情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.08.05 21:00|カテゴリ:政治経済コメント(20)

自民党総裁の任期延長、稲田大臣や二階氏らが前向きな発言!石破茂氏は反発!世論調査では「延長反対」が52%に!


s_ice_screenshot_20160805-121624.jpeg
*新改造内閣

自民党総裁の任期延長めぐり発言相次ぐ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160805/k10010622211000.html

安倍総理大臣の自民党総裁としての任期の延長をめぐって、二階幹事長が年内をめどに結論を得たいとしているのに対し、石破前地方創生担当大臣がけん制し、岸田外務大臣が時期尚早だという認識を示すなど、党内で発言が相次いでいます。



総裁任期の延長論 稲田大臣「前向きに議論を」(2016/08/05 05:51)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000080696.html

 
 一方、入閣要請を蹴った石破前地方創生担当大臣は、国民生活に直結する経済を優先して議論すべきと強調し、任期延長論に物言いを付けました。



自民総裁任期延長に反対52%
http://jp.reuters.com/article/idJP2016080401001607

共同通信社が第3次安倍再改造内閣の発足を受け、3、4両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、2018年9月までとなっている安倍晋三首相の自民党総裁任期の延長について「しない方がいい」が52・5%で、「した方がいい」の37・8%を上回った。







以下、ネットの反応
















安倍首相の総裁任期の延長に関しては自民党内部でも意見が割れています。安倍内閣の閣僚たちは二階幹事長や稲田防衛大臣らが相次いで「前向きな議論を」等とコメントしたのに対して、重鎮の石破茂氏は「国民生活に直結する経済を優先して議論すべき」と反発しました。

自民党の総裁は党則で任期が3年で連続2期までと定められており、今のままだと再来年に安倍晋三氏は任期を終えることになります。今回の任期延長では数年ほど増やすと見られ、「東京オリンピックまでは安倍政権を継続したい」という声も報道されていました。

自民党内部では総裁任期の在り方その物を見直すという意見も出ているようで、今後も総裁任期を巡るやり取りは続きそうです。


関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
こんなに危険!~自民党の憲法改正草案 プロジェクト99%
http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012leaflet.htm
[ 2016/08/05 21:05 ] [ 編集 ]
任期延長するにしても
現役から適用はダメでしょ
常識的に考えて
[ 2016/08/05 21:05 ] [ 編集 ]
福島の黒いフレコンバッグの山、失礼!新内閣の写真でした。
[ 2016/08/05 21:07 ] [ 編集 ]
憲法では4年以上やっても構わないというからやればいい←今すぐ死ね
[ 2016/08/05 21:09 ] [ 編集 ]
一年で辞めさせられる首相もいれば、党規を改正して延長を取りざたされる首相もいる。
安倍さんが任期延長すること自体の是非より、任期満了の頃に適切な後継者がいるかが重要。
稲田氏が後継者になりますかね?
[ 2016/08/05 21:14 ] [ 編集 ]
脳ミソ腐ったネトウヨ自民がんばれ猿芝居ご苦労w
[ 2016/08/05 21:31 ] [ 編集 ]
任期延長を認めない方針は権力者が長期に支配すると汚職がはびこるからだ。

現に腐敗が甚だしい今延長が認められるわけがない。
[ 2016/08/05 22:06 ] [ 編集 ]
安倍さんの体調不良と言いつつもう3年半、あと2年半やって更に3年? 
意外と元気なのね。日銀の寿命の方が先に尽きそう。
[ 2016/08/05 22:15 ] [ 編集 ]
サンプル数 約1000人 電話による調査。

サンプル採取方法に偏りがある調査方法だな。信用度?
[ 2016/08/05 22:26 ] [ 編集 ]
こういう動き見てても改憲では緊急事態条項からやりたそう
発令したら自動延長、安倍氏も念願の立法府の長を兼任できるよ
[ 2016/08/05 22:38 ] [ 編集 ]
権不十年
「花に十日の紅なし権は十年久しからず」

晩節を汚す前にお引き取りを。
[ 2016/08/05 22:41 ] [ 編集 ]
支持率が52%もあるのにねぇ。みんな真面目なんだね。
[ 2016/08/05 23:10 ] [ 編集 ]
23:10
「支持率が52%もあるのに」
 
嘘を言ってはいけませんな。
 
騙しの手口が、チーム世耕、J-NSC、産経グループと同じ。
 
[ 2016/08/06 00:53 ] [ 編集 ]
独裁政権って必ずこういうことやるんだよな~

[ 2016/08/06 01:57 ] [ 編集 ]
やりたいこと、やったもん勝ち、2/3なら。ツラいときはいつだって、(国民の)信があるから~♪


自民党頑張れ!任期延長もオッケー。
[ 2016/08/06 07:24 ] [ 編集 ]
このように権力の座にいったん座ると居座り続け、後進の者の活動を妨げ
自分の権力や活動の領域を増やす事にばかりこだわるのがポスト団塊
世代の特徴だと思う。性格の異常な者の反応なので、こういった世代の者を権力
の座からなるべく遠ざけるのが大事な対策だと思う。
安倍はこの特徴が更に強まったポスト団塊世代の者なので、この者を首相にする
のは相応しくないと個人的にも首相になる前からここのコメントでも度々書いてきた。
またそもそもオバマからも天皇からも一般市民からも嫌われて、社会で拒まれている者
を任期延長しようと思いつく考える者があまりに精神的にも異常な状態の持ち主の
考え方だと思う。
まずはこのように明らかな多数に嫌悪される者を蔓延らせようとしている首謀者は
誰なのかをはっきりさせて、国民の意志や意向に反する扇動者を明らかにして
抗議や申し立てをする事が大事だと思う。
[ 2016/08/06 11:22 ] [ 編集 ]
自民党の党則を、自民党不支持者がとやかく言うのはおかしい。
[ 2016/08/06 15:10 ] [ 編集 ]
国政を担ってる与党の党是党則に国民全員口を出す権利はあるよー。みな税金払ってるし命握られてるんだよ?

長いものに巻かれ過ぎてるとそういう意識がなくなるのかねえ
[ 2016/08/06 16:09 ] [ 編集 ]
「準戦時内閣」
安倍首相と小池氏の共通点は二人とも「日本会議」のシンパであること。
安倍首相は日本会議を支援する「国会議員懇談会」の特別顧問を、小池氏は副会長を務めた。
安倍首相と小池氏が「改革」のイメージを振りまき、押し隠そうとしているのはズバリ、日本会議が目指す「戦前回帰」へのしゅん道なのである。
現行憲法を米国からの「押し付け」と完全否定し、戦後教育は「自虐的」と決めつける。
先の大戦での敗北をいまだ受け入れられず、過去の侵略を「アジア解放のため」と正当化し、美化する。
こうした考えに根差して、日本会議は改憲や自衛隊の国軍化を目指しているが、今回の再改造内閣でも彼らのシンパが実に多い。

ウルトラタカ派の稲田防衛相を筆頭に、麻生財務相、菅官房長官、岸田外相、高市総務相、初入閣の松野文科相や今村復興相、山本性の3大臣など、19人の閣僚のうち13人が日本会議議員懇談会のメンバーだ。
残る6人も石原経済再生相、丸川五輪相、金田法相など5人は、改憲に加えて靖国神社での国家儀礼の確率を目指す「神道政治連盟」の議員懇談会に所属している。

いわゆる「宗教右派」に属さない大臣は公明党の石井国交相のみ。
今度の内閣は、戦前回帰の野望を秘めた極めて偏った思想の持ち主で固められた布陣なのである。
小林弥六氏は今度の内閣を「準戦時内閣」と名付けたが、「未来チャレンジ内閣」より、よっぽどシックリくる。
[ 2016/08/07 01:37 ] [ 編集 ]
ご都合主義な『改革』
政治学者の五十嵐仁氏は「『未来チャレンジ』という名称には、改憲への挑戦の意図も込められているのかも知れません」とこう続けた。
「『改革』という言葉には時代遅れの硬直した制度を改め、より良くするイメージがありますが、安倍首相や小池都知事が使うと、意味合いが違ってきます。
彼らの好んで用いる『改革』は、単純に従来の制度を改め変えることだけを指すのでしょう。
戦後70年守り抜いた平和国家から『戦争ができる国』につくり変える野望だって、彼らには『改革』と成り得る。
キナ臭い野望を隠す常套句に有権者も気付かなければなりません」(8月6日付・日刊ゲンダイ)
[ 2016/08/07 01:49 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム