情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.11.26 21:29|カテゴリ:原発関連コメント(4)

福島第一原発、排水口付近の地下水からβ線を91万ベクレル検出!タンク付近の地下水も線量が過去最高値を更新!


osennsuibunnsekisitu1126000000.jpg
*画像は福島第一原発内の汚染水調査室
福島第一原発で再び汚染水の放射線量が上昇しています。東電が11月26日に発表した「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果」によると、排水口付近の地下水からβ線を一リットルあたり91万ベクレル検出したとのことです。91万ベクレルもの汚染水を発見した場所は、1号機と2号機の間にある地下水観測孔No.1-16と呼ばれている場所で、前回の測定値よりも数値が上昇しています。

また、汚染水タンク付近の地下水も放射線量が上昇中です。汚染水タンクエリアの「E-4」では、過去最高値となる一リットルあたり2000ベクレルのトリチウムを検出し、「 E-9」でもトリチウムを5万1000ベクレルも検出しました。
他にも「E-1」でトリチウムを42万ベクレルも検出しており、この4~5日で数値がやや高まっています。

東電の資料を見る限りは新たな超高線量の汚染水漏れは報告されていないため、地下で溶けた核燃料が水と反応している可能性が高いです。福島第一原発の排水口付近で91万ベクレルも検出しているのがその証であり、今後も更に線量が上がるかもしれません。
空間線量に関しては大きな上昇などはありませんが、今後も要注意して下さい。


☆福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/2tb-east_13112601-j.pdf

osennsui1126030300.jpg
osennsui11260101.jpg
osennsui1126020202.jpg

☆福島第一原子力発電所構内H4エリアのタンクにおける水漏れに関するサンプリング結果 (H4エリア周辺)
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/around_h4_13112602-j.pdf

osnnsuijyouhou11260505050.jpg
osennsuijyouhou112606060.jpg

☆最新報告"汚染水クライシス"


封印された「放射能」の恐怖 フクシマ事故で何人がガンになるのか


GMP基準認可 ヨウ素250mg錠剤


自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)


日本版SOEKS 01M ガイガーカウンター(放射線測定器)ファームウェア最新2.0L-JP


3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応


エアカウンターS


SGF強化スピルリナ100% 1500粒


放射能測定器 RD1706

関連記事



ブログパーツ
秘密保護法案成立後は海外のサイトを利用して拡散するという手があると思います。

[ 2013/11/26 22:21 ] [ 編集 ]
ガベは
日本人を敵視してるんじゃないか…?これじゃ、Bq数値も隠すだろうな。
本気で、チェルノブイリ時の食品基準370/kgに引き上げかねない!
[ 2013/11/26 22:30 ] [ 編集 ]
白血病引き起こすストロンチウム 食品内の含有量測定は困難
白血病引き起こすストロンチウム 食品内の含有量測定は困難
NEWS ポストセブン

小出裕章助教「人間に最悪の影響を及ぼす。
『半減期』が29年なので、一度汚染されるとほぼ一生にわたって内部被曝し続ける。非常に恐ろしい放射性物質です」 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130830-00000011-pseven-soci



[ 2013/11/26 22:36 ] [ 編集 ]
最近、福島第一は4号機の燃料取り出しがクローズアップされているが、
何だか、このような汚染水問題が隠されているような気がする。
[ 2013/11/27 00:13 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク