編集 ]
👍そりゃもちろん泣きわめく
[ 2016/07/19 15:42 ] [ 編集 ]
イギリスのEU離脱にはトルコがEU加盟すると今以上にイスラム系移民が大量に入ってきて
テロを起こすかもしれないという懸念が一因にあったとか。

EU加盟は誰もが夢みるみたいだが、加盟すると実態は失業率のアップや治安の悪化など負の連鎖。
結局EU加盟で「誰が得する」かというと、「一部の金持ちや資産家・大企業」であり大半の庶民には
何のメリットもないのが現状。
[ 2016/07/19 15:48 ] [ 編集 ]
死刑制度を廃止しても捕まえる前に射殺したら同じではないだろうか。
[ 2016/07/19 16:23 ] [ 編集 ]
まずは、話し合おう。

 大統領ならば、穏便に引き下がった、クーデター軍の元兵士達と、
 腹を割って、お互いの意見交換をし、このタイミングで、徹底討論すべき。

 そうではなく、死刑論を持ち出すなら、
 世界は、元クーデター軍の兵士達のほうが、
 良識があったのではないかとの疑問を持つことになるだろう。

 クーデターの兵士達は、すでに、戦闘を止めている。

 日本人の美学としては、

 『 すでに、反省している者を訴追するのは、間違っている 』

 という良識がある。

 暴力というのは、あくまでも、

 『 何度、言っても、わからない奴に対処するもの 』

 なのである。

 何度言っても、わからないなら、
 良識のある大人は、子供にも、ビンタを食らわすのである。
 なぜなら、子供は、言っても、理解ができず、わからない場合があるからだ。

 間違ったことをしても、一度も、親からも、他人からも、怒られたことも、
 ぶん殴られたこともなく、大人になった人間は、
 一種の、狂人と変わりなく、幼少期の間違いが是正されることもないからだ。
 学校や社会が、それを是とする時代には、
 どこかしら、狂った集団が、まとまって、社会に出現することになる。

 それは、長い眼で見ると、完全に、間違っているのである。

 しかし、それは、正すためであり、殺すためではない。

 大人になれば、もはや、あなたがたが、いかに、
 間違っていても、ビンタしてくれる人間もいない。

 良識ある個人なら、誰であれ、間違った集団に属して、巻き込まれるより、
 それを正すことなく、そこから、逃げ出すことを選ぶ。
 

 しかし、本当に、国や社会を良くしたいのならば、そこには、

 『 1回言って、わからなければ、1000回言おう 』

 という努力が生まれる。

 そこには、

 『 人は、言葉を理解し、頭で考える力を持ち、
   反省する能力があり、曲がった心を是正する力があるはずだ 』

 という性善説に基づいた考えがある。

 それは、人間愛から、出発した、ものの考え方である。

 今の世の中は、正しいことを言う人間が、黙りこくってしまって、
 一方で、人に、つきまとって、
 影口をたたいたり、集団でつきまとったり、
 自分より立派な人間を貶めようと画策するような連中が、
 メディアまがいの集団ストーカーになって、影になり日向になり、大騒ぎしては、
 自分で、ものが考えられない人々を、巻き込んで洗脳しようと躍起だ。

 このような中にあって、良識のある人間は、
 どこにもいないかのように錯覚するのは間違っている。

 もし、双方共、良識に欠けるなら、
 双方が、良識に到達するまで、話し合うべきである。

[ 2016/07/19 16:23 ] [ 編集 ]
日本の言論統制も怖い
参議院選の翌日から米軍ヘリパット建設資材を搬入。

怒りに燃える沖縄・東村高江を見殺しにする本土メディアこそ「第二の加害者」 2016 年 7 月 17 日


http://blogs.yahoo.co.jp/panaponnniwa/14652687.html 
[ 2016/07/19 17:32 ] [ 編集 ]
やめてよあべっちがまねしたがるから
[ 2016/07/19 19:11 ] [ 編集 ]
トルコの国民からしたら、エルドアンは気に入らないが、一応民主主義の振りはしてくれる。しかし、軍に掌握されたら完全に独裁国家になってしまうから、渋々エルドアンを支持しているようです。ドイツはEU加盟を拒否しつつも、トルコの混乱が早く収束する事により、ヨーロッパへの難民が押さえられるので、内心ホッとしているのでは?との事です。ジャム・ザ・ワールド情報でした。
[ 2016/07/19 22:44 ] [ 編集 ]
ドイツの列車で事件 ロシアドーピングでリオ締め出しか?いろいろあるね
[ 2016/07/19 23:28 ] [ 編集 ]
死刑なんて復活したら後進国に逆戻りだろ。日本みたいな。
[ 2016/07/20 09:20 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム