情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.08.04 20:44|カテゴリ:政治経済コメント(5)

【速報】イギリスが大規模な金融緩和を決定へ!利下げに踏み切る!再びポンドが暴落、EU離脱ショック時の水準に!


s_ice_screenshot_20160804-203557.jpeg

イギリス ポンド円
http://info.finance.yahoo.co.jp/fx/detail/?code=GBPJPY=FX

s_ice_screenshot_20160804-203548.jpeg

ロンドン外為:ポンドが続落-英中銀が09年以降初の利下げに踏み切る
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-08-04/OBDTZO6S972A01

ロンドン時間4日午後の外国為替市場ではポンドが続落。イングランド銀行(英中央銀行)は金融政策委員会(MPC)で2009年3月以降初となる利下げに踏み切った。6月の国民投票での欧州連合(EU)離脱選択を受けた景気てこ入れ策の一環。

















8月4日にイギリスは0.25%への利下げを決定し、同時に資産買入額を4350億ポンドに拡大すると発表しました。また、英中銀の過半数が年内0%を見込むと発表したことから、ポンド売りが殺到する事態になっています。

この急落で再びEU離脱ショック時の水準まで下落しており、現在進行形でポンド売りが加速中です。今後も金融市場は大きく荒れる可能性が高く、取り引きをしている人は注意が必要だと言えます。
*日本は円高・株安になる恐れ。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
今、世界経済は2つに別かれようとしてますね。

中国、ロシアは金資本、アメリカ欧州は新通貨の電子マネーどちらが優勢になるか見物ですね。

恐らく金の方が優勢になるのではないかと予想しています。

それにしても、このブログもコメント減ったなー

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください
の処に当方の意に沿わないコメントは削除する場合もありますとでも書いとけばまだ納得するけど何も書いてないのに突然コメント削除されたらそりゃムカつくわなぁ。
[ 2016/08/04 23:54 ] [ 編集 ]
中国、ロシアは金資本、アメリカ欧州は新通貨の電子マネーどちらが優勢になるか見物ですね。
恐らく金の方が優勢になるのではないかと予想しています。 >
[ 2016/08/04 23:54 ] さん>
今までの『架空経済』の仕組みが世界中にバレ、実体経済に基づく中国・ロシア側が優勢になってきそうですよね。
アメリカ・欧州側は『仕組みを変えた架空マネーにするだけ』ですから、『詐欺システム』と見ぬかれたら人気は出ないでしょうね。
[ 2016/08/05 01:16 ] [ 編集 ]
米ドル/円 101.16-101.20円 07:13  こちらは昨日のままだね、円高ではある。
[ 2016/08/05 07:17 ] [ 編集 ]
日銀のETF買いと英中銀の緩和
http://blog.m.livedoor.jp/analyst_zaiya777/article/52825502
[ 2016/08/05 08:51 ] [ 編集 ]
Oz(オンス)の魔法使いは金の道より銀の靴。ジェンマの命を救ったのは荒野の1ドル銀貨。
金の蓄えも重要だが、有事の渦中には金よりも銀の方が有用だったそうだがかさばるし錆びるしね。
アメリカ国内では既にFRB発行ドル札と一緒に各州発行のドル銀貨が流通しているとか。
それにしても、8時台の次のカキコはみんな消されてしまったのか。
[ 2016/08/05 16:59 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム