情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.11.28 22:10|カテゴリ:政治経済コメント(16)

鳩山政権時に普天間県外移設を妨害したのは防衛省と外務省だった!米側からの説明として嘘を文書化!65カイリ基準存在せず!


qn20101213_150025
qn20101213_150025 / noriqnub

旧民主党政権時の鳩山前首相は沖縄県外にアメリカ軍基地を移転させようとしていましたが、その時に各省庁から発表されていたヘリコプター部隊と演習場の距離が65カイリ(約120キロ)以内とする米軍の基準が嘘だったことが判明しました。

鳩山政権はこの65カイリ基準の影響で県外移設を断念したわけで、これが全て嘘というのはとんでも無い大ニュースです。11月26日、琉球新報が在沖米海兵隊に65カイリ基準に関してインタビューをしてみたところ、「海兵隊の公式な基準、規則にはない」との返答を得ました。

つまり、65カイリ基準はアメリカ軍に存在すらしていない架空の基準値だったということです。これは他の調査からも判明しており、65カイリという文章は鳩山前首相を騙すために各省庁が作り上げたものでした。鳩山前首相の行動に違和感があったのも、各省庁が勝手に情報を捏造していたからだと考えられます。

ちなみに、アメリカから毎年のように日本に送られていた年次改革要望書などを破棄したのも鳩山政権であり、これは戦後史上初の偉業です。
今も鳩山政権が続いていれば、消費税増税やTPP交渉参加も無かったわけで、鳩山政権が短命に終わったことは、日本人にとっての大損失だったと言えるでしょう。


☆伊波 洋一 (いは よういち)@ihayoichi
URL https://twitter.com/ihayoichi/status/405741206597955584/photo/1

引用:
鳩山首相を断念させるため、「65カイリ」は「回転翼航空部隊の拠点と同部隊が恒常的に訓練を行うためのの拠点との間の距離に関する基準であり、米軍のマニュアルに明記されている」としたのはウソだった。日米官僚の結託に騙されたのだ。 pic.twitter.com/wVBQf7hIW1
BaF7ekpCcAEuwE5.jpg
:引用終了

☆鳩山政権、県外断念の根拠 65カイリ基準存在せず
URL http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-215863-storytopic-3.html

引用:
2010年に当時の鳩山政権が米軍普天間飛行場の鹿児島県・徳之島移設を検討した際、ヘリコプター部隊と演習場の距離を65カイリ(約120キロ)以内とする米軍の「基準」に基づき困難とされた件で、在沖米海兵隊が26日までに琉球新報の取材に答え「海兵隊の公式な基準、規則にはない」との見解を示した。

当時、普天間の県外移設を模索し、行き詰まっていた鳩山政権は政権終盤、沖縄本島から約200キロ離れた徳之島への移設に注目していた。海兵隊内部でも不明な「基準」を根拠に県外移設を断念していたことが明らかになった。
 同年4月19日付の「普天間移設問題に関する米側からの説明」と題した、外務省作成とみられる政府の内部文書(極秘)によると、在日米大使館で同日、日米の担当者が協議した。

 文書によると、65カイリについて米側は「回転翼航空部隊の拠点と同部隊が(陸上部隊と)恒常的に訓練を行うための拠点との間の距離に関する基準であり、米軍のマニュアルに明記されている」と説明。「この基準を超える例があるか調べたが、全世界的になく、最も距離のある例でも35カイリ(約65キロ)」とした。
:引用終了

☆鳩山元首相、外務、防衛が「妨害」
URL http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130221/stt13022100180001-n1.htm

引用: 
2013.2.21 00:18 [鳩山氏の不思議な行動]
 「米国の意向を忖度(そんたく)する外務、防衛両省がすべてを動かしている中で日本が真の独立を勝ち取ることはできない」

 鳩山由紀夫元首相は20日夜、米軍普天間飛行場がある沖縄県宜野湾市内で講演し、飛行場の県外移設が実現しなかったのは両省の妨害によるものだと断じた。

 さらに「県民の心を裏切り大変申し訳ない」と重ねて陳謝したものの、「『最低でも県外』が実現できなかった自分の非力さをおわびする。『最低でも県外』と言ったのは間違っていなかった」とも強調した。

 議員引退後に沖縄を訪問するのは初めて。
:引用終了

☆鳩山由紀夫沖縄講演会 今語る!「県外移設」の真実


偽情報退散! マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている (5次元文庫)


検察の罠


誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)


CIAと戦後日本 (平凡社新書)


鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

関連記事



ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
これはまさに大ニュースですな
[ 2013/11/28 22:18 ] [ 編集 ]
潰し
ウィキリークスにもあった、いわゆる鳩山小沢潰しで、菅岡田ラインに切り換えるためだが、これはどの党が政権になっても繰り返されるのでは?
[ 2013/11/28 22:37 ] [ 編集 ]
>鳩山政権が短命に終わったことは、日本人にとっての大損失だったと言えるでしょう。

官僚を批判したいがためとはいえ、これはないだろ(笑)

まぁ官僚をコントロールできなかった鳩山が悪いね。
[ 2013/11/28 22:49 ] [ 編集 ]
鳩山さんの方向性は合ってた
だが胆力が足りなかった
どちみち、潰されたかも
[ 2013/11/28 23:13 ] [ 編集 ]
その発想はおかしいのでは?
いつも拝見させていただいています。
ですがこの記事は少しおかしいのでは?
確かに安倍政権は無理矢理色々な法案を通しており、納得できないことは様々あります。しかし、鳩山のせいで今の中国や韓国との領土問題に大きな問題が生じたのでは?と反論せずにはいられません。
仮にももと総理が尖閣が日本が奪った領土なんて言っては大きな損害かと。
それの議論抜きにこの様な問いかけは、自民が嫌だと言っているだけの変なブログに成り下がるかと
[ 2013/11/28 23:18 ] [ 編集 ]
> まぁ官僚をコントロールできなかった鳩山が悪いね。

日本国民が官僚様を差し置き
「自分が主権者で、この国は民主主義国家」
などと思い上がっているようなマヌケで愚劣なお花畑の低脳である限り、
どのような政治家でも官僚をコントロールするのは不可能ですがね。

なにせ自分らでサボタージュ、不手際を乱発すればいいだけですので。
実際さんざやって見せたでしょ?東日本大震災の時にね。
[ 2013/11/28 23:35 ] [ 編集 ]
そもそも
代理統治させる為に、ワザと官僚機構を残したのだから。
外務省なんて、戦前から売国奴の巣窟!
国務省日本支部と国防総省日本司令部とでも解釈した方が良い。
[ 2013/11/29 00:43 ] [ 編集 ]
日本の国益に叶うこと=アメリカの都合の悪いことを鳩山さんはやろうとしていた
だから潰された
誰も庇わなかった

それだけの話

それが今に至るきっかけでもあり、あの時気づいていればこうはならなかったのだろうかと思わずには居られない
[ 2013/11/29 03:10 ] [ 編集 ]
↓鳩山がやろうとした「国益に叶うこと」って具体的になんですか?

[ 2013/11/29 04:20 ] [ 編集 ]
なるほど、だから売国奴の鳩山は沖縄に逃げ込みたいわけですね。そして、嘘で固めて中国に領土を譲ろうとしているのが、何でも反対の沖縄タイムスなんですね。
[ 2013/11/29 07:01 ] [ 編集 ]
ふふ笑 ウジが湧くごとく現れる自民工作員・・・笑える。
[ 2013/11/29 08:14 ] [ 編集 ]
沖縄の歴史を少しでも知っていれば、中国に領土を譲ろうとしているなど書けないですよね。
日本の近代史も知らないから秘密保全法にも賛成できる。
無知最強。
[ 2013/11/29 11:27 ] [ 編集 ]
潰されたにせよ結果を出せなければ駄目だ
温室効果ガス削減も勝手に約束したし鳩山は見通しが甘すぎる

それでも売国奴安倍よりは1000倍ましだが
[ 2013/11/29 11:33 ] [ 編集 ]
ウソをついた官僚は、みんな死刑か国外追放ならびに無期限に日本への入国禁止のどっちか。
[ 2013/11/29 16:35 ] [ 編集 ]
国益に叶うこと=アメリカとの不当な密約の反故
仕分けによる国内の天下り・ゼネコンつぶし
日本を良くも悪くも育てた古い体制の打破
目に見えてやっていたじゃないか
[ 2013/11/30 03:24 ] [ 編集 ]
甘利大臣がっ!
1cm発言いましたが、大丈夫でしょうか?
[ 2013/12/02 16:34 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
アクセス数
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク