情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.08.01 23:00|カテゴリ:政治経済コメント(80)

障害者の入店を拒否した飲食店に賛否!「手話の出来るスタッフが居ない。7人は厳しい」⇒団体から批判殺到で謝罪へ


s_ice_screenshot_20160730-214032.jpeg

聴覚障害者を入店拒否 兵庫・尼崎の飲食店が抗議に謝罪
http://www.sankei.com/west/news/160730/wst1607300040-n1.html

 一般社団法人「滋賀県ろうあ協会」の会員7人が、兵庫県尼崎市の飲食店で全員が聴覚障害者であることを理由に入店を拒否されていたことが30日、分かった。協会は同店に抗議し、店側は「不適切だった」と謝罪した。

 関係者によると、7人は5月9日、尼崎市内の飲食店にファクスで予約しようとしたところ、店側は「手話のできるスタッフはおらず、筆談での対応もしておりません」「通訳のできる方がおられない場合、ご予約をお取りすることができません」などと回答したという。



以下、ネットの反応






















これはお店側の対応が正しいと思います。1人だけならば分かりますが、7人も同時に来られたら無理です。逆に正常なサービスが出来ない可能性があり、下手をするとお店側が応対できずに適切な料理を出せないなどのトラブルになるかもしれません。

まあ、断ってもこのような騒動になっていることを考えると、どっちに転んでも大変だったと言えるでしょう。一般人には対応の限界があるわけで、あまりにも厳しい要求をると反発が増大することも考慮したほうが良いです。
*事前の予約で無理と言われたのだから、わざわざ抗議するのも疑問。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
ろうあ者だから日本語文字は読めるんだよね。
日本語が話せない7人の中国人、7人のブラジル人、7人のタイ人ならどうだったんだろ。
日本語文字じゃなくて英語文字ならできたんだろうか。
[ 2016/08/01 23:13 ] [ 編集 ]
これは店側が正しいね、飲食店で働いたことあるけど外国人だけでも大変なんやで?
批判してる人権屋は日本語が通じない外国人が大量に来店した飲食店で働いてみろ!
[ 2016/08/01 23:14 ] [ 編集 ]
社会に何の役にも立たない存在には
はよ安楽死場を作れ。
いつまで生きているつもりしてるんだ
[ 2016/08/01 23:29 ] [ 編集 ]
これは、一方の情報が多く、もう片方の情報が少ないので、公平なジャッジが出来ない。
しかし、ろうあ者はこのような拒否は初めてではないはず。
むしろ、ろうあ者と健常者の橋渡しをする、ろうあ者協会の怠慢ではないのか?
[ 2016/08/01 23:35 ] [ 編集 ]
障害を理由に障害者を排除したら、いかんでしょ。

店側は、専属の介助者を配置できないならその旨を申し向ければ、特別な要求に対応する義務はありません。

障害者への対応が面倒だとかが拒否の理由であるなら、高齢者や子連れなどのお客様も面倒だということになりますから、商売は成立しないはずです。

正当な理由のない拒否がクレーム対象なのは当然のことでしょ。



[ 2016/08/01 23:43 ] [ 編集 ]
その中に有名クレーマー乙武洋匡は混ざってませんでした??
[ 2016/08/01 23:44 ] [ 編集 ]
元記事きちんと読みましょう
元記事より
> 「飲食は90分間の制限時間があり、筆談で対応すると時間内では難しい。聴覚障害者にどう接したらいいのか分からず、失礼にあたると思って断った」

 いや筆談くらいできるでしょ。店側も予約時の対応で「代表をお一人決めて下さい。その方と筆談で意思疎通をはかります」とすれば可能だと思いますよ。
 文面からはヤマダ氏より,この引用した部分のほうが現実感がある。ヤマダ氏は観念的だと,私は感じる。
[ 2016/08/01 23:53 ] [ 編集 ]
当事者じゃないから分からないけど、
「店側は○○しなければならない!」は労働者(バイト)の首を絞めるんじゃないかな。

時給1000円程度の労働者にどんなサービスを求め、リスクを与えるのかな。
[ 2016/08/01 23:57 ] [ 編集 ]
「手袋を買いに」ってお話
 「手袋を買いに」ってお話知ってる方まぁまぁいらっしゃると思います。

 実は「隠れテーマ」は「貨幣経済ってスゴイ」なんだそうですよ。
 たとえキツネの子どもが持ってきたものでも,正式のお金を支払ってもらった場合,きちんと商品(このお話の場合手袋)を客に渡すのが,貨幣経済の鉄則だ というのが「隠れテーマ」なんだそうです。
[ 2016/08/02 00:01 ] [ 編集 ]
店員に余裕なければ筆談で時間を取られるだろうし、サービス業として適切な対応が行き届かないと見込み断りをしたんだと思う。
7人の繋ぎ役となる付き添いでもいれば違ったかも知れない。
[ 2016/08/02 00:03 ] [ 編集 ]
08/01 23:57
> 労働者(バイト)の首を絞めるんじゃないかな。

ブログ主さんより 08/01 23:57 さんの方が真実を探してらっしゃるように感じました。こっちが本丸かもしれませんね。
[ 2016/08/02 00:05 ] [ 編集 ]
お店側の経験不足ですね、障碍者には飲食店に入店するのは日常なので慣れていることでしょう。

経験不足のお店を殊更に攻め立てる必要は有りませんがいい経験になったことでしょう。

障碍者も日々いろんな経験をしてるので結構逞しい方多いです(想像以上に)

お店側ももっと勉強することで客層客足共に拡大できるでしょう。障碍者はインターネットにより物凄い口コミの力をお持ちです。

障碍者に居心地のいいお店は間違いなく普通の一般人にもいいお店です、が逆もまた然り。

当然バイトに押し付けれるような問題ではなく、経営者の資質と判断における問題、及びその行動です。
[ 2016/08/02 00:09 ] [ 編集 ]
この状況で、筆談拒否ってアウトだろ。
ことさら店を責める必要はないけど、言われて仕方ないことはしてるなぁ。
[ 2016/08/02 00:14 ] [ 編集 ]
1店舗に断られたぐらいで差別騒ぎですか?
負けずに他の店舗を探す努力もしましょう!
中には温かく向かえてくれるお店もきっと見つかるはず。
少し努力不足の気もします。
[ 2016/08/02 00:24 ] [ 編集 ]
これ予約が、土曜だったらしい。
時間制限している位だから、混雑するんじゃないかな。
店によっては、料理や食べ方の説明もあったりするし、筆談経験がなかったらきついでしょ。
どうしてもこの店に行きたいなら、通訳を連れていけば良かったんだよね。
自分達の都合が通らないからって、協会に言いつけてクレイムとか、障害者って弱者じやないよね。


[ 2016/08/02 00:49 ] [ 編集 ]
筆談の余裕すら無いってどうよ・・
店だけでなく社会全体の余裕や許容量が無さすぎ

脳溢血・事故・病気・・
人間はいつ自分や身内が障碍者になるか分からないってことをキモに命じとけ
[ 2016/08/02 00:51 ] [ 編集 ]
事前の申し出ででお断りした時、恐らくすみませんが出来ませんと鄭重に断っていると思います。
それに腹を立てて、団体を通して抗議したわけで滋賀県ろうあ協会が圧力団体になって脅した形ですね。脅迫に困って謝罪したのであるわけで、さあどっちが正しいのだろうか。客選別の自由が店側に許される範囲か、そうでないかの程度問題でしょうね。

弁護士さんの意見を聞きたいところです。
[ 2016/08/02 00:52 ] [ 編集 ]
予約だから店の方で数人研修と準備をさせて対応をって出来なくはないだろうけど
特別料金取るわけにも行かないし、バイトに研修強要も出来ないし
よほどの高級店以外対応は難しいんじゃないか?
[ 2016/08/02 01:01 ] [ 編集 ]
あのさ、権利を主張しなかったら
どんどん障碍者の生きる場所が無くなるわけ
障碍者ならずとも社会的弱者ってそうでしょ

それを我侭扱いする感覚はどうかしてる

ここで障碍者を批判してる人間は、明日にでも障碍者になった場合
今までの生き方(店で楽しむ)をを即諦めて大人しい
「物分りのいい障碍者」になるのかね
[ 2016/08/02 01:05 ] [ 編集 ]
権利を主張しすぎて社会から煙たがれる存在になる場合もありますよ。
世論を味方にする強かさも必要。
[ 2016/08/02 01:18 ] [ 編集 ]
01:05
土日祝日の飲食店が糞忙しい繁忙期で従業員全員がそんな聖人みたいな考え方が出来るか?自称弱者の味方()は主張が極端すぎる
権利の主張とモンスタークレーマーは紙一重なんだぜ?では障害者を優先して他のお客さまを無視してサービスするのか?リピーターを減らして従業員の給料を減らしたいのかお前は
障害者の人権を優先しすぎてその店の従業員の人権を踏みにじってブラック労働させてでもサービスしろと言うのか?
健常者より何倍も手間が掛かるんだぞ?しかも障害者の奴らは予約もしてなかったんだろ?自業自得だろ甘えんな

飲食業やサービス業を知らないバカは黙ってろ
[ 2016/08/02 01:26 ] [ 編集 ]
そんなに心配しなくとも障碍者には日常の事ですから。90分食べる程度伝票を障碍者に書いてもらえば良いだけで筆談も大していらないでしょう。   それとも、障碍者は食べたいものを食べたいときに食べられないのですか?

その程度の接客では耳の不自由なお年寄りや走り回るちびっこや介護の必要な年寄りなどの接客は無理でしょうね。

介護の必要な耳の遠い年寄りの方がずーっとハードル高いですよ。
[ 2016/08/02 01:29 ] [ 編集 ]
774774

お前みたいな奴がブラック企業を増やしてる元凶なんだな
その程度の接客ねぇ、従業員は無限にいるわけではないんだぞ?7人の障害者でまともに話せるかもわからない土日祝日は満席に近い
フリーのお客さんでかなり席が回転してる、 人数が決まってる介護と不特定多数の顧客を相手する飲食店と比べんなよ

それに従業員の労働時間は決まってるんだよ、経営も知らないガイジは黙ってなさい
[ 2016/08/02 01:38 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/08/02 01:49 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 01:38 ] 極右連合さん  それは、企業経営者の資質と素養と行動力の問題です。

法令に従えないブラックな経営のいい分けにはなりません。  これからは客数が少子高齢化のせいで減少していきます。その中で生き残るためには必要なものがあるでしょう。

で、なんでも従業員に押し付けブラック化していくような企業はもはや企業とも呼べないでしょう。
企業とは、生業を企てるものです。
[ 2016/08/02 02:01 ] [ 編集 ]
> 2016年08月02日 01:29

文面から福祉関連の仕事に携わってるのでしょうか?

もしそうなら今回の件はもどかしい気持ちでいっぱいなのは何となく感じられます。

但し、自分のテリトリー内では当然のことであっても外では当たり前ではないことが多々存在すること、そしてそれを当たり前にすることがいかに難しいことか理解して下さい。
[ 2016/08/02 02:13 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 02:13 ] 名無しさんへ  いえ、親を多少介護する程度です。しかし、皆さんが思っているほど障碍者は手助けを強いることなく普通に生活しています。メニューのある飲食店で一々筆談したりしませんよ。聾唖程度では気づかせづ生活している人もいるそうです。

なんか、知りもせず(知ろうともせず)の発言はどうかと思います。障碍者がお店に負荷をかける前提で話すのはやめて頂けませんか。他人に世話を掛けず自立している人はたくさんいます。
聞こえ辛く話辛いしかし体は動く人と、耳が遠く車いすで自立行動のできない年寄りのどちらが大変か(受け入れる側が)をどうぞ、経験してみてください。  もしかして、それは未来の自分に当てはまる事かもしれません。
[ 2016/08/02 02:43 ] [ 編集 ]
誤解があると思うので、一言。
これは、障碍者や、要介護者(とその介護者)にとっての日常です。

もどかしく思う暇さえない、毎日の朝昼晩の日常茶飯事であります。

言葉で解りにくい部分はどうぞ疑似体験を。必ず、将来の(自分だけでなく身内の)役に立つでしょう。
[ 2016/08/02 02:53 ] [ 編集 ]
店側は、通訳の同席があれば大丈夫だと言ってたはず。
それも嫌だという位だから、混雑して接客に支障をきたしても、クレイムとか考えたら躊躇してもしょうがない。

車椅子の老人とか話は別でしょ。
車椅子が必要な人がいる時は、一階かどうか、座敷じゃないかとか調べてから来店するでしょ。
赤ちゃん連れなら個室があるかとか。
お客様は神様じゃないんだよ。
お互いに配慮がいるでしょ。

障害者はすべてにおいて健常者と同じではない。
助け合いを勘違いしている障害者が多いのも事実。
[ 2016/08/02 02:59 ] [ 編集 ]
仮に受け入れたとしても90分という制限時間内7人との筆談によるタイムロスが発生する中で満足してもらうサービスを提供できるのか?
満足できなかったら、また差別?
なんで食べ(飲み)放題コースを選ぶかな?


ー-ー-ー
聴覚障害者が居酒屋の予約を断られた ろうあ団体抗議に「店が悪いとは思えない」の声が
2016/8/ 1 19:06 印刷

JR尼崎市駅近くにある居酒屋に予約を入れようとしたところ、聴覚障害がある、という理由で断られ、
ろうあ協会が抗議した、というニュースが報じられた。

注文する際の筆談も「対応不可」という居酒屋の対応に、ろうあ協会関係者は「筆談すらできないとなれば
何処にも行けない!」と抗議したところ、店側が謝罪することになった。しかし、ネットでは「店が悪いとは思えない」などと、
ろうあ協会などを批判する意見が出る事態になっている。

京都新聞の電子版(2016年7月30日)によると、尼崎市で開かれた近畿ろうあ者体育大会の卓球競技に
出場する滋賀県の7人の選手が16年5月21日夜に居酒屋を予約しようと5月9日にファクスで申し込んだところ、店長から、

「当店は手話のできるスタッフはいなく、筆談での対応もしておりません」「通訳のできる方がおられない場合、
ご予約をお取りすることができません」

というファクスが届いた。選手から相談を受けた滋賀県ろうあ協会の理事らが確認のため同店を訪問すると、
店長は謝罪するとともに、聴覚障害者が来店された経験はなく、しかも制限時間の90分では筆談での食事の提供は厳しい、
と理由を述べ、

「どう接したらいいか分からず、失礼にあたるのでお断りした」
と説明したという。

今回問題となったチェーン店の本社広報に話をJ-CASTニュースが聞いたところ、同社では障害者差別解消法の
制定以前よりこうした問題については注意を払っていて、個別に協議のうえ可能な限り対応をしてきた、と説明した。
そして、今回の店舗の対応は会社の方針に反したものであり、

「本件を教訓とさせていただき、今回のような対応が繰り返されないよう各店舗の責任者をはじめとする従業員に対し、
障害者のお客様に対する弊社の対応方針を、障害者差別解消法の内容を踏まえ、教育・周知徹底に務めてまいります」
と謝罪した。

ところが、こうしたことが報じられると、ネット上では、店側の擁護と、ろうあ協会に対する批判が多く寄せられるようになった。
ネットの掲示板には、

「お店は『ボランティア』じゃ無いから、流石に客を選ぶ権利は有るでしょう。しかも今回は自前に対応出来ない旨を知らせてる」

「障害がある方への最大限の『配慮』は必要だが、コレが行き過ぎた『特別扱い』を求めるような事になるから差別を生む。
団体も抗議のしかた考えたほうがいいよ」
「障害者差別をなくそうと主張するのはいいけど、相手の都合を無視して自分たちの権利を主張するのは、ただの傲慢だって
気づいた方がいいよ?」
「何かあればすぐに差別と騒ぐ方が問題であり、結果的にどちらが差別されているか不明に感じることすらある」
などといった感想が出ている。


中略

ろうあ協会を支援している滋賀県立聴覚障害者センターの担当者にJ-CASTニュースが16年8月1日に取材したところ、
京都新聞に書かれていることはほぼ間違いない、としたうえで、ろうあ協会を批判する意見がネット上に多く出ていることも
知っていて、予想できなかった状況であり「とても悲しい事です」とした。

「筆談さえできないと断られるなら障害者はどこへも行けない、ということです。障害者の地位を高めるため、
差別をなるべく無くすために我々は頑張っているのに・・・」
と落胆していた。
http://www.j-cast.com/2016/08/01274162.html?p=all
[ 2016/08/02 03:27 ] [ 編集 ]
もう一つ、付け加えますか。介護が介添えが必要ならちゃんと用意するでしょう。必要がないから自立して行動をしています。障碍者に何が何でも介添えが必要だと思うのはただの認識不足です。

そういった障碍者の自立行動や障碍者の自立意識を阻むことは禁止されています。

車いすの老人や赤ちゃんと何が違うのでしょうか、それを差別といいまして禁止されています。
今回の事も予約を入れている事から解るようにちゃんと調べてからの予約です。

そのお店で其のとき食べたかったから予約をしてみたんでしょ。いきなり押しかけて騒いだわけではないですよね。

他のお店で良ければわざわざ予約なんかしませんよ。介添えが必要な方はそんなことで文句をいったりしません。
[ 2016/08/02 03:30 ] [ 編集 ]
バイトしていた飲食店にはろうあ学校の生徒さん達が毎週のように10人程度で来ていましたが…。
普通のファミレスに忙しい時間帯に来る彼らは、それなりにお店にとっては負担でした。
やっぱりオーダーに時間かかりますしね。まぁ、彼らが協力的ではなく、食事提供にしても自分のものだという主張がなかったので、余計に負担だったというのもありますけど。
なので、負担があるかどうかは、その店その店にもよるので一概には言えないと思います。丁寧に1人に時間をとれるような店は負担が少ないかもしれませんが
回転が早かったり、何度もオーダーを取れなければいけないのであれば、やはり負担になりますよね。
お店の対応も仕方ないかなって思います。普通に働いてたって余裕のない店は幾らでもあると思いますから。
[ 2016/08/02 03:34 ] [ 編集 ]
障害を持っていない健常者でも今リソースが逼迫していっぱいいっぱいなのに
安い自給以上のサービスを押し付けんな
これから高齢少子化社会になるのに老人と障害のわがままを聞いていれば倒れるのは若者だ
何が弱者に優しい社会をだ
健常者を弱者にしているのは一部のお花畑の連中だ
社会が弱体化している日本なのだからちょっとは遠慮を覚えろ
バブル時代とは違うんだ
[ 2016/08/02 03:35 ] [ 編集 ]
さらに付け加えようか、お店を探して障碍者OKだったから予約をしたのに、断られたんだよ。

何を基準にお店を選べというのか?障碍者歓迎の店に予約をしてはいけないのですか?
[ 2016/08/02 03:37 ] [ 編集 ]
できるだけ客が空いている時間に、できれば通訳同行してあげることが店に対する思いやり。
別に障害者が健常者に思いやる気持ちを持ってもいいんだよね?
[ 2016/08/02 03:49 ] [ 編集 ]
労働条件がブラックな状態で働いているなら、それは経営者の責任です。障碍者老人子供に当たるんじゃない。  告発や組合加入や、組合をつくるんなら力になりますよ。

考えることを忘れれば、放棄すれば負けですよ。

騙されるな、頭を使え!
外食産業の搾取にたちむかえ!そして、自分を高めろ。大阪でも衛生管理者の1種があれば最低時給1800円ですよ。(派遣でも)
[ 2016/08/02 03:57 ] [ 編集 ]
今回は予約した曜日と時間帯、それから人数が対応できない理由だと思いますよ。
少ない人数であれば店側もお断りするほど躊躇することもなかったと思います。
毎回毎回障害をお持ちの方が断られているわけではないはずです。身内に要介護者がおられるとのことで、過剰に反応されていると思いますが…。
車椅子で祖母を連れて行っても嫌な顔されたことないですよ。お店の人も介護者がいることで安心されてますしね。
障害とかそういうのに触れると世間は冷たいように感じることもありますが、それは対応の仕方を知らないからです。そして知らない人のがほとんどです。
そして、飲食店で働いてないと分からないこともあります。
両方知ってる身としては
忙しい時間帯に7人はキツイです。
[ 2016/08/02 04:01 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 03:49 ] 名無しさんへ  それが、必要な人はちゃんとやっています。

通訳なんか必要がないから予約(障碍者歓迎の店に)しています。

障碍者OKの店が少ないから障碍者はそれを大事にして気を使いすぎるほどに使っているんですよ!

それを、障碍者OKの店で断るのですか?予約もしてるのに。

もともと、この国は障碍者の生きにくい国です、野田聖子氏の娘に曽野綾氏が何と言ったか。あなたは、ご存知か?
[ 2016/08/02 04:05 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 04:01 ] リリサ さんへ  それは貴方の勤める企業の経営者に向けていうべき言葉です。

貴女がそのように余裕がないのであればそれは経営者の側の問題です。

貴女が、そのような状態で怪我や病気をしたときはどうなさるのですか?ちゃんと傷病手当や休暇は取得できますか?

そんな条件で働いて本当に将来に後悔しませんか? それが心配です。
[ 2016/08/02 04:11 ] [ 編集 ]
> もともと、この国は障碍者の生きにくい国です

そりゃそうでしょうね
健常者が生きにくい国ですから(笑)
[ 2016/08/02 04:19 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 04:19 ] 名無しさんへ  それは間違いなですね、私覚えてませんが生後10か月で文句を言ったそうです。親が抱っこしてるうちはいいんですが、おんぶだと体中つねられるんですよ(親が共産党支援すると)で、うーとか言っても解らんと頭を母に張られるから仕方なく”痛い”と言い出したんです。  で12歳のころには爺ちゃんの介護してました。今は親父の介護です。
[ 2016/08/02 04:26 ] [ 編集 ]
これだから田舎者は(涙)
普通は筆談と時間指定(涙)
面倒だから断った(涙)
[ 2016/08/02 04:38 ] [ 編集 ]
学生時代のことなので今は大丈夫ですし、当時もそんなにキツくなかったですよ。ただ、ろうあ学校の生徒には手を焼いた過去を持っています、というだけです。彼らに関しては非常識さと不親切もあったので、余計にだったのかもしれませんが。
わたしのそこまで心配してくださるのなら、もっと身近の介護士さんとか心配されたらどうですか?
あそこもブラック多いですし。
って話がそれてしまいますね。
飲食店自体がブラックな業界ですし、ブラックじゃない飲食店探すしかないんじゃないですか?現状は。そうすれば余裕ができるようですので、きっと快く受け入れてもらえると思います。
ってことですよね?
[ 2016/08/02 04:41 ] [ 編集 ]
今回の記事は精神ではなく聴覚障害者に関する記事です。
だから、店側も障害者側も両者の気配りや思いやりで十分歩み寄ることができたはずです。
一体、誰が得したのか?
みんなダメージ受けてどうすんの?w
[ 2016/08/02 04:45 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 04:41 ] リリサさんへ  其のときの経験と今回の事を同じように見るのはどうでしょう?
生徒と卒業して社会人になった人を同列視!

問題が根本的に違っていますね!  ぜひもう少し勉強をし視野を広げて下さい。

そうすれば、他人よりも多くのものを受け取るチャンスに恵まれるかもしれません。

飲食店がブラックのままで気前よく朗らかに飲食など出来ますか?

そんな、日和見の飲食店はご免です。
[ 2016/08/02 05:13 ] [ 編集 ]
4:45 名無しさん

確かに。
過去の嫌な思い出で熱くなりすぎてしまいました。
注文するものをまとめて紙に書いておいてくれれば
何とかオーダーも取れますしね。(冷静になって思いつきました。)
ただ、何も知らない人と少しでも知ってる人とでは全然違うと思います。
実際自分も介護職についてからは、何を必要とするだろうかと予測ができますが
知らなかった時には無理でした。
なので、何も知らない人にたいして、知らないことを責めるのは可哀想だなって思います。だって障害をお持ちの方と触れ合う機会が少ない方のが多いでしょう。
車椅子の祖母を連れていると分かります。意外と何かをしてあげたいと思っている人が多いことを。でも何をしていいか分からなくて戸惑っている人も。

こういう風にオーダーするので、お手数かけません。そんな提案があったら、お店側の対応も違ったかもしれませんね
[ 2016/08/02 05:14 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 04:45 ] 名無しさんへ  予約の段階でしたのでだれもダメージをうけけるほどではなかったんじゃあないでしょうか。
[ 2016/08/02 05:16 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 05:14 ] リリサさん  やっぱりあなたは介護をしていましたね、困ることのある前に発信してクダサイ。今、家族の介護は避けて通れない問題です。みんな似た者同士なんです。

お手数かけませんはスタンダードになってきてるのでどうかご安心ください。

もし、心に含むところが有れば遠慮なく。相談を。そうでなければ、ごめんなさい。
[ 2016/08/02 05:24 ] [ 編集 ]
774774さんへ
自立支援の方のお宅へお手伝いにも行ってました。
訪問介護ですね。
ひと括りにしてはいけないと思いつつも、あまり印象は変わりませんね。常識的な考えができるかとか相手の気持ちを考えられるかとかは。ただ、介護保険の方がメインなので、沢山を知っているわけではないし、聴覚だけって人もいませんが(必要ないですしね、介護は)
介護保険にしろ、自立支援にしろ、ワガママな方が多いのは事実です。自由にならないことがあるってことは、それだけでワガママにもなるし、八つ当たりもしたくなるのだと理解しています。
同じ状態になったら、わたしも八つ当たりくらいはしたくなるかもな、とは思います。
車椅子とか、赤ちゃんを例にだしてましたけど、
基本1人で来る人は少ないでしょう。
電動車椅子の方は別でしょうが。
店員と仲立ちになる人がいますよ。
耳の悪い高齢の方も1人の外出は嫌がりますしね。
それで外に出なくなることが問題なので
聴覚障害の方も同じかもしれません。外出の機会が多い方がいいと思います。
でも、ただ予約して行きます。ではお店も困らないかな、とは思いません?ほとんどの人が聴覚障害の方と触れ合う機会はないのですよ。それで対応できないからと断るのは仕方ない部分もありませんか?
障害を理解してもらう機会くらいに捉えて、事前に対応方法を伝えるようにするとか、何かできたはず。お店の人ももう少しヒアリングできれば違ったかもしれませんが、知らないってそう言う事です。
そして知らない事を責めるほど、社会は福祉に対して成熟してないでしょう。
[ 2016/08/02 05:44 ] [ 編集 ]
リリサさんへ   もし、貴女が戦うのなら十全を持って支持しても善いと鑑みます。  
[ 2016/08/02 05:44 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 05:44 ] リリサさんへ じゃあ成熟させる方向に動きましょう。

1ケタの年齢の孫の爺婆はたいてい耳も口も疎いですよ。

社会が未成熟なら、是非実らせましょうよ。

それは、未成熟なのが解る人だけが理解し成し遂げえるものなのですから。
[ 2016/08/02 05:50 ] [ 編集 ]
わざわざ予約して相談しているのに対応できないのは企業の問題では? まあそんな所に客は来なくなるでしょう 正直酒飲んで暴れるとかもいるだろうし障害者というだけで入店拒否はおかしい法律違反だし
[ 2016/08/02 05:51 ] [ 編集 ]
団体とやらが店を貸し切るなり、多めに支払うようにすればいいと思います。店の従業員に負担をかけるようなことはすべきではないと思います。確かに障害者は気の毒であり、出来るだけ手助けはしたいと思っておられる方が多いとは思いますが、出来ることとできないことがあると思います。あまり煩いこと言っていると相手にしてもらえなくなるのではないでしょうか。
[ 2016/08/02 05:52 ] [ 編集 ]
祖母の介護はキーパーソンではないので、ご心配無用です。
ただの、元介護職員です。

愚痴りたいことは、山ほどありましたが、喉元を過ぎれば何とやらです。それ以上にいいおじいちゃん、おばあちゃんもいましたけどね。
[ 2016/08/02 05:54 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 05:52 ] 名無しさんへ  障碍者は可哀想でも負担でもありません。彼らなりに只そこにいて普通に生活している。ただそれだけです。  あなたは、普通の人間を相手にしなくなるのですか?
[ 2016/08/02 05:58 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 05:54 ] リリサさんへ  それは其の時貴女は愚痴もない位な立場にいたということですね。  それは、何より十全。この上ないことでありました。今後の貴女もそうでありますことを重畳に!
[ 2016/08/02 06:03 ] [ 編集 ]
応対の対応が出来てない(涙)
[ 2016/08/02 06:22 ] [ 編集 ]
1000%お店が正しい。
聴覚障害者対応のスタッフがいないんだから入店させるほうが問題。サービス業はこの責任を徹底すべき
自分達の専門外のお客さんの入店を許してはいけません。
何か事故が起こったら誰がどう責任を取るんだ。
歯科医しかいない歯医者に盲腸の患者がやってきて手術をしないと罪になるのか?逆でしょう。
[ 2016/08/02 06:47 ] [ 編集 ]
この記事のコメント欄にもあり得ないような書き込みが散見されますが
つくづく日本全体が「植松聖」化しているのだなと感じています。
[ 2016/08/02 07:34 ] [ 編集 ]
筆談が可能なら対応できなくもなかっただろうが、障害者って突然奇怪な行動に出たり、ブツブツ独り言を言ったり、奇声を発したりして予測不能な問題行動にうって出る可能性があるから他のお客様が気味悪がって迷惑になる。

彼らだけ店舗貸し切りにして特別料金で対応するしかないだろう。

ただ、今のご時世は健常者でも外食すら出来ないくらい貧困で苦しんでる人も多いだろう。彼らからすれば外食を断られる問題は贅沢な悩みに見えるだろうね。

[ 2016/08/02 08:22 ] [ 編集 ]
774774
まだ空気読めないで長々と
こんなんが障碍者になって店に来て筆談したら長くてやってられんわ
[ 2016/08/02 08:55 ] [ 編集 ]
通常の顧客より、手間がかかるし、周囲の配慮も必要になる。

あくまでもビジネスに徹するなら、健常者と障害者であれば店舗側は健常者がいいに決まってる。
考えるには慈悲の心を強く持てというのには限界があるから、障害者手帳を持つ人は等級に応じて、
例えば年間において「障害者応対票(仮称)」なるようなものを配布し、精算時に障害者一回一人につき一枚店舗に提出、
店舗は通常料金の他それを受け取れば、地方自治体などから一枚あたり500円程度支給されるばどいいと思うけどね。
但し、身体、知的障害者6級以上などにする。精神性障害者は2級以上など。勿論、軽度認知障害などは含まない。

怖いのは余りを換金する裏ビジネスが怖いけどね。裏取りするにもまた役所の労働が増えるし、現実的じゃないかもしれないけど、要するに物理的に障害者の応対は心労を伴うから、そういった配慮ができればとも思う。

後、何度も書いてるけど、こういう話に社会的弱者というのを一括りにしてはならないことも付け加えておく。
障害者は本人が望まずしてなったものだから社会全体で保護しなければならないと思う。
[ 2016/08/02 09:37 ] [ 編集 ]
一番の良策は特別料金を取ること(涙)

後はおたがいの良心に任せること(涙)
[ 2016/08/02 10:32 ] [ 編集 ]
相模原の事件もそうやけど
下の者に寛容に出来る中間層の人が少なくなってると違うか?
経済が悪くなると一番最初にきられるところはソコだろ。

経済政策は大切だ。
[ 2016/08/02 10:42 ] [ 編集 ]
管理人さん、よく調べてから
ボランティア活動で聴覚障害の方と交流したことがあります。その中に、車いすに乗った方は一人もいらっしゃいませんでした。ほとんどの方が言葉が話せないだけで、健常者と見分けが付かない方々でした。管理人が載せられた画像は、車いすを自力で漕ぐことが出来ない重度の身体の障害者ですよね。記事との関連に誤りがあって、とても不快感を感じました。ヤマダさん、お疲れですか?
[ 2016/08/02 10:43 ] [ 編集 ]
この店が、受け入れても、7人の納得できるサービスがなかったら(店としては十分なサービスだとした)またクレームだと思う。
結局関わらないのが一番なんだけど、客商売はねぇ・・・・
[ 2016/08/02 10:50 ] [ 編集 ]
障害者の来店OKと考えるオーナーもいるだろうから、自分の店なら来てもいいよ、と考えてるオーナーがいれば「障害者フリー」と書かれた何か標識のようなものを設置したりHPなどでアピールすればいい。
[ 2016/08/02 10:51 ] [ 編集 ]
皆、余裕が無くなってるんだよ。
サービス業も介護もギリギリでまわしている。
余裕がなければ、障害者の人権が~等と言ってられなくなる。

どうしてもその店に行きたかったなら、通訳を同伴すれば良かったんだよ。
予約だって、電話ですればおたがいの妥協案を話せるけど、FAXじゃおたがいの主張のみになる。
障害者も自分のことは自分でやりたい、介助はいらないというのはわかるけど、実際に出来ないこともあるわけだし。
普通に扱って欲しいと言いながら、すぐに差別だと言い出すんだから、関わりたくなくなるわ。

出来ないことは出来ないんだから、そこを認めて謙虚さも忘れずに。
それは、障害者だとか健常者だとか関係なくみんなに言えること。
[ 2016/08/02 12:06 ] [ 編集 ]
ラーメン屋で働いていたときに聾の方がきたことがありますが、普通でしたね。でも対応には戸惑いました。 
でもその人は家族と来られていて、家族の方は話せる方だったので助けていただきました。 
備えをしていない人間なんてこんなもんです。介護をしている方が、手がかからないなんて言ってもなんの意味もないですよ。
全員が介護を経験しているわけではないですから。 

混んでいる時間帯に7人の日本語の意思疎通ができない外人7人だったとしても断られていたかと思います。 
しかし、事前に予約で申し込もうとしたのであれば、お店側は不安に思っても、その旨を伝えて、
それでもいいですか?という形で受け入れるべきだったと思います。
[ 2016/08/02 12:40 ] [ 編集 ]
お店側の経験不足ですね、障碍者には飲食店に入店するのは日常なので慣れていることでしょう。
経験不足のお店を殊更に攻め立てる必要は有りませんがいい経験になったことでしょう。 >
774774さん>
お店としては現実的な対応力を加味すると『やむを得ない』部分があると感じます。
そして、774774さんのコメントのように『これからどうしたら双方がうまくいくようにもって行くか』が大切なのであって、お店や障碍者の方たちを責めるコメントには疑問です。
社会に余裕がなくなると『コメントにも余裕がなくなる』のですね。
『障碍者だから特別』ではないんですよね。
高齢化社会は『要介助者や接客に手間が増える社会』です。
某氏のように『手がかかるやつは抹殺』されたい危険思想の方が増えたのでしょうか?
[ 2016/08/02 13:39 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 13:39 ] ロハスな人さん  こんにちは。

この問題は、聾唖者が障碍者対応を詠ったお店に予約を入れたところ断られたので団体を通じ確認(現地の)したうえで抗議を申し入れたということです。
[ 2016/08/02 13:53 ] [ 編集 ]
聾唖者が障碍者対応を詠ったお店に予約を入れたところ断られたので団体を通じ確認(現地の)したうえで抗議を申し入れた>
[ 2016/08/02 13:53 ] 774774さん>
おっしゃるように障碍者の方たちは極めて普通の行動をとっておられるだけですよね。
お店は『障碍者対応』を唄っておきながら『現実的な対応をし損ねた』わけですから、『謝罪したのは当然の話』ですね。
『忙しい時の対応が難しい』とコメもありましたが、それなら『障碍者対応を唄うのがまずい』ということですね。
『お店の失点』なので、お店を必要以上に責める必要はないものの、障碍者だからどうこう…と言うコメは的外れですね。 
[ 2016/08/02 14:09 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 14:09 ] ロハスな人さん  私もそう思います。
[ 2016/08/02 14:19 ] [ 編集 ]
手話通訳の実態
 私は以前手話通訳の現場にいましたが、各自治体で手話通訳者は不足しており、
聴覚障がい者の通院や訪問介護時の通訳で現場は毎日パンク状態でした。
そういった状態の為、買い物や食事をする際の通訳申し込みは、順位がとても低く断る事もありました。

 手話通訳の現場は、とても人数が少ないです。国家資格の手話通訳士はごく一部で、
自治体が主催する手話通訳養成講座を修了した人が、手話通訳の現場を支えていると言っても過言ではありません。

 手話通訳の仕事は、土日祝日、24時間関係なく依頼がきますが、国家資格を持つ通訳でも給料は高くないです。
また、公共事業のため予算が決まっており、依頼が多く連日勤務、報告書作成のため毎日残業しても残業代は出ず、
事務所はとても緊迫して殺伐としています。

 私が実際手話通訳の仕事を経験して思うことですが、聴覚障がい者と言っても、全く聞こえない人もいれば、少し聞こえる人もいますし、健聴者と同じように文章を読む事ができる人もいれば、文字が全く読めず手話もできず全てジェスチャーだけで生きてきたご老人もいらっしゃいます。

 今回取り上げられた件ですが、FAXで予約をしたということは少なくとも文字が書け、読める人だったということと、
健聴者とコミュニケーションがとれる聴覚障がい者がいた可能性があるということです。障害があってもとてもアクティブな方はたくさんいて外食や外出に慣れている方も多くいます。

 店員で手話ができる人はとても少ないと思いますが、筆談は誰でも出来ると思います。障害のある方達も、普通に食事したいだけで長々と店員と筆談でやりとりするつもりはないと思うんです。家族や友達と食事を楽しむ為に来店しているわけですから。ですので、お店も忙しく、負担に感じるかもしれませんが、始めから拒否はしないで欲しいのです。

 聴覚障がいがあっても普通に声を出して会話ができる人も多くいます。(少し聞こえる人、以前は聞こえていた人)
相手の口の形だけで言葉読み取り理解する人もいます。飲食店でしたら、メニューを指差すだけで注文はできますし、
会計は伝票かレジに表示されますので問題ないかと思います。

 聴覚に限らず、視覚、知的、身体障がい者、介護を受けている方、子育て中の家庭、所得の少ない人など、全ての人にとって優しい社会を、一人一人の小さな思いやりから作っていけたらと思います。長文失礼しました。
[ 2016/08/02 16:59 ] [ 編集 ]
店はボランティアでも公共施設でもないんだから『店の方針です』で押し通せば良いのに謝罪なんかするから世の中がおかしくなる
障害者に優しい世界を作りたいのはヤマヤマだけど余裕のない店もあるわけで、店側にも都合があるでしょう
今人手不足だからスタッフが少ないとか、または新人しかいなくてちゃんとした接客ができそうにないとかあったかもしれないし、単純にややこしい客は要りませんでもいいと思うんですよ
対応してくれる店に行けば良いだけの話
どこかのブログが鳥越バッシング止めなかったようにやりゃ良かったんだよなぁ
[ 2016/08/02 18:54 ] [ 編集 ]
コメントを興味深く拝見しました。

>>この問題は、聾唖者が障碍者対応を詠ったお店に予約を入れたところ断られたので団体を通じ確認(現地の) したうえで抗議を申し入れたということです。

今回の件は、774774さんのこの書き込みに尽きると思います。
[ 2016/08/02 19:11 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/02 18:54 ] さん>
チェーン店の本社の人や『お店は対応する方針だった』のだけれど、お店の対応力に自信がなかったから『適切な対応ができなかった』とリンク先に詳しい経緯が書かれています。(※↑でもそういうコメントがいろいろあります。)

コメントを全て読めとはもちろん言いませんが、今回何が起こったかわからずにコメントされると見当違いの話になってしまいます。
http://www.j-cast.com/2016/08/01274162.html?p=all
今回問題となったチェーン店の本社広報に話をJ-CASTニュースが聞いたところ、同社では障害者差別解消法の制定以前よりこうした問題については注意を払っていて、個別に協議のうえ可能な限り対応をしてきた、と説明した。そして、今回の店舗の対応は会社の方針に反したものであり、

「本件を教訓とさせていただき、今回のような対応が繰り返されないよう各店舗の責任者をはじめとする従業員に対し、障害者のお客様に対する弊社の対応方針を、障害者差別解消法の内容を踏まえ、教育・周知徹底に務めてまいります」
と謝罪した。
[ 2016/08/02 19:18 ] [ 編集 ]
>某氏のように『手がかかるやつは抹殺』されたい危険思想の方が増えたのでしょうか?

そうなんでしょうね。
こういった発言が出来るのも自由ですし誤解があったとしても受けとめる事も出来ますが
下記URLの記事は異常性しか感じません「いいね」が60件も付いてるのに頭を捻ります。

「重度障害者を死なせることは決して悪いことではない」
自民党NSC会員ブログ:名もなき投資家氏
http://sun.ap.teacup.com/applet/souun/20470/comment#comment

既出でないならブログ主さんに取り上げて欲しいくらいです。
[ 2016/08/03 12:40 ] [ 編集 ]
[2016/08/02 16:59]さんのおっしゃられていることを障碍者側が伝える努力をまずはすべきでしょうね。健常者に配慮を求めるなら、障碍者側にも健常者側に掛かる負担や知識や経験の浅さ、警戒心を察して歩み寄る努力は必要でしょう。

店側は不手際を恐れて構えているだけなのにそれを差別だ偏見だと非難したり、法律を持ち出したり団体を使って抗議(要は圧力をかけたわけですよね?)なんてすれば、そりゃ健常者障碍者関係なくそんな人とは距離を置きたくなるし、反発を生むのも必然だと思います。差別ではなく反発です。
健常者はどんなに酷い対応をされてもそんなこと出来ませんからね。
[ 2016/08/03 15:12 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/03 15:12 ] さん>
コメントを全て読めとはもちろん言いませんが、今回何が起こったかわからずにコメントされると見当違いの話になってしまいます。

障碍者や心身が不自由になってこられたお年寄りが増えた場合に『社会がどう対応するか』という点に対してはいろいろな意見がおありと思いますが、今回の件は…

『 聾唖者が障碍者対応を詠ったお店に予約を入れたところ断られたので団体を通じ確認(現地の)したうえで抗議を申し入れた
 BY 774774さん>
という点に尽きると思います。

お店が『障碍者対応』を唄っていたので、『確認した上で抗議』と言う普通の行動をとられただけで、『現実的な対応をし損ねた』お店側が失敗を『謝罪した』どこにでもある普通の話です。
(※お店も対応ミスをしただけで特に悪いわけではありませんし、ましてや障碍者の方も普通の対応をしただけです。)
[ 2016/08/03 15:24 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム