情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.08.04 15:00|カテゴリ:ニュースコメント(22)

日本のミサイル警戒網、北朝鮮のミサイル発射を予測できず・・・ 移動式で予測難易度上昇!Jアラートの発信も無し


s_ice_screenshot_20160804-094916.jpeg
*ミサイル防衛

<北朝鮮ミサイル>破壊措置命令出せず 移動式、察知困難
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000128-mai-pol

北朝鮮は今回のミサイル発射に関して事前通告せず、車両で移動できる発射台(TEL)を使ったとみられることから、周辺国や国際機関でも十分な兆候をつかめなかった。日本は迎撃ミサイルを搭載したイージス艦や地上配備型迎撃ミサイルのパトリオット(PAC3)を展開させておらず、国が各自治体などを通じて緊急事態を知らせる「Jアラート」の発信もなかった。



以下、ネットの反応


















日本のミサイル迎撃システムと警戒システムは、事前に進路がわかっているミサイルは瞬時に迎撃することが出来ます。しかしながら、今回みたいに移動式で予想外の場所から発射されると、ミサイル迎撃以前に警戒網も反応が出来ない場合があるのです。

イージス艦や地上配備型迎撃ミサイルのパトリオットも展開までに準備時間が必要で、どんなにミサイル迎撃能力が向上しても即座に使えないようでは話になりません。
実際の戦争では事前の進路なんて教えてもらえないわけで、日本のミサイル防衛網は見直しと強化が必要だと言えます。
*対ミサイル部隊を創設して、4部隊程度をローテンションで常にひとつは迎撃可能モードで待機させておくべき。







関連過去記事

北朝鮮のミサイル発射、日本の排他的経済水域(EEZ)に落下!北朝鮮から日本への脅し?韓国「そこを狙って撃ったもの」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12823.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
対ミサイルのための部隊はあるよ
[ 2016/08/04 15:26 ] [ 編集 ]
日本オワタ(^^;)/ 海外移住、マジ目指す!
[ 2016/08/04 15:34 ] [ 編集 ]
世界の何処にも安全な場所はもう無いでしょ
大国ですら寄り付かない実験もしないようなすごい辺境に住むとかしか
その中でこれからの未来に関わるであろう日米がただマシってだけで
[ 2016/08/04 16:21 ] [ 編集 ]
稲田防衛相のお手並み拝見
[ 2016/08/04 16:38 ] [ 編集 ]
できないって事は関係者がみんな知ってる事でしょ。
[ 2016/08/04 17:35 ] [ 編集 ]
ミサイル迎撃システムなど、まったく無力だ。相手は数発撃って一発当たればいいが、こちらは一発も打ち損じるわけにいかない。
最初から勝負にならない。
[ 2016/08/04 17:43 ] [ 編集 ]
 ほほぅ~ これで日本がまたまた宗主国米国様から米国製インチキミサイル迎撃システムを数兆円で売り付けられれば、バックコミッションはその売上から首領様へ支払われるのですな。
 THAADっていったけ? 
 北のノドンかテポドンか知らんけど、安倍が居る時の首相官邸に着弾させてくれ
[ 2016/08/04 17:55 ] [ 編集 ]
いつもは北朝鮮が事前予告を行い、それに呼応して日米韓のイージス艦が朝鮮半島を取り囲み、通過予想地点の南西諸島にPAC-3を配備しているが。こんなやり方が攻撃側/防御側ともパフォーマンス。

弾道ミサイルは移動式発射機(TEL)が基本で、日本は事前予告なしの発射に備えているはず。中国が日本を攻撃するときは事前予告なんてしないであろうから。
ミサイルの発射は米国の早期警戒衛星が真っ先に探知し、続いて地上にあるレーダー(J/FPS-5、AN/TPY-2等)で探知する。
今回も探知はしていたはず。本土へ着弾が予想される際にはJアラートで警報が鳴るかもしれないが、今回はEEZに着水し警報が鳴らなかった。どこから鳴るか「閾値」については不明。
海自の主力艦隊は4つ(4個護衛艦隊群)あり、それぞれ弾道ミサイル迎撃能力(BMD)を備えたイージス艦が1隻づつ。艦隊は4つあっても訓練や整備などで常時の稼働が期待できるのは1~2個程度。日本海や東シナ海にBMDイージス艦がもし1~2隻いたとして、弾道ミサイルを迎撃するためのミサイル(SM-3ブロック1A)の射程が足りず迎撃不能だったのか、EEZに着水であれば迎撃の必要なしと見送ったのかは不明。

今の手持ちのBMDイージス艦は4隻だが、あたご型2隻にBMD能力を持たせるべく改修中。
また、平成27年度、28年度防衛予算でBMD能力を備えた2隻のイージス艦を調達。よって2020年代前半には、8隻のBMDイージス艦体制となる。迎撃ミサイルもSM-3ブロック1A(射程1,200km)からSM-3ブロック2A(射程2,000km)となる。
地上に設置する迎撃ミサイル(イージスアショアもしくはTHAAD)についても検討中。
[ 2016/08/04 18:10 ] [ 編集 ]
北朝鮮のミサイルが日本国内に着弾して始めて、日本もミサイルを配備する必要生があることに気がつくのだろうか。原発事故の時もそうだったが、想定外が多すぎるのではないだろうか。
[ 2016/08/04 18:26 ] [ 編集 ]
稲田朋美の「宗教的儀式」とやら、見せてもらおうじゃないか。
[ 2016/08/04 18:36 ] [ 編集 ]
そもそも、ほんとに飛んできたの?
誰か見た?
[ 2016/08/04 18:40 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/04 18:40 ]
海上保安庁がミサイルの破片らしきものを発見しています。
今回のノドンのものか、これから鑑定が始まるでしょう。
[ 2016/08/04 19:32 ] [ 編集 ]
原発も管理できない。防衛もまともに出来ないってこの国かなり脆弱だな
[ 2016/08/04 19:50 ] [ 編集 ]
1976年のソ連のミグ25事件からなんも進展してないんだなあ、日本の防衛網は・・・(´・д・)
[ 2016/08/04 21:56 ] [ 編集 ]
市民が犠牲になる!これでは無意味!
テロにしても、ミサイルにしても、犠牲になるのは安倍のような権力者でなく、
いつも無抵抗の無実の市民ばかり!

北朝鮮も安倍や官僚を狙え!自衛隊でもいいが、国防軍を造り、核配備をしなければ、
いつまでも中韓、朝鮮に狙われる。そして、在日勢力も政界から排除せねば、日本の未来はない
[ 2016/08/04 22:43 ] [ 編集 ]
変な言い方だが、普通のミサイル一発都市部に落ちて被害者は如何ほどか
それに対して備え続けるコストはいかほどまで許容出来るのか
完全に防ぐ事が出来ないならほどほどの監視にして、実際に被害が出たときにどうするかを考えておいた方がいい気もする
そうでないと、即戦争とか言い出す輩が暴走しそう
[ 2016/08/04 23:55 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/04 23:55 ]
例えば通常弾頭であれば、52発のDF-15Bを撃ち込めば嘉手納基地の機能を喪失させることができるとのシミュレーションがあります。1発あたり直径270mの破壊範囲の計算で。
ただし通常弾頭ならまだしも、核弾頭を都市部に落とされればそれだけで見過ごせない被害となり、1発たりとも許容できません。

そこで弾道ミサイル1発に対し、撃墜率80%のSM-3迎撃ミサイルを2発撃つことにしましょう。そうすれば96%の確率で撃墜できます。
また、多層防御という考えもあります。それぞれ迎撃する高度が異なる複数のミサイルを組み合わせるものです。高度70~225kmで迎撃するSM-3が外れたら、次に高度20~200kmで迎撃するTHAADミサイル、最後に高度15kmのPAC-3を用いるという考えです。
[ 2016/08/05 00:26 ] [ 編集 ]
そりゃないぜセニョールの記事って新聞ネタ?この件はブログ主さんの認識も間違っていますョ~😅ミサイル防衛システムを学びましょう。戦争が相当好きみたいだが?イチイチ発射場所を通告しないわな(^^)v(^^)v
[ 2016/08/05 05:48 ] [ 編集 ]
米から高いミサイル買わされても糞の役にも立たないようですね。この国の国防に対する認識や防衛省・自衛隊の装備・能力など所詮はこの程度のものということです。なーんにも対応できてないって、相変わらず笑かしてくれる国ですな
[ 2016/08/05 06:48 ] [ 編集 ]
↑↑↑いつも愚痴愚痴グッチ―のテメエの国防認識が一番胡散臭いだろうよ。

[ 2016/08/05 07:19 ] [ 編集 ]
俺んちはアンタの探知無理(*^^*)そりゃ大変だあ~(*^^*)予算を増やし目を増強これも予算獲得の戦略ね、本当に弱かったら公言しないわ~。記事も一部正解他は不正解って事ね、大体日本のレーダーは弾道弾専用じゃねえし(*^^*)
[ 2016/08/05 07:28 ] [ 編集 ]
いつものオスプレイじいちゃんはどうしたんだろ?(*^^*)さすがにオスプレイネタとレーダーネタは無理筋と遠慮かな?
[ 2016/08/05 17:44 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム