情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.08.04 16:00|カテゴリ:ニュースコメント(39)

学生団体「SEALDs」に分裂騒動!?奥田氏と幹部・牛田氏が言い合い!牛田氏の過激な発言で対立か


s_ice_screenshot_20160804-154218.jpeg
*シールズ

昨年から安保法案などで注目されていた学生団体「SEALDs」ですが、リーダーの奥田愛基氏が幹部の牛田悦正氏とケンカ状態になっていることが分かりました。

原因は牛田氏の過激な発言で、奥田氏はそれを控えるように注意しています。しかしながら、牛田氏の方も「日和っているというより、誤魔化していると言った方が適切だと思う」等と反論し、SEALDsの上位陣で意見が割れる展開になりました。

↓奥田氏












↓牛田氏









関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
そーいえば、参議院選挙の後に解散するとか言ってなかった?
[ 2016/08/04 16:09 ] [ 編集 ]
自己主張したいだけ?
自己主張、自己満足したいだけなのか?それともより多くの人の賛同を得たいのか?
もともと何がしたかったのか?
過去の左翼と同じく自分たちに賛同しない物は全部切り捨てて、そして誰もいなくなるのか?
少しは歴史に学びなさい。
[ 2016/08/04 16:20 ] [ 編集 ]
上位陣ってwww
ほんと日本語知らねえなw
[ 2016/08/04 16:37 ] [ 編集 ]
SEALsはもともと自由に考え行動する人たちの集まりであり、組織ではないのですから、
意見の違いはあってもそれは「分裂」ではないと思います。
また、SEALsが参院選で一応活動を終えたといっても、奥田氏や牛田氏が議論をするのは自由です。
私も市民の1人として、考えることを止めないで、諦めずに行動していきたいと思います。
多くの人が心を痛めている福島や沖縄の問題、さらに相模原の事件から眼をそらさずに、
日々少しづつでもお互いが助け合って、平和に暮らせる社会になりますように!
[ 2016/08/04 17:19 ] [ 編集 ]
そーいえば一時鍵垢になってましたがその間に何かあったのですかね…
[ 2016/08/04 17:33 ] [ 編集 ]
やりとり見る限りは分裂とか対立という感じも受けないですが他にもあるんでしょうか…

若い頃を思えば意見の対立やケンカ、何となく離れるとかよくあったこと。もがいて模索していくしかないです。

彼らは、何にもしないで流される大人とひたすらおとなしい若者が多いなか、頑張っていると思う。
[ 2016/08/04 17:50 ] [ 編集 ]
偏差値28同士のバカサヨクの代表たる仲間割れ的猿芝居お疲れちゃんwww
[ 2016/08/04 17:55 ] [ 編集 ]
17:50さん
ただ奥田さんって割と大人しい方ではあると思います。騒ぎはするけど割と分かっていると思いますけどねぇ…

ガリガリ君騒ぎの時もここの方よりも冷静?でしたよ。自分たちで盛り上がるためのものを私に言われてもどう反応していいか分からないと言うツイートに共感していただいていたみたいですし。
[ 2016/08/04 17:59 ] [ 編集 ]
いろいろ悩んで、それが青春だと思う。
生き方やり方、すべて同じ人間はいないのだ。

青春は情熱だ
[ 2016/08/04 18:04 ] [ 編集 ]
シールズがいてくれてよかった。
戦争法にしろ、安倍政権が強引に傲慢に決めていくのがおそろしかったが、普通の感覚をもった学生達が一緒に考えてくれたのはありがたかった。今の日本は今までになくゆがんだおかしな国になってしまっている。何者かに操られたおかしな政権をおかしなマスコミが支え、何も考えない国民がそれに従う。
正しいことがおとしめられ、汚ないものが祭り上げられる、それが今の日本。
[ 2016/08/04 18:15 ] [ 編集 ]
もう解散を。
こいつらのイメージは実に悪い。
[ 2016/08/04 18:41 ] [ 編集 ]
このロゴマークって欧米人が思いつきそうなマークなんだよな。
[ 2016/08/04 19:28 ] [ 編集 ]
なぜ?
悪し様に言うのはウヨサポ自民党だけ
一般人には、勇気をもらえるありがたい存在だった
汚ないひとらが必死に潰そうとするけど、汚ないおっさんらのほうが消えたらいいのに。
[ 2016/08/04 19:28 ] [ 編集 ]
安保闘争に関わった高齢者にとって、SEALDsは良い夢だったと思いますよ。かつての青春を思い起こさせる孫のような若い彼らは。
もうすぐ解散ですけどね。
そして今の若い世代には自民党の支持が多いというこの現実。
[ 2016/08/04 19:40 ] [ 編集 ]
奥田さん、牛田さんが被選挙権のある年齢になるのが待ち遠しいです。
今の腐った政治を変えるには、世代交代しかありません!
[ 2016/08/04 19:50 ] [ 編集 ]
>>1755
>>1841
シールズが偏差値28でイメージ悪いならヤフコメ駄文のお前らネトウヨのトッちゃん坊や共は日本語不自由の養護学校卒の池沼自覚したらw
[ 2016/08/04 20:00 ] [ 編集 ]
猿芝居のネトウヨ自民がんばれ自作自演ご苦労なこったw
[ 2016/08/04 20:03 ] [ 編集 ]
19:50
民主主義? そんなものは手続きにすぎない、と言ってる牛田氏に投票?
(散々、民主主義って何だ?と叫んでおいて、本人はこんな認識でしかなかったとか嗤わせる)

[ 2016/08/04 20:08 ] [ 編集 ]
シールズの種育てよう
政治に常々疑問を感じながらも、仲間内で愚痴をこぼしつつ、のんきに母親をやってきた私達を変えたのは、本当の民主主義を訴えだした若者たちだったと思う。

特に特定秘密保護法に反対する学生たちの組織から始まったシールズの若者たちには、心から敬意を表し感謝したい。
彼らの行動で、どれだけ多くの人が政治に関心を持ち、話し合い、自らも行動したことだろう。

「絶望しているヒマはない」
「知らないうちに変わっていくのではなく、知ろうとしないうちに変えられていくのだ」
「終わったなら、始めよう!」。
彼らの真剣でストレートな言葉の数々は、私たちの中にしっかりと刻まれた。

一主婦の私も、政治について考え、参加することを、生活の一部にしたい。
シールズの蒔いた種を育て、子供たちにも手渡していきたい。(7月18日・東京新聞・ミラー)
[ 2016/08/04 20:10 ] [ 編集 ]
奥田愛基さんに聞く
~最初の一歩をどう踏み出したらいいか?

18歳選挙権になったら動こうぜ、という人は40人の教室の中で5、6人かも知れない。でも、それだけいたら結構できる。
今の政治はこういうところがおかしいよねと考えている若者が、ちょっと勇気を出して『政治や選挙のことを考えるのは普通じゃん』って言い出した時に流れができる。
そういうカルチャーをつくってほしい。

~活動を通じ、社会が動く手応えを感じたか?

最初は全く相手にされなかったけれど、「政治に関わらないと、社会は回っていかないよね」という空気が出来てきた。自分だけが良ければいいと思う時があっても、「やっぱり社会のことも大事だ」という感覚も、普通にあってもいいんじゃないかと思う。

シールズという名前はなくなるけれど、日本でデモがゼロになるわけでも、選挙がなくなるわけでもない。
シールズのデモのノウハウが受け継がれ、選挙のあり方が変わるきっかけを残せたらいい。

~選挙をどう変えていこうとしているのか?

シールズとして各地の候補者や選挙事務所に、新しい市民参加型の選挙のあり方を説明している。候補者が主役で有権者がお客さんとの図式を変えて、候補者と有権者の『双方向性』を高めたい。

~具体的にはどんな提案をしているのか?

例えば有権者は投票するだけでなく、段階的に選挙に関わる。最初は『選挙に行こうよ』と投票を促す。少し進んで奨学金問題など『争点を話題にする』
さらに『特定候補者への投票を周囲に促す』といった具合に。
参加することで候補者への期待が増し、候補者も市民に寄り添った政策の提案が出やすくなる。

~若い有権者も参加できるだろうか?

どっちにしても選挙は定期的にやってくる。だったらお客さんにならずに、君のやりたいスタイルで選挙に関わったらいいよと伝えたい。
昨年、動いた人がいっぱいいたから、政治も変わるかな?と思ったが、安保法廃止法案は審議されず、安保法制を採決した参院の『議事録問題』の追求も進まなかった。

選挙に参加して『政治のカルチャー』を変えていきたい。

(奥田愛基・リデモス代表理事・明治学院大学大学院生)
[ 2016/08/04 21:23 ] [ 編集 ]
憲法改正デモを行った「大学生遊説隊 UNITE(ユナイト)」を率いる韓国発カルト「統一教会」
http://buzzap.jp/news/20160603-unite-ldp/

ネトウヨは、完全スルーw
[ 2016/08/04 22:57 ] [ 編集 ]
若者よ 熱く語れ!
これまでシールズが何か際立ったことをやった訳ではないだろう。獲得すべき大きな目標が
あっての行動の呼びかけでもなかっただろう。単に 自分たちの素直な思いを表明したにすぎ
ないレベルのことだ。

現憲法下では集団的自衛権行使による「自衛隊の海外派兵は許されない 」とする従来の
「内閣の統一見解と国会決議」、そして、国民の意思を踏み倒しての「閣議決定と強行採決」
への意思表明・抗議にすぎない。
「自衛権がいらない」と言っているわけではないだろう。日本の安全の保障はどうあったら
よいのか、国民が時間をかけて丁寧に論議しょうと、言っているだけなのだ。

日本では シールズが格別に政治意識が高く、特別の政治行動をする集団のように見られている
ところもあるようだが、これしきのこと、欧米、北欧など先進国の若者においてはごく平凡な
日常茶飯事のできごとである。

世界のグローバル化が進み、稼ぐことに優れていても、国民の「民度」が世界に赤裸々となる
につれ、その後進性が恥ずかしくなってきたのだろうか、現在、日本では、政府主導の18歳選挙
が話題になっている。 ところが欧米では 既に20年近く前から18歳選挙が始まっているのだ。 
思考停止した「お花畑」の若者を大量に作り、社会に向き合えない人間が増えるほど、一部の
エリートにとって都合がよく、政治がやりやすくなることは言うまでもない。

学歴があり物知りではあっても、周りの空気を読み、要領よく立ち回るだけの小賢しいモヤシっ子
で腑抜けの若者が多い昨今のこと、まだまだ青臭いところがあるにしても、将来の日本の姿に思い
を馳せ、真っ直ぐに社会に向き合おうとする情熱だけでも、大いに評価してやりたいと、考えるものである。

「自分さえ良ければ社会」を作ったのは 若者ではない、特に、近年30年間、大人がやったことな
のだ。  国民の税をむさぼり 利権に汚れる薄汚い大人にだけはなって欲しくはないものである。

[ 2016/08/04 23:07 ] [ 編集 ]
SEALDsの果たした役割は大きい。
若者が投票に行くことを呼び掛けてくれた。若者は自民支持が多かったが投票に行ってくれることに意義がある。
[ 2016/08/05 00:10 ] [ 編集 ]
日本のことなんざどーでもよいのよ。
一番大事なことは政府にたてつくかっこいい俺らを
演じること。
こいつらの活動はそれ以上でも以外でもない。
[ 2016/08/05 01:47 ] [ 編集 ]
シールズの純粋なメッセージは多くの人の心に響きました。
彼ら(に代表される若者たち)は日本の希望です。
[ 2016/08/05 01:59 ] [ 編集 ]
しーるずの役割を果たしたこと結局さ、連戦連敗を築く山をはっただけ。鳥越さんの時もそうだったじゃんwアホさ満載過ぎて震えたわ~♪
[ 2016/08/05 03:50 ] [ 編集 ]
ひがみ根性丸出しの、オトナのネトウヨコメントや、平気で池沼などと差別発言をする植松予備軍コメントばかり。

あんたらが一番クズだよ。
[ 2016/08/05 06:22 ] [ 編集 ]
「今だけ金だけ 自分だけ」の政治を憂い、良心に従って行動している人たちは
シールズであれ鳥越さんであれ天晴れだ。
選挙の結果は、愚直に正攻法で戦ったか、権力と金力とあらゆる手を使ったかの差である。
「今だけ金だけ自分だけ」の歪んだ潮流を憂い、正論を行動に示す勇気ある人々を
尊敬するし、これからも応援し続けるつもりだ。
[ 2016/08/05 06:53 ] [ 編集 ]
小林節さんも立派な人だ。
当然受かると思って彼に投票しなかったことを悔やんでいる。
[ 2016/08/05 07:06 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/05 01:59 ]
よく選挙ではSEALDsがついた方が負けると
言われますが、仕方がないでしょ。
与党より数で劣るから野党なのであって、野党を応援するならたいてい負けるのは宿命みたいなものです。
[ 2016/08/05 07:10 ] [ 編集 ]
普通の子たちが、普通に生きていて、社会がおかしくなったと思って、何かしなきゃならない、って思って、いろいろするようになった。その、普通のことが、普通に行われることが、長い間、普通じゃなかった。

彼らは風通しのいい社会になったらいいのに、と思って、運動を始めた。そのことに、ぼくは、深く共感している。

学ぼう。ぼくたちは本当に無知だったと思うから。謙虚になろう。ぼくたちが知っている世界の外にはもっと広い世界があるはずだから。
憎しみに巻き込まれないようにしよう。
一番怖い敵はそれだから。(高橋源一郎)
[ 2016/08/05 11:01 ] [ 編集 ]
民主主義ってなんだ?・高橋源一郎❌SEALDs・河出書房新社
牛田: シールズの牛田悦正(よしまさ)です。

高橋: おっと、いきなり名前が覚えられなさそう(笑)

牛田: あ、今メモに「牛」って書きましたね(笑)。普段は勉強を毎日しています。明治学院大学の社会学部社会学科四年生で、やってるのはルジャンドルのドグマ人類学です。西谷修さんや佐々木中さんが専門にしている学問です。

高橋: わりと珍しい分野だね。

牛田: 専門としては、経済と聖なるものの関係についてです。あと普段はラップしてます。

高橋: ラップとルジャンドルは関係あるの?

牛田: あるんです!

一同: (笑)。

牛田: 完全にあるんです。大ありです。ルジャンドルが言っていることは、法っていうのは僕たちの目にとまるのは文章だけですが、そもそもラップすることとか、ダンスすること、絵を描くこと、小説を書くこと、そういうことも全部、「法」なんじゃないのってことです。あと、本当に大事なことって「演出」するしかないらしいんですよ。例えば、法を守らなきゃいけない根拠はないんです。民主主義も自由もそうです。それ自体が根源的な根拠だから、理由なしに大事だと思わせるしかない。だからラップで「これ大事だぜ」「これにムカついてるぜ」って言っていくこと自体が、すごい重要なんです。

高橋: シールズの方法論はルジャンドルからきてたのか(笑)。

牛田: 後づけでもあるんですけどね(笑)。

高橋: 小さいときは?

牛田: 自分の話をするのはあまり好きじゃないんです、けっこうつらい感じに思われちゃうから。お祖父ちゃんがヤクザで、丁半ゲームのイカサマ師をしてたんですよ。イカサマがばれる度に指が落ちていくんですよ。

高橋: 過酷な人生だね……。
 
牛田: 「アイスコーヒー三つ」って指を立ててオーダーしても、二つにしかなってない(笑)。
それが親戚中の持ちネタだった。僕はお祖父ちゃんに直接会ったことはないんですけど、親父はその血が嫌いで、パチンコをやらないって決めてたらしいんです。でも僕が生まれるちょっと前にパチンコ屋に行ってみたら、そこからどっぷりはまっちゃった。

高橋: 牛田くんにもきっとギャンブラーの血が流れてるんだね。

牛田: 父は25歳のときに都内に美容室をつくって、それを経営してたんですけど、パチンコにはまってしまってから店に行かなくなって、それで3000万借金をつくったんです。だから僕は生まれたときから家に借金があるみたいな生活で(笑)。それでしばらくお祖父ちゃんとお婆ちゃんの家に預けられていたこともあるんですけど、ずっと親父と母親の悪口を言われるんですよね。「お前の親はダメだ」って。それがなかなかつらいんですよね。けっこう淡々と言われ続けるんで。そして僕が中学を卒業するときくらいに、母親が「もう嫌だ!」ってなって離婚したんですよ。そこから高校の間は親父と住んでました。

高橋: 何でまともなお母さんの方に行かなかったの?一人っ子?

牛田: 一人っ子です。俺は三人で住みたかったんですけど、いろいろ理由があって……母親が出て行くって言うんで「何で?出ていきたいなら出ていけばいいじゃん。俺はここにいる」ってつい言っちゃったんですよ。そうしたら高二のとき、親父が癌になっちゃって、高二の終わりくらいに死んじゃって。そこから戸籍上は孤児というか、親戚の家の隣にしばらく一人暮らしをしてたんです。今は母と一緒に住んでますが。そこからしばらくつらい時期でしたね。

高橋: ラップはいつから始めたの?
 
牛田: 大学に入ってからです。高校ではブレイクダンスと、ベースを弾いてました。でもロックよりヒップホップの方が好きだなって。

高橋: 明るくなったのはその頃から?

牛田: いや、前から基本明るいです(笑)。親父が死んだ時は結構本気で「やべぇ」って感じだったけど、基本「別に大丈夫よ!」って感じです。

高橋: うちの親父もギャンブル好きで、まあひどかった。僕が高校生の時なんか、僕の本やステレオやら、いない間に勝手に売ってたからね(笑)。大学は何で明学にしたの?

牛田: いろんな大学を落ちたから(笑)。

高橋: 最初からルジャンドル読んでた?

牛田: 最初はニーチェを読んでました。「ヤバい、俺が考えていたことがここにある。こいつは俺と同じことを思ってる」って思って。いちばん自分が大切にしているものを考えたいっていうか、「何で生きているの?」っていうことの答えみたいなものを、俺は親父が死んだことで破綻しちゃったところもあって、求めてたんですよね。ニーチェもルジャンドルも同じことを考えてるんですよね。だからそれを勉強していこうと思って。

高橋: ここまでの話だと、政治は一ミリも入ってきていないよね?

牛田: そう……ですね。大学入って奥田に会ってからですね。

高橋: じゃあ、ひとまず奥田くんに移ろうか。 
[ 2016/08/05 12:41 ] [ 編集 ]
牛田くんが一生懸命生きてきた正直な人間だということが判りました。
[ 2016/08/05 12:59 ] [ 編集 ]
>与党より数で劣るから野党なのであって、野党を応援するならたいてい負けるのは宿命みたいなものです。

↑アングリ。.inc社員ですか?こんな人らに占有されつつある最近のコメント欄、結構ヤバイかも

それにしてもこういう事をわかっていて尚、したり顔で言ってるのか、若くて知らないのか。

アラ50以上だと、自民党政権がとって変わられたのを二回見ているんだよ。
マスコミさえ普通に機能すれば可能だ。

だから安倍政権はまずマスコミを押さえた。海外先進国では御法度のマスコミ幹部とのお食事会や半国営放送のトップに仲良しを送り込んだり。
成功してますよ、今のところはね
[ 2016/08/05 22:18 ] [ 編集 ]
>SEALsはもともと自由に考え行動する人たちの集まりであり、組織ではないのですから、
意見の違いはあってもそれは「分裂」ではないと思います。
また、SEALsが参院選で一応活動を終えたといっても、奥田氏や牛田氏が議論をするのは自由です。
私も市民の1人として、考えることを止めないで、諦めずに行動していきたいと思います。
多くの人が心を痛めている福島や沖縄の問題、さらに相模原の事件から眼をそらさずに、
日々少しづつでもお互いが助け合って、平和に暮らせる社会になりますように!
[ 2016/08/04 17:19 ] 真実を探す読者


スペル間違えてる時点でアレな人間なんだろうけど・・・
組織ではないってのは、何かあった時に責任取りたくないための言い訳で、今は政治団体だと認めている
政治団体じゃなければ寄付金関連で法に触れるらしい
[ 2016/08/06 03:13 ] [ 編集 ]
SEALDsのHPで彼らが今までどのような活動を行ってきたのかを見れば、
普通の学生たちがどんな思いで頑張ってきたのかが分かるはずだ。
単にディスるためだけのコメントは浅ましい。
[ 2016/08/06 06:22 ] [ 編集 ]
あまり叩かれすぎてなんか可哀想になってきた。
シールズの失敗は大人の失敗でもある。
経験したもの何一つ無駄なものはないと考えて
頑張れ。
いったん夏休みにして勉強しよう。
お師匠様は変えたほうがいいかな。
[ 2016/08/06 08:06 ] [ 編集 ]
選挙の結果だけが成否ではない。
マスコミを抱き込んだ何でもありの選挙であればなおさらだ。

シールズは我々一般市民を目覚めさせてくれた。
これは間違いのない事実で、彼らの活動は決して失敗ではない。
選挙の勝敗という目先の成果だけではなく、意識の掘り起こしという大事業を成し遂げてくれた。
これからは我々大人がシールズが耕し、蒔いてくれた種を育てていく番だ。
[ 2016/08/06 09:09 ] [ 編集 ]
選挙における野党共闘もシールズがいなければ実現しなかったかもしれないしね。
彼らは 政治家たちにも影響を与えたと思う。
野党が協力できたのは画期的だ。
憲法を守るために政策の違いを乗り越えて選挙戦を戦い、1人区でかなりの成果をあげることができた。
野党は衆議院選までこの方向性を大切にして欲しいものだ。
[ 2016/08/06 13:16 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム