情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.07.27 20:00|カテゴリ:原発関連コメント(19)

【危険】福島原発事故の汚泥、数値を発表しないまま処分へ!1キロ当たり6万3000ベクレル!茨城県東海村で


s_ice_screenshot_20160727-141235.jpeg

福島原発事故の汚泥、数値を伝えず処分
http://mainichi.jp/articles/20160727/k00/00m/040/161000c

茨城県東海村が2011年7月、東京電力福島第1原発事故の影響で放射性セシウムが1キロ当たり6万3000ベクレル測定された汚泥を、廃棄物処理業者に引き渡し、処分していたことが分かった。国は11年12月から1キロ当たり8000ベクレル以上を指定廃棄物として処理している。村は業者に汚染濃度の数値を伝えていなかったといい、山田修村長は「高濃度汚染物に対する配慮が足りなかった」と説明している。



以下、ネットの反応


















今年に入ってから政府は放射能に汚染された汚泥の規制を大幅に緩和する方針を決定しましたが、規則が緩くなることで再び同じような問題が発生することになるかもしれません。

報道記事を読んでみると、この汚泥が何処に行ったのかよく分からないです。1キロ当たり8000ベクレル以上の汚泥は指定廃棄物となるわけで、その6倍以上も高い値が報告されなかったのは異常だと思います。
公共施設などに再利用されている可能性もあり、福島原発事故の闇の一角だと言えるでしょう。
*場所が茨城県東海村というのも納得・・・。





関連過去記事

【ヤバイ】公共工事で除染土を再利用、政府が了承!道路や防潮堤などで使用へ!8000ベクレル以下が対象に!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-11911.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
6倍以上じゃなくて約8倍って書き方しろ
[ 2016/07/27 20:06 ] [ 編集 ]
東海村基準では微々たる汚染度ってことだろう。
[ 2016/07/27 20:17 ] [ 編集 ]
つまり捨てる場所さえ見つければ、この不景気に金儲けができると
これ止めるの無理やん。。。。倫理のない世代が上にゴロゴロいるんやし
[ 2016/07/27 20:41 ] [ 編集 ]
一億総被ばくなんてことにならないように。
[ 2016/07/27 21:00 ] [ 編集 ]
原発は日本人には使いこなせない
倫理より金が大事だと団塊の世代以降ずっと教えられ続けてきたんだから
[ 2016/07/27 21:00 ] [ 編集 ]
これこそ無差別大量殺人では?
[ 2016/07/27 21:08 ] [ 編集 ]
東電増田は、駄目。
日本会議小池も、駄目。
[ 2016/07/27 21:19 ] [ 編集 ]
これは海外にも伝えるべきニュース。どこに行ったかもわからないんじゃ、観光客が被曝してしまう。
[ 2016/07/27 21:22 ] [ 編集 ]
真っ当な産廃業者なら「作業員が(知らずに?)人命にかかわる被曝をさせられた!」と訴えてもいい件なのでは…
[ 2016/07/27 21:24 ] [ 編集 ]
黒いフレコンバッグの山を見ると、新内閣発足時のひな壇に並んだ閣僚の記念写真を思い出す。
[ 2016/07/27 21:52 ] [ 編集 ]
こういうのがダメだと思うのなら自民党の小池の応援なんてできないのでは?
[ 2016/07/27 22:13 ] [ 編集 ]
小池百合子は小泉元総理と繋がりがあり内心は脱原発派。
[ 2016/07/28 00:12 ] [ 編集 ]
>>00:12
言うことをコロコロ変えるあのオバチャン(小池)なんか全く信用できんわ
基本、寄らば大樹の影の人間だから
東電にべったり寄り添う可能性の方が大
[ 2016/07/28 00:49 ] [ 編集 ]
2011年の話なのに随分発表が遅いですね。

でもこれからは安心ですね。

どんなに濃度が高くても汚染されていない土と混ぜて1kg8000ベクレル以下にすれば普通に捨てられるので嬉しいですね。
後は日本全土にばらまけば年金問題も解決ですね。
[ 2016/07/28 05:55 ] [ 編集 ]
原発推進派のところに置いたらいい。国のためなんだから喜んで管理してくれるだろう
[ 2016/07/28 05:59 ] [ 編集 ]
地球環境に優しい薬をまいたのでしょうね。

除草剤ならぬ除人剤をまいたのでしょうか?
[ 2016/07/28 06:15 ] [ 編集 ]
直ちに被害がない、因果関係が分からない・・・。
根底には、こういう考えがあるんでしょうか。

不特定な多数の場所に毒を撒いたに等しいかと思いますが、
「配慮が足らなかった」ですむ話になるのが、今の日本なのですね・・・。
[ 2016/07/28 06:35 ] [ 編集 ]
「凍土壁」の失敗
7月19日に開かれた原子力規制委員会の有識者会合で、東京電力が福島第一原発の汚染水対策の決めてとなるはずだった「凍土壁」建設が失敗に終ったことを認めた。

本来なら各紙1面トップで報じるべき重大ニュースだが、ほとんど無視、もしくは小さな扱いで、実は私も見落としていて、民進党の馬渕澄夫の25日付メルマガで知って慌てて調べ直したほどだ。

これがなぜ重大ニュースかというと、安倍首相は13年9月に世界に向かって「福島はアンダーコントロール。東京の安全は私が保証する」と見栄を切って五輪招致に成功した。

これはもちろん大嘘で、山側から敷地内に1日400トンも流れ込む地下水の一部が原子炉建屋内に侵入して堆積した核燃料に触れるので、汚染水が増え続ける、必死で汲み上げて林立するタンクにためようとしても間に合わず、一部は海に吐き出される。
そうこうするうちにタンクからまた汚染水が漏れ始めるという、どうにもならない「アウト・オブ・コントロール」情態だった。

それで経産省が東電と鹿島に345億円の国費を投じてつくらせようとしたのが「凍土壁」である。


しかし、この工法は、トンネル工事などで一時的に地下水を止めるために使われるもので、これ程大規模な、しかも廃炉までの何十年もの年月に耐えうる恒久的な施設としては相応しくないというのが多くの専門家の意見で、
私は14年1月に出した小出裕章さんとの共著「アウト・オブ・コントロール」(花伝社)でこれを強く批判していた。

馬渕もこの問題を何度も国会質問で取り上げて、別のやり方への転換を主張してきた。(7月28日付・日刊ゲンダイ・高野孟・たかのはじめ・ジャーナリスト)

[ 2016/07/28 11:54 ] [ 編集 ]
「凍土壁」の失敗②
凍土壁は6月にほぼ完成したが、汚染水がなかなか減らず、規制委員会は「壁になりきらず、隙間だらけで地下水が通り抜けているのでは?」と疑問を突きつけた。

慌てた東電は「凍土が形成されていないかもしれない箇所にセメントを流し込む」などの弥縫策(びほうさく)をとったが、やはりダメで、19日の会合でついに「完全遮蔽は無理」と告白した。

つまり、安倍首相の大嘘を、後付けのにわか工事で隠蔽しようとした政府・東電のもくろみは失敗したということである。
これが国際的に知れ渡れば、リオのジカ熱どころではない。(7月28日付・日刊ゲンダイ)

原発だけではなく、自民党の悪政の爪痕がいたるところに残されている。原子力規制委員会は色々と問題はあるが、ないよりはマシだ。

つくづく原発事故の時、民主党政権で良かったと思う。不幸中の幸いだった。

再稼働を急ぐ、東電とのズブズブの関係を見てもわかるように、自民党ならばもっと色々な事が隠蔽されただろうし、世界から評価された国会事故調査会の調査報告書もあのレベルのものは、とてもじゃないが出来なかったと思う。

そもそも原子力規制委員会すら出来なかっただろう。
[ 2016/07/28 13:08 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム