情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.08.03 15:00|カテゴリ:ニュースコメント(27)

虫に触れることが出来ない男性、20代で8割に迫る!若者の昆虫離れが深刻に!


s_ice_screenshot_20160731-183821.jpeg

虫を触れない20代男性は8割に迫る 若者の昆虫離れが深刻
https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-148810/

しらべぇ編集部は全国の20~60代男女1,376人を対象に、昆虫に関する調査を実施。昆虫に触れると回答した人は全体の35.9%。男性で45.9%、女性で25.8%だった。

男性では年代によって大きく差があり、昆虫を触れる20代男性は25%に届かなかった。実に4人に3人以上が素手で昆虫を捕まえられないのだ。女性の平均よりも低いことがわかった。



以下、ネットの反応














自分も虫は苦手ですね。触れることは出来ますが、積極的に触れたいとは思ったことがありません。幼稚園の頃はダンゴムシなどで遊んでいた記憶がありますが、それ以降は友達を含めて虫遊びは少なかったです。
どちらかと言えば、木登りの方が楽しかった記憶があり、虫いじりは今も苦手な部類だと言えます。

まあ、今は色々と娯楽がある時代なので、別に虫で遊ぶ必要が無いだけでしょう。「若者の○○離れ」とかよく言われますが、時代や環境が変わっただけだと思います。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
20代の8割は東南アジアに住めないね。せっかく物価が安いのにね。移住するなら北欧やアイルランドなど、物価の高い国しかないね。日本の夏も虫が結構多いから大変だね。
[ 2016/08/03 15:08 ] [ 編集 ]
この季節、家にゴキブリとか出やすいでしょうに、どうすんですかね?
[ 2016/08/03 15:23 ] [ 編集 ]
窓を開けてたら、カマキリが入ってきて天井に張り付いてる。かわいいものだ。
部屋の中では餌もないから、あとで逃がしてやろう。

ちなみに大田区東雪谷です。
近所でクワガタが採れます。
都内の人も夏休みの子供と近所で昆虫採取する(なるべく採取ではなく撮影がいいと思うけど)してはいかがかな。
[ 2016/08/03 15:23 ] [ 編集 ]
若者の○○離れシリーズほんときらい
[ 2016/08/03 15:36 ] [ 編集 ]
毛虫とかゴキやムカデとかはともかく
蝶やカブトムシも駄目なの?

都会はともかく、地方なら登下校の道すがら虫に出会うのは普通だろうに
ゲームでもしながら登校してるのか?

トカゲやアマガエルを手の上に乗せたり、青大将(無毒蛇)を跨いだり、カマキリを捕まえて道の中心から草むらに逃がしてやったりetc・・いい思い出だよ

ちなみに女だけどね
[ 2016/08/03 15:38 ] [ 編集 ]
>若者の○○離れシリーズほんときらい

気持は分からんこともないが
「自然との接触」ってけっこう「生命力」も関わってくる問題なんだよ
サッカー少年なのに筋肉の使い方が偏っていて体が硬い=怪我しやすいとか
自然の中での遊びって色んな方面で重要
[ 2016/08/03 15:42 ] [ 編集 ]
雪谷とか石川町(東工大周辺)だと緑が多そうだ。

新宿に野生のカブトムシがいて驚いたことがある。
鳥取の親類の家へ行って夜中にカブトムシ採集に行った。ワクワクしたのを覚えている。
[ 2016/08/03 16:28 ] [ 編集 ]
むしろ大人になってから触れなくなった。
[ 2016/08/03 16:50 ] [ 編集 ]
うーん、子供のうちは触れたんなら別にいいんじゃないのかな?20代で無理にカブトムシで遊ぶ必要もないかな、20代で女子と触れ合えない人がいたらそのほうが問題ですよね。
[ 2016/08/03 17:22 ] [ 編集 ]
虫や小動物を無意味に殺害してるだけだろ?
小動物だから許せるのか?
むしろ虫が触れなくなったのは良い傾向。

あと「やくみつる 朝日放送 ムーブ 不動産」←のキーワードでGoogle検索して出てきた掲示板を見てね。
[ 2016/08/03 17:57 ] [ 編集 ]
ルックス、挙動・・・

存在自体、いちいちファンキーな昆虫 !! 

チッチャイですが 。。



[ 2016/08/03 17:58 ] [ 編集 ]
東南アジアは、町の中ゴキブリだらけだし、映画館のイスにいたりと大変だったなぁ。ようは慣れですよ慣れ。
[ 2016/08/03 18:11 ] [ 編集 ]
世界が怖れる一流のプロ "G"ともなれば
完全に息の根が止まったのを確認した後でないと
油断は禁物である
[ 2016/08/03 18:56 ] [ 編集 ]
子供の時平気だった蝶は今は大嫌い。
子供の時ダメだったミミズは今は素手で掴める。
カマキリは今も子供の時も掴めない。バッタだのトンボだのはずっと平気。
ゴキブリは掴まえたことはないけど別に平気
まわりに聞いても今の20歳くらいの子はものすごく虫が苦手だね。
ちっちゃい虫でも自分で退治したり外に出したり出来ないのは不便なのでは?
死骸の処分もダメとか親がいなくなったらどーするんのさ。
[ 2016/08/03 18:58 ] [ 編集 ]
情報速報ドットコムwww
[ 2016/08/03 19:14 ] [ 編集 ]
朝日放送 ムーブの出演者。

勝谷誠彦、花田紀凱、須田慎一郎

姑息な手口ですな。
[ 2016/08/03 19:28 ] [ 編集 ]
そのうち「若者のスマホ離れ」とか言う日が来るんだろうか
「あのおっさん、まだ指先で何かやってるよww」
「ダッセーww」「平成生まれの老害ww」
とか言われつつ…
[ 2016/08/03 19:37 ] [ 編集 ]
虫より両生類だろ。
[ 2016/08/03 19:46 ] [ 編集 ]
年寄りのブログ離れ w
[ 2016/08/03 19:58 ] [ 編集 ]
ワクチン製造が、アカゲ猿や昆虫の蚕(かいこ)の種細胞からつくられてて
未知ウィルス(SV40など)やマイコプラズマに要注意~と先日書いたからかな?

でも無理してムシに素手で触らないほうがいいと思いますよ。
昔と比べて農薬や除草剤も劇薬みたいな即効強力なものへと変わってるらしく
最近の昆虫に寄生してる菌類の耐性もあがってるでしょうから

30年前の昔はクワ・カブトなどを山で採って鑑賞目的で持ち帰ってましたが、
樹液タイプの餌あげでも虫かごの中でもすぐ死んじゃったりと
いま思うと可哀そうなことしてしまって大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
数十分ほど籠の中でながめたら、山に逃がしてから帰るべきだったかなと。
幼虫から成虫まで飼う繁殖目的の飼育なら別ですが大変な手間かかりますし
[ 2016/08/03 20:06 ] [ 編集 ]
ギクッ!!

今、昆虫虐待のキオクが。。
[ 2016/08/03 20:14 ] [ 編集 ]
「やくみつる 朝日放送 ムーブ 不動産」←でGoogle検索し出てきたサイト見てね。


あれれっ?やくみつるさん共産党支持者だよね?
共産党支持者が貧困ぼったくりビジネス支援するの?
[ 2016/08/03 20:50 ] [ 編集 ]
>20代の8割は東南アジアに住めないね。
日本と同じ。東南アジアでも住むところ次第。
[ 2016/08/03 22:14 ] [ 編集 ]
左翼離れしてる若者を叩きたくて仕方ないんだね
[ 2016/08/04 07:06 ] [ 編集 ]
ゲームばかりやっていると、虫すら触れないほどの軟弱者になってしまうんだね。
[ 2016/08/04 08:53 ] [ 編集 ]
虫かあ…子供の頃は虫相手に残酷なことをしたなあ ごめんね
でも今でも蚊やボウフラ、玄関灯り下の大量の羽虫、白蟻、軒下のスズメバチやGは速攻、スプレー虐殺しています

でもその呪いなのか、夏の夜に灯りに集まる瀕死のセミに毎晩心臓停止するほど脅かされています。

たまに、でかいカナブンかと思ったらクワガタやカブトムシでした

23区内です
[ 2016/08/06 01:09 ] [ 編集 ]
釣り堀で、餌のミミズに針を刺せない、自称都会の名古屋人。
ほんと役に立たないね。
[ 2016/08/07 01:34 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム