情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.07.31 06:00|カテゴリ:地震情報コメント(5)

巨大地震の前兆か!?マリアナ諸島でM7.7の大地震が発生!東日本でも揺れを観測!フィリピン海プレートに隣接!


s_ice_screenshot_20160730-230522.jpeg
*地震

30日午前6時20分頃に日本の南に位置している太平洋のマリアナ諸島近海でマグニチュード7.7の大地震が発生しました。震源から1000キロ以上も離れた日本でも震度1~2の揺れを観測しており、太平洋の広い範囲を揺らすような地震となっています。

幸いにも大きな被害の報告などはありませんが、マグニチュード7.7の地震が起きた後も同じ場所でマグニチュード5前後の強い地震が頻発しています。
マリアナ諸島近海はフィリピン海プレートと太平洋プレートが隣接している場所で、ここが大きく動くと日本でもプレートが連動して大きな地震が誘発する可能性が高いです。

マグニチュード9クラスの巨大地震が指摘されている小笠原諸島や伊豆諸島の延長線上にあり、とても嫌な場所が動いたと言えるでしょう。

全世界 リアルタイム地震地図
http://ds.iris.edu/sm2/

s_ice_screenshot_20160730-230425.jpeg

気象庁 地震情報
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20160730063150395-300620.html


s_ice_screenshot_20160730-230116.jpeg
平成28年07月30日06時31分 気象庁発表
30日06時20分頃地震がありました。
震源地はマリアナ諸島(北緯19.2度、東経145.2度)で、震源の深さは約260km、地震の規模(マグニチュード)は7.6と推定されます。



アメリカ地質調査所
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/map/

s_ice_screenshot_20160730-225938.jpeg
s_ice_screenshot_20160730-230046.jpeg

マリアナ諸島沖でM7.7の地震、津波警報なし
http://www.cnn.co.jp/world/35086707.html

人的、物的被害の有無は伝えられていない。
USGSはM7.7の地震発生後、同諸島内でM4.9などより小規模な地震の4波を観測した。
北マリアナ諸島は米カリフォルニア州から南南西の方角へ約9334キロ離れている。



☆気象庁プレート地図
URL http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/2-1.html

worldprkkopiioooooo.png
platejpjjiauauoiauioauiouo.png
















関連過去記事

東日本大震災前と類似する2016年!エルニーニョと地震に因果!西之島噴火も前兆か?噴火頻発⇒暖冬⇒気温急低下⇒震災
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-9464.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
速報性に欠いていますね。

[ 2016/07/31 07:03 ] [ 編集 ]
地震もそうだが雨降らねえな(涙)
[ 2016/07/31 07:57 ] [ 編集 ]
可能性が高いのかも知れませんが起きるとも起きないとも、なんとも言えないのでしょうね、陸地で大地震はわかりませんが、10年単位みたいですが、熊本大地震が起きて今までの状況と異なるようにも思える、熊本は落ち着きそうと思えば揺れてる。南海トラフ大地震が近いのでしょうか、それにしても毎日こうも暑いのは勘弁してもらいたいものです。
[ 2016/07/31 08:54 ] [ 編集 ]
地震対策を考えよう。
MIDORIJINKENTIMESでは、「巨大地震発生阻止プロジェクトへの提唱」を、掲載しています。地震阻止を海洋開発の観点で、道を拓こうとしています。そこまで踏み込んだ書物は、これまでにありません。
[ 2016/07/31 10:24 ] [ 編集 ]
茨城県南部の地震はフィリピン海プレート。こちらが前震で、マリアナ海溝の地震が本震なら良いのだけれど。
[ 2016/07/31 11:51 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム