情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.11.28 21:21|カテゴリ:ニュースコメント(5)

太陽の近くをアイソン彗星が通過!NASAが通過する瞬間を撮影!彗星の正体とダーウィン進化論の矛盾!彗星は生命の輸送船!?


aisonnsuisei1128010110.jpg
11月28日にアイソン彗星が太陽の近くを通過しました。この様子はNASAなどの天体望遠鏡が捉えており、写真や映像を見てみると、太陽に接近している明るい物体を確認することが出来ます。
アイソン彗星は当初よりもやや弱まっているようですが、このまま崩壊することが無ければ、12月26日頃に地球の近くを通過する可能性が高いです。


☆SOHO Sees Comet ISON Appear


☆NASAのアイソン彗星観測画像
URLhttp://sohodata.nascom.nasa.gov/cgi-bin/data_query_search_url?Session=web&Resolution=2&Display=Images&NumImg=30&Types=instrument=LASCO:detector=C3

20131127_2306_c3_512.jpg
20131128_0530_c3_512.jpg

☆アイソン彗星は「生きていた」 米NASA望遠鏡が観測
URL http://www.cnn.co.jp/fringe/35040611.html

引用:
(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は27日、太陽に接近中のアイソン彗星(すいせい)が「劇的に明るくなった」と発表した。25日の時点では、彗星本体の核が太陽の熱で崩壊した可能性があるとの見方を示していたが、探査機などの観測で、まだ「生きている」ことが分かったという。
アイソンは米国時間の28日に太陽から約117万キロの距離を通過して、夜空に姿を現す見通しだ。肉眼でも見えるかもしれないとの期待も高まっている。
:引用終了

☆急増光したアイソン彗星、分光観測に成功
URL http://news.mynavi.jp/news/2013/11/28/078/

引用:
29日未明(日本時間)の近日点通過を目指して太陽に接近しているアイソン彗星の光の分析に、京都産業大学理学研究科(博士後期課程3年)の新中善晴さんを中心とする研究チームが成功した。同彗星が14日以降に急に増光した直後のタイミングで、すばる望遠鏡(ハワイ島)を用いて分光観測したもので、同彗星の“核”の成分構成や急増光のメカニズムなどを知る上で貴重なデータが得られたという。

分光観測は16日午前0時すぎ(日本時間)に、すばる望遠鏡に搭載した「可視光高分散分光器(HDS)」を用いて行われた。国立天文台によると、アイソン彗星は太陽に近づきつつも、当初予想されたほど明るくなっていなかったが、金星軌道の内側に入るや14日に急激な増光を起こし、その後2日間で10倍以上明るくなった。

観測されたスペクトルには、炭素や酸素、水、ナトリウムなどといった、気体状態の分子や原子から放たれた無数の輝線が記録された。とくにナトリウム原子による輝線がかなり強かった。
:引用終了


古来から「彗星が来ると疫病が流行る」と言われていますが、それを裏付けるように彗星や隕石からは生命の種子である遺伝子などが発見されています。
もちろん、種類や状況によっては色々と違いがありますが、彗星はウイルスや菌類を含んでいることが多いです。それだけではなく、最新の研究では彗星の形も非常に特殊な形状になっていることが判明しました。

以下は2010年にNASAが超近距離で撮影した彗星の画像です。これを見て頂くと分かるように、彗星は丸い形をしているわけではなく、ひょうたんのような特殊な形状をしています。
しかも、後方部分からは特殊な光のような物が発せられており、まるでロケットのような状態になっているのです。


☆彗星の超近距離撮影
URL http://spaceweather.com/archive.php?view=1&day=05&month=11&year=2010

montage2suisei1128.jpg
Hanno-Falk1_strip1128.jpg

☆隕石の中からDNAの構成要素と宇宙由来の有機物を確認!
URL http://www.astroarts.co.jp/news/2011/08/22meteorite/

引用:
アメリカの研究グループが、DNAを構成する塩基の一部と地球上で天然に作られることのない生命に関連した有機物を、隕石の中から発見した。これまでも隕石の中で様々な有機物が作られてきたと言われていたが、この発見によりその説が間違いないと言えそうだ。

隕石のうち、特に炭素に富んでいる炭素質隕石と呼ばれる隕石や、NASAの探査機「スターダスト」が持ち帰った彗星のチリの中には、アミノ酸など生命を構成する基本的な有機物が見つかっている。地球外で生命を構成する有機物が合成されているという話は、以前より研究者の間では議論されていた(注1)。
:引用終了


最先端の遺伝子工学などを研究している方達からも「地球の生物は地球外で生まれた可能性が高い」というような声も出て来ていますが、彗星や隕石からDNAの痕跡などが発見されていることを考えると、その説はかなり現実味があります。

中には「地球は宇宙人の刑務所」と言うような説も飛び出てきていますが、いずれにせよ、従来のダーウィン進化論だけでは説明がつかないことが次々に発見されているのは事実です。

そもそも、ダーウィン進化論は矛盾だらけで、人の進化だけを見ても突っ込みどころ満載となっています。多くの方が学校で教えられて来た「ジャワ原人」や「ペキン原人」などは、すべて仮説に過ぎません。学者達が「ダーウィン説が正しい」という思い込みで化石を並べただけで、実際にはダーウィン説の核心である「進化中の化石」は未だに発見されていないのです。


☆人類はエイリアンによってつくられた?人間のDNAの97%を占めるいわば非コード配列は、地球外生物の遺伝子コード
URL http://karapaia.livedoor.biz/archives/52126103.html

引用:
ジャンクDNAとして知られる非コード配列は、数年前に見つかったが、その機能は謎に包まれている。人間のDNAの圧倒的大多数がもともと地球外のものだからだろうか。コンピューターのプログラマー、数学者、識者など、他分野の専門家たちとの総合的な分析の結果、研究に携わったチャン教授は、人間のジャンクDNAは地球外生物のプログラマーのようなものがつくりだしたものなのではないかと考えた。

チャン教授の仮説は、高度な知能をもつ地球外生物が新しい命をつくりだし、さまざまな惑星に送り込んだのではないかというものだ。地球はそんな惑星のひとつにすぎないというのだ。

 私たちのDNAは、大きなコードと基本コードというふたつから成るプログラムでできているが、プログラムは地球で完成されたものではないという事実がここで証明されたとチャン教授は言う。遺伝子そのものだけでは、進化の説明がつかないからだ。遺伝子プログラムの中に、何かもっと別のものがあるはずだとチャン教授は考えている。:引用終了

☆地球は宇宙人の刑務所だった!? 米・生態学者が発表
URL http://tocana.jp/2013/11/post_3238.html

引用:
■人間が地球人ではなかったという3つの根拠

【腰痛】これは人類が地球という「かつてより重力の弱い環境」に生きているために発生する症状。
【日焼けに弱いこと】 そもそも人間の体は、ほかの生物と比べて太陽光に晒される構造ではない。
【出産の辛さ】 新生児の頭の大きさが、出産時の妊婦が苦労するほど大きい点もおかしい。


「人類は、地球上でもっとも進化した生き物と思われていますが、驚くほどこの星に適合しようとしないし、環境の変化ですぐに病気にかかってしまいます。肌は太陽光で傷つき、自然のままの食品を摂らず、ばかばかしいほど慢性的に病気に悩まされています」と博士は人類の特徴について述べている。さらに慢性的に病気に悩まされる人が多い理由について、「本来私たちの体内時計が、1日を25時間と想定して作られているため」だとも指摘している。

 また「これらはなにも現代に限ったことではなく、地球上における人類の歴史の中で、私たちをずっと悩ませ続けてきた問題」であり、かつ「地球上の他のどんな生物も、こんな問題とは無縁」だと主張している。

 その上でエリス博士は、「多くの人々は、地球上に自分のいる場所がないかのような心もとなさを感じることがあるのではないだろうか」「私にとってこの事実は、少なくとも人類がかつて別の星におり、“高度に発達した種(しゅ)”によって地球へと連れてこられたことを示しているように思えてなりません」と語っている。
:引用終了

☆(1) 「進化中の移行タイプ」の痕跡は今だに発見されていない
URL http://www.geocities.jp/institute_of_uralogy/Shinkaron.html

引用:
 もし、「ダーウィンの仮説通りの進化と言う現象」が実在すれば、進化過程中の種と種の間の「移行タイプ」が必ず存在するはずです。よって、「移行タイプ種の化石」があれば、それは進化論の一大証拠になるはずです。しかし、ダーウィン以降これまで約150年の研究の結果でも、確実な証拠は全く存在していないのです。

ダーウィン自身は、「20世紀になれば明確な証拠が探し出せるだろう」と予言したらしいのですが、人類が今までに掘り出した膨大な量の化石の中には、このような「移行タイプ種の化石」は1つもないのです。特に「猿から人類までの進化」について、移行種である「類人猿」を探す試みが続けられましたが、それで出てきた「証拠」はすべてでっち上げで、現在に至るまでにそのすべてが否定されているのです。

まず、「ジャワ原人」は、その発見者のデュ・ボア自身が「あれはテナガザルの骨だった」と死ぬ間際に告白しているのです。次に「ペキン原人」は、今から1000年ほど前に地震で崩壊した北京の街を再建していた工夫たちが、大好物の猿の脳みそを食べた際の「猿の頭蓋骨の抜け殻」であったことが分かっているのです。その証拠に全てのペキン原人の化石の頭蓋骨には、ストローで脳みそを吸い出した穴が開いているのです。

さらには「アウストラロピテクス」の1種で「ジンジャントロプス」の骨が発見されたのは南アフリカですが、1972年にはそれよりもさらに下の地層から「完全な人間の頭蓋骨」が発見され、その事実は1973年のネイチャー誌に発表されました。

しかしここで問題なのは、学術界がすでに「猿から人への進化はあり得ない」と否定した後になっても、日本の教育界がこれを「事実」として教科書に掲載していることです。つまり日本の子供たちは、学校で「ウソを教えられている」と言うことになります。
:引用終了


どうにも、ダーウィン進化論は誰かが無理矢理広めたように私には感じられます。「朝食は体に良い」という説を広めたのもメディアや多国籍企業の連中でしたし、この件も同じ様な連中が意図的に広めているのでしょう。
進化論を見直すと同時に、このような常識を押し付けている連中についても、世界規模でどうにかしなければいけません。


☆なぜ進化は神話か?


ガリレオからハッブルまで~宇宙の果てを探る望遠鏡の旅~ [DVD]


DNA (上)―二重らせんの発見からヒトゲノム計画まで (ブルーバックス)


地球外生命体―存在の確率


生命はなぜ生まれたのか―地球生物の起源の謎に迫る (幻冬舎新書)


地球の支配者は爬虫類人的異星人である


雑学シリーズ 宇宙 (アドベンチャーブックス 雑学シリーズ)

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
アイソンの通過は1時間後ぐらいです。
今1650GMTです。
1800GMTは日本時間3amです。
ライブが見れますよ。

The webcast will begin at 1 p.m. EST (1800 GMT) and last until 3:30 p.m. EST (2030 GMT). You will be able to watch the webcast live in the window below at the start time.

http://www.space.com/17933-nasa-television-webcasts-live-space-tv.html

[ 2013/11/29 01:52 ] [ 編集 ]
オリオン
ベテルギウスの膨張も気掛かりだ。
[ 2013/11/29 02:17 ] [ 編集 ]
地球で初めて生じたアミノ酸が宇宙由来ってんならまだ可能性はありそうだけどな。

人類そのものが宇宙由来ってんなら、なんで人間が他の生物と同様の膜構造やRNA、DNAを用いた自己再生産システムを持ってるのかってことの説明がつかないだろ?

まさか、宇宙の別の所で発展した生物が「偶然」地球の生物と全く同じ4種類の塩基と20種類のアミノ酸による自己複製システムを持っていたなんて言うのか?

進化論を否定してる科学者はどうせ熱心なキリスト教徒かなんかで、世界の生物学の潮流から外れてる3流科学者だよ。

>しかしここで問題なのは、学術界がすでに「猿から人への進化はあり得ない」と否定した後になっても、日本の教育界がこれを「事実」として 教科書に掲載していることです。つ まり日本の子供たちは、学校で「ウソを教えられている」と言うことになります。

…これはもう馬鹿としか言い様がないね。
こいつの言ってる学術界は「自分の都合のいいことを言ってくれる科学者の世界」ってことだろ?
日本だけが取り残されてたら、山中教授がノーベル賞取れるわけないじゃん。

[ 2013/11/29 03:12 ] [ 編集 ]
アップデートはtwitterの方が良いような、、、。
https://twitter.com/CometISONnews
[ 2013/11/29 04:36 ] [ 編集 ]
初コメです、いつも貴重な情報ありがとうございます!

11月29日の近日点通過時に、アイソンは消滅したとNASAもマスコミも伝えていますが、私が宇宙天気ニュースさんのサイトでSOHO衛星、STEREO Behind衛星の動画を確認したところ太陽を通過しているように見えます。
何かアイソン彗星を消滅させたい理由でもあるのでしょうか?
私が先ほどSOHO衛星のサイトにアクセスしたところ、画像が見れなくなっていました。これって隠蔽なのでしょうか?ナゾです・・・
[ 2013/11/29 23:25 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム