情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.08.05 17:00|カテゴリ:政治経済コメント(8)

元朝日新聞記者の長女をツイッターで誹謗中傷、右派系の男性に賠償命令!慰安婦問題で記者らを攻撃!


s_ice_screenshot_20160804-182745.jpeg

元朝日記者長女の名誉毀損=ツイッター投稿で賠償命令―東京地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000116-jij-soci

 ツイッターに「従軍慰安婦捏造(ねつぞう)記者の娘」と名前と写真を投稿され、名誉を毀損(きそん)されたとして、元朝日新聞記者の長女(19)が関東地方の40代男性に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(朝倉佳秀裁判長)は3日、請求通り慰謝料など170万円の支払いを命じた。



以下、ネットの反応


















大きな事件や問題があると、当事者の家族や友人を晒して誹謗中傷する人が居ますが、この判決でそのような行為も明確な違法行為だと断定されたことになります。

慰安婦問題の件では記事を書いた記者だけではなく、その家族たちもネット上に晒している人達が居ました。炎上騒動などに便乗してドンドン過激な暴言などを投稿している人も居ましたが、それも含めて大半が違法行為です。
今回の裁判をキッカケにして、無関係の人を誹謗中傷するような便乗行為が無くなってくれれば良いなあと私は思います。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
植村という男にはちゃんと釈明なり謝罪なりするべきだが、家族に害を与えてはならない
特に娘さんを巻き込むのは卑怯者だ
[ 2016/08/05 17:40 ] [ 編集 ]
「韓国人慰安婦を強制連行」と書いたのは朝日でなく産経新聞だった!
植村記者に論破され阿比留記者が赤っ恥 |LITERA/リテラ
http://lite-ra.com/2015/09/post-1529.html

そんななか、インタビュー中、植村氏が、1991年12月7日付の産経新聞(大阪版)をおもむろに取り出し、阿比留記者に見せると……。以下はそのやりとりだ。

植村「一つお聞きしたい。そうしたら、阿比留さん、この記事はどう読む?」
阿比留「ああ、(記事は)間違っていますね」
植村「間違っている?」
阿比留「はい」
植村「どこが間違っているんですか?」
阿比留「『日本軍に強制的に連行され』という(部分)」
植村「これは産経新聞の記事ですね?」
阿比留「だから、うちが間違っているんですね」
植村「訂正かなんかやられたんですか」
阿比留「これは今日、初めて見ましたから訂正したかどうかはちょっと分かりません」
[ 2016/08/05 17:40 ] [ 編集 ]
【驚愕】中曽根元首相が自ら慰安所の設置に積極的に関わり、慰安婦の調達をしていたことが判明!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3724.html
問題の資料は「海軍航空基地第2設営班資料」という名称で、第2設営班の主計長として中曽根氏の名前が記載されていました。
この資料には班の編成や装備、活動内容などが書いてあり、中には

「主計長の取計で土人女を集め慰安所を開設氣持の緩和に非常に効果ありたり」

というような慰安婦を示唆する言葉があります。

主計長とは上記でも書いたように中曽根氏の事で、これは中曽根氏が慰安婦の設置に関与したことを示す重要な証拠だと言えるでしょう。
[ 2016/08/05 17:45 ] [ 編集 ]
ここにも常駐してるネトウヨは恥を知るべし。
[ 2016/08/05 18:24 ] [ 編集 ]
日韓の動きに関しては、問題を起こす側と、非難する側が同じなんですね。

慰安婦問題を広げるのと、煽るのは、
安倍と(不)愉快な仲間たち。

そして、
謝罪するのは、安倍。
賠償するのは、安倍。
[ 2016/08/05 18:32 ] [ 編集 ]
>慰安婦問題の件では記事を書いた記者
朝日新聞より先に書いた当時の産経新聞記者親族には被害はないの。
[ 2016/08/05 18:53 ] [ 編集 ]
>「従軍慰安婦捏造記者の娘」と言うのは「凶悪犯罪者の娘」と言うに等しい。

まだそんな認識の人がいるんだねぇ
すでに投稿されてるけど「強制連行」という言葉を先に使ったのは産経の記者
[ 2016/08/06 10:19 ] [ 編集 ]
捏造記事書くアカヒが悪いのでは?
[ 2016/08/06 14:06 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム