情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.11.25 16:30|カテゴリ:政治経済コメント(7)

国際基準であるツワネ原則を無視している特定秘密保護法案!ツワネ原則では告発者の保護、非公務員への処罰禁止などが定められている!


jtokutitehimihogouann112500010010100.jpg
自民党は未だに11月26日に特定秘密保護法案を採決して、衆議院を通過させようとする構えを崩していませんが、国会を通過する以前に、この特定秘密保護法案は情報の取り扱いを定めた国際基準である「ツワネ原則」に違反しています。ツワネ原則では情報規制対象は国防関連の作戦や情報源などに限定しており、非公務員への処罰は原則として対象外となっている上に、すべての情報にアクセスできる独立監視機関を置く事を定めているのです。

特定秘密保護法案では第三者機関設置の話が出ていますが、現時点では議論止まり。また、政府関係者は「特定秘密と接触した民間人も処罰対象」と明言していることから、これに関してもツワネ原則を破っています。

しかも、ツワネ原則には、「国際人権・人道法に反する情報は秘密にしてはならない」とか、「秘密指定の期限や公開請求手続きを定める」というような事も記載されているわけで、内閣の判断次第で自由に情報公開日時を変更することが出来る特定秘密保護法案は全てに違反していると言えるでしょう。

国連の人権理事会が先日に「特定秘密保護法案は危険」と懸念を発表したのも、これらの基準や規則に反しているからです。アメリカすらも最低限のことは守っており、情報を監視する独立委員会や民間人も使える情報公開制度を作っています。
特定秘密保護法案は北朝鮮のようような独裁国家レベルの悪法であり、これを可決するのならば、最低でもツワネ原則を守るべきです。それが出来ないのならば、廃案するべきだと私は思います。


☆国連 ツワネ原則全文
URL http://www.opensocietyfoundations.org/sites/default/files/global-principles-national-security-10232013.pdf

tuwanegsnnsoku112501.jpg
tuwanegennsoku112502.jpg
tuwanegennsoku112503.jpg

☆【秘密保護法案】 「世界の潮流に背く」 ツワネ原則に注目集まる
URL http://www.47news.jp/47topics/e/247811.php

引用:
21日夕、東京の日比谷公園。反対集会に詰め掛けた市民らを前に、海渡雄一(かいど・ゆういち)弁護士が法案を厳しく批判した。「国際基準に照らして全く失格だ。あらゆる点でツワネ原則に沿っていない」
 ツワネ原則の正式名称は「国家安全保障と情報への権利に関する国際原則」。安全保障や人権の専門家ら70カ国500人以上が、2年間にわたる計14回の会議を経て、今年6月に南アフリカ・ツワネで発表した。
 国家には秘匿すべき情報があることを前提に50項目で構成されており、秘密保持の在り方や人権とのバランスを具体的に規定している。

 ツワネ原則は、秘密の範囲や指定期間を「防衛計画、兵器開発、情報機関で使われる情報源など狭い分野で合法的に情報を制限できる」「必要な期間に限るべきであり、無制限であってはならない。最長期間は法律で定めるべきだ」としている。

 法案では、特定秘密の対象は防衛、外交、スパイ活動防止、テロ活動防止の4分野。条文は抽象的で「その他」との文言も多数あり、拡大解釈される恐れがある。上限5年の指定期間は延長可能。与野党の修正協議では「最長60年」としながら、7項目の例外もあるとしている。
 衆院国家安全保障特別委員会の参考人質疑で、ツワネ原則を取り上げた上智大の田島泰彦(たじま・やすひこ)教授は「国の安全を著しく脅かす必要最小限度の情報を特定秘密とすべきだ。法案は全く違う方向であり、秘密が際限なく広がる恐れがある」と話す。

 処罰対象でも違いは明白だ。ツワネ原則では「ジャーナリストや市民は秘密を受け取ったり、公開したりすることで処罰されるべきではない」と明記しているが、法案では公務員以外も最高懲役10年が科され、漏えいの共謀、教唆、扇動も罰せられる。
:引用終了

☆秘密法とツワネ原則 国際基準無視の欠陥法だ
URL http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-215700-storytopic-11.html

引用:
 安倍政権が成立に血まなこになっている特定秘密保護法案が、国際基準に照らしても欠陥だらけであることが明らかになってきた。
 世界70カ国、500人以上の安全保障や人権の専門家が作った、情報アクセスの権利に関する「ツワネ原則」がその基準だ。

 2年間で計14回の会議を経て、今年6月に南アフリカ・ツワネで発表されたばかりだ。秘密法案はツワネ原則を知らずに、あるいはあえて無視して作成されたとしか思えない。
 ツワネ原則は、秘密の範囲や指定期間を「防衛計画、兵器開発、情報機関で使われる情報源など狭い分野で合法的に情報を制限できる」「必要な期間に限るべきであり、無制限であってはならない」と、限定的に規定している。

 大前提にあるのは国民の知る権利だ。国民には政府の情報を知る権利があり、政府は知る権利を制限する正当性を説明する責務がある、と強調している。
 秘密法案には「(知る権利が)国家や国民の安全に優先するという考え方は基本的に間違い」(町村信孝元外相)といった考え方が横たわる。まず根幹の人権感覚、人権意識から大きく違うのだ。
 ツワネ原則は人権や人道主義への違反、環境破壊などに関しては非公開にすべきでないと歯止めをかける。しかし秘密法案は防衛、外交、スパイ活動防止、テロ活動防止の4分野にわたるほか「その他」との文言も多数あり、際限なく秘密指定される恐れがある。
:引用終了

☆秘密保護法案与野党攻防ヤマ場
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131125/k10013304721000.html

引用:
自民・公明両党が、特定秘密保護法案を今の国会の会期内に成立させるため、26日衆議院を通過させる構えなのに対し、修正合意した日本維新の会などは審議が不十分だとしていて、法案の衆議院通過を巡る与野党の攻防がヤマ場を迎えています。

特定秘密保護法案を審議している衆議院の特別委員会は、25日、福島市で地方公聴会を行ったあと委員会を開き、自民党、公明党、日本維新の会、みんなの党の4党による修正案の趣旨説明が行われることになっています。
法案の取り扱いを巡って、与党側は、衆議院で採決する環境は整ったとしており、自民党の石破幹事長は「政府が法案審議でいろいろな懸念に答えられるように努力し、与党としても特別委員会の現場で努力して、野党の理解も進んだと思う」と述べました。

そして与党側は、来月6日までの今の国会の会期内に法案を成立させるため、26日特別委員会を開き、安倍総理大臣も出席して質疑と採決を行ったあと、直ちに衆議院本会議に緊急上程して、その日のうちに衆議院を通過させる構えです。
これに対し民主党は、大畠幹事長が「法案を性急に採決すれば、日本の将来に禍根を残すことになる」と述べるなど、審議が不十分だとして今の国会での成立は見送り、継続審議にすべきだとしています。
:引用終了


特定秘密保護法案成立の鍵を握っているのは「維新の会」です。民主党や社民党は断固反対の構えを見せており、こちらに関しては問題無いと思いますが、みんなの党は特定秘密保護法案の可決に賛成しています。
自民党と公明党は「野党が賛成した」という理由で特定秘密保護法案を可決させようとしているので、野党からの賛成を一つでも減らすことが出来れば、法案の成立は遠のきます。

特に維新の会は今年の堺市市長選で負けてから世論の動きには慎重になっているため、世論の反発が強ければ、早期の採決には反対してくれる可能性が高いです。
自民党の方も世論の風当たりを防ぐために維新の会の賛成が必要不可欠なため、維新の会が早期成立の一番重要政党になります。

時間がありませんので、大至急、維新の会の議員や関係者に「特定秘密保護法案の審議を延期して欲しい」という要望を送って下さい。橋下市長の人気だけで成り立っていた維新の会は極度に世論の反発を恐れているので、特定秘密保護法案に対する反発の強さをアピールすることが出来れば、必ずや維新の会は動けなくなるでしょう。
*維新の会は第二自民党ですが、今は出来る事をやるしかありません。


☆秘密保護法案、「26日衆院採決」で攻防激しく


☆反対活動の基本 手紙の書き方
URL http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1700.html

引用:
初心者の方はとにかく「身の丈に合った方法」で実際に動いてみてください。まずは「意見する癖」を付ける事が第一歩です。

--------------------------------------------------------------------------------
■政治家に意見する際の心構え!

政治家という「職業」ではなく「面識がない目上の相手」と思えば良いです。

初めて意見する相手には「面識のない方に○○先生にいきなり手紙を差し上げるのは失礼ですが、どうしても聞いて頂きたいと思い御送りした次第です」といった感じで断わりを入れる事も必要です。

■基本的には「御願い」する気持ちで!

何処に意見する場合も共通ですが基本的には「御願い」する事です。
反対して当たり前というのはNGで「反対意見に御理解を」という感じで書いた方が良いです。

■プリンターを利用しても問題ありません!

誤字脱字が心配だったり字が汚いから心配という人はWord等で書き印刷した物でも良いです。
カラーの方が見易いのは確かですがモノクロ印刷のみの安い物でいいので一台用意すれば簡単です。

■最低限のマナーは守る事!

まず「名前(実名)」「住所」「連絡先」「宛名」は必ず書く事です。
本文は印刷したものでも良いですがこれ位は絶対に「自筆」で書くこれは最低限のマナーです。

■やってはいけない事!

自分の名前も名乗らない奴の意見など聞いてくれませんので「匿名」は厳禁です。

その他に「暴力的な言葉」「感情的になり過ぎる」「嘘を付く」などは厳禁です。
自分を罵倒する相手の意見を聞いてくれる人は居ませんので効率が悪いという意味でもこれらはNGとなります。

メールを送る場合は「画像の添付」も厳禁。そのままゴミ箱行きの可能性があります。

これは政治家のみならず何処に意見する場合でも共通のルールです。
それと「コピペ」が大量に出回るのは印象が悪いので最低限のアレンジはすべきです。

■使いまわせる部分は使い回して自分なりのテンプレを作る事!

例えばパブリックコメント等で書いた文章は保存しておくと便利です。
自分なりのテンプレを沢山作っておいて「組み合わせる」と時間が無い時でも素早く意見できます。
最初と最後の文章を変えるだけで印象は変わります。

■相手を「素人」だと思って問題点は具体的に書く事!

ただ単に「反対」ではなく「○○に問題があるので反対」と具体的に書くのがポイントです。
こちらから落とし所を提示する必要はないですが時には「対案」を出す事が必要な場合も多々あります。

その案件に知識が無いから賛成してる(反対しない)というケースが非常に多いです。
政治家は「憲法」すら理解してない人の方が大半である事を頭に入れた上で意見すべきです。

■情報提供は積極的に!

政治家に対して意見をくれる人は沢山居るが「情報」をくれる人は少ないそうです。
(例えば)表現規制に反対する理由など役立ちそうな資料等があれば積極的に伝え広める事が重要です。

そうした活動を続ける事で結果として推進派の嘘を暴く事に繋がるはずです。

■基本的に「○○は嘘を付いている」等の書き方はしない事!

手紙を送る際に「○○は嘘を付いている」と書くのは印象が悪くなるそうです。
この場合は「事実とは異なる」や「データに基いた異なる見解がある」という感じで書きます。

実際に「嘘を吐いてる」のにそれを指摘すると印象が悪いというのは釈然としませんが「そういうもの」です。
ただし「確実な証拠」がある場合はその限りではないので遠慮なく「嘘」と書いて問題はありません。

■話を聞いてくれたら「御礼」をする事!

こちらの話を聞いてくれたら一言でいいので「御礼」をすべきです。
一方的に言いたい事を言うのではなくその後のフォローも重要な活動のひとつです。
:引用終了

☆日本維新の会の衆議院議員一覧
URL http://publistella.jp/politician/list/h/REP/p/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%81%AE%E4%BC%9A

引用:
足立康史 (アダチヤスシ) 48歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
石関貴史 (イシゼキタカシ) 41歳 衆議院 日本維新の会 衆院3回
石原慎太郎 (イシハラシンタロウ) 81歳 衆議院 日本維新の会 衆院9回参院1回
伊東信久 (イトウノブヒサ) 49歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
井上英孝 (イノウエヒデタカ) 42歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
今井雅人 (イマイマサト) 51歳 衆議院 日本維新の会 衆院2回
今村洋史 (イマムラヒロフミ) 51歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
岩永裕貴 (イワナガヒロキ) 40歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
上西小百合 (ウエニシサユリ) 30歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
上野宏史 (ウエノヒロシ) 42歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回参院1回
浦野靖人 (ウラノヤスト) 40歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
遠藤敬 (エンドウタカシ) 45歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
小熊慎司 (オグマシンジ) 45歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回参院1回
小沢鋭仁 (オザワサキヒト) 59歳 衆議院 日本維新の会 衆院7回
河野正美 (カワノマサミ) 52歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
木下智彦 (キノシタトモヒコ) 44歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
阪口直人 (サカグチナオト) 50歳 衆議院 日本維新の会 衆院2回
坂元大輔 (サカモトダイスケ) 31歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
坂本祐之輔 (サカモトユウノスケ) 58歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
桜内文城 (サクラウチフミキ) 48歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回参院1回
椎木保 (シイキタモツ) 47歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
重徳和彦 (シゲトクカズヒコ) 42歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
新原秀人 (シンバラヒデヒト) 51歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
杉田水脈 (スギタミオ) 46歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
鈴木望 (スズキノゾム) 64歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
鈴木義弘 (スズキヨシヒロ) 51歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
園田博之 (ソノダヒロユキ) 81歳 衆議院 日本維新の会 衆院9回
高橋美穂 (タカハシミホ) 48歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
谷畑孝 (タニハタタカシ) 66歳 衆議院 日本維新の会 衆院6回参院1回
田沼隆志 (タヌマタカシ) 37歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
中田宏 (ナカダヒロシ) 49歳 衆議院 日本維新の会 衆院4回
中丸啓 (ナカマルヒロム) 50歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
中山成彬 (ナカヤマナリアキ) 70歳 衆議院 日本維新の会 衆院7回
西岡新 (ニシオカアラタ) 40歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
西田譲 (ニシダユズル) 38歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
西根由佳 (ニシネユカ) 38歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
西野弘一 (ニシノコウイチ) 44歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
西村眞悟 (ニシムラシンゴ) 65歳 衆議院 日本維新の会 衆院6回
馬場伸幸 (ババノブユキ) 48歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
東国原英夫 (ヒガシコクバルヒデオ) 56歳 衆議院 日本維新の会 衆院1回
:引用終了

☆緊急:今週中の衆院通過をストップ!☆ 「みんなの党」の国会議員に有権者の声を!「危険な秘密保護法案で妥協しないで」/国会議員の連絡先一覧付
URL http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-050b.html

引用:
【みんなの党・国会議員一覧】 とくに◆の人に。
◆渡辺喜美(代表/衆院・栃木)
(FAX)03-3508-3906 (TEL)03-3508-7426
(メール) yoshimi@nasu-net.or.jp

◆浅尾慶一郎(幹事長/衆院・神奈川)
(FAX)03-3508-3521 (TEL)03-3508-7251
(メール) http://asao.net/contact/

◆水野賢一(政調会長・参院国対委員長/参院・千葉)
(FAX)03-6551-0519 (TEL)03-6550-0519
(メール) office@mizunokenichi.com

◆山内康一(修正協議担当、幹事長代理、衆院国対委員長/衆院・比例北関東)
(FAX)03-3508-3520 (TEL)03-3508-7250

◆松田公太(筆頭副幹事長/参院・東京)
(FAX)03-6551-1215 (TEL)03-6550-1215

青柳陽一郎(衆院・比例南関東)
(FAX)03-3508-3515 (TEL)03-3508-7245

◆井出庸生(修正協議担当/衆院・比例北陸信越)
(FAX)03-3508-3299 (TEL)03-3508-7469

◆井坂信彦(衆院・比例近畿)
(FAX)03-3508-3250 (TEL)03-3508-7620

◆江田憲司(衆院・神奈川)
(FAX)03-3508-3292 (TEL)03-3508-7462

大熊利昭(衆院・比例東京)
(FAX)03-3508-3827 (TEL)03-3508-7027

柏倉祐司(衆院・比例北関東)
(FAX)03-3508-3917 (TEL)03-3508-7437

小池政就(衆院・比例東海)
(FAX)03-3508-3365 (TEL)03-3508-7485

佐藤正夫(衆院・比例九州)
(FAX)03-3508-3430 (TEL)03-3508-7130

椎名毅(衆院・比例南関東)
(FAX)03-3508-3982 (TEL)03-3508-7602

杉本和巳(衆院・比例東海)
(FAX)03-3508-3406 (TEL)03-3508-7106

中島克仁(衆院・比例南関東)
(FAX)03-3508-3903 (TEL)03-3508-7423

畠中光成(衆院・比例近畿)
(FAX)03-3508-3514 (TEL)03-3508-7244

林宙紀(衆院・比例東北)
(FAX)03-3508-3434 (TEL)03-3508-7134

三谷英弘(衆院・比例東京)
(FAX)03-3508-3426 (TEL)03-3508-7119

井上義行(参院・比例)
(FAX)03-6551-0816 (TEL)03-6550-0816

江口克彦(参院・比例)
(FAX)03-6550-0054 (TEL)03-6550-1002

小野次郎(参院・比例)
(FAX)03-6551-0620 (TEL)03-6550-0620

川田龍平(参院・比例)
(FAX)03-6551-0508 (TEL)03-6550-0508

◆行田邦子(参院・埼玉)
(FAX)03-6551-0614 (TEL)03-6550-0614

柴田巧(参院・比例)
(FAX)03-6551-0822 (TEL)03-6550-0822

寺田典城(参院・比例)
(FAX)03-6551-0920 (TEL)03-6550-0920

中西健治(参院・神奈川)
(FAX)03-6551-1102 (TEL)03-6550-1102

藤巻幸夫(参院・比例)
(FAX)03-6551-0408 (TEL)03-6550-0408

松沢成文(参院・神奈川)
(FAX)03-6551-0903 (TEL)03-6550-0903

真山勇一(参院・比例)
(FAX)03-6551-0320 (TEL)03-6550-0320

薬師寺道代(参院・愛知)
(FAX)03-6551-1012 (TEL)03-6550-1012

山口和之(参院・比例)
(FAX)03-6551-1113 (TEL)03-6550-1113

山田太郎(参院・比例)
(FAX)03-6551-0708 (TEL)03-6550-0708

渡辺美知太郎(参院・比例)
(FAX)03-6551-0303 (TEL)03-6550-0303

和田政宗(参院・宮城)
(FAX)03-6551-1220 (TEL)03-6550-1220

◆みんなの党 所属議員ツイッター
http://www.your-party.jp/special/twitter.html
:引用終了

☆特定秘密法案、NSC法案を阻止する為に 我々にこれからできること【新しい提案】ファックスをお願いします!
URL http://george743.blog39.fc2.com/blog-entry-1753.html

引用:
特定秘密法案、NSC法案を阻止する為に
我々にこれからできること【新しい提案】

プロジェクト99%が新しいアイディアを私にくれました。
http://project99.jp/?p=6468
ツワネ条約に沿って秘密保護法案を修正してくれという嘆願書を出そうというものですが、この法案の場合、修正しても意味が無いのです。

一度成立すると、際限なく法改正、法解釈が行われることは日本の歴史が示しています。

すなわち、プロジェクト99%の作戦では足りないのです。

必要なのは「特定秘密保護法案」の廃案です。

これ以外に我々が今後当たり前に生きていく方法はありません。

嘆願するべきは「修正」では無く「廃案」です。

ここで新たに嘆願すべき宛先を掲載します。

宛先は「国家安全保障に関する特別委員会」委員です。

今は国会中ですから、東京の会館のファックスに送るのがよいでしょう。

リストを掲載します。

リストを作成して頂いたプロジェクト99%さん、ありがとうございます!

131024anpotokubetui-meibo1.jpg
131024anpotokubetui-meibo3.jpg
131024anpotokubetui-meibo2.jpg

嘆願の趣旨は皆さんそれぞれお考え下さい。

宛先はこちらで統一するのがいいでしょう。

「国家安全保障に関する特別委員会委員各位」です。

これで名前を書き換える手間が省けます。我々には時間がありません。

件名は「特定秘密保護法案の廃案を求める嘆願書」です。

プロジェクト99%の提案も素晴らしいですが、今回に限っては「修正」で通ってしまっては我々の命の保証はありません。

ですからあくまでも「廃案」に持ち込まなくてはなりません。

本文のポイントは、以下の通りです。

1、自分の考え、例えば「特別秘密保護法案の廃案を求めます」
1、「ツワネ原則に基づく修正では足りません」
1、「我々の廃案の願いに応じて頂けないなら、次の選挙での1票はないでしょう」
1、「この法案が成立すると国政調査権が事実上行使できなくなるので、あなたの国家異議の地位が無くなります(逮捕、収監される)」

以上お書き頂き、彼ら自身を気づかせてやらねばなりません。

本当に彼ら国会議員も含めて、我々国民はは崖っぷちに立っているのです。

その危機を作り出しているのは、誰あろう「安倍晋三」であり、彼を擁護する「国会議員達」です。

もちろんそのバックには「官僚」「各種団体」「アメリカネオコンCSIS」その他もろもろ魑魅魍魎共がいます。

我々「気づいた国民」は行動を起こさねばなりません。

どうぞ宜しくお願いします。
:引用終了

徹底解剖 秘密保全法―生まれも育ちも中身も「秘密」に包まれて


秘密保全法批判―脅かされる知る権利


経済大国なのになぜ貧しいのか?


アメリカに潰された政治家たち


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)


官邸、内閣府にいたからこそ書ける いま、日本にある危機と希望 (ワニプラス)


わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
まったく
ダメダメじゃないすか、このバカ法案。

作ったやつ、マジでバカだと思いますよ(失笑)

ノータリンとかいうレベルではなく、もう脳味噌を入れる容器ありますかー?というレベル。

そんなやつの言うことを盲目的に聴く安倍は、もうバカのレベルを越えて人間じゃない腐ったナスビヅラのワケわからん生物でしかありません。

国民全員で便器に突っ込んで流さなければなりませんね。
[ 2013/11/25 16:48 ] [ 編集 ]
腐っても
国家公務員一種のキャリアは、国民に見抜かれないようにワザと曖昧表現を多用する。法案化の前と法案成立前に、目を皿のようにして読み込まないと罠を見つけられない。
そもそも附則なんて飾りみたいなモノに入れてもストッパーにならない!
[ 2013/11/25 17:40 ] [ 編集 ]
自分にとって気に入らないことがあると、暴言はいてるやつこそ脳味噌を入れる容器ありますかー?って思うがね(失笑)
[ 2013/11/25 18:31 ] [ 編集 ]
報じてはいけないこともあるとか言ってこの悪法を賛美する輩は例外なくキチガイのシャブ中の精神障害者、こいつらを一人残らず殺し尽くすための法案こそ求められる
[ 2013/11/25 19:34 ] [ 編集 ]
精神障害者、キチガイとかの単語を書き込んでいる奴は工作員でしょうね。
じゃなくても同じです。
[ 2013/11/25 20:49 ] [ 編集 ]
芸風を変えてきましたね(笑)
一見、反対を唱えつつ、汚ならしいヘイトを書きつなれる作戦ですね。
これじゃあ一般人はひいてしまいますからね。
[ 2013/11/25 20:52 ] [ 編集 ]
国際法が国内法より優先される原則を政治家は知らないのでしょうか?


世界的嘘つきに加えて国内法違反なら国際司法裁判所に日本政府を誰か提訴して欲しいという所ではないのでしょうか?
[ 2013/11/27 14:01 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム